FC2ブログ

スクラッチビルド、グドンを作る!(芯・その2)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人はカテゴリー「スタート」から、読んでみよー!


今回も、グドンの続きだよ~ん!


○ 芯(頭)

まず、デザインを確認しておきましょー!

グドン:資料2

全体のカタチは「獣」らしく(?) 前方へ向けた三角形 となっており、鼻先はエッジが立って、尖ってます。

「角」が付く部分(膨らみ)によって、把握が難しくなってるけど、頭頂部~後頭部にかけては、一応、丸みを持ったカタチとなってるよーです(汗)。

眼窩(眼球が収まる部分) 上方が、ヒサシのよーに張り出してるのは、恐竜などの古代生物に、多く見られる特徴!

グドンの  は 赤色 をしていて、一般的な生物との違いを認識できるモノなんだけど、近年のシリーズでは、強そーに見せるための演出(?)なのか、発光しちゃってますね(笑)。

特徴的な  は、初登場(帰マン)時が最も短く、近年では凶悪さを増して、長くなってる印象です♪

正面から見ると、あまり横には開いておらず、側面でも、けっこー上を向いた付き角度と、なってます。

 は、劇中では 全開 にしてるイメージ(笑)。 近年、より凶暴さを、増してる感じ♪


作り方は、市販パーツとプラ材を組み合わせた後、パテでラインを繋げちゃう、お馴染みの方法(笑)。


☆ 

カタチから判るとーり、 棒材を先細りになるよーテーパー状に削って、先端を曲げればOK!

その素材として、今回、使ったのは、タミヤ 透明ソフト・プラ棒!!

これは、同じプラ棒でも、 素材が柔らかくなってるため、自在に折り曲げ出来ちゃう、スグレモノ♪

いつものよーに、「電動ドリル」に取り付けて、回転させながらヤスリを当て、削って行く・・・

しかーし、今回の場合は 軟質 なので、ヤスリを押し当てる力で撓んじゃって、なかなか削れてくれませーん(泣)。

だから、押し当てる反対方向からも、プラ棒を指で押さえながら進めるのが、作業のコツ!

そーすると、削る時の力が、逃げないのよん(笑)。

軟質だから、簡単に削れる訳だけど、 カスが取れ難い とか、 深いキズが入ったりする のは、仕方無いところ(汗)。

折り曲げは、テキトーなプラ丸棒を使って、指で上から押すだけ~なので、すごーく簡単!!

工具を使わないから、素材を挟んでる部分に  も出来ず、キレイに仕上がるよん。

立体資料の「怪獣ソフビ」から、 開き角度 と 付き角度 を採寸して、「頭」に接着すれば、作業終了~♪

軟質・素材なんで、接着部分から取れる事はあっても、折れる事は無い(?)と、判断したのよん。

これは「角」以外にも、「牙」や「鉤爪」なんかを作るのに、超~便利な素材かも知れない(笑)。 ←オーラバトラー作る人にも、オススメ!






☆ 

上アゴと下アゴを別々にカタチにしたら、開き角度を決めて、接着・固定!

口の中 は、彫り込み&盛り付けで、再現しちゃう予定♪

順番が逆で、作業し難くなったけど、頭全体のカタチを捉えるためには、仕方無かったのよん(汗)。

眼球 には、市販パーツ「リベット」を、使っちゃう予定!


○ 芯(腕)

劇中、絶え間なく両腕の ムチ を振り回して、暴れてるイメージなんで、 動かしてる状態 を再現する事に、決定!

その場合、両腕が同じ位置って事は無いと思うんで、一方は振り下ろした状態、もう一方は振り上げた状態に、瞬間を捉えて、造形したよん(笑)。

ここで解釈を間違えちゃーならないのは、グドンは両腕を「ムチのよーに叩きつけてる」んじゃーなく、絶え間なく振り回してるだけ! とゆー事実。

両腕のムチには、尻尾みたいに「神経」や「骨」が通っていて、単独でも動くモノ(?)だと、考えられるのよん♪

動きとしては、ネコの尻尾をイメージすると、理解し易い?

人間がムチを使う場合は、それ自体が「道具」であるため、「上体を傾けて」なんて姿勢を取らなきゃー力が入らない訳だけど、グドンの場合は、体の一部なんだから、そーゆーオーバーアクション(?)にはならないハズ!

よーするに、普通の立ち姿勢で、 腕だけを上下させてる ほーが、らしく見える表現、とゆー訳。

実際、ポーズを取らせてみると「?」って思うんだけど、これはトカゲを2本足で立たせてる時点で、発生してる違和感なんだから、気にする必要無し! 怪獣って、そーゆーモノなの(爆笑)。


☆ 

パーツは、プラ棒から作るけど、あくまで「芯」なので、少し細めにしておこー!

関節には、「曲げ」固定が出来るよー、市販パーツ「半球」を、使ってるよん♪


☆ ムチ

イメージを掴み易くするため、この時点で、カタチを出しちゃいます(笑)。

ムチにも、最も適した素材(?)として、 透明ソフト・プラ棒 を、使いました~♪

こーゆー生物の「尻尾」や「触手」っぽい部分を作る場合、「折り曲げた『針金』を芯に、ファンドやパテを盛って」とゆー方法が、主に使われてるらしーけど、これなら「芯」を入れる必要も、盛りで太くする(揃える)必要も無くなり、「芯」が表面に出てくる厄介さも、無くなるのである!

とゆー訳で、先端を細くなるよー「テーパー状」に削り、作るイメージに沿って折り曲げるだけで、超~簡単にカタチになっちゃいます♪

長さ は、好みで決めちゃって、OK! 「角」と同様、初登場(帰マン)時が最も短く、最近は、どんどん伸びてる印象だよん(笑)。


問題は、ヒートロッドみたく、 蛇腹状に入ってる「表面モールド」 なんだけど、今回は、以下の方法で行いました。 ↓

1 :まず、プラバン(1mm厚)に、ピンバイスで、プラ棒と同じ径の穴を、開けちゃいます。

2 :それを、平らなところに両面テープで貼り付けて、開けた穴の中に、曲げて無い状態のプラ棒を嵌めて、固定!

3 :その状態で、プラバン上面に寝かせる感じにエッチングソーを載せ、プラバンをガイドとして、プラ棒に水平なスジ彫りを、全周に入れて行きます。

4 :ある程度、深く彫れたら、同様に穴を開けたプラバン(1mm厚)を、立たせてあるプラ棒に潜らせて、上記と同じ要領で、また水平にスジ彫りを、入れて行きます。

5 :そーする事によって、プラ棒には、プラバンの厚みと同じ「1mm」の間隔で、スジ彫りが入るよーになり、プラバンをプラ棒の長さ分、複数用意して、積層しながら作業を繰り返して行けば、等間隔にスジ彫りが入った「ヒートロッド」みたいな状態に仕上がる、とゆー訳!

名付けて、 輪投げスジ彫り法(爆笑)。

これによって、望み通りのモノが出来る訳だけど・・・素材が軟質であるため、スジ彫り周辺が、すごーく ケバ立っちゃてる のである(号泣)。

処理の方法、誰か教えてー!

「角」と同様、折れる心配が無い(?)んで、この時点で、両腕に接着・固定しちゃいます♪

全体が仕上がるまで、ジャマになりそーだけど、イメージ掴めないから(笑)。


以上で「芯」の製作が、終了~♪

写真が、こちら。 ↓ じゃじゃ~ん!

グドン:芯7

おおっ! 怪獣なのに、 カッコイイ~!!

「頭」と「腕」が付いて、とりあえず「爆死」は免れた(爆笑)。

怪獣らしさのポイントは 首の下がり具合 じゃーないかと思うけど、「芯」なので、まだ全体にカタイ印象(汗)。


次回からは「表面モールド(トゲ含む)」の解説に、突入~♪ ここからが「怪獣造形」の、本番(?)ナリね。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR