FC2ブログ

アニソン♪ #78~

※この記事は、編集中です。

「スクラボ」の人気コーナー 本日のアニソン♪ を、1つに纏めてみたよん。

イッキ読みしたかった! とゆー人も覆いと思うから、楽しんでちょ~だい(笑)。


○#78: ウルトラマン80 OP:「ウルトラマン80」    歌:TALIZMAN





本作は、前作「ザ☆ウルトラマン(アニメ)」から、円谷としては5年ぶりとなる、実写作品!

基地のミニチュアや怪獣の色調など、 リアルさの追求 が徹底して行われており、シリーズでも「最高峰」と言える映像に、仕上がってます♪

特に 夜間 での戦闘シーンが多いんだけど、これは80が放つ 光線(サクシウム光線など) を、より美しく見せるための「演出」だと、思われます(笑)。

人間の心のマイナス面を吸収し、全身に マイナスエネルギー を漲らせて、強力になった怪獣たちが、活動を開始!

「80」は、それを倒すため、「M78星雲」から遣わされた、ウルトラ戦士♪

地球での姿 矢的猛(演:長谷川初範) は、地球防衛軍 UGM の隊員であると同時に、 中学教師 として、人の心にも立ち向かう(笑)。

ちなみに、本作には、一度も「ウルトラ兄弟」が、登場しません。

「80」は、強敵にも敗れてない事から、ある意味「最強のウルトラマン」なのである!!

学校での勤務描写が無くなったまま、最終回を迎えてしまい、ある意味、中途半端な状態に終わってた本作だけど・・・

「ウルトラマンメビウス」第41話(思い出の先生) で、ゲスト出演した時に、その後日談が描かれ、劇中、本人から「怪獣との戦いが激化して、やむなく教師の身分を捨てた」と、その理由が語られました(笑)。

マイナスエネルギー調査のため、地球を訪れた「80」は、それによって出現した怪獣 ホー を、メビウスと倒した後、 桜ケ岡中学校・1年E組の生徒達と「同窓会」とゆーカタチで、再会!

超~感動・名作エピソードとして、ここに完結したのである(号泣)。

この曲を歌う TALIZMAN は、タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)のバックバンドを担当しており、リーダー兼メインボーカルの 木村昇(ハリー木村) は、「テクノボイジャー」や「ウラシマン」等の、作曲及び歌唱で知られる、アニソン歌手!

当時、まだ珍しかった シンセサイザー の音色が、未来を感じさせて、超~カッコイイ♪

ちなみに ED 映像は、UGMの攻撃用小型戦闘機 シルバーガル が、雲海を飛んで行く とゆーモノで、古今東西の特撮でも、トップクラスの美しさ。










○#79: 特装機兵ドルバック OP:「地球にI LOVE YOU」    歌:WELCOME





ソルマックじゃーなくて(笑)、「ドルバック」は、 葦プロ 制作による、ロボットアニメ。

メカデザインは、 板橋克己 (ヤマト等、松本作品でお馴染み)が、担当♪

西暦1999年、母星を失い、第2の故郷を求めて、巨大宇宙船で放浪していた イデリア星人 は、生存に適した星として「地球」を発見し、侵略を開始!

対する「地球防衛軍」では、主力の パワードアーマー(人間が着る、強化倍力装甲服) が、イデリア人の戦闘メカ カングライド(反重力で飛行し、中性子砲で攻撃してくる) に対抗しきれないことを知り、苦悩していた。

そのよーな状況に、立ち上がったのが、 ヴァリアブルマシーン 操縦のため、秘密裏に結成されていた、特装機兵部隊 ドルバック!!

主人公ら3人が駆る、3機の「ヴァリアブルマシン」は、「カングライド」を見事、撃退!

その活躍から、戦いに有効な兵器として認められ、異例の早さで 量産化 が決定し、以降、パワードアーマー主体の戦術から、この3タイプとの、同時運用の戦術へと、切り替わっていくのである。

「ヴァリアブルマシーン」は、異星人の戦力を良く知る、地球防衛軍の「高城・大佐(声:小林清志)」の指示の元、 既存兵器から人型ロボットに、変形 するよー改造されたモノ。

特色は、それぞれ異なってます。 ↓

☆ ムゲン・キャリバー

大型ジープ から変形する、最も汎用性が高く、優れた戦闘能力を持つ機体。 武器には、ライフルを使用。 劇中、大破した事により、後半は コンバットキャリバー(厚さ5cmのハイ・ラミネードアーマーで、各部を補強して防御力を高め、序に、攻撃力と機動力も向上させた、強化型) へと、換装されちゃいます(笑)。 操縦者は、 無限真人(声:古谷徹) 。

☆ オベロン・ガゼット

ヘリコプター から変形する、機動性と索敵能力に優れた機体。 華奢な見た目だけど、割と、格闘戦タイプ(笑)。 操縦者は、ドルバック隊の紅一点、 ルイ=オベロン(声:鶴ひろみ) 。

☆ ボナパルト・タルカス

重戦車 から変形する、砲撃能力に優れた機体。 右腕は、収納式・ビームキャノン。
操縦者は、 ピエール=ボナパルト 。 劇中、戦死してしまい、後半は操縦者が代わるも、マシンの名前は変わらず(笑)。

当時、 グンゼ産業(現・クレオス) から、プラキットが発売されてたけど、「パワードアーマー」は、特にモデラーの人気が高く、かたっち☆・・・も、けっこー作ってた記憶が、あります♪

この頃は、丁度 宇宙の戦士(ロバート・A・ハインライン) や SF3D(現・マシーネンクリーガー) が盛り上がってた、時代だったし。 ※「宇宙の戦士」は、小説も読んだし、アニメも観たナリよ。

歌詞の内容から、この曲を「ラブソング」に捉える人も、多いかもしれないけど、タイトルを、よーく確認して欲しい。

歌に登場する人物の、恋愛対象になってるのは・・・ 地球 なのである!!

それを踏まえた上で、改めて歌詞を見て行くと・・・その人物の「奇怪極まる行動」に、ドン引きしちゃうハズである。

だって、 地球宛てにラブレター書いて、「受け取ってよ♪」って感じで、海に流す んだぜー(爆笑)。 今すぐ、病院(精神科)へ行かなきゃー、ヤバイってば!!

だけど、曲としての評価は高いよーで(?)、アニメ えびてん(公立海老栖川高校天悶部)のED に、カヴァーバージョンが使用されたりする、名曲なのよん♪






○#80: 新・オバケのQ太郎 OP:「オバケのQ太郎」   歌:堀絢子&ニューロイヤル





毎日、暑いので(?)、少しでも涼しくなってもらおーと、 オバケ に登場してもらったんだけど・・・ 「Qちゃん」じゃー役目、果たせてないってば!!(爆笑)

「オバケのQ太郎」は、 藤子不二雄 両氏の合作によるマンガ で、「新オバケのQ太郎」は、 アニメ第2作 として放送されました。 制作は、東京ムービー。

かたっち☆・・・の、お気に入りは、本作で、新キャラクターとして登場する、 O次郎♪

前作で、 オバケの国 (雲の上に築かれており、オバケが隠れ住んでる、とゆー設定)へ一度帰った Q太郎(声:堀絢子、ケロロでお馴染み) が、再び人間界へ戻って来た際、連れてきた  なのよん。

「大原家(正ちゃんの家)」に居候 してる身でありながら、勝手に家族を増やしてるじゃん!

「O次郎」も、兄と同じく 卵から生まれた んでしょーか? ←オバケが「卵」から生まれる発想(設定)が、もはや理解出来ない・・・

まだ「赤ん坊」のオバケなんで バケラッタ しか言えず、その意思伝達には「Q太郎」の翻訳が、とーぜん必要(笑)。

そして、「ボム!」または「パァ!」と叫ぶ事で、 目の前のあらゆるモノを、爆発させちゃう 特技を持ってます。

手先が器用で、自分で壊したモノを直すのも得意。 ←作ったり、壊したり、なんか自分と似てる

そして、頭も良く、化けるのは、兄より上手。

OP映像 は、今観ても最高の映像センスで、作られてます♪

舞台で、様々な 出し物 を、Qちゃん達が演じつつ、場面はQちゃんのキャラ特性を紹介しつつも目まぐるしく変わり、主要スタッフのテロップが、 小道具(引幕など) を、巧く利用して紹介されていく、とゆーモノ。

何度、観ても爽快で小気味イイOP! ノリも最高~♪






○#81: ゲームセンターあらし OP:「ゲームセンターあらし」    歌:水木一郎





本作は、 TVゲームの攻略 を題材とした、原作 すがやみつる による、月刊 コロコロコミック 連載の、少年マンガ。

アニメ制作は、シンエイ動画(土田プロダクション)が、担当~♪

基本的な筋は、主人公 石野あらし が、ゲームセンターやゲーム大会を舞台に、全国、全世界から集まるライバル達と、熱戦を繰り広げるとゆーモノ。

あらしは、 前歯の出っ歯 と、赤いジャンパー、そして、常に頭に被ってる赤い インベーダーキャップ が、トレードマーク。

ちなみに、アニメ版のインベーダーキャップは、原作の「ドット絵(タイトー)」とは異なっており、 目が星型で出っ歯が付いたモノ なのよん!

しかも、そのマークは、ピラミッドパワーのよーな不思議な力を秘めてる、とゆー設定(爆笑)。

本作の売りは、とんでもない 秘技(必殺技) にある!!

炎のコマ ・・・スティックを高速で操作する事で、コンピュータを超える動きを発生させて、自機(プレイしてるキャラクター)を消滅させ、敵からの攻撃を潜り抜けちゃう。

エレクトリックサンダー ・・・腕を擦り合わせる摩擦によって発生した「静電気」で、ゲーム機の電子回路に異常動作を発生させて、自身を有利に導いちゃう技。

月面宙返り(ムーンサルト) ・・・空中回転し、逆立ちでプレイすることで、筐体と一体化しちゃう技。

スーパーノヴァ ・・・全宇宙のエネルギー(!)を、その身体に集めて放射する高度な精神技。 ←元気玉?

真空ハリケーン撃ち ・・・体を高速で回転させることで、その空気の流れで、スティックを操作しちゃう技。

グレートタイフーン ・・・真空ハリケーン撃ちの発展型。 精神エネルギーを利用して、大自然(!)を味方につけたモノ。 風を起こすだけじゃーなく、雷雲や雷をも呼び寄せちゃう、最大級の技。 などなど。

そんな訳で、物語・後半になると、一般レベルから逸脱し、話のスケールも拡大!

核戦争の危機や、異次元からの侵入者を、ゲームによって解決するまでに至り、技も出っ歯(ダイヤモンドよりも硬い)を射出し、 神経をケーブルとして、遠隔操作できる よーにまで、なっちゃう(爆笑)。

この曲は、水木一郎アニキによる、王道アニソン♪

作詞は、原作者の「すがやみつる」先生、ご自身が手掛けており、作曲・編曲は「Ζガンダム」等で知られる、 馬飼野康二 氏、なのである!!

ED曲「おいら熱帯低気圧!」 は、一転して 演歌 調で、こちらもオススメ(笑)。






○#82: 救急戦隊ゴーゴーファイブ OP:「救急戦隊ゴーゴーファイブ」   歌:石原慎一





人の命は地球の未来!

本作は、1999年に製作された、スーパー戦隊シリーズ♪

阪神・淡路大震災以降、注目の集まった 救命士や消防士をモチーフに 、当時、騒がれた「ノストラダムスの大予言」による大災害発生(笑)などの要素も取り入れた、作品だよん。

スタッフは、脚本に、武上純希と小林靖子。 演出には、平成仮面ライダーシリーズで知られる、長石多可男を起用。

破壊を目的とする悪魔の種族 災魔一族 は、マイナスエネルギーの集合体である大魔女 グランディーヌ の復活(降臨)を狙い、突然、地球に巨大隕石を落とし、大災害を起こそーとするが、それを予想していた「ゴーゴーファイブ」によって、妨害されてしまう。

その子供たち 災魔四兄弟 は、母「グランディーヌ」を完全体にするため、様々な手段でマイナスエネルギーを集めよーと、大都市に サイマ獣 を、送り込んでくる!!

ゴーゴーファイブに変身するのは、 江戸火消しを祖先に持つ、巽家の 5人兄妹♪

長男・纏(マトイ)(消防士)、次男・流水(ナガレ)(化学消防班員兼研究者)、三男・鐘(ショウ)(消防ヘリコプター隊員)、四男・大門(ダイモン)(警察官)、長女・祭(マツリ)(救急隊員)たち。

父親 巽世界(モンド)博士(演:マイク真木) は、秘密裏に立ち上げていた 巽防災研究所 の存在を明かし、5兄妹を「ゴーゴーファイブ」に任命!

5人は、左手首に装着してる ゴーゴーブレス で変身し、 アンチハザードスーツ(強化スーツ) を着装!

デザインは、 アンビュランスのマーク を採り入れたモノで、マスクのゴーグル部分は、彼らが所属してる職場の ロゴ・ワッペン を、モチーフとしてるのである(笑)。

それぞれのスーツには、以下に書かれた、特有の性能・機能が備わってるのよん。 ↓

ゴーレッド ・・・火災での人命救出のため、耐熱・耐冷性を強化して作られており、現場で長時間の活動ができるよー、酸素やバッテリーを、一番多く搭載している。

ゴーブルー ・・・救助活動に必要な情報(薬品やメカの知識)が、モニターに表示されるよーになっている。

ゴーグリーン ・・・飛行機の加速重力に耐えられるよーに、強化されている。 また、世界中の空港の管制センターや飛行機と、交信できる無線が内蔵されており、あらゆる高層被害に対処できるよーに、設計されている。

ゴーイエロー ・・・人々を安全に避難させるために、常に警察との連絡が取れるよーに、作られている。 警察に届いた新情報も、一早くイエローに通達されるシステム(笑)。

ゴーピンク ・・・手を握るだけで、瞬時にその人の体調が、診断できる装備が施されており、病人や怪我人の場合は、応急処置の方法が、モニターに表示されるよーに、設計されている。

とにかく、レスキュー活動に焦点を当てて作られており、「災害時の誘導」なども、リアルに描写されてましたねぇ。

彼らが操る ビクトリーロボ も、 5機のマシン (はしご消防車、化学消防車、VTOL機、装甲車、救急車)が合体するモノなんだけど、その描写も、 ワイヤーやジャッキを使い、他のメカを牽引しながら重々しく行なう、とゆーリアルなモノでした♪

アレ? 宮村優子 さん(エヴァ、アスカ役で、お馴染み)も、出てるじゃん(爆笑)。

本曲は、渡辺宙明 氏の息子である、 渡辺俊幸 氏が、作曲・編曲を担当!

「一刻を争うレスキュー活動のスピード感」を意識した、テンポの速い曲で、歌い出しから「待ってろよ!生きてろよ!」と、かなり切迫した状態である事を思わせる歌詞が、絶妙~!

そして、合間に入る女性コーラス EVE の合いの手により、実に気持ち良ーく盛り上がる、戦隊屈指の名曲だよん♪






○#83: 黄金バット OP:「黄金バット」   歌:ヴォーカル・ショップ





本作は、 昭和初期の紙芝居のタイトルロールの主人公 を、アニメ化したモノ。

紙芝居が原作であるため、「~なのでしょーか?」など、視聴者に問いかける、 ナレーターのセリフ回し が、印象的でしたねぇ♪

科学者 ヤマトネ博士 と、息子の「タケル」、助手「ダレオ」は、博士の開発したスーパーカー(車じゃない、笑)で飛行中、漂流していた少女「マリー」を救出する。

謎の怪物「ファイブフィンガー」に襲われて、消息不明となった彼女の父「ミレ博士」を探している時、一行は 幻のアトランティス大陸 を発見! ←ありえないってば

宮殿の中で、古い棺を発見した「ヤマトネ博士」が、棺の文字を解読すると・・・黄金バットが、一万年の眠りから、甦った!

黄金バットは、 黄金に輝く肉体に、ドクロ頭 とゆー姿に、黄金のブーツ、大きなエリ付き黒マントを身に着けた、悪と戦う正義の使者♪

主人公たちが祈ると、 黄金のコウモリ と共に、何処からともなく フハハハハハハ とゆー笑い声を発して、現れちゃう(笑)。

ちなみに、 左腕にあるコウモリのタトゥー は、化身である「黄金のコウモリ」出入り口、なのよん!

ものすごい怪力と、 特殊能力(ワープ・念動力など) の使い手で、空だって自由に飛べちゃう。

手に持ってる シルバーバトン は、打撃や刺突だけじゃーなく、斬撃・投擲にも使い、閃光・高熱・電撃・ビームを放射、逆にそれらを吸収・反射するなど、様々な用途に応じて使えちゃう、万能武器!

そんな「黄金バット」の弱点は、乾燥する事らしーんだけど・・・行動不能に陥る程度(?)で、敵の攻撃に対して、ダメージを受ける事は、ほぼ無いと言える。

だって、 体が「核爆弾」も防いじゃう、耐久力を持ってる んだもの!!

正に 強い! 絶対に強い! の、ナレーション通り(爆笑)。

敵 ナゾー は、 四ツ目、ミミズクの覆面、左手が機械の鉤爪、下半身が円盤に隠れてる とゆー謎の怪人。 ←何なんだ、オマエは

ロンブローゾ が口癖で、移動要塞「ナゾー・タワー」を拠点に、科学兵器や怪獣を使って、世界を征服し、「ナゾー帝国(笑)」を築き上げる事を、目標としてるのよん。

ちなみに、四ツ目からは、それぞれ燃焼光線(赤)、冷凍光線(青)、石化光線(緑)、爆破光線(黄)なんかを放つ事が、出来ちゃう設定!

正体は、40年前に行方不明になった、元ナチスの科学者エーリッヒ・ナゾーなんだけど・・・

最終回も、ナゾーに逃げられてしまい、 最終対決は無いまんま、物語は終了(号泣)。 ←何それ

じつは、アニメよりも先に 実写化 されてる作品で、登場人物などの設定が、細かく違ってるのよん♪

ちなみに、実写版で「ヤマトネ博士」を演じたのは、俳優 千葉慎一 だったりします(笑)。

曲は、隠れて入ってる(?)ブラスの音が、いい感じ♪






○#84: OVA 機動警察パトレイバー アーリーデイズ OP:「未来派LOVERS」   歌:笠原弘子





パトレイバー は、元々、漫画家 ゆうきまさみ や、メカデザイナー 出渕裕 が、喫茶店で語っていた「アニメ企画妄想」の話がどんどん大きくなっていき、演出 押井守 や、脚本 伊藤和典 、キャラクターデザイン 高田明美 といった面々も加え、OVA化から始まって、劇場版・TVシリーズ・ゲーム・コミックと、様々なメディアで大ヒットとなった、ロボットアニメなのよん♪

本作は、最も初期である、88年4月から、全7巻(各巻・約30分)で刊行された、 OVA 第1期 となります。

どちらかと言えば、リアルな描写がされた 「押井守」監督による劇場版 の評価が高い「パト」だけど、成功の鍵となったのは、 レイバー とゆーメカを、単なる乗り物として警察組織に取り込み、キャラクターたちのドラマを主軸に描いた事が、大きーんじゃないかと思う。

そーゆー意味で、かたっち☆・・・が、特に評価したいのは、明るい「ゆうきまさみ」の作風とも言える、 漫画版やTVシリーズ なのよん!

主人公 泉野明(声:富永みーな) 巡査は、警視庁の 特車2課・第2小隊 に勤務する、婦警。 ※ちなみに、配属されたのは、4月1日=エイプリルフール(笑)。

陽性な性格の道産子で、愛機である巨人型レイバー 98式AVイングラム を、「アルフォンス」と、昔の愛犬の名で呼んじゃいます。

警察でレイバーを動かしていても、特車2課は 警備部 なので、刑事のよーに、事件を捜査したり、犯人を捕まえたり出来ない、とゆー部分が、本作を見る際のポイント!

つまり 予想される脅威に備えるか、起きた事態に対処する ってのが、彼らの仕事であり、そーすると出番は、事件が終わった後(犯人が隠れた後?)だったりします(汗)。 

隊長の 後藤さん は、そこを解ってるらしく(?)「それじゃー正義を行使できない」と考えて、刑事と友達になってるのよん。

本曲を歌う、 笠原弘子 のボーカルは、OVA第1期の、等身大・青春ドラマ的な空気に、ピッタリとマッチするもの♪

作曲は、 田中公平!!

スピード感に溢れた明るい曲調は、ロボットアニメ主題歌として作られた楽曲じゃーないけど、「泉・巡査」のイメージに、これまたピッタリとマッチしてます♪ だから、名曲!






○#85: SF西遊記スタージンガー 2nd・OP:「宇宙の戦士スタージンガー」   歌:ささきいさお





本作は、 西遊記 をモチーフとして制作された、原作 松本零士 による、テレビアニメ♪

銀河系の中心 大王星 から放射される ギャラクシーエネルギー 。 それを担う女王が年老いて、力を失った事から、様々な星では天変地異が起こり、 スペース・モンスター へと凶暴化した生物によって、宇宙は乱れていた。

オーロラ姫(声:杉山佳寿子) は、「月(故郷の星)」をスペース・モンスターに破壊された王女で、地球に亡命して、 キティ博士(声:増山江威子) に、養育されていた。

事態の進展を止めるためには、大王星・女王の後継者として、「オーロラ姫」の力が、必要!

そこで、キティ博士(猫じゃないよ、笑)は、彼女に「クィーンコスモス号」を与えて、 3騎士のサイボーグ(ジャン・クーゴ、ドン・ハッカ、サー・ジョーゴ) と共に、「大王星(天竺)」への旅に、向かわせる!

一応、3騎士についても、解説しておきましょー。 ↓

ジャン・クーゴ(声:石丸博也) ・・・孫悟空がモチーフで、「アストロ棒」とゆー、如意棒が、武器! 続編の「Ⅱ」では、原典と同じに(?)巨大化して戦う設定が、追加されちゃいます(笑)。

ドン・ハッカ(声:富田耕生) ・・・猪八戒がモチーフ。 それ故、のんびり屋で、食いしん坊って設定が、解り易い! 武器は、「分銅」や「シールド」なんかを持ってるけど、主に怪力?

サー・ジョーゴ(声:富山敬) ・・・沙悟浄がモチーフの、キザ野郎(笑)。 頭脳的な作戦を得意とし、知恵によって、相手を封じる事も多い! 武器は、レーザー銃。

旅をしながら戦う「スペースモンスター」達にも、西遊記の設定が、使われてます。 ↓

「ギンギンマン(声:緒方賢一)」・・・ 銀角大王 がモチーフで、前半の悪玉。

「キンキンマン(声:加藤治)」・・・ 金角大王 がモチーフで、この2人は兄弟とゆー事になります。

なんか、キン肉マンにも、登場してそーな名前だなぁ(爆笑)。 ←たしかに

「キングギューマ(声:銀河万丈)」・・・ 牛魔王 がモチーフで、後半の悪玉。 戦闘空母艦隊を持ってるって、もー話が「ヤマト」になってるじゃん!

けっこー面白かったと記憶してるけど、これだけ豪華な声優さんが揃ってると、また観たくなるナリよ。

本曲は、 作詞を 伊藤アキラ 氏、作曲/編曲を 菊地俊輔 氏が、担当。

かたっち☆・・・は、1st・OP(同じく、2人が作った)より、こっちの方が、好み♪

だけど、その OP映像 は「Ⅱ」も含めて3回、変わってるのに、殆ど「使い回し」で、全ーく同じモノだったりするのが、とても残念(号泣)。

気になる人は、確認してみよー! 聴くには良ーけど、観るのは退屈?(爆笑)






○#87: アクセルワールド OP:「Chase the world」   歌:May’n





本作は、原作: 川原礫 による、電撃文庫のライトノベル作品で、アニメは サンライズ が、制作♪

舞台は、2046年。 ニューロリンカー(ウェアラブル・コンピュータ) を用いる事によって、生活のほとんどが、 仮想ネットワーク上で行われる よーになった、現実世界。

主人公の少年 ハルユキ(声:梶裕貴) は、東京都杉並区にある、私立「梅郷中学校」に通う、中学生。

小柄で肥満な体型と内向的な性格から、幼少の頃よりイジメられてきた彼は、学内ローカルネットの片隅に設置された「スカッシュ」ゲームのスコアを伸ばす事で、日々の辛さを解消していた。

そんなある日、ハルユキは、美貌の上級生 黒雪姫(声:三澤紗千香) から、謎めいた言葉を告げられる。

「もっと先へ、加速したくはないか、少年」

ハルユキは、黒雪姫の誘いに応じ、有線直結通信で、謎のアプリケーションソフト ブレイン・バースト を、インストール。

それは、ニューロリンカーの量子接続に作用し、 思考を一千倍に加速する とゆー、驚くべきアプリケーションだった!

こーして、ブレイン・バーストのプレイヤー バーストリンカー になったハルユキは、 デュエルアバター「シルバー・クロウ」 を操り、もー1つの世界である 加速世界(アクセル・ワールド) で繰り広げられる戦いに、身を投じていく事になる・・・。

「シルバー・クロウ」の翼を初めて見た時、「ウイングマン」をイメージした人も、多いハズ!

そして、 シアン・パイル のマスク・デザインを見て「仮面ライダー王蛇」、さらには ブラック・ロータス とゆー名前から、70年代のF1マシン、敷いてはローニー・ピーターソン、コーリン・チャップマンまで、イメージしちゃったハズである(爆笑)。 ←世代がバレる

原作には、 加速研究会 とゆー組織が登場し、作者の別作品 ソードアート・オンライン とリンクする話まで、あったりするんだけど、アニメは、そのエピソードを残したまま、終了~(泣)。

かたっち☆・・・にとってツボだったのは、主人公が ブサイク とゆー事であり、これはアニメとしては「ザブングル」以来の快挙なんじゃーないか(?)と思う。

黒雪姫のビジュアルも最高で、LOVEな作品だけに、 2期のTVアニメ化 が、超~待ち遠しーのである!!

本曲は、作曲を、 浅倉大介 が、担当~♪ 

May’nと言えば、何故か、菅野よう子のイメージあるナリね?

CDは、 3種(!) 存在しており、初回限定盤&通常盤= リアル盤 は、May’n所属のフライングドッグ、アニメ盤= アバター盤 は、アニメの音楽を担当してるワーナーから、リリースされてます。

そのため、全体のマスタリングに違いが生じており、アバター盤の方が、若干、重低音に感じちゃう?

とーぜん、かたっち☆・・・が持ってるのは、「黒雪姫」のジャケットと、アニメのPVが収録されたDVDが付属する「アバター盤」だよん(笑)。






















にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR