FC2ブログ

アニソン♪ #59~#77

このブログを御覧の皆様、こんにちは。


「スクラボ」の人気コーナー 本日のアニソン♪ を、1つに纏めてみたよん。

イッキ読みしたかった! とゆー人も多いと思うから、楽しんでちょ~だい(笑)。


○#59: ファイブスター物語 主題歌:「瞳の中のファーラウェイ」    歌:長山洋子





「ファイブスター物語(FSS)」は、原作 永野護 氏によるマンガで、月刊「ニュータイプ」連載!

物語のベースになってるのは エルガイム の「裏設定」を基にして作られた、とゆー 年表 であり、「星団暦:2988年」= 物語の第1話(単行本・第1巻) を基にアニメ化(劇場公開)されました♪





星団暦2988年、天才ファティマ・マイトとして名高い、Dr.クローム・バランシェ博士による12年ぶりの新作 ファティマ(人工生命体) の「お披露目(ファティマがパートナーとなる騎士を選ぶ儀式)」が、惑星「アドラー」の自由都市「バストーニュ」にて、開催されよーとしていた。

「MHマイスター(整備士)」である、主人公「レディオス・ソープ」は、バストーニュ郊外のバランシェ邸を訪れる。

そこでソープは、友人であるバランシェから、新作ファティマの「ラキシス」と「クローソー」が、領主「ユーバー・バラダ」に連行されたと告げられ、救出を依頼される!

まぁー「ミラージュ騎士(皇帝であるアマテラスの帝=ソープを護衛する騎士たち)」とか「ナイト・オブ・ゴールド(ソープが駆るMH=ロボット)」とか、いろいろ書きたい事はあるんだけど・・・

このくらいで止めとかないとFSSの場合は、収拾つかなくなる(?)からさぁー(爆笑) 。

この曲は アイドル時代 の「長山洋子」が、歌ってるのよん♪






○#60: 鋼の錬金術師 1st・OP:「メリッサ」   歌:ポルノグラフィティ





本作は、「月刊少年ガンガン」連載の、原作「荒川弘」によるマンガで、アニメは「ボンズ」が、制作♪

「錬金術」が、科学として発達した世界 にある軍事国家「アメストリス」。

主人公の錬金術師「エドワード・エルリック」と、弟「アルフォンス・エルリック」は、病気で亡くした母を 人体錬成 によって蘇らせよーと試みるが、失敗!

その代償として、エドは「左脚」を、アルは「全身」を、失っちゃう(泣)。

エドは咄嗟の判断で、自分の「右腕」を代償に、アルの「魂」を、その場にあった 全身鎧 に定着させ、何とかアルを、死の淵から救い出す!

その後、「人体錬成」を行った事により「手のひらを合わせただけで錬成を行える」とゆー能力を得ていたエドは、アルと共に「国家錬金術師」の試験を受け、史上最年少で資格を取得!

機械鎧(オートメイル) による、鋼の「右腕」と「左脚」を持つ事から、「国家錬金術師」としての2つ名「鋼」を与えられたエドは、故郷を捨て、アルと共に「身体を取り戻す方法」を探すための、長い旅へ旅立つ。

本作のOP・EDは、全て ソニーミュージック・エンターテイメントの所属アーティスト による、タイアップ曲!

その中でも、この曲は、かたっち☆・・・の、お気に入り(笑)。

OP映像 は、監督「水島精二(ガンダムOO、エウレカセブン等で、お馴染み!)」により、ハイクオリティな映像に、仕上げられてるよん♪






○#61: 百獣戦隊ガオレンジャー OP:「ガオレンジャー吼えろ!!」   歌:山形ユキオ





スーパー戦隊シリーズ・第 25 作目!

21世紀を迎えた世界は、環境汚染・生態系の異常・人間関係の疲弊化により、地球の生命力が減少しつつあった。
それにより発生した邪気が具現化し オルグ と呼ばれる邪悪な鬼の一族が、出現!

主人公の獣医 獅子走(しし・かける) は、都心に現れたオルグと戦う4人の戦士「ガオレンジャー」にさらわれて、空に浮かぶ天空島「アニマリウム」に、連れて行かれちゃう(笑)。

そして、「パワーアニマル(大地の精霊である正義の野獣たち)」のリーダー ガオライオン と出会った「走」は、4人に正義の使命を与えられるのよん!

「ガオライオン」に認められた「走」は、リーダー「ガオレッド」となって、名前も、過去も捨て、他の4人と共に「オルグ」との戦いに、身を投じていく事になる・・・。

この曲は、数ある「戦隊ソング」の中で、かたっち☆・・・が、最も好きな曲♪

初めて、この曲を聴くとゆー人は、「山形ユキオ」の迫力あるボーカルに、圧倒されちゃうと、思います(笑)。

「ガオレンジャー」を観た事が無い、とゆー人も、この曲を聴いて興味を持ったなら、観てみる事をオススメしちゃう!

歴代で ナンバーワン に挙げる人も多い(?)作品なんで、きっと楽しめると思うよん♪






○#62: うる星やつら2 ビューティフルドリーマー 主題歌:「愛はブーメラン」    歌:松谷祐子





本作は 劇場版・第2作 として、公開されました♪

監督 押井守 の出世作であり、氏の嗜好や思想が、様々な形で取り入れられてます。

学園祭を明日に控えた 友引高校 。 生徒達が、連日泊まり込みで準備を行なっており、校内は行き交う生徒で、ごった返し、主人公「諸星あたる」や「ラム」達を中心とした「2年4組」も、相変わらずの大騒ぎ状態(笑)。

そんな彼らに 学園祭の前日が、毎日繰り返される とゆー異様な現象が、起きちゃう!?

本作は、当時、まだ珍しかった メタフィクション(それが作り話=虚構であるとゆーのを、意図的に視聴者に解らせる手法) の世界を表現した事で、マニアから高い評価を受けました♪

劇中 3階建ての校舎が4階建てになってる とゆー旨のセリフがあるんだけど、エンディングでは、何階になってるのか?

忘れちゃった人は、もー1度観て、確認しよー(笑)。

本曲は、80年代らしーポップな曲で 学園祭ソング としての評価も高い!

らき☆すた 最終回のEDでも、カバーとして歌われていた、名曲だよん♪






○#63: ピュンピュン丸 OP:「花のピュンピュン丸」    歌:財津一郎





本作は つのだじろう 原作によるアニメ♪

伊賀忍者「ピュンピュン丸」は、凄腕の 少年忍者 だけど、時々、マヌケな事をしてズッコケるのが、玉にキズ。

彼を取り巻く人々も、一筋縄では行かない人物ばかりで、苦労が耐えない。

弟「チビ丸」の泣き声は、物凄く破壊力抜群だけど、兄の言う事を聞かないんで、持て余し気味だし、愛しー甲賀忍者「サユリちゃん」にはフラレっ放し。 逆に「ピュンピュン丸」にベタ惚れの「ケメ子」には、嫌と言う程、付き纏われる(笑)。

その上、「ピュンピュン丸」の所属する なんでもOK商事(よーするに何でも屋) は赤字続きで、がめつい所長からは「稼いで来い」との、お叱りばかり!

依頼される事件と言えば、「怪盗スルメイカ衛門」やら、日光から来た「ニコニコ忍者」やら、「七色頭巾」やらと訳の分からない連中に絡む事件が、山積み!

その上、ライバル「風魔忍者」たちの妨害ばかりで、もー「キビシー!!」の毎日(爆笑)。

今日もまた、難問奇問の怪事件を解決するために、ドタバタ、ズッコケの大活躍、なのよん♪

主題歌は、当時、テレビ喜劇 てなもんや三度笠 で、人気を博した「蛇口一角(財津一郎)」が、担当!

同番組の、彼のギャグ キビシィ~! は、主題歌だけじゃなく、本編にも使われてます。

モノマネしながら、歌うべし(笑)。






○#64: 合身戦隊メカンダーロボ OP:「トライアタック!メカンダーロボ」    歌:水木一郎





ガニメデ星の支配者「ヘドロン皇帝(ヘドロ=公害から生まれたとゆー斬新な設定!)」は コンギスター軍団(サイボーグ兵士) を率いて地球に侵攻、瞬く間に95%を、占領してしまった! 

唯一、占領を免れた日本では、「敷島博士」が、高性能戦闘ロボット メカンダーロボ を開発! これは、3機合体による戦闘機「メカンダーマックス」がコクピットとなり、ロボと合体する事で、原子力エンジンが起動する、とゆーモノ! よーするに、主人公を含めた 3人 で、動かしてる。

作品自体は、非「東映」系とゆー事もあってマイナーなんだけど、「メカンダーロボの戦闘」に関する設定が、当時、とても斬新だったのよん!

敵「コンギスター軍団」は、地球人の主要なエネルギー源である「原子力」を封じるため オメガミサイル を搭載した衛星を、軌道上に、配備! これは 原子炉を検知して飛来し、目標を破壊する とゆーモノ。

原子力を動力源とする「メカンダーロボ」も、とーぜん標的になっており、「オメガミサイル」が飛来するまでの時間内に敵を倒して、本体の原子炉を停止させなきゃーならない!

つまり、「メカンダーロボ」の戦闘には タイムリミットがある とゆー訳!

そんな「メカンダー」も物語途中で、とーとー撃墜(破壊)されてしまい、後半は「新メカンダーロボ」へと代替わりしちゃいます。 

外見は全ーく同じだけど、今度は「アオシマのプラモ」みたいに 4分割されたパーツが合体してロボになる とゆー設定に変更されました。 ちなみにデザインは、大河原邦男氏♪

まぁー上記の設定から、緊迫感が印象的な作品だった訳だけど、主役ロボの扱いが「量産機並み」とゆーのも衝撃的でしたねぇ(笑)。 

本曲は 渡辺宙明 氏が、作曲を担当!

かたっち☆・・・は、特に2番の歌詞「狙って撃て~」の部分が、超~お気に入り♪

3人が、きちーんと役割分担して、戦ってるじゃん! って、感じです(笑)。






○#65: キン肉マン 2nd・OP:「炎のキン肉マン」    歌:串田アキラ





この曲は 悪魔六騎士(スニゲーター、プラネットマン、ジャンクマン、ザ・ニンジャ、アシュラマン、サンシャイン) や、その首領である 悪魔将軍 が登場してくる「黄金のマスク編(第66話~)」から、使用されました♪

キン肉マンたちは、強奪された 黄金のマスク(キン肉神殿に祭られている全宇宙の超人の平和のシンボル) を奪還するため、彼らに立ち向かいます!

「黄金のマスク編」と言えば、最も印象に残ってるのは、やはり ジェロニモ の、登場♪

幼い頃、孤児として育てられた「ジェロニモ」は、命を助けられた事をきっかけに、「超人」に強い憧れを抱くよーになります。

超人への恩返しの意味で、ジェロニモは ウォーズマンの体内 に入りこんだ悪魔騎士を倒すため サンシャイン と、「五重のリング」4階で、対決!

悪魔騎士の首領格である「サンシャイン」に対し、未熟者であるジェロニモは、圧倒的に不利だと思われたけど、不屈の根性で接戦に持ちこみ、サンシャインの日輪パーツを奪い、必殺技: アパッチのおたけび で、勝利(笑)。

その直後 崩れ落ちる五重のリング から先輩超人たちを助けるため、瀕死の重傷を負いながらもそれを支え、そのまま力尽きるけど、ウォーズマンの涙に流されて、運良く体内から脱出!

自分が超人ではなく 人間(!) だった事を明かして、絶命しちゃうのである(号泣)。

この曲は、パワー溢れるキン肉マンを、ヒーローとして讃えつつ歌い上げた、クッシーの名曲♪

冒頭の M・U・S・C・L・E・マッスル! は、声高らかに叫んで歌うべし!






○#66: ブレンパワード OP:「IN MY DREAM」    歌:真行寺恵里





「ブレンパワード」は 永野氏が「Ζガンダム」以来に、富野監督と手を組んだ、アニメ作品! 劇中に登場する オーガニックマシン のデザインは、とーぜん永野氏によるモノで、「スリットウエハー」と呼ばれる板バネ関節など、他のロボットとは被らないアイデアに、才能を感じます。

ちなみに、キャラクターデザインは いのまたむつみ (プラレス3四郎で、お馴染み)氏♪

遥か太古に宇宙から飛来し、太平洋深海に沈んでいた、意思を持つ遺跡 オルファン が、覚醒!

国連は、オルファンがもたらす被害を抑止するため、戦闘艦 ノヴィス・ノア を就航させ、それに対抗!

オルファンの意思に従う人々の集団「リクレイマー」。 それを統率しているのが、オルファンに取り込まれた「伊佐未ファミリー」であった。

主人公の少年「伊佐未勇」は、両親と姉に離反し、「ブレンパワード」と共に、オルファンを脱出。 少女「宇都宮比瑪」との出会いをきっかけとして、「ノヴィス・ノア」の一員となり、オルファン打倒のために戦う!

「オーガニックマシン」は、世界各地に出現した プレート と呼ばれる円盤からリバイバル(物質再生)される巨人型生命体!

ブレンパワードとグランチャーの2種に大別でき、オルファンが用いる グランチャー には、人を取り込む性質があって、操縦のためには、身を捧げて アンチボディ となる必要が、あるのよん。

よーするに、ノヴィス・ノアの連中は、その行為を止めさせたい訳ね(笑)。

この曲を初めて聴く、とゆー人は、彼女のハイトーンかつパワフルな歌声に、圧倒されちゃうはずだよん!






○#68: Xボンバー OP:「ソルジャー・イン・ザ・スペース」    歌:BOWWOW(バウワウ)





本作は 永井豪 原作による特撮作品。 革新的な SFスーパー・マリオラマ (キノコを採ってるオッサンではない、笑) として、制作されました♪

西暦2300年、太陽系に向かって、全宇宙の侵略を企む ゲルマ帝国 の艦隊が、攻め込んできた!

冥王星・前線基地を壊滅させられた地球軍は、「Xボンバー」を旅立たせ、ゲルマを迎え撃つ!

「Xボンバー」は、銀河三郎・博士の発案によりムーンベースで建造された、巨大宇宙戦闘艦♪

ブレスト速射砲とXインパルス砲を装備し、3機の トリプルアタッカー(高性能戦闘機) を搭載!

かたっち☆・・・は、トリプルアタッカー(ブレインダー、ジャンボデー、レッグスター)が、合体して誕生する巨大ロボ ビッグ・ダイエックス が、お気に入り♪

操縦してるのは、宇宙戦士訓練学校から集められた 銀河シロー (主人公、銀河三郎・博士の遺児)、ボンゴ・ヘラクレス、ビッグマン・リーら、3人のクルー。

丈夫なボディーと超怪力を持っており、捨て身の突進攻撃(主にパンチ)で、敵を粉砕! ←鉄人ぽい

ゲルマ帝国は、巨大な怪人 ゲルマ魔王 率いる大帝國で、西暦2300年に姿を現す、とゆー絶対的な力を狙ってる!

シローらに救われた事から、クルーの1人となった美少女 ラミア は、エスパー星王族の末裔で、その力の秘密の「鍵」となる、人物なのよん。

人形劇+特撮 とゆー、作品的には「サンダーバード」を、SF寄りにした感じ(?)ですかねぇ・・・。

劇中に使用された音楽にも、斬新さが求められ、シンセサイザー・チーム「Eプロジェクト」 が、登用されました!

主題歌を歌う「BOWWOW」は 山本恭司 率いるロック・バンドで、本曲の作詞は 藤川桂介 が、担当♪

ハードロック調で、アタックの強い、迫力あるサウンドに仕上がってるよん(笑)。






○#69: 銀牙-流れ星 銀- OP:「流れ星 銀」    歌:宮内タカユキ





「銀牙-流れ星 銀-」は、高橋よしひろ・原作による、週刊少年ジャンプ連載のマンガ♪

犬同士の会話を人間の言葉に置き換ることで、友情・結束・葛藤・成長が、描かれてるのよん。

主人公「銀」は、その名のとーり、良質な 熊犬(熊狩りを目的とした狩猟犬) の毛色とされてる虎毛(銀色)が特徴の、秋田犬!

それ故、生後間もなく、飼い主「五兵衛」の下で、「熊犬」として調教されちゃう(笑)。

父「リキ」から、「熊犬」としての熱い血を受け継いだ「銀」は 赤カブト 打倒のため、ベン(奥羽軍・第1班小隊長、笑)、クロス(その妻)らと共に、仲間となってくれる犬の「男」を探す、旅に出る!

「赤カブト(別名:鬼首)」は、二子峠に「牙城」を築き一大勢力を誇る、凶暴な 殺人熊!!

種別は、ツキノワグマとヒグマの特徴を合わせ持つ事から、混血種のハイブリッドだと思われます(爆笑)。

「赤カブト」は、五兵衛に右頭部を撃たれて右目を失い、脳にも損傷を受けた事で驚くべき変化が起こり・・・

冬眠もしなくなり、成長も止まらなくなって 異常に巨大化(爆笑) 。 ←もはや、怪物

アニメ版は、惜しくも「赤カブト編」のみで終了したけど、作品の内容以上に 宮内タカユキ が歌う、OP・ED曲の印象が強い!! 

本当に、男を感じる、名曲です。






○#70: 鉄のラインバレル OP:「鬼帝の剣」   歌:ALI PROJECT





本作は、清水栄一・下口智裕による、チャンピオンRED連載のマンガを原作とする、ロボットアニメ♪

単行本化の際は、安彦良和や永野護から賞賛された事でも、超~有名!

14歳の主人公 早瀬浩一 は、ヒーロー願望を持つ、とゆー以外は、普通の中学3年生。

彼は、ある日 高蓋然性世界(別世界) から出現してきた マキナ (現人類以上のオーバーテクノロジーによって作られた侵略兵器)ラインバレルと、ファクター(パイロット)のヒロイン 城崎絵美 に、遭遇する!

ラインバレル は、固有のナノマシン Dソイル  を持つ事が、最大の特徴!

これは 破損箇所の自己修復 を行える他、ファクターにDソイルを移植する事で、その人物を実質的な 不老不死 とする事が可能とゆーモノ!

遭遇の際 事故死 しちゃった浩一は、絵美の希望(Dソイル移植)によって、見事に 蘇生!

2人目のファクター となって、ラインバレルの力を手にしちゃう(笑)。

敵である 加藤機関 は、マキナと、多数の アルマ (マキナを模して、地球の技術で作られた兵器)を使って 世界征服 を狙う、謎の秘密結社!! ←どこか、70年代の悪役っぽい

それと戦う組織 JUDA の社員となった、浩一を待つ運命とは・・・?

ALI PROJECTは 宝野アリカ (ボーカル・作詞)と 片倉三起也 (作曲・編曲)による、2人組みユニット♪

ALIとは アリ(蟻) の事らしい・・・。

Angelaと同じく、アニメ主題歌を歌うために結成されたかのよーなユニットで、これまでに手掛けた作品は、数多い!

オタを喜ばせるために、アリのよーに働く、2人なのである(笑)。






○#71: オヨネコぶーにゃん 2nd・OP:「オヨヨ・ナイト・フィーバー」    歌:神谷明





本作は 市川みさこ 原作による、週刊少女コミック連載のマンガで、アニメはシンエイ動画が制作! 総監督は 笹川ひろし 氏。

オヨヨ は、「ゆでた家」に突然押しかけて来た 黄色い毛皮の太った猫 。 顔の幅は 30cm(!) 、足のサイズは 5cm で、その風貌は、とても猫には見えない(笑)。 人と話すことが出来るくらい賢いけど、性格は図々しく怠惰で、意地汚い! そして、猫の割に雑食で サツマイモ が異常な程、好物♪

なのでストーリーも「サツマイモを巡り大騒動を引き起こす」とゆーモノが、多かった気がします(笑)。

この曲は、かたっち☆・・・の、超~お気に入り♪

作詞 を 市川みさこ 、作曲 を 渡辺岳夫(キューティーハニーでお馴染み) が、担当♪

オヨヨは、「神谷明」が、声を担当した中では、最もLOVEなキャラクターかもしれない(笑)。






○#72: 仮面ライダーゴースト OP:「我ら思う、故に我ら在り」     歌:気志團





正直、最初は「ろくでなしのヤンキー共が、ライダー(子供番組)の主題歌を歌ってる」とゆー事に抵抗を感じ、あまり良い印象を持って無かったんだけど・・・

彼らが出演した音楽番組が超~盛り上がってた事と 2番の歌詞の意外性(「死ぬ」とゆー言葉を繰り返す) を知って、とても完成度の高い曲(歌)だと解り、気に入って買っちゃいました~♪

まず、曲のタイトルに、ピンと来た!

これは、哲学者「デカルト」の 我思う、故に我あり とゆー言葉を、変換したモノだと思われる。

作詞・作曲は、気志團のボーカル「綾小路翔」とゆー事だけど、あの俄かヤンキー「デカルト」なんて、知ってたの?

※ デカルト って、誰? とゆー人に(笑)

ルネ・デカルトさんは、フランスの哲学者。

彼は 世の中にあるモノで、その存在を確実に証明できるモノは、何だろう? と、常に考えていました。

「自分の周りにある全てのモノは、何らかの力(働き)によって、そのよーに見えている偽り(まやかし)なんじゃーないのか?」

そーやって、世の中にあるモノを次々と切り捨てていき・・・

「その存在を確実に証明できるモノは1つも無い!」とゆー考えに、辿り着こーとした時、彼は、ある事に気付きます!

そのよーに考えてる自分の『思い』は確実に存在し、また、そー考えている『自分』が居る(存在してる)事も、間違いなく事実じゃーないか と。

つまり、世の中で絶対に存在する事がハッキリしてるのは 自分自身 である! とゆー結論(真理)に至り、それが「我思う、故に我あり」とゆー事なのである!!

上記、デカルトの思想を、このタイトルに当て嵌めていくと、こーなる。 ↓

好きな人や仲間を大事にし、守りたいと思う気持ちは、確かなモノとして存在しており、それを思う自分も、確実に存在する!(たとえ、幽霊になって、肉体を失ってしまっても・・・)

そして、自分と同様の事を思う者(マコト兄さん=スペクター)も、自分の仲間として、確実に存在している!

それがつまり、「我ら思う、故に我ら在り」とゆー事になり、何気にゴーストの作品内容と、ピッタリ合ってる?

間奏に入る 「俺が守っからよ!」の台詞 は、主人公タケルのキャラクターからは、絶対出てこない台詞なんで、そこが気志團寄りになっていて、少し違和感を感じる、とゆー人が多いみたい・・・。

だけど、この曲は「我ら」とあるよーに、タケル1人の事じゃーなく、マコト兄さんの事も歌ってると考えられるんで、台詞は「妹に対してマコト兄さんが言った言葉」と、捉える事も可能な訳! そー考えると、良く出来てるナリ。

CDは、通常版、眼魂付き、DVD付きの 3バージョン で、発売♪

眼魂付き は、本編に登場したモノじゃーなく「気志團オリジナル・バージョン」とゆー事で、これは、彼らのファンじゃなきゃー、ぜーんぜん嬉しくない!

DVD付き も、気志團のPVとして作られたモノなんで、ゴーストは全ーく登場せず、只メンバーが殴り合う、とゆーヒドイもの! これも、彼らのファンじゃなきゃー、別に観たくない(笑)。

どちらも要らないんで、かたっち☆・・・は、今回、通常版を、購入しました~♪

正直 このジャケットも捨てたい(爆笑) 。

そして、3種ともカップリングには 新垣隆 氏のピアノ・バージョンが、収録されてます!

この方は ゴースト・ライター騒動で話題になった作曲家 で、今回、ゴースト繋がりで共演した、とゆー訳(笑)。

非常に明快な言葉使いと、歌いやすいメロディーが、とても印象的♪

悔しーけど、最近、耳から離れないのよん(笑)。


○#73: ひみつのアッコちゃん OP:「ひみつのアッコちゃん」    歌:堀江美都子



こちらは、88年に放送された、旧作の リメイク版(第2作)♪

設定は、当時の時代背景に合わせて変えられており、アッコが通う学校は「美しケ丘小学校」で、クラスは5年3組。

パパは、ニュースキャスターで、ママは、童話作家(笑)。

アッコ愛用の「手鏡」が割れてしまい、供養するところは同じだけど、リメイク版では、鏡の国の女王からコンパクトを渡され、物語後半は、別型コンパクトに新調されます。

ちなみに、キャラクターデザインは、兼森義則 氏!

主人公 加賀美アッコ の声は、主題歌を含め、 堀江美都子 が、担当♪

そして、耳に馴染みやすいメロディーを、作曲したのは、 小林亜星 氏!

「それは、ひみつ、ひみつのアッコちゃん!」の ちゃん! のところで上がるのが、歌唱する際のポイントだよん。




○#74: 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 3rd・OP:「WILD DRIVE」   歌:永井真人





「遊☆戯☆王」は、原作:高橋和希による、週刊少年ジャンプ連載の、人気マンガ♪

ストーリーは、主にカードゲーム 「マジック&ウィザーズ」 で、キャラクター達が デュエル(勝負) を繰り広げる、とゆーモノ。

デュエル(勝負)は、 モンスターカード (モンスターを召喚する)、 魔法カード (攻撃力や守備力に影響を与える等、様々な効果を発揮する)、 トラップ(罠)カード (相手の攻撃を妨害し、一発逆転も狙える)で、 デッキ を構築して行い、プレイヤーが互いに持つ ライフポイント の、どちらかが「0」になると、決着。

当時、コナミから発売されていた商品は、累計251億枚(!) を売り上げる大ヒットとなり、ギネスにも載っちゃいましたねぇ(笑)。

主人公 武藤遊戯 の声を演じていたのは、若手俳優 風間俊介 (金八先生で、お馴染み)♪

当時、高校生だった彼は、遊戯を演じた事により「アニメ声優」としての知名度も高く、ある世代には、最も愛されてる(?)ジャニーズなんだとか(笑)。

ちなみに、劇場版 「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」 は、完全オリジナル・ストーリー!

闇遊戯(アテム)、海馬瀬人、城之内克也ら、お馴染みの 初代デュエリスト 達が、活躍するよん♪






○#75: 銀河旋風ブライガー OP:「銀河旋風ブライガー」     歌:たいらいさお 





「ブライガー」は、 国際映画社 制作による、ロボット・アニメ♪

後に バクシンガー、サスライガー へと続く、J9シリーズ3部作の1つ、なのよん。

舞台は、西暦2111年。 太陽系宇宙に、本格的に進出を始めた人類だけど、開拓の最前線である アステロイド地帯 では、警察権力も腐敗し、犯罪組織 コネクション が、公然と暗躍していた!

コズモレンジャーJ9 は、多額の報酬と引き替えに、警察には解決できないよーな事件や悪事などを、密かに解決するために結成された、「闇の始末屋」。 言わば、アニメ版 必殺仕事人(笑)。

メンバーは、かみそり・アイザック、ブラスター・キッド(射撃の名手)、飛ばし屋ボゥイー(運転の名手)、エンジェル・お町(情報屋) の4人。

J9が、普段移動に使ってるメカは ブライサンダー (スーパーカー・形態)から、 ブライスター (宇宙戦闘機・形態)、そして ブライガー (大型ロボット・形態)へと、3段変形♪

変形の際、 シンクロン原理 (他の宇宙空間と質量を融通し合う事で物質を巨大化させる)によって、 全長5メートル~30メートルにまで、巨大化 しちゃう(爆笑)。

「ブライガー」のデザインは、当時、とても斬新で、主役ロボットなのに、両手は、なんと 鉤爪!!

いや、その「武器、掴んでます」感が、カッコイイんだってば♪

物語後半には、犯罪組織「コネクション」の1つで、「大アトゥーム神」を信仰する、選民思想を持ったカルト宗教団体 ヌビア・コネクション が、登場。

木星を破壊して、地球型の惑星を数十個単位で創世する 大アトゥーム計画 を企てる、首領 カーメンカーメン!!

それは「地球を放射線で死滅させかねない危険な計画」である事から、J9は、それを阻止しよーと、動き出すのよん。

夜空に輝く星の影で、悪の笑いがコダマする・・・

ハードなイントロに載せ、声優 柴田秀勝 による、上記のナレーションから始まる本曲は、アニソン史上、屈指のカッコ良さ!!

作曲は、 山本正之 氏が、担当♪ 

OP映像の作画は、 金田伊功 氏によるモノで、ノリにノってます(笑)。






○#76: 侍ジャイアンツ 1st・ED:「サムライ番場蛮」    歌:松本茂之





巨人V9時代 に描かれた、原作:梶原一騎、作画:井上コオ による、週刊少年ジャンプ連載のマンガで、アニメは、東京ムービー傘下の「Aプロセンス」が、制作を担当♪

監督は、長浜忠夫(コンV)氏で、キャラクターデザインには、大塚康生(ルパン)氏、絵コンテでは、冨野氏も、参加されてます(笑)。

この作品には、長嶋茂雄や王貞治など、 実在の野球選手 も、多く登場♪

昭和45年度シーズンオフ、主人公 番場蛮(ばんば・ばん) は、巨人監督「川上哲治」から、チームに必要な人物像 サムライ(野性味と豪傑肌を持つ者) として認められ、指名入団する事になっちゃう(笑)。

当初、制球がデタラメな剛速球を投げる事から 殺人ノーコン と言われてた彼は、二軍選手「八幡太郎平」の献身的な協力によって、これを克服! 

攻走守、全てに秀でた 万能選手(9番ピッチャー、背番号4、左投げ左打ち) へと、成長♪

6歳の時に、漁師の父をクジラに殺された体験から、クジラのよーに 強くてデカくて威張った奴 に、異様な闘志を燃やす彼は、数々の魔球を編み出し、ライバル達と「球場をサムライの合戦場に変える」よーな死闘を、繰り広げていきます。

登場する 魔球 は、実際の野球ルールでは「ボーク(反則行為)」となるよーな、荒唐無稽なモノばっかし(笑)。

アニメ最終回では、 ミラクルボール(ハイジャンプ+大回転+分身魔球) とゆー最大の魔球を使って、ロジー・ジャックスを討ち破り、蛮は、MVPを獲得! 車がプレゼントされる、とゆーハッピーエンド♪

だけど、原作の結末は、アニメと異なっており・・・

対中日戦、蛮は、ライバル「大砲万作」を打ち破ったと同時に、 マウンド上で立ったまま「魔球の投げ過ぎ」により、心臓発作で、絶命!!

遂に、野球マンガで、人殺しちゃいました、梶原一騎先生(爆笑)。

作曲は、劇中音楽も含めて、 菊池俊輔 氏が、担当♪

後期OP も、熱いアニソン(名曲!)で大好きなんだけど、かたっち☆・・・は、前期の バンカラ な感じのOP、EDが、超~お気に入り♪

特に、 OP映像 の 長嶋パンチ は、強烈!

番場を殴ったら、吹き飛んだ番場ごと、コンクリの壁を突き破っちゃうんだから(爆笑)。

歌ってる 松本茂之 の正体は、超~有名なアニソン歌手!!

最近のアニメからは、聴く機会が減ってしまった(?)感じの、面白すぎるアニソンだよん♪ 小便してるし・・・






○#77: 這いよれ!ニャル子さん OP:「太陽曰く燃えよカオス」   歌:後ろから這いより隊G





本作は、 逢空万太 による ライトノベル を原作とする、アニメ♪

物語の内容は クトゥルー神話 を元ネタにしてるけど、ニャル子自身 地球のアニメ、ゲーム、マンガを好む とゆー設定なんで(ケロロ、イカ娘といい、宇宙人がオタクなのは、何故?)、随所に「様々な小ネタ(パロディ)」が、散りばめられてます(笑)。

ある日、夜道で怪物に襲われた、主人公の男子高校生 八坂真尋 は、謎の少女に救われる!

彼女は、自らを「クトゥルー神話」に登場する ニャルラトホテプ(無貌の神) そのものであると語り、真尋が他の宇宙人(人身売買組織)に狙われていて、自分が護衛として「宇宙連合/惑星保護機構」から派遣された事を、告げるのであった。

とゆーか、一番、狙ってるのは、真尋に 一目惚れ したニャル子自身なんだが(笑)。

銀髪の美少女 ニャル子(声:阿澄佳奈) は、残忍で破壊的な性格を持つ、本作のヒロイン♪

ちなみに、頭部の アホ毛 は、感情によってカタチを変えるけど、じつは、敵を感知する「邪神レーダー」。

ニャル子は、組織の取引ルート解明(事件解決)後、300年分の有給休暇消化を理由に、真尋宅に居候~。

這いよるたび、真尋に フォーク(邪神に対し、最もダメージを与えられる威力を持つ武器) で突き刺される、とゆー毎日を、送る事になります(笑)。

この曲は、かたっち☆・・・も、超~お気に入り♪

歌ってる 後ろから這いより隊G は、ニャル子と、幼馴染みのクトゥグア星人 クー子(声:松来未祐)、そして、真尋の女子クラスメイト 暮井珠緒(声:大坪由佳)、3人によるユニット。

曲は、ドイツのグループ ジンギスカン の楽曲をイメージして作られており、激しーメロディー展開でありながら、声は 脱力系(笑) なんで、邪神感を味わえるカオスな感じの曲に仕上がっていて、中毒性があります!

作詞を担当したのは、 畑亜貴 氏。

「クトゥルー神話」的・内容の歌詞になっており、 うー! にゃー! のフレーズは、大流行しましたね♪

この曲を知らない、とゆー人も、モー娘「恋のダンスサイト」に似てる曲なんで、それが好きなら、絶対、気に入るハズだよん!






以上、今後も、このよーに過去記事を、纏めて行く予定です♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR