研究レポート#56:スターニンジャー!?

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、これまでの「スクラボ」記事を簡単に復習できちゃう(?)「スクラボ検定」から、読んでみよー!


再開したモデルのネタをやるつもりだったんだけど・・・間に合いませんでした~(号泣)

※これまでの「スクラボ」に無かったよーな(?)内容の記事なんで、作成に時間が掛かってます。

「記事の更新ペースが早くなる」と言ーつつも、全く変わってねーじゃんか!!


仕方が無いんで(?)、今回は「最近のお買い物♪ ニンニンジャー第2弾!」を、お送りしちゃいま~す♪

ネタが何であろーと、楽しく進めちゃうのが「スクラボ」ナリよ(笑)。


好評の「ミニプラ・シリーズ」も、短い間に、多くの新商品が じゃじゃじゃじゃ~ん! と、発売されたよん!


まずは、アメリカからやって来たロックなアイツ、「スターニンジャー」の駆る「バイソンキング」から、ご紹介~♪

ミニプラ:バイソンキング1

商品は、第2弾として、全4種、発売! 
主に「オトモ忍ロデオマル」、「両腕」、「胴体」、「両脚」と分けられていて、4つ揃えると組み上がる仕様なのよん♪

内容は、こんな感じ。 ランナー状態の写真だよん! ↓

オトモ忍・ロデオマル

バイソンキング1

バイソンキング2

バイソンキング3

「バイク(バギー)」形態での「前輪」は、「バイソンキング(人型)」では「両肩」に、「後輪」は、「両足」になります!
「胴体」、「両腕」、「両脚」と分離する構成になっており、「胴体」のパーツには「オトモ忍ロデオマル」が搭乗(合体)したまま「バイソンキング」に変形します♪

ミニプラ:バイソンキング2

そして、この「バイソンキング」は、「シュリケンジン」とも合体して、「キングシュリケンジン」にも、なっちゃうのだ♪

「キングシュリケンジン」では、「シュリケンジン・胴体」パーツの上に、「バイソンキング・胴体」パーツが、乗っかるカタチになり、「バイソンキング・両腕」パーツは、「シュリケンジン・両腕」パーツを延長するカタチで、その先に合体します!
「バイソンキング・両脚」パーツは、「シュリケンジン・両脚」パーツの下に、ゲタを履くよーなカタチで合体するのよん!

「ニンニンジャー」の合体は、「大きくシルエットが崩れる」とゆー事が無く、歴代・戦隊メカの中でも、上手く纏まってるほーだと、思います(笑)。←歴代、そんな詳しくねーけど


続いては、3体のオトモ忍「パオンマル」、「UFOマル」、「サーファーマル」の、ご紹介~♪

集結!オトモ忍1

商品は、第3弾として、全3種、発売! 1箱に1体が、入ってる仕様です♪

内容は、こんな感じ。 ランナー状態の写真だよん! ↓


オトモ忍パオンマル

オトモ忍・パオンマル

「象」形態でゆーところの、胴体から前後に分離し、前半分のパーツは「前脚」が、「人型」での「両脚」とゆーカタチになります。
後半分のパーツは、「右脚」と「左脚」で、さらに分離し、「シュリケンジン」の武器となります♪


オトモ忍UFOマル

オトモ忍・UFOマル

「人型」では、背中に「円盤」を装着した感じになるけど、「円盤」だけが分離し、「シュリケンジン」の武器となります♪


オトモ忍サーファーマル

オトモ忍・サーファーマル

 「潜水艦」形態では、尾部に「オトモ忍シュリケン」を装着しており、「人型」では分離します。「サーフボード」のパーツは、「人型」でも「シュリケンジン」でも、同じ使い方(乗っかるだけ)です(笑)。

それぞれ「象」、「UFO」、「潜水艦」の形態から、人型に変形♪

そして「シノビマル」と入れ替わるカタチで、それぞれ「シュリケンジン」と合体し、「シュリケンジン・パオーン」、「シュリケンジン・UFO」、「シュリケンジン・サーファー」の、3形態になるのよん!

集結!オトモ忍2

かたっち☆・・・は、この「パオンマル」と「UFOマル」のデザインが、超~お気に入り♪

「ミニプラ」の購入を決めたのも「この2体が欲しかった!」からで、発売される事を想定してのモノだったんだけど、第2弾が「バイソンキング」になった時は、「発売されないのでは?」と、正直、焦りましたね(苦笑)。
※劇中での登場は、この2体が、先なのである。


で、前回、紹介した「シュリケンジン」だけど、製作が、全ーく進んでませーん(号泣)

一応、仮組みしてみたんだけど、そんなにパーツ多くないのね。 組み難いところはあるけど。

ただ、一体になってるパーツが多く、「塗装」が大変だなぁ~、とゆー印象!

合体も、「ABS」のグリップを生かして「面」で嵌るよーな部分があったりして、これは「せっかく塗装しても、全て台無し(!)になっちゃう可能性が高い」事から、何とか「接続方法」を、変更してやりたいところ。

全体をキレイに塗装し仕上げたモデルが、「オモチャと同等になる」なんて考えが、そもそも間違ってるのかもしれないけど(キャラクター・モデラーには、そんな考えの人、多いと思うが、笑)、デザインが良いだけに、なんか勿体無い感じがするのよん!

なので、これら問題点を改修するべく、本気モードで作っちゃう事に、決定しました~♪←死ぬ覚悟!?

もー「パテ」だろーが「プラバン」だろーが「レジン」だろーが、出来る事は、ぜーんぶやっちゃうよん!!

結果「合体トイ」買うのと、同等の費用が掛かっちゃうかもしれないけど、それ以上のクォリティ-でモデルが手に入るんなら、やる価値あるでしょ?

「オトモ忍」も揃ってきて、「どこに、どのよーに合体するのか?」も、解ってきた事だし(笑)。

実質「スクラッチビルド」と変わらなくなる(?)事から、記事として紹介していく予定だけど、全部の合体を意識しながら作るのは大変なんで、「オトモ忍」ごとに1体ずつ、攻略していこーと思います♪

合体した姿「シュリケンジン」を見られるのは、おそらく来年!? かもしれない。

「ニンニンジャー」放送中に、何とか完成させたいところだけど・・・資料として各話「DVD」にも残してるし、「カスミ姉(モモニンジャー)」へのLOVE♪ が、ある限り(?)、熱が冷めちゃう心配は無いでしょー(爆笑)。

かたっち☆・・・が、どのよーに「ミニプラ」を攻略するのか?

興味のある人は、これからの記事を、より深ーく(?)楽しむために、「ミニプラ」購入しておこー♪










番組改編♪

そろそろ番組改編の時期、7月スタートのアニメが、気になります!

かたっち☆・・・が、特に楽しみにしてる作品を、2つ紹介しちゃうよーん♪

まずは、「アクエリオン・ロゴス」!!

「アクエリオン」は、原作:河森正治、制作:サテライトによる、「神話」と「合体」をモチーフとしたアニメ♪ 

人類の住む世界(現代)と「ロゴス・ワールド(数千年前に誕生した、文字の世界)」が、ある日を境に接触!
主人公たちは、覚醒した伝説の巨大ロボット「アクエリオン」に搭乗し、危機に陥る世界を救うため、行動していく!

今回の舞台は、「現代」とゆー事で、過去2作(創聖・EVOL)と、ストーリー的に繋がってるのかは、わかりませーん(笑)。

従来作で言ーところの「エレメント」能力は、本作では「創声力(言葉=文字と、声に特化した能力)」になってます。
この力に秀でた者は「真理の力」を生み出すことができ、敵に対抗できる有効な手段となるんだけど、この能力を発現できる者は非常に稀な事から、「ディーバ(世界創声力機構)」は「創声力」を持つ者を、あらゆる手段を講じて発見・育成してる、とゆー訳なのよん。

物語の舞台が、現代の東京・阿佐ヶ谷になってるのも、数多くの歴史的文豪たちが日々を過ごした影響で、「創声力」が豊富とゆー設定から(笑)。

制作会社「サテライト」も、この地にスタジオを構えており、「阿佐ヶ谷アニメ・ストリート」は、アニメファンの交流スポットにもなってます♪

また、このストリートにあるカフェ「SHIROBACO」は、実在するサテライト・プロデュースによる店で、本作にも、「創声力・育成機関」として、表向きは「カフェ・ショップに偽装されてる」とゆー設定で、登場するのよん!

何気にカフェの宣伝、入ってるじゃん(苦笑)。

「アクエリオン」は、「ベクターマシン」による、合体の組み合わせで、様々な用途に対応出来るよー設計されたロボットだけど、今回の合体コンセプトは、漢字!!
漢字には「へん」「つくり」があるわけだけど、漢字は「へん」と「つくり」が合体してるよーに見える。
「へん」と「つくり」に意味があって、その意味同士が合体することで違う意味が生まれる! とゆーところに、面白さを見つけたらしー。

かたっち☆・・・的には、「漢字」、「合体」と聞くと、なんか「もじバケる」をイメージしちゃう(爆笑)。


OP曲は、May’n(マクロスF、シェリル・ノームで、お馴染み)が、担当するのよん♪






続いては、こちら 「干物妹!うまるちゃん」♪

原作:サンカクヘッドによる、週刊「ヤングジャンプ」連載のアニメ。

普遍的な日常を綴ったギャグマンガだけど、有名作品や、サブカル等のパロディが、小ネタとして随所に散りばめられてるのが特徴♪

かたっち☆・・・・も、立ち読みしてますよん。←「電波教師」と合わせ、最近、機会が多くなってるナリ。

舞台は、東京都・八王子市近郊。 主人公「土間埋(うまる)」は、兄「土間大平(タイヘイ)」と、アパート「コーポ吉田」に、2人暮らし♪

名門「荒矢田(あらやだ)高校」に通っている「うまる」は、外では才色兼備の完璧少女だけど、家の中ではグータラに過ごす、怠け者の女子高生(笑)。

家に帰った途端、まるで「ねんどろいど」か「ミディッチュ」か? とゆーくらい、頭身がデフォルメされて、「美妹(びもうと)」から「干物妹(ひもうと)」に変化する! そのギャップが、持ち味なのよん♪

家では「ハムスター」を2匹飼育しており、自身もハムスターを模したフードを被って、ラフな格好で過ごしてます。
そして、「ぬへへ」「ぬっふっふ」といった、独特な笑い方をするのが特徴。

好きな食べ物は、コーラ・お菓子類などのジャンク・フード系やハンバーグなどの肉類。
趣味はマンガ。 他には、ネットサーフィン・アニメ鑑賞・オンラインゲーム等があり、特にゲームの腕前は、達人級!

ゲームセンターやオタク関連のイベントなどに出かける際は、「UMR」とゆーお忍びの姿に変装するんだけど、その怪しー服装と、異様なオーラに加え、ありとあらゆるゲームを制覇し、クレーンゲームの景品を一発で取りまくる姿から「天才ゲーマー」として認知され、行きつけのとあるゲームセンター店員からは、危険人物としてマークされてるのだ(爆笑)。


ED曲は、「うまる」のクラスメイト「海老名菜々」、「橘・シルフィンフォード」、「本場切絵」の4人で結成したボーカル・ユニット「妹S(シスターズ)」が担当~♪










んー、今から楽しみ、気になる人は、観れば~


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

ガンバの冒険・ED:「冒険者たちのバラード」  歌:すぎうらよしひろ





「ガンバの冒険」は、東京ムービー制作による、動物アニメ♪

残忍な暴力と恐怖で故郷の島を支配している、巨大な白イタチ「ノロイ(声:大塚周夫)」を倒すため、主人公「ガンバ(声:野沢雅子)」を始めとする、勇敢な7匹のドブネズミ達は、冒険の海へと船出する!

「ノロイ」は、通常のイタチの3倍はある巨体と、雪のよーに白い体毛、赤い目(アルビノ)を持つイタチ!
不気味な笑い声で威圧し、眼光を利用して「催眠術」を使う事も、出来ちゃう!
殺戮そのものを楽しむ性格で、その悪行は、ある時は力で、ある時は策略で、ネズミ達を少しずつ追い詰めては殺してゆき、「白い悪魔」と恐れられる程、なのである!!

それ故、「ノロイ」は動物キャラクターだけど、日本のアニメ史上、最も恐ろしー悪役として、知られてるのよん!

また、ネズミ達のキャラクターも、どれも深みがあって個性的♪

その中でも、かたっち☆・・・が、特にお気に入りだったキャラは「イカサマ(声:堀絢子)」♪

足の速さから「イダテン」とも呼ばれる彼は、ニヒルだけど情に厚く、名前の通り「博打」などでの、イカサマが得意!
2つの黒いサイコロを肌身離さず持っており、時折「占い」と称してサイコロを振り、未来をも予見しちゃう(これも、イカサマなんだけど、苦笑)。

とにかく1話を見始めると、最終決戦まで見続けちゃうパワーがある作品なんで、かたっち☆・・・も、超~オススメ!!


ED映像は、コントラストが、美しくも寂しー事で有名だけど、重いバラードの本曲と共に、凶々しー「ノロイ」の姿に、トラウマを持ってる人も、多いかも(苦笑)。






とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR