FC2ブログ

塗装(表面処理、下地塗装)

このブログをご覧の皆様、こんにちは。


今回は 表面処理、下地塗装 について、解説しちゃうよ~ん♪


パーツをレジンに置換した後、モデル 完成 までの作業は、実質 ガレージキット を組み立てるのと、あまり変わりません(汗)。

パーツが「白色」のままだと 気泡埋め や パーティング・ライン消し の処理をするのに判り難く、誤ってモールドを削り落としてしまう場合があるので、作業を始める前に、サーフェイサーを吹き付けてしまいます♪

素材が「レジン」なんで、使うのはもちろん プライマー・サーフェイサー 。

このサフは 確認を容易にする のが目的であり、処理や加工を進めて行くうちに、結果、全て落ちてしまう事から、きちんと塗り上げる必要の無いモノ! だから 缶サフ で、OKだよん。

離型剤 を全ーく使っていない、特殊な「注型」である事から、パーツを洗浄する事なく、作業を進められます(笑)。


○ 気泡・埋め

まず「小さい気泡」は、「サフ」を塗った時点で 表面を軽く研磨 すれば、大体、埋まっちゃうんだけど、それでも埋まらない「大きい気泡」には、「溶きパテ」を使います。

「サフ」を塗ったら、その後の処理はプラキットと、全ーく同じ!

素材が違うからって、特殊な材料を使う必要は無く、使い慣れた材料= 溶きパテ(タミヤ・パテ+流し込み接着剤) で、OK♪

「溶きパテ」は、「小さい気泡」になると、内部まで入り込んで行かず、なかなか埋まってくれないモノなんで サフ→溶きパテ とゆー手順を取った訳(笑)。

パーティング・ライン周辺 は、「複製」の性質から、特に「気泡」が多く発生してる部分だから、入念に処理しておこー!


※「表面処理」での注意点!

「レジン」パーツは 表面を磨き過ぎる と、新たな「気泡」が現れて、延々と処理しなきゃーならなくなっちゃいます(泣)。

「溶きパテ」等は 比較的「細目のペーパー(#800以上)」を使って、時間が掛かっても少しずつ切削していく 事!

「気泡」を穿り返すよーな、粗い番手のモノは、とーぜん使っちゃダメよ~ダメ、ダメ!


○ サーフェイサー(下地)

全ての「表面処理」が完了したら、仕上げの「サフ」を、エアーブラシで、吹き付ける事になります♪

「下地」としてのサーフェイサーは、 細かなキズのチェック と 素材の色と補修したパテの色で、パーツがまだら模様になってるのを、一色に統一するのを主な目的として、きちーんと塗装します。

その場合、最も隠蔽に向いてる、グレー色の「サフ」がよく使われる、とゆー訳。

しかし、缶スプレーを使うと「1度に多くの塗料が載る」事から、小さな「スクラボ・モデル」では、すぐに塗膜が厚い状態となってしまい、モールドが埋まってしまいます(泣)。 

そこで「塗膜を薄く仕上げる」目的から、仕上げのサフ吹きには ビン入りのサフ を使い、希釈して エアーブラシ(ノズル口径:0.3mm、ダブルアクション) で、吹き付けます♪



0.3mm口径でも行えるのだけど、 シンナーによる希釈を多くした場合、パーツへの「食い付き」効果が薄れて、マスキング時に「剥離」を起す 事も、有るのよん。

適正の濃度であっても、 パーツからの距離が遠いと、吹き付ける塗料は、届くまでに「半乾き」の状態になる ため、表面はザラザラになっちゃいます。

そこで、パーツとの距離を近づけるため、コンプレッサーから供給されるエアー圧(1気圧)を レギュレーター調整で「0.5気圧」にまで下げて 行ってます♪

この時、エアーブラシのノズルが詰まりを起こさないよー、より番手の細かい「#1500」のサフを使えれば、ベスト!

だけど、プライマー・サーフェイサーには「#1000」しかなく、残念(泣)。

これは、パーツの奥まった部分や、ミストの届き難い部分を ピンポイント塗装(ノズルを絞った、線吹き・状態) するのにベストな希釈率であり、そーして塗料を載せた後、ニードル開度を全開に調整して、広い面積(全体)の塗装へと、移行します。

塗料は、シンナーに近い状態であるほど、乾燥が速くなるので、薄く希釈されていて、室温が20度に設定されていれば、「塗り上がるまで、止めずに吹き重ねる」事も可能となり、「タレ」や「吹き込み」等の トラブル が起きた場合も、塗膜が薄く形成される事から、その修正が容易となります。

塗装による「パーツ全体の隠蔽」は、この後に重ねる「白・下地」で完了されるモノだから、この段階では 少し透けるくらい でも大丈夫、とゆー訳。

塗膜が薄くても、サフは、きちーんと機能する モノなのよん(笑)。 ←毎回、「どこまで薄く仕上げられるか」挑戦してるよーなところも、あったりする

サフは「パテ」であり、本来、細かなキズ埋めを行うためのモノ。

塗料とは違うのだから、表面は「荒れた状態」になってるモノであり、そのまま 研ぎ も行わず、下地にして先へ進んでしまうと、塗装が全体に厚ぼったく、シャープに仕上がってないモデルとして、完成してしまいます(汗)。

※塗装での注意点(サフ含む)

補修した部分には、一度に多くの塗料が乗らないよー注意する事!

「パテ」には 上に乗った塗料のシンナー分を吸って膨れ、それが抜ける事によってヒケる 性質があるのよん。

厚塗りすると、補修した部分のパテが溶けて、元の状態に戻ってきちゃう(泣)。

だから、薄い塗料を少しずつ重ねて塗り上げるのが、ベストな方法なのよん。

そして「サフ」の場合は 乾燥時間も多く取る 事!

塗料じゃなく「パテ」なんで、その分、時間が掛かるのよん。

「サフ」も「塗料」も、溶剤分が抜けると同時に収縮しながら硬化していくモノです。 「サフ」の乾燥が不十分な状態で、上に「塗料」を重ねたりすると、お互いの 収縮差 によって、塗膜がヒビ割れを起こしちゃう場合があるのよん(泣)。

ここは、先に作業を進めたい気持ちをガマンして(?)、丸1日、乾燥させてみよー!


○ ホワイト塗装

全体を「グレー」に塗り終えたら、「ホワイト」の塗料を上塗りして、 白・下地 を作り上げます。



赤・青・黄と、彩度の高い色の組み合わせの場合 白下地 に仕上げる必要が、有ります!

「ホワイト」の塗装には、いつも クールホワイト を使用♪

通常の「ホワイト」塗料と比べて 「顔料粒子」が大きめで、下地を隠蔽する力が高い んで、厚ぼったくならず、少ない回数でキレイに塗り上がります。

視力の悪い、ボクちんは「プラ・サフ(グレー)」塗装後、処理を完璧に行ったつもりでも、下地仕上げの「ホワイト」を塗装してみると、キズや気泡が見つかる事も、けっこー多い!

しかし、それらの処理に、再度「溶きパテ(グレー)」を使おーモノなら、また「プラ・サフ(グレー)」からの下地・作業(塗装)に、逆戻り(泣)。

そーならないために、ここで使うラッカーパテ(溶きパテ)には、同じ色の「ホワイト・タイプ」を、選びたい所。

だけど、各社から発売されてる「チューブ入り」は、どれも「粘性」が高く、糸を引く性質を持っていて、希釈する「接着剤(流し込みタイプ)」との相性(溶け)も悪く、固まり気味になって、盛り付けも困難(汗)。

仕方なく使用を諦めてた時、はっちゃけた(ひらめいた)ボクちんは、代わりとなる商品を、見つけたのよん。 ↓

タミヤ「サーフェイサー(ホワイト)」瓶入りタイプ♪



商品の中身は、タミヤが「缶(スプレー)サフ」で販売してるモノと同じなので、「チューブ入り」とは成分が異なり、糸を引く性質を持ってません!

瓶に入ってる状態を見ると、重いために「パテ成分」が下へ沈んでおり、上澄みの「溶剤・成分」と、 分離 してます。

そのまま攪拌を行うと「塗料」みたいな濃度(粘度)になっちゃうんだけど・・・

上澄みになってる「溶剤・成分」を捨ててしまい、残った「パテ成分」から、適正・濃度(粘度)のホワイト・パテを作る とゆー訳!

これをツマヨウジで掬い、キズや気泡に擦り込んで、乾燥後にペーパーを掛ければ、処理・部分がホワイト塗装した下地と見分け付かないくらい、馴染んでくれるのよん。


〇 塗装・持ち手

軸・タイプ と 受け・タイプ の「塗装持ち手」を自作して、関節に固定して使ってます♪ 

パーツとの固定には ピットマルチ を使用!

その 粘着力 は、盛り付けた時点じゃー、たしかに「弱い」印象を受けるんだけど、実際は「両面テープ・強力タイプ」と大体同じくらい(?)で、時間の経過と共に強力になってきます(笑)。

何より、平面的な部分にしか貼る事の出来ない「テープ」と違って 凹凸部分に難無く盛り付けできる(ペースト状だから) とゆーのが、最大の利点!

粘着面積が2mm以下の場合でも サフ→ホワイト→着彩→クリアー と、4工程の吹き付けを行っても、1度も「持ち手」から離れる事なく(傾いちゃう事はあったけど)、しっかり食い付いてくれます(笑)。

だけど 水性 で、硬化に時間が掛かる事から、かたっち☆・・・は「食器乾燥機」に入れて、強制乾燥させてます。

塗装の都合から分割されたパーツは、棒を指すよーな穴やクリップで挟める部分が存在せず、塗装しない裏面や接着面に「両面テープ」を使って固定する事も、カタチが 曲面(凹み) であるため、困難な場合は、 マスキングテープを丸め「リング(輪)」として使おー!!

よーするに、半分をパーツの曲面に沿って貼り、もー半分を持ち手に固定し、リング状に浮かせてる、とゆー訳。

これなら、 浮いたテープを、パーツのカタチに合わせて変形させる 事により、対応・出来るので、固定が不十分なため、塗装・作業中に落下する、とゆー事故も起きないのよん(笑)。


〇 エアーブラシ塗装(作業・環境)

室内での塗装を行う際、テーブル等に養生のため「新聞紙」を使ってる、とゆー人も多いと思うけど・・・

塗料をこぼすと、下まで染みてしまうモノだし、接着剤を使うと、貼り付いてしまう事も多いでしょ?

ボクちんは、最近、代用・出来る、良いモノを見つけてきました~!

それは、 ホームセンター のDIY・園芸コーナーで、土(砂)を積んで運ぶ時など、車内が汚れないよー敷いて使われる、ビニール・シート♪

お店の入口・付近に設置されており「ご自由にお使い下さい」と、何枚でも無料で頂けちゃうのだ(笑)。 ←来店する度、20枚くらい持ってくるナリ

色は透明で、サイズは90㎝×90㎝くらい、新聞と違ってかさばらないため、部屋の汚れて欲しくないモノを包むのも容易だし、ビニールだから下に染みたりする事も無い! 簡単には破れないし、塗装後、キレイに拭き取れば、何度でも再利用が可能なスグレモノ、なのである。

それと、もー1つ・・・

ハンドピースを洗浄した時に出る、汚れたシンナーを「塗装ブース」に吹き出すと、洗浄を行ってるだけで、すぐにファンが汚れた状態になっちゃうよね?

ボクちんが、最近、吹き付けてるのは、飲んで空になった ペットボトル容器♪

この中に吹き出せば、ミストが周囲に飛散しない事から、部屋の汚れも最小限に抑えられるし、フタが出来るので、臭いを閉じ込める事も出来ちゃうのだ(笑)。 ←容量500mlあれば、十分

一杯になったら、容器を持って外へ行き、地面に穴を掘って、捨てれば良ーのである。


「塗装ブース」も、改良♪

ホームセンターで購入した 洗濯機ホース(¥500くらい) を、背面に「排気ダクト」として2本・取り付け、作業中は開けた窓の隙間から、外へ出してやる事にしたのよん。

風は 狭い隙間ほど速度が上がり、早く通り抜ける モノなので、 全開にしても効率が悪い とゆー事実が、判明!

空気の入れ替えには、 吸気と排気に使う2つの窓が必要 となり、いずれも 15~20㎝くらいの開きで、十分・換気を行える みたい。

この物理が正しければ、換気扇のファンと、同じサイズのダクトを装着する必要は無く、このほーが効率・良いハズ。

それに、窓の開きが、この程度で済むなら、冬場でも寒くないじゃん?

2つの窓は、 対角に位置してる のが、理想なんだけど・・・

間取りの都合から、対角に存在しておらず、 2つが並んでる部屋の場合は、それぞれ開けた隙間が30㎝以上・離れてる事 が、条件みたい。

近すぎると、排気したモノを吸気する事になって、意味が無いのよん(笑)。


また、部屋の入口などドアの僅かな隙間から、シンナー臭が抜けている(?)可能性も有ると、判断。

100均で購入した シャワーカーテン を、塗装・作業する部屋の周囲に取り付け、 空間を切る(空気の通りを完全に遮断する) とゆー事を、思い付いたのである!

おかげで、カーテンから外へは、全ーく臭わなくなり、家族には、シンナー使ってる事もバレなくなりました(汗)。

このカーテンは、汚したくないモノを隠す(覆う)のにも都合良いため、塗装の準備(掃除)もラクになります♪

まるで、塗装屋さんの、仕事場みたい?


一方で、シンナーなど VOC(揮発性・有機化合物) の臭いを消す、デオドラント・スプレーも、登場してきてる様子。

昨年、行われたホビーショーでも、 ガイアノーツ が商品化を発表(決定)し、今春の発売を予定してたんだけど、ユーザーから寄せられた意見・要望を基に「更なる改良を進める」として、延期されちゃいました(汗)。

まぁー、塗装屋さんが使う 業務用 でも、1本の価格が ¥3000~4000 するので、発売になった所で、安くないかも?


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR