研究レポート#51:ニンニンジャー!?

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー:「REBOOT!!」から、読んでみよー。


「ゲッター2」は塗装中だし、他は製作を中断してる状況なんで、モデルのネタを書けませーん(号泣)。

仕方が無いんで(?)、今回は、この企画。↓


○最近のお買い物♪

「スクラッチビルド」のために必要となる「モチベーション」を維持するのに役立つモノを、あれこれ紹介していく、とゆーこのコーナー(笑)。←なんか、変わってる?

今回、紹介しちゃうのは、コレだよん。↓ じゃじゃ~ん!

ミニプラ ニンニンジャー・1

ミニプラ・ニンニンジャー・2

「ミニプラ 手裏剣戦隊ニンニンジャー シュリケンジン」!!

「ミニプラ」は、戦隊シリーズに登場する「ロボ」の商品で、全種揃えるとTOY同様の合体が楽しめちゃう、とゆースグレモノの「食玩」なのよん!(ラムネ菓子が1個入ってるんだけど、どっちがオマケなんだか、笑)





かたっち☆・・・は、放送開始前から「シュリケンジン」のデザインがお気に入り(一目惚れ?)で、この商品も「出たら絶対、買おー!」と決めてたのよん。

シュリケンジン:資料

シュリケンジン・ドラゴ:資料

そして、これから発売される「サポート・メカ」のデザインも、超~お気に入り♪

特に、追加戦士「スターニンジャー」が搭乗する「バイソンキング(バイク型から変形!)」のデザインが、超~カッコイイ!!

とーぜん、それら全てのメカが合体した形態も存在する訳だけど、まだシリーズ前半で、ここまで巨大になっちゃうと「どこまで複雑になるのか」全ーく想像できない! そこが、また面白いのである(笑)。

商品の内容は、こんな感じ。↓ 「ランナー状態」の写真だよん。


オトモ忍・シノビマル

オトモ忍・シノビマル

「シュリケンジン」では胴体に収まり、「シュリケンジン・ドラゴ」では左腕になります!
その都合からか、両腕は曲げた状態でパーツ化されていて、両脚の間には「拳(ドラゴ形態用)」パーツが、存在してます。


オトモ忍・ドラゴマル

オトモ忍・ドラゴマル

「シュリケンジン・ドラゴ」では胴体に収まる事から、両腕は「シノビマル」と同様、曲がった状態でパーツ化されてます。 
翼は「シールド」になるみたい。 イージーだな(笑)。 


オトモ忍・ダンプマル

オトモ忍・ダンプマル

両形態で、「胴体」として使われます。 キャブの部分は分離して「右腕」に変形します。


オトモ忍・ビュンマル

オトモ忍・ビュンマル

両形態で「脚」になります。 「リニア」である事から、パーツが長く大きーんで、商品では2箱に分かれてます。
こちらには、両モモと右脚が、入ってるのよん。

アリャリャン、コリャリャン、おつむのネ~ジが♪←それ、ピュンピュン丸


オトモ忍・ワンマル

オトモ忍・ワンマル

左脚とワンマルのセットです。 ワンマルは、ビュンマルの「左脚」に乗っかる感じで合体します(笑)。

「シュリケンジン・ワンコ」って無いのかしら?←ねーよ!

口になんか咥えてるのが、「バクゥ」みたい。

 
いずれも、接着剤不要のスナップフィット! タッチゲートで、処理もラク! 
細部の塗り分けは「シール」で再現! 全パーツ、ABS製!!
肉抜きは多いけど、モールドが省略されてる部分は、意外に少ない!
この商品の仕様って、懐かしの「ワタル・コレクション(プラクション)」に近いかも!?

関節を作り直したい感じもあるけど、変形に支障を来たす恐れがあるんで、このまま弄らないほーが良ーみたい。
肉抜きを埋めると、とーぜんパーツの重量が増える訳だけど、「ABS関節」は保持力が高いんで、そこを考えると、ベストな選択かもしれない。 「ポリ」は、塗装も出来ないし・・・。

「ABS」も、一般に「塗装できない」って言われてるけど、パーツの割れを起こしたりするのは「接合ピン」等、力の掛かってる部分に、シンナーが浸透して脆くなるのが原因!

この場合は「接合ピン」を切断して力を逃がし、パーツ表面に「サーフェイサー」の保護膜をキチンと作れば、問題無く行えるよん!

「サーフェイサー」は、若干、濃度を濃くしたモノを、使う事!
シンナーによる希釈量が多いと、その分、パーツに浸透する事になっちゃう(泣)。
 
決め手となるのは「最初のサフ」! その後は「表面処理」を行うから、「乾燥時間」は十分取れるし、パーツ表面にシンナーが乗るのは、実質「最初の1層だけ」とゆー事になるのだ。

「表面処理」は、プラ(スチロール樹脂)と同じにやってOK!
流し込みセメントに若干、溶ける事から、普通に「溶きパテ」も使えます。
接着は、「ABS用専用接着剤」か「瞬着」で。 流し込みセメントも、パーツの仮留め程度には使えるよん。

「肉抜き」は、埋めた所が「合体時のジョイント」だったりする場合もあるんで(笑)、しっかり確認するよーに!

そんな訳で、コイツの改修を考えてるんだけど、「スクラッチ」じゃー無いんで、記事にはしませーん(笑)。

でも、改修によって、パーツの7~8割りが「自作パーツ」となった場合は「スクラッチ」と変わらないんで、記事として扱っちゃう予定!?

かたっち☆・・・の場合、「細部の塗装を済ませて終了~♪」なんて、簡単仕上げじゃー満足できないのよん。

本気でやっちゃうから、とーぜん「全体塗装」になるだろーし、「関節」も可動部を増やし範囲を広げる意味で、全て作り直す事になるでしょー(泣)。

「関節」の自作って、あまり得意じゃーないんだけど、「合体モノが動かない」なんて、つまんないから、頑張るよ!

いろいろ考える事が多くて大変なんだけど、完成状態は「最近のお買い物♪」で、いずれ公開しちゃう予定! 

お楽しみに~♪


F1開幕♪

もー2戦終わっちゃってるけど(笑)。

今年は、ドライバーの移籍が、あったのよん。↓

「セバスチャン・ベッテル」・・・「レッドブル」→「フェラーリ」

「フェルナンド・アロンソ」・・・「フェラーリ」→「マクラーレン」

そして、「ケターハム」チームが、F1から脱落!

今季は、日本人ドライバーが参戦しない代わりに(?)、「ホンダ」が「マクラーレン」チームに「エンジン」を供給~♪

セナ+マクラーレン+ホンダの全盛時代を知るファンは、とーぜん期待を高めるんだけど、90年代後半~00年代の「ホンダ」復帰が微妙(?)だった事から、結果を出すまでには、時間が掛かっちゃいそーな予感・・・。
 
「マクラーレン」って、とにかく新しーパーツを使いたがるチーム(それだけ資金があって、開発ペースが早いとゆー事でもあるんだけど・・・)なんで、マシンのバランス(ベストな状態)を、長く維持できないんだよなぁ。

でも、今季は「アロンソ」と「バトン」とゆーチャンンピオン経験者のコンビだから、マシンの完成も早いかも!?


そして今季は、エンジン開発にも、注目!

F1パワーユニットは、機能詳細別に42項目に分類されていて、各項目にはパフォーマンスへの影響度によって1~3の「ウェイト」が設定されてます。 これが「トークン」!
トークンによる開発は冬季のみに限られてたんだけど、メルセデス、ルノー、フェラーリの3メーカーは、レギュレーションにその部分のホモロゲーション期限が明記されてないとゆー「抜け穴」を見つけちゃった。
これによって、F1パワーユニット開発の「凍結」が事実上解除され、32のトークンによるアップデートが、シーズンを通して可能になっちゃった。
2015年が参戦初年度となる「ホンダ」だけは例外で、「3メーカーの合計トークン数を、3で割り四捨五入したトークン数を、シーズン中に使用することができる」とゆー事になったのよん!

これは、各チームのマシン性能に、大きく影響してくるはず!


GPは全20戦。 開催地は、「韓国」が外れ、「インド」は中止に。 
「メキシコ」が92年以来から今季、復活!


そんな訳で、今年も面白く(熱く)なりそーなんで、ファンは要チェック♪






番組改編!!

そろそろ番組改編の時期、4月スタートのアニメが気になります!!

かたっち☆・・・が、特に楽しみにしてる3本を、紹介するよん。↓


「魔法少女リリカルなのはvivid」♪

原作は、月刊コンプエース連載の漫画で、「魔法少女リリカルなのは」第4期シリーズにあたります。
アニメ制作は、A1ピクチャーズ。

前作で、不幸な生い立ちの少女「ヴィヴィオ」は、「なのは」達に救われた訳だけど、本作は、その後の物語。

新暦0079年(JS事件から4年後)、「高町なのは」の娘となった「高町ヴィヴィオ」は、ミッドチルダにある「魔法学院」に通う、ごく普通の小学4年生。
勉強する傍ら、「ストライクアーツ(打撃による格闘戦技)」競技者としての鍛錬も行っていた。
魔法の基礎も出来てきた頃、「なのは」と「フェイト」から、ウサギ型の専用デバイス(魔法を使う際の道具)「セイクリッド・ハート(通称:クリス)」を与えられたヴィヴィオは、大人モード(聖王モード)に変身する事が可能になるのよん!

「アインハルト・ストラトス」は、「ヴィヴィオ」と共に戦う事になる、中学生の女の子♪
覇王イングヴァルトの末裔であり、精神構造は、とても複雑。

物語は、「ヴィヴィオ」と「アインハルト」2人の関係を軸に展開され、これまでのシリーズよりも、ユルイ「魔法少女モノ」として、ほのぼのとした日常が、描かれていきます(笑)。

主題歌は、OPを水樹奈々、EDを田村ゆかりが担当♪














「攻殻機動隊ARISE」!!

原作は、士郎正宗の漫画で、「ARISE」は全4話からなる劇場用アニメ(13年6月公開)。

劇場版の全4章を各エピソード前後編に分け、テレビ放送フォーマット用に再編集!
更に「新劇場版(6/20、公開予定)」へと繋がる完全新作エピソード2話が追加され、シリーズ構成:冲方丁の初期案に準拠した話数順に放送される予定。

物語の内容は、「公安9課」設立前のメンバーの話及び、主人公「草薙素子(声:坂本真綾)」の所属していた「501機関」について焦点を当てたもの。

音楽は、コーネリアスが担当! OP曲も、坂本真綾&コーネリアスによるモノ♪






「電波教師」♪

原作:東毅による、週刊少年サンデー連載の漫画。 アニメ制作は、A1ピクチャーズ。

高校教師となったオタク青年が、一般常識に囚われないメチャクチャに思える授業で、個性的な生徒たちを導いていく、とゆー物語。
型破りな指導の根拠は、自分のギーク(卓越した知識を持ってる事)なオタク尺度だけ(笑)。

全体の感じが、なんか「ネギま」っぽいけど、作中に多数盛り込まれたオタク・ネタが、とにかく笑えます。

そして、登場する女性キャラクターたちの可愛さにも、注目♪

どーでもいーけど、裏番組が「境界のRINNE」って、サンデー同士の潰し合い(?)じゃん!






とゆー訳で、いずれの作品も面白そー、気になる人は、観れば~♪


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

「イナズマンF(フラッシュ)」・OP:「フラッシュ!イナズマン」。 歌:秀夕木。





こちらは、電波ならぬ「稲妻」です(笑)。

「イナズマン」は、第3クール目で、設定・キャストなどが一新され、「イナズマンF」として放送される事になったのよん!

主人公「渡五郎」と共に戦うパートナーとして、新たに「荒井誠(インターポールの秘密捜査官)」が登場!
この2人をレギュラーとした「ハードボイルド路線」となって、ドラマ性重視の展開に。

前作「イナズマン」で、敵「新人類帝国(ファントム軍団)」は、「デスパー軍団」の尖兵「ウデスパー」の策略で、内部分裂(兵士の裏切り)によって、壊滅!!
 
その直後、「ガイゼル総統」率いる「デスパー軍団」が、新たなる敵として、現れちゃう!!

「デスパー軍団」は、東京・地下に広がる実験都市「デスパー・シティ」を拠点に、サイボーグによる世界支配を企む非情の軍団!
そこには、5万人の人々(サイボーグにされちゃう予定?)が囚われており、「イナズマン」は、その人々を解放するため、戦うのである!!

「イナズマン」は、「五郎(ミュータント=超能力者の青年)」が「剛力招来」の掛け声で、「サナギマン」から変転する自由の戦士!

ゴーリキショーライ、ラッスンゴレライ♪(爆笑)←違ーう!

前作の最終回で、バラバラになった身体パーツ(触角など)から、新兵器「ゼーバー(超能力増幅器)」を作り上げ、「イナズマン」自身もパワーアップ!

マフラーの色が「オレンジ」に変わって、新たに「空手技」も、使えるよーになっちゃうのだ。

そして、ゼーバーを使った「ゼーバーイナズマンフラッシュ(敵に強烈な稲妻を食らわす)」が、新必殺技!!

この曲を歌う「秀夕木」は、芸名表記を作品ごとに変えてるけど、とーぜん同一人物である(笑)。










とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR