研究レポート#49:最近のお買い物♪ スペシャル

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー:「REBOOT!!」から、読んでみよー。


今回は、超~久しぶりの企画「最近のお買い物♪ スペシャル」を、お送りしちゃうよーん♪

「スクラッチビルドに役立ちそーなモノを、あれこれ紹介していく・・・」と言ーつつも、単なる書籍紹介に終わってるこのコーナー(爆笑)。

今回も、かたっち☆・・・の持ち物自慢である事は確かなんだけど(笑)、以下に紹介するコレクションから、「モチベーション維持の秘訣(?)」みたいなモノを、見つけられたりしちゃうかも!?

また、未公開モデル5点についても、ネタ的なヒントが、記事中に隠されてるかも!?

様々な意味で、皆さん、大注目なのよん!


それじゃー早速、いってみよーか。←ロボコン風に(笑)


まず、最初に紹介するのはコレだよん!↓

☆コロムビア「TV主題歌大全集」 「ささきいさお」&「水木一郎」♪

TV主題歌大全集♪









両氏は、これまで多くのアニメ作品の主題歌(OP・ED曲)を担当してきた訳だけど、その歴史を振り返るが如く、収録してるのが、このDVDなのよん!!

「昔の作品はダサイ!」と思う人もいるかもしれないけど(誰だ?、かたっち☆・・・が、ダサイとか言ってるのは、怒)、改めて観てみれば、抱いてたイメージとは違って、超~カッコイイ♪とゆー気持ちに変わるはず!

何故なら、それらの映像は、僅か2分(!)の枠の中に、「本編を観たい」とか「面白そー」と思わせるための工夫がなされてるからである!!

ある意味、一番おいしー部分だけを楽しめちゃう(?)DVDとゆー訳(笑)。

とーぜん、版権的な事情から収録されてない作品もあって、「完全網羅」にはなってないんだけど、2人が歌ったアニメ・特撮は好きなモノばかりなんで、大体、観れちゃう事から、かたっち☆・・・的には、大満足♪

いつもアニソン聴ーてるけど、やはり動画で観たほーが、テンション上がっちゃう(笑)。

DVDは、これ以外にも「堀江美都子」、「大杉久美子」と、全4巻が発売中!! 女の子も楽しめるよん♪









ちなみに、アニキは2枚組みで、ミッチとのデュエット曲である「ダンガイオー」は「堀江」の方に、「ゴーダンナー」は「水木」の方に、分かれて収録されてるとゆーイジワル仕様(笑)。 

どちらもLOVEな人は、とーぜん両方、買っちゃおー!!


続いては、こちら。↓

☆講談社「テレビマガジン」別冊、「全ウルトラ怪獣・完全超百科」♪

全ウルトラ怪獣・完全超百科♪





コレは, 「ウルトラQ」~「ウルトラマンパワード」までに登場した怪獣を、TVシリーズから劇場版まで、全て網羅してるとゆー超~豪華本なのよん(笑)。

「テレビマガジン」は、児童向け雑誌だけど、侮っちゃーいけない!!

児童向け故、扱われてる写真は、比較的、大きめで、特に「人気怪獣」は、大きく載ってるのよん♪

解説文も、全ての漢字に「ルビ」が振られてる、とゆー親切さで、かたっち☆・・・みたいなアホには、とても助かっちゃう(爆笑)。

また、登場順に紹介されていて、「番号」から「どの作品の、何話に登場した怪獣か?」が、すぐ判っちゃう構成なのだ!

従って、一冊持ってれば、資料として、大いに役に立つ事、間違い無し!!

ちなみに、怪獣に的を絞った本なんで、「ウルトラ戦士」や「防衛チームのメカ」は、全ーく載ってません。

ある意味、すげーマニアック本、なんである(笑)。


こんな内容である事を知ってから、かたっち☆・・・は、いろいろと「テレビマガジン別冊」を、買い揃えちゃったのよん♪

テレビマガジン別冊シリーズ♪

ライダー、戦隊、それ以外の歴代ヒーロー(等身大、巨大、ロボット等)と、分類して出されており、さらに、それらヒーローが使ったメカ、武器(技)だけを、纏めたモノまで出てる充実ぶり(笑)。

よーするに、写真を大きく載せるために、詳しー解説は省略し、別の本へ細分化する事で、補完してるのである!!

こんな方法(構成)を思い付けちゃう、「講談社」って、スゴイと思う(笑)。


そんな「テレビマガジン別冊」で、かたっち☆・・・が、特にお気に入りなのが、コレだよん!↓

☆「スーパーヒーローベスト100超百科」!!

スーパーヒーローベスト100超百科♪





今どき、ライダー、戦隊以外の特撮ヒーローを、これだけ大きな写真で扱った本が、他にあるだろーか?

注目すべきは、「悪役ヒーロー」まで、しっかり載せてる事である!

例えば、「ジャスピオン」に登場した「マッドギャラン」や、「メタルダー」に登場した「トップガンダー」等を、ほぼ1ページ分、「全身写真」で載せてたりします(笑)。

驚きの内容!!

ちなみに「主役ヒーロー」だと、「宇宙からのメッセージ 銀河大戦」「ゲン=まぼろし(演:真田広之)」とか、「カゲスター」なんて、貴重なのが、載ってたり・・・・。

何なんだ、この本は!!←もちろん、褒めてます

おかげで(?)、それらのフィギュアを作ろーと思えば、これ1冊で、何とかなっちゃいそーなのよん(笑)。

また、記念号とかになると、それら歴代ヒーローを扱った「テレマガ特製DVD」が付属したりする(完全に、大人向け、笑)んで、特撮LOVE♪ な、お友達は「テレマガ」要チェック!

ちなみに、かたっち☆・・・は、「応募者全員プレゼント」の特製DVDを、年齢「8才」と偽って、応募した事があったりするよん(爆恥)。←頭の中身は、偽り無く「8才のお子ちゃま」だと思う・・・


続いて、マンガを紹介するよん!↓

☆文庫版「プラモ狂四郎」♪

プラモ狂四郎♪





「プラモ狂四郎」は、講談社「コミックボンボン」連載の人気漫画で、ある世代のガンプラ・ファンにとってはバイブルとも言える作品なのよん!

とーぜん、かたっち☆・・・も、このマンガから「プラモ・スピリット」なるモノを、教えてもらったナリ(爆笑)。

作品には、「パーフェクト・ガンダム」等、オリジナル・ガンプラも多数登場!

ちなみに、現在、放送中の「ビルドファイターズ・トライ」にて、メイジン・カワグチのガンプラとして登場してる「レッドウォーリア」の初出は、「狂四郎」なのである!! ※原案デザインは、小田雅弘氏♪

そして、単行本・第4巻(現在、絶版)には、「パーフェクト・ガンダム」の作り方を、図解で説明した「スクラッチ記事(¥300キットベースによる)」まで、掲載されてたのよん!

マンガを読んで「パーフェクト・ガンダム」に惚れ込んだ、かたっち☆・・・は、「手順に従えば、自分にも作れる」と思い、スクラッチ2作目にしてモデルを作り上げた、とゆー事実!!

とーぜん周囲の注目を集める事になったんだけど、これは「自分は、狂四郎だ!」とゆーアホなアピールをするのが目的じゃなくて(笑)、この頃から「フツーに作る事に、面白みを感じなくなってた」、ただそれだけ。

ちなみに、スクラッチ1作目(初)は、「砂漠用ザク(¥300キットベースによる)」♪

これは「HOW TO BUILD GUNDAM 1」に掲載されてる写真を参考に作り上げた、とゆーモノ!

当時はまだ、「MSV」の設定画が存在しておらず(設定そのものは、ガンダム・センチュリーにあったよーだけど・・・)きちんとカタチになったのは、おそらく「HJ(ホビージャパン)」が初!

それらバリエーションに興味があって、「モデルを作りたい!」と思っても、大学生を対象としていた「HJ」の記事内容は、当時、お子ちゃまだった、かたっち☆・・・には、読んでも漢字ばかりで、とーぜん理解できない(号泣)。

だから、「とりあえず、そのカタチに仕上がれば、大成功?」とばかりに、作り方を自分で考えてたのよん!

それも「プラ材」の存在を知らなかったから、角棒の代わりに「割りばし」なんか、使っちゃってるし(爆笑)。

でも、そーゆーのって、大事な事だと思うのよん。

現在は、当時よりも豊富な材料が揃って、簡単に手に入っちゃうし、多くの「マニュアル」が存在する世の中だけど、反対に「マニュアルが無いと作れない」とか、ブログを検索して「誰かが作ってるモノを、参考にしなきゃ作れない」とか、そーゆー連中が増えてる・・・(号泣)。

そんな連中にアドバイス!

自分で考える「頭」を持たなきゃ、絶対、作れるよーにはならないよ!!

別に、そーいったモノを参考にするのが「悪い」って言ってるんじゃーなくて、模型って「考えて作るモノ」なんじゃーないの?、って事!!

わっかるかな~、わかんねーだろーな~(爆笑)

※いずれのモデルも、「ガンダムMSV・シリーズ」として、キットが発売されたのは、その一年後くらいである。


「サンライズ」の協力を得ていた事から、マンガには「ガンダム」以外のアニメ作品(ザブングル、ダンバイン、ボトムズ、バイファム、エルガイム等)のモデルも多数登場!!

かたっち☆・・・は、それら「リアル・ロボット」も、楽しく作ってたよん♪
とーぜん、改造やスクラッチ中心で、そのまんまじゃー作らなかったけど(笑)。↓

☆「アトールⅤ・マクトミン・ビルド(1/144)」・・・「オージェ」のキットをベースに、スクラッチ!

☆「ダンバイン(1/72)」・・・設定画のプロポーションに、キットを改修!

☆「ズワース(1/72)」・・・生物的アレンジを加え、全体の7割が、自作パーツに(笑)。

☆「バイファム(1/144)」・・・ハッチが開閉し、「ポッド」を収納できちゃう!

  
☆「スターク・ゲバイ(1/144)、スターク・ダイン(1/144)」・・・キット改造により製作!

 
☆「ギルガザムネ(1/144)」・・・ドラグナー1(1/100)をベースに、スクラッチ! etc・・・


プロポーションの改修、ギミックの追加、パーツの自作、質感表現、図面の引き方、エアーブラシ等・・・、作り方の殆どは、この頃、覚えた感じ。

現在じゃー考えられないペースでモデルを製作し、作品数を増やしてた事が、結果としてスキルアップに繋がった(?)みたい(笑)。

いずれのモデルも、経年劣化・転倒で壊れたり、出来に満足できなくて捨てちゃったり、人にプレゼントしたりで、手元には残ってないけど(号泣)。

でも、当時は模型誌に投稿とかしてたんで、「HJ」や「MG(モデルグラフィクス)」のバックナンバーとかで、それらの写真を発見できちゃうかも!?

ちなみに、その頃の、かたっち☆・・・は、仲間から「海洋堂のモデラーになれるんじゃね?」とか言われてたナリよ(笑)。


今回、子供の頃、所有してたコミックを紛失しちゃった事から、「文庫版」にて再度の購入~♪

本当は、当時の単行本が欲しかったんだけど・・・

でも、「文庫版」各巻の巻末を見てビックリ!?

なんと、あの「プラモ・テクニック教室」が、オマケで収録されてる、とゆー事実!!

※テレビマガジン連載だった、「ホビーボーイ飛人くん」も収録されてます。

ちなみに、収録されてるのは、この「文庫版」だけみたい(笑)。 ラッキ~♪

☆「プラモ・テクニック教室」とは

「ストリームベース」のメンバーとして活躍していた「小田雅弘」氏監修により、連載されていた「模型製作講座」の事である!
 
マンガ形式になっており、小田さんが狂四郎に、いろいろ教えていく、とゆー構成で展開されてたのよん(笑)。

コレの単行本も、同じく絶版なんで、こーいったカタチでも、読む事が出来るのは、ひじょーに嬉しー♪

当時の「コミックボンボン」は、プチ「模型誌」みたいになっていて、巻頭には「HJ」から独立した「ストリームベース」の作品が、毎月、扱われるよーになってたのよん。

そして、空前の「ガンプラ・ブーム」がやってくる!!

児童向け雑誌に「ストリームベース」を招き入れるなんて・・・当時の講談社、「ボンボン」編集の研究熱心さは、いま考えても、本当にスゴイと思う。


以上、お送りしてきましたが、楽しんで頂けましたでしょーか?

誰だ? 「スペシャルって言っても、3つだけかよ!」なんて、文句言ってるのは!

そんな事、「モデルグラフィクス」の巻頭特集なんかじゃ、日常茶飯事じゃん(爆笑)。←言っちゃった

まだまだ紹介したいモノはあるんだけど、長文になっちゃうから、続きは、また今度ね~♪


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

宇宙戦士バルディオス・OP:「あしたに生きろバルディオス」。 歌:伊勢功一。





ミドリちゃんは、アムロよりマリンのほーが、好みなんだモン♪(爆笑)←狂四郎ネタ

「S-1星」は、放射能による大気汚染で、人が地表に住む事が出来ない惑星(泣)。
星の未来を巡って、科学力で放射能を克服する一派と、積極的に他星へ移住する軍部と、2つに分かれてたのよん!

皇帝の親衛隊員「ガットラー」は、皇帝(主人公の父親)を暗殺して「アルデバロン軍」を結成し、亜空間を超えて見つけた「地球(居住可能と判断した星)」に、侵略を開始!

主人公の青年「マリン」は、アルデバロン軍との戦闘中、亜空間に巻き込まれ、西暦2100年の地球に辿り着く。

地球で「ブルーフィクサー隊(地球の大気汚染や放射能汚染を監視する事を目的とする、世界連盟所属の組織)」に加入した「マリン」は、「バルディオス」で戦う事になるのよん!

「バルディオス」は、マリンが使ってた亜空間戦闘機「パルサバーン」に、クインシュタイン博士が改造を施し、ブルーフィクサー隊のメカ「バルディプライズ」、「キャタレンジャー」との合体により完成する、超大型ロボット(全長100m!)。 
S-1の技術が取り入れられてるため、もちろん「恒星間航行」も可能♪


圧倒的な力を持つ「バルディオス」に、手段を選ばない攻撃に出てくるアルデバロン軍。

それによって水星と金星が消滅し、地球自体も大きく汚染される結果になっちゃう!

そして、物語後半、「S-1星」が、地球の未来の姿であるとゆー衝撃的な事実が判明するんだけど・・・

作品に人気が出なかった事から、「全てが水没して人類滅亡」とゆー救いよーの無いカタチで、打ち切りに(号泣)。←歴代アニメでも、超~有名な(?)最終回


作曲は、羽田健太郎氏!!

氏は、印象に残るメロディを多く作り上げてるけど、本曲も、雄壮かつダイナミックな曲調に、仕上がってるよん。






とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR