スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(タイヤ2本目)

※この記事は、編集中です。


今回も「マグナビートル」のタイヤについて、解説しちゃうのだ♪


レジン流し♪


大・小それぞれ、一度に10枚が作れる(!)欲張りな「型」で、作ってあるよん。

これに「レジン」を流せばいーんだけど、これがなかなか大変だったのよん(泣)。


方法♪

今回の注型は、いつも以上に時間的な制限が厳しく、硬化が始まる前に、全プレート(10枚分)へ、レジンを注ぎ切る必要があるのよん!

従って、「型のプレート1枚1枚にレジンを注いで、筆で気泡を潰して・・・」なんて事をやってたんじゃー、とーぜん間に合わない!

だから、「全プレートを1つ」と考えて、ワザと溢れるよーに注いで、硬化前に行き渡らせる、とゆー方法を使ってみた。

これなら「レジンを溢れさせると同時に、気泡を追い出す」事も、出来ちゃう訳(笑)。

でも、溢れさせる量が不十分だと「外へ逃げた気泡が、お隣りさんに移って、そこに留まる」とゆー現象を起こし、「成型不良」の原因になっちゃう(泣)。

だから、注ぐ時は「型のモールドが完全に沈むくらい溢れさせる」のがコツだよん!

そーすると、モールドに溜まってた「気泡」は上(注いだ表面)に浮いてきて、よりモールドの外へ逃げるよーになって、「成型不良」も起き難くなるのだ(笑)。

あとは、上に「プラバン」を載せて、ギューっと押さえ付け、余りのレジンをはみ出させるカタチで、「気泡」を完全に「型」の場外に追い出しちゃえばOK!

逃げ切らなかった「気泡」は、内部に閉じ込められる状態になって成型されてるのが、写真から確認できると思います(泣)。

10枚全部に「気泡」の無いパーツを作り上げる事は、原理的に(?)不可能!

溢れたレジンも、大きな「バリ」として形成され、量によってはかなり厚く残り、「穴」も塞がれちゃってます(泣)。

とーぜん、バリの厚み分、成型品には狂いが出てるんで、キレイにバリ取りしただけじゃー、使えるパーツにはなりませーん!

だから、この後の「パーツ自体を薄くする加工(削り)」によって、同時にバリを完全に無くしちゃおー! とゆー訳。


「厚み」を薄くする加工♪

作るタイヤの「溝幅」「間隔」に合うよーに「厚み」を調整すると同時に、バリ取りをしちゃいます(笑)。

とーぜん、1枚1枚、仕上げてたんじゃー時間が掛かるんで、一度に多くの枚数を加工できる「冶具」を、まず作るのよん!

作り方は、超~テキトー(笑)。

なるべく平らな板の上に「両面テープ」を貼って、その上に「プラバン」を間隔をあけて、2枚貼り付けただけ~♪

この2枚の間隔に「プレート(成型品)」を挟むカタチで固定(バリ面を上にする)し、貼ってある「プラバン」と面一になるまで、パーツにヤスリを掛けていけばOK!

この時の「プラバン」の厚みが、そのまんま「ドーナツ型プレート」の厚みとして仕上がる、とゆー訳!

だから、2枚の「プラバン」は、加工後のパーツと同じ厚みのモノを、貼り付けておこー!

※今回の場合は、「溝」用=「0.3mm」厚、外径用=「0.5mm」厚のプラバン(2枚)を使用。

パーツを挟む間隔を、より広めに取っておくと、一度に多くの枚数を仕上げられるよん!

この「冶具」を使った加工方法は、同じ厚み、同じ長さのパーツが、何個も必要になる場合に、特に有効で、かたっち☆・・・も、よく使ってるのだ(笑)。

手間は掛かったけど、ストレスは感じなかったよん。

「精度」を一番に考えて、こんな「おバカ」な作り方をするモデラーなんて、他に居るのだろーか?

プロでも「MAX渡辺」氏なら、やりかねない!

その場合、氏は真面目だから「コンパスカッター」で1枚1枚、切り出しちゃったりするんだろーな(爆笑)。

頭を使えば、労力だって少なくなるのに。

「ドーナツ型プレート」の「径」を調整する加工は、これまた長文になっちゃうんで、次回なのよん!


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR