スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(タイヤ)

※この記事は、編集中です。


今回は、皆さん、お待ちかね~(?)「マグナビートル」について、解説しちゃうよ~ん♪

「ボディ・カウル」に続いて、「シャーシ」を作り始めよーと思ったんだけど・・・

設定画からは、サイズを読み取れませーん(号泣)。

仕方が無いんで作る順番を変えて、設定画からサイズが判明してる「タイヤ」と「エンジン」を先に作り、それらとのバランスから、シャーシのサイズを決定する! とゆー方法を、採る事にしちゃいます(笑)。

とゆー訳で、今回は「タイヤ」を製作~♪ 


タイヤを作ろー♪

「マグナビートル」のタイヤは、何ともめんどーくさい事に、前後で「径」が異なってるのよん。

それぞれ「何インチなのか?」は、大河原氏しか、知りませーん(苦笑)。

一般に、大径タイヤはストレート・スピードが伸び、小径タイヤは低重心となり安定性が向上します。

でも、「マグナビートル」の場合は、前輪が小径、後輪が大径、とゆー組み合わせ!
つまり、お互いの特性を、潰し合ってる(爆笑)。

また、タイヤの「幅」も、前後で異なってるのよん。

前輪は、狭くて細い「ナロー・タイヤ」で、後輪は、広く太い「ワイド・タイヤ」!

通常、タイヤサイズが細ければ、ストレートスピードは向上するんだけど、「マグナビートル」の場合は、リアが「ワイド」なんで、ここでも潰し合ってる(爆笑)。

そして、前後ともトレッド面(路面との接地面)に「グルーブ(円周方向と平行な溝)」が入ってるのが特長!

この「溝」は縦方向に入ってる事から、ウェットコンディション(よーするに、雨で濡れた路面)での「水はけ」の性能は、殆ど無いと思われる・・・。

それよりも、「溝」がある事によって路面との接地面積が減少(グリップが低下)するんで、「マグナビートル」はとてもスピンしやすいマシンになってるはず!

それに、キレイに摩耗しないタイヤなんで、ドライビングにも影響してるはずなのである(苦笑)。

以上の事から考えていくと・・・

全ーくスピードが上がらない扱い難いタイヤを、何故、装着してるのか? 理解不能なんである・・・。

でもまぁー、見た目「カッコイイ」からいーや(爆笑)。←諦めた?


アナライズ♪

前後で「径」や「幅」が異なるものの、パーツ構成は全ーく同じ!

だけど、「グルーブ(溝)」があるために、タイヤを作るのは、超~大変!

この場合、グルーブ(溝)が、等間隔に同じ幅と深さで、入ってる事は、とても重要で、パーツの仕上がりにも、影響してきます(号泣)。

「グルーブ(溝)」の精度を一番に考えた場合、やはり円(プレート)を重ねて(積層して)いくとゆー方法が、ベストとなるのよん!


方法♪

作るにあたって「グルーブ」の本数分と、タイヤの幅分の「円形(プレート)」が必要となる訳だけど、前後でサイズが異なるため、別々に用意しなきゃーなりません!

また、「グルーブ」の存在は、「複製」も困難にしてます(号泣)。

ここまで細かい「溝」になっちゃうと、「気泡(空気溜まり)」が出来やすくなるし、それによって「成型不良」も起きる事が考えられます。

かたっち☆・・・の特殊なレジン注型法を用いても、成型は不可能でしょー(苦笑)。


カーモデルの「ガレージキット」の場合

「レイン・タイヤ」のよーにトレッド面にパターンのあるタイヤは「ゴム製」じゃなく、「レジン製」で、「溝を直接、彫り込む」とゆー方法が採られて、製作されてます!
これは、パーツの「複製」が、非常に困難(不可能?)である事を、意味してます。

その方法も、メーカーには専用の機械(旋盤や3Dプリンタ等)があるから、正確に仕上がるのであって、一般のモデラーが「手作業で、高い精度に仕上げる」事は、まず無理でしょー。


従って、タイヤは「複製」じゃなく、4本を自作して揃える事に、決定なのよん(号泣)。

この場合、「溝」は外径よりも一回り小さい「円形(プレート)」を挟んで再現します!

そこで、必要となる「円形(プレート)」の枚数を、とりあえず計算してみると・・・

後輪の「溝」・・・1本における本数:8×タイヤ本数:2=16枚!

後輪の「外径」・・・1本における枚数:9枚+サイドウォール部分:2枚×タイヤ本数:2=22枚!

前輪の「溝」・・・1本における本数:5×タイヤ本数:2=10枚!

前輪の「外径」・・・1本における枚数:6枚+サイドウォール部分:2枚×タイヤ本数:2=16枚!

それらを足して、合計64枚!!


でも、これは大よその枚数。 設定画のアングルによって「溝」の本数がバラバラなんで、それより少なくて済むとも考えられるし、足りない(?)とも考えられる・・・困るナリ。


タイヤを作る♪

何とかして、64枚(くらい)の「円形(プレート)」を用意したいところ!

ちなみに、モデルの「タイヤ」の外径は、前輪が「9mm」、後輪が「11mm」。

それと、「円形(プレート)」は、ホイールに装着する関係から、中央に「穴」を開けなきゃーなりません!

正確には「円形」じゃなく、「ドーナツ型プレート」が必要になる訳で、「穴」のサイズも前後の「リム径(ホイール直径)」が異なる事から、2種用意する必要があるのよん。

とーぜん「市販パーツ」に、そんな都合の良ーパーツが、ある訳無い!

何らかの「パイプ材」をスライスして作れそーだけど、丁度良ーサイズのモノなんて、ある訳無い!

「コンパス・カッター」を使って、「プラバン」から切り出すのは、枚数的に考えて、超~しんどい!

薄いプラバンじゃー「穴開け」も変形しちゃって、うまくいかない!

とゆー訳で、上記の方法は全てNG~!(号泣)

だけど・・・

すぐにミラクル(?)な方法を思い付けちゃうのが、天才かたっち☆・・・の「スクラボ」なのよん(笑)。

とりあえず「ホームセンター」で、こんなモノを見つけてきました~♪↓

今回、用意したのは2種の「ワッシャー」。

内径は「5mm」と「6mm」で、いずれも「マグナビートル」の前輪・後輪の「リム径」に合ってます!

これまでの「スクラボ」を、きちーんと読んでる人だったら、かたっち☆・・・が、この後、何をするのか、もーお分かりでしょー(苦笑)。

そのとーり、「レジン」に置換して使っちゃうのだ!

「ワッシャー」には、初めから「穴」が開いてるんで、「穴開け」のストレスや手間を省いた、とゆー訳です(笑)。

こーいった考えが、すぐに出てくるのも、これまでの経験があってこそ!
「失敗しなきゃー上手くならない(?)」とゆーのは、本当だと思う・・・。

「ワッシャー」は、外径が少し大きく、厚みもあるんで、使うには小さく薄く加工する必要があるんだけど、素材が「レジン」ならば、それも容易なのよん!


そんな訳で、「枠」に「ワッシャー」を配置して、早速「シリコーン」を流しちゃいました~♪

「レジン」パーツの加工は、長文になっちゃうんで、「ホイール」と合わせて、次回! なのよん(笑)。


○気になる特撮!?

2月からスタートする、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」が、気になってます(笑)。

スーパー戦隊シリーズ第39作目(生誕40周年)は、「忍者」モチーフ!
手裏剣忍法を駆使し「忍びなれども忍ばない(←すでに忍びじゃないよーな・・・)」が決めゼリフの、ド派手なヒーローなのよん。

5人の戦士の名は、アカニンジャー、アオニンジャー、キニンジャー、シロニンジャー、モモニンジャー
マスクのデザインが「ドム(ガンダムに登場する敵メカ)」みたいで、三連どころじゃなく五連星なのよん(爆笑)。

武器は「忍者一番刀」とゆー刀で、これに「忍シュリケン(手裏剣)」をセットして、変身や技の発動、そして「オトモ忍」とゆー仲間の召喚をしちゃう!

かたっち☆・・・は、「ガマガマ銃」とゆー、カエルのカタチをした武器が、可愛くてお気に入り♪


彼らが搭乗するロボは、5体の「オトモ忍」が合体したモノで、「シュリケンジン」と「シュリケンジンドラゴ(ドラゴン)」の2形態にチェンジ!

「シュリケンジン」は、お祭りの「神輿」をイメージしたよーなデザインで、胴体にはオトモ忍「シノビマル」が、カラクリ人形みたいに座るカタチで搭乗(合体)する、とゆー斬新さ!

「オトモ忍」は他にも登場予定で、いずれもシュリケン形態からロボに変形! 
そして「シュリケンジン」の胴体に搭乗する事で、シュリケンジンも別形態にチェンジするのよん!

とにかくロボのデザインが派手でグッド! これぞ「戦隊ロボ」とゆー感じ(笑)。

今回、ヒロインは2人(シロ、モモ)! 演じる「矢野優花」と「山谷花純」は、どちらも可愛ー♪
でも、歴代じゃー「ゴーオン」の2人には、かなわないだろーけど(苦笑)。
イケメン3人は、区別付かねー! イケメンもー飽きた・・・。

5人は従兄弟同士(忍者の末裔)で、そのうちアカとシロの2人は、兄妹とゆー設定!
2人の父「伊賀崎旋風」が、構える「忍術道場」で、5人は技を磨きながら共同生活してるのよん。
なんか、「忍者キャプター」みたい・・・(苦笑)。

ストーリーは、かつてラストニンジャ(史上最強の忍者)と言われた「好天(アカとシロの祖父。演:笹野高史)」によって封印されたはずの「妖怪」が復活!
人々を襲う「妖怪」を倒すため、5人が立ちあがる、とゆーモノ♪

いろいろ期待できそーな予感。 気になる人は、観れば~















とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR