研究レポート#43:複製編 Part Ⅰ

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー:「REBOOT!!」から、読んでみよー。


今回は、皆さん、超~お待ちかね~、パーツの「複製」について、解説しちゃうよーん!!

前から言ってるとーり、とても1回じゃー終わらない内容なんだけど「普段やってる事を、順に説明していくだけ」なんで、「記事を書くのが大変~」とゆー事はないのよん。

「複製編」を読んでみると、「いろいろ考える事や、覚える事が多くて、複製ってめんどーくさいな」とゆーのが、お節介にも理解できちゃう(?)事と、思います(爆笑)。


「表面処理」♪

「ゲッター2」全パーツの「表面処理」が終了~♪

「Z」の時に鍛えられた事もあって(?)、今回は早く終わったナリ(笑)。 

「表面処理」とは、細かなキズや気泡を埋めちゃう作業の事である!

かたっち☆・・・は、タミヤ「プラパテ(ラッカーパテ・グレー)」に「スチロール系・流し込み接着剤」を混ぜて、「溶きパテ」にして使ってるよん!

表面処理:1

溶くのに「ラッカーうすめ液」を使ってるモデラーも多いよーだけど、希釈濃度によっては表面にシンナーを塗りたくってるだけになっちゃう場合があって、「食い付き」が悪くなったり、「ぜーんぜん、埋まってなーい」とゆー事にもなるんで、かたっち☆・・・的に、その方法はNG!!

「スチロール系・流し込み接着剤」で希釈する利点は、ズバリ「食い付き」が良くなる事と、「乾燥」が速くなる事!

かたっち☆・・・は、キズや気泡の状態によって、パテの濃度を調整して使ってるけど、もー盛り付けしてる時点から「乾燥」が始まり、深めのキズなんかも、少し濃い目に盛り付ければ、ほぼ1発で埋まっちゃう(苦笑)。
盛り付けから「約15分」で完全乾燥!、「食い付き」が良-んで、ペーパー掛け(盛り付け後の整形)で、「パテが剥がれちゃう」とゆー心配も、全ーく無い!

かたっち☆・・・オススメの方法なんだけど、「改造派(或いは、スクラッチ派)」のモデラーの間では、かなり浸透してる(?)方法みたい・・・

「モデルがキレイに仕上がらなーい!」と悩んでる人は、このやり方を試してみよー!

ちなみに、かたっち☆・・・は、

「形状出し」・・・ペーパー#60(!)~#180

「表面整形・下地処理(足付け)」・・・ペーパー#240~#400 
スポンジヤスリ細目(曲面のみ)

「キズ埋め(溶きパテ)」・・・ペーパー#800 
※大きなキズを発見した場合は、「溶きパテ」後、ペーパー#400~#600に戻る。

「サフ面の研ぎ」・・・主にペーパー#1000、スポンジヤスリ極細目

「塗装面の研ぎ」・・・コンパウンド各種 
※ペーパーは絶対、使わない!

といったカンジで、やってます(笑)。

ペーパーは、#1000から「タミヤ」製(粒子が均一で、紙の質も良い)にチェンジ! それより粗いモノは、ぜーんぶ「3M」製だよん!

かたっちの場合、削りカスの出方で、研ぎの具合(表面の状態)を確認するんで、全て「空研ぎ」ナリ! 


複製するのだ~♪

これらのパーツを複製するための「型」を、それぞれ作ってく訳だけど・・・

過去記事「プチ複製」で、基本的なやり方を説明してあるけど、全てのパーツがこの方法で作れる訳じゃーありません!!

あのよーな「単純な型」は、「ドリル」みたいな「プリン型」パーツのみに、有効な方法なのよん(泣)。
「プリン」のカタチは上にすぼまってるんで、「型」から外す時も引っ掛かりが無く、底も平面になってる事から、この面を「型の上面(よーするに蓋)」にして、1つの「型」で成型できちゃう、とゆー訳!

パーツの大半は、そんな都合の良ーカタチじゃなく、「球」なんかの場合は、パーツの真ん中から「前後(或いは左右、上下)」に分割した2つの「型」が、必要になるのよん(泣)。
この場合の「型」は、「2つを合わせて、1つのパーツが成型される」モノとなるのだ!


合わせ型を作る♪

この場合、「シリコーン型」も、片面ずつ作る事になります!

その方法として、もう一方(片面)には「粘土」が使われ、「原型(パーツ)」を粘土に「半分、埋めてやる」必要が出てくるのよん!


☆粘土埋め♪ 

「シリコーン型」作りで使う「粘土」には、なるべく「油分」が少なく、カタチも崩れにくい、固めの品質のモノを選ぼー!

学校教材用として一般に売られてるモノの中には、「抗菌剤入り」なんてモノがあるけど、これは「シリコーン」の成分によって、粘土がドロドロになる場合があるんで、絶対、使わない事!←経験アリ
(粘土の色自体が、安っぽいカンジのモノは、とにかくダメよ~ダメ、ダメ!)

かたっち☆・・・は、上記の理由から、「画材店」や「手芸店」等で売られてる、品質の高い「造形用油粘土」を、使ってます(笑)。

粘土埋め:1

固さもあって、その状態を長く維持できるのがポイントだよん♪ 高いけど・・・

左に写ってるのは、「ヘラ」として使ってる「スパチュラ」と「調色スティック」である(笑)。

その粘土の中に「原型(パーツ)」を半分、埋めちゃう訳だけど、その前に・・・

パーツは、なるべく「型」から外しやすいよーに、「細分化(簡略化)」して、作っておこー!
パーツが大きくなると、その分、シリコーンが必要になるし、複雑なカタチになると「型」の合わせも、工夫しなきゃーならなくなる!
それに、ディテールが込み入ってると、レジン成型時、その部分に「気泡」が溜まりやすくなっちゃうのよん(泣)。


「中子」とは?

パーツのカタチによっては、「前後の合わせだけじゃー成型できない、凹みが存在する」モノも、あったりします(泣)。

凹みの部分は、外し時に「引っ掛かり」になっちゃうんで、その場合は、前後の「型」とは別に、「中子」が必要になります!
この場合、レジン成型は、前後の面に「中子」を組み合わせた状態で、行う事になるのよん!


パーティングラインを決めよー♪

「型」の合わせ目は、そのまんまパーツに「パーティングライン(僅かな段差)」として残っちゃいます(泣)。

かたっち☆・・・が作るモデルのパーツは、いずれも小さいんで、「パーティングライン」の処理をすると、それだけで、カタチが大きく変わっちゃう!

だから、「パーティングライン」の配置は、すごーく大事な作業! 
なるべく後の処理がラクになる「配置」を考えていこー!

パーツを見て、ラインを決めてく訳だけど、この辺は、多くの「レジン製ガレージキット」、「PVC製フィギュア」、「プラキット(1パーツの部品)」等を見ると、とても参考になります(笑)。

ポイントは、ディテールの細かい所や、広く目立つ面には、配置しない、とゆー事!!
特に、「ヤスリが当たる(整形する)と、カタチが大きく崩れちゃう」と、思われる部分は避けよー!


「型」のサイズを決めよー♪

サイズは、粘土の中に「原型(パーツ)を、どーゆー向きで配置するか?」で、変わってきます!

深く埋めると、その分、シリコーンが余分に必要となるし、厚くなる事で「型の弾力」も、失われちゃう(泣)。
(シリコーン型は、弾力を利用して、多少、無理な抜きでも、成型できたりするのよん!)

そして「型」は、埋めた原型(パーツ)から、縦・横・高さに、最低1cmの余裕を持たせて、サイズを決める事!
「型」が、あまりに薄いと、レジン成型時、その弾力で「変形」しちゃう場合があるのよん(号泣)。

複数の原型を配置して、一緒の「型」にしちゃえば、作るのも1組だけで済むし、使うシリコーンの節約にもなるんだけど・・・その分「型」は重くなるし、レジンを流すのも大変になっちゃう(泣)。

かたっち☆・・・の作るモデルは小さいんで、各パーツには「ランナー(レジンの流路)」を設けてませーん!!

理由は、「パーティングライン」の説明と同じで、「ゲート」処理によって、パーツのカタチが崩れちゃう場合があるから!

もー1つは、「レジン(流動性が低くドロッとしてる)」は、「細い部分」や「薄い部分」には流れにくく、そーいった部分が多いパーツ(かたっち☆・・・のモデル)じゃー、成型が困難(?)なんである!!

従って、作る「型」は、全て「ランナー」が存在しないモノとなり、パーツも「ゲートレス」で成型される事になるのよん!

この場合の「レジン」の注型には、かなりコツが必要で、かたっち☆・・・は、「それぞれの型に、直接、レジンを注いだモノを、硬化寸前で合わせる!」なんて、超~スゴ技(?)を使って、成型してるのだ!

だから、注型(取り回し)がラクになるよー、「型」も1組で1パーツが出来上がる、シンプルな構成で作ってある、とゆー訳!
「ランナー」が無くなった分、シリコーンの節約も出来てるはず(笑)。


粘土埋め♪

では、手順を解説してくよん♪

1:現在は、「シリコーン型」を作る時に、とても便利な「型取りブロック」とゆーモノがあります↓









これを、決めた「型」のサイズに組み合わせ、「枠」を作っちゃう!
深くなる場合は、その分、「ブロック」を積み上げるのよん。

複製:1

2:「枠(ブロック)」の中に、「粘土」を詰めちゃう!

「ブロック」と隙間が出来ないよー、隅までしっかり詰める事!
そして、粘土の「上面」は、なるべく平らに仕上げておこー!

3:パーツの「パーティングライン」から、どちら側を「粘土」に埋めるか決めちゃう!

先に「シリコーン型を取る」必要があるのは、「ディテールの込み入ってる(凸凹してる)側」または「パーティングラインから、深く粘土に埋まる事になる側」である!!

何故かとゆーと、「浅く埋まる側」や「ディテールの無い側」を先に型取ると、「シリコーン型」から粘土を取り除く時、「型」からパーツが外れちゃう(粘土側に食い込んでるため)場合が、あるから!

4:「粘土」の上に、これから埋める事になる「パーツ」を置いてみる。
そして、パーツの「輪郭」を、「ツマヨウジ」や「スパチュラ」でなぞり、「粘土」にマーキングする。

5パーツの「輪郭」に沿って彫り込んで、中の「粘土」を掻き出し、「粘土」の上面と「パーティングライン」が合うよーにパーツを埋めてやる。 
パーツと粘土で隙間が出来ないよーに注意!

「粘土」にそのまんま押し込んだりするやり方は、パーツが壊れちゃうから、絶対しない事!!

6:「粘土」上面で、段差になって盛り上がってる部分は、この後「中子(よせ型)」を作るためのモノ。

また「パーティングライン」のカタチによっては、「ラインに合わせて、粘土面に段差を付ける」場合もあるよん!

7「型」の合わせのための「凹み」を作っちゃう♪

これは「型」の合わせを正確にするためのモノで、これがある事によって、合わせる「型」の向きや、ズレを防止できます!
「プラ丸棒」等、テキトーな棒材を「粘土」に押し付ける事で、簡単に作れちゃいます(笑)。
(なるべく先端を「台形」に加工したモノを使うと、嵌め外しがラクな「凹み」が作れるよん!)

8:「粘土埋め」の終了~♪

複製:2

前述の通り、レジンを流さないんで、「型」には「ランナー(レジンの流路)」や「空気抜き」が存在しませーん!
だから作る型は、ヒジョーにコンパクト!!(爆笑)

ちなみに写真のモノは、「ポンチョ」・「上腕」・「腿」である!
これ以外のパーツ(多種の素材の混成によるモノ)も、基本同じ手順で「型」を作る事になります。
(たくさんあると、1週間は掛かりますね、笑)


あとは、それぞれ「枠」のサイズから、必要となる「容積」を計算して、シリコーンを流しちゃえばOK!!

その「シリコーン流し」にもコツがあって・・・続きは次回なのよん!!










○番組改編!!

そろそろ番組改編の時期、2015年1月スタートのアニメが気になります!!

2014年放送で、かたっち☆・・・が観てきたアニメ・特撮は、こんな感じだよん!

○悪魔のリドル
○アルドノア・ゼロ
○俺、ツインテールになります。
○仮面ライダー鎧武
○仮面ライダードライブ
○牙狼(GARO)-魔戒ノ花-
○ガンダムさん
○ガンダムGのレコンギスタ
○ガンダムビルドファイターズトライ
○キャプテンアース
○繰繰れ!コックリさん
○クロスアンジュ天使と竜の輪舞
○健全ロボ ダイミダラー
○シドニアの騎士
○ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース
○白銀の意思 アルジェヴォルン
○ソードアート・オンラインⅡ
○中二病でも恋がしたい戀
○のうりん
○ノブナガ・ザ・フール
○バディ・コンプレックス
○プリズマ☆イリヤ ツヴァイ
○ブラックブレット
○ブレイクブレイド
○RAIL WARS!
○烈車戦隊トッキュウジャー


こーして書いてみると、かたっち☆・・・が、惚れ込むアニメの傾向も、何となく分かりますねぇ(笑)。

上で紹介してるモノは、全て「全話観た(予定の)」作品で、いずれも「かたっち☆・・・のオススメ」♪

まだ観てない人は、レンタル等でチェックしよー!


そして、1月スタートのアニメ・特撮で、かたっち☆・・・が、注目してるのは・・・

「艦隊これくしょん-艦これ-」!!

「TVアニメ化」の企画が以前から発表されてたけど、「いよいよ来たか!」とゆーカンジ(笑)。

ゲームの内容は、「艦娘(かんむす=艦艇(軍艦)が擬人化した女性の萌えキャラクター)」を集めて、強化させながら敵と戦っていく、とゆーモノ♪

だけど「艦娘」が、どーいった存在であるかについては、明確にされてませーん(泣)。
「主人公」も、多くの「メディアミックス作品(マンガ等)」それぞれで、異なってるのよん。
(同じキャラでも、性格が作品ごとに違ってたりする・・・)

ゲームに登場する「艦娘」は、複数のイラストレーターがデザインを複数担当しており、その数100艦以上!!
大半が第二次世界大戦期の「大日本帝国海軍・艦艇」をベースにしたモノで、この他「大日本帝国陸軍・艦艇」、「ドイツ海軍・艦艇」の艦娘も出てきて、随時、新規「艦娘」や新規「改造艦娘」が実装されてます(苦笑)。

人気女性声優が声を担当してるけど、1人あたり10艦(!)程度の「艦娘」を兼役するのが、当たり前~♪

で、「アニメがどーなるのか?」とゆーのは、じつのところ・・・わかんなーい(爆笑)。 

主人公は「吹雪(?)」らしく、史実を踏まえたモノになりそー。 ちなみにゲーム版と同じ声優さんである! 

OP曲は、「AKINO from bless4(アクエリオンでお馴染み!)」が担当♪

「蒼き鋼のアルペジオ」を楽しめた人には、大丈夫(?)な作品じゃーないかと思います(笑)。






そして、今回も「ロボット・アニメ」には、とーぜん注目なのよん↓

「アルドノア・ゼロ・第2期」「蒼穹のファフナーEXODUS」!!

「アルドノア・ゼロ」は、あの衝撃のラストから、どのよーにストーリーが続くのか、全ーくわからない!
あの「脚本力」に、再び酔いしれる(?)時が来ましたね~(笑)。

もう一方の「ファフナー」も、実質「劇場版」の続編(?)だと思うけど・・・






○本日のアニソン♪

本日、ご紹介する曲は・・・

蒼穹のファフナー・OP:「Shangri-La」。 歌:angela。





作品の解説ついでに、こーゆーカタチで、曲も紹介しちゃいましょー(笑)。

監督「羽原信義(マシンロボで、お馴染み!)」、キャラクターデザイン「平井久司(ガンダムSEED等)」、脚本「冲方丁」!!←面白いのは、この人のおかげ(笑)。

「あなたは、そこにいますか?」未知の生命体「フェストゥム」の侵略によって、人類は絶滅の危機に瀕していた!

太平洋に浮かぶ孤島「竜宮島」に住む主人公たちはそれを知らされず、作られ偽られた平和の中、暮らしてきた。
だが遂に「フェストゥム」が襲来し、突然、真実が明かされる!

29年前、世界に見捨てられ消滅した日本。 「フェストゥム」に対抗すべく組織された「アルヴィス」の人工要塞島「竜宮島」と、人型決戦兵器「ファフナー」!!

主人公の中学生「真壁一騎」は、「最適格者(フェストゥムの因子を組み込まれており、人間以上の脳の処理速度を持つ)」として「ファフナー」に搭乗し、島を守る!!

シリーズ4作目にあたる「EXODUS」で、主人公「一騎」は、19歳に成長! 期待できそーな設定(笑)。


パチンコでもお馴染みの本曲は、かなり世界観に沿った主題歌で、かたっち☆・・・も、超~お気に入り♪

流れるよーな旋律にクリアーな高音域ボーカルが絡み合う、美しー曲だよん!






とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR