研究レポート#42:アニソン紅白♪ 2014

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


今回は、年末スペシャル企画として「本日のアニソン♪」コーナー拡大版、かたっち☆・・・的「アニソン紅白♪ バージョン2014」を、お送りするよーん!!

誰もが知ってる曲、マニアしか知らない曲を、いろんな年代、ジャンルから選んでみました!!

ぜーんぶあるアニソンの中から、たった20曲を選ぶとゆーのは、絶対、無理なんで(笑)、今回も絞り込みを行うためにルールを設定し、それに基づいて選んでみたよん。

おかげで(?)、今回も、かたっち☆・・・にしか出来ない、マニアックな選曲になったと思います!!

今回、選ばれなかった曲は、今後の「スクラボ」で紹介するから、文句を言わないよーに(笑)。

それでは、かたっち☆・・・的「アニソン紅白♪」、スタート!!


○白組1曲目・・・タイガーマスク・OP:「行け!タイガーマスク」。 歌:新田洋。





ご存知、「梶原一騎」原作のプロレス・アニメ!

孤児院「ちびっこハウス」出身の主人公「伊達直人」は、悪役レスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされ、「タイガーマスク」としてプロレスデビュー!

「ちびっこハウス」の窮状を知って、ファイトマネーの全てを寄付するよーになるけど、「虎の穴」は「上納金」を支払わなくなったタイガーを裏切り者とみなし(笑)、タイガーを倒すため、(荒唐無稽な)刺客を次々と送り来んできちゃう!

やがて、タイガーは、フェアプレーで戦う「正統派スタイル」へと、転向していくのよん!

本作には、「ジャイアント馬場」、「アントニオ猪木」など、実在するプロレスラーも多く登場!!

タイガーと戦ってます(笑)。





○紅組1曲目・・・海底少年マリン・OP:「ゴー・ゴー・マリン」。 歌:小原乃梨子。





「マリン」は、「ドルフィン王子」、「マリンキッド」等の経歴を持つ、ややこしー主人公(笑)。

ストーリーは、「マリン」が、悪者から海を守る! とゆーモノで、歌にあるとーり、「7つの海」の守りを1人で引き受けてます(笑)。

「オキシガム(酸素が補給されるとゆー設定のガム!)」を噛んで海中に潜り、足から出る「ハイドロジェット!」で、水中を移動!!
武器は「ブーメラン」なんだけど・・・水中で有効なの!?←何故か、ゾゴックをイメージしちゃう

本作は、「輸出向け」に制作されてる事情からか、作品全体が「海外アニメ」のよーな印象になってます!

かたっち☆・・・も、「海外アニメ」と思ってたナリよ(苦笑)。

歌ってる「小原乃梨子」さんは、「のび太くん」や「ドロンジョ様」で、お馴染みの声優だよん!





○白組2曲目・・・電人ザボーガー・OP:「戦え! 電人ザボーガー」。 歌:子門真人。





近年、芸人「板尾創路」の主演でリニューアルされた事でも知られる、元祖「ピー・プロダクション」制作の特撮番組♪

新エネルギー「ダイモニウム」を開発した「大門博士」は、それを狙う犯罪組織「Σ(シグマ)団」の刺客に殺されちゃう!

博士の息子である主人公「大門 豊(演:山口暁、ライダーマンでお馴染み!)」は、警視庁及び「インターポール」の「秘密刑事(特命捜査官)」!!
彼の身体には、少年期(交通事故で死にかけた時)、父の手によって「電極回路(特殊なペースメーカー)」が、埋め込まれていた!

「オートバイ形態」から「ロボット形態」に変形する「ザボーガー」は、「ダイモニウム」を動力源とし、大門の電極回路から発生される「怒りの電流(笑)」で起動するパートナー!

共に、父の仇である「Σ団」と、戦っていくのよん!

何よりスゴイのは、「大門」の人間離れした強靭な肉体と、優れた身体能力!!

コンクリートの壁も、拳(空手・中国拳法)で、ブチ抜いちゃうのだ(爆笑)。





○紅組2曲目・・・アタック№1・OP:「アタック№1」。 歌:大杉久美子。





「週刊マーガレット」連載のバレー漫画。 実写版は、「上戸彩」が演じた事でも超~有名♪

主人公「鮎原こずえ」は、結核の転地療養で、バレー名門校「明法学園(東京)」から「富士見学園・中等部(静岡)」に転校してくる!

両親に運動は禁止されてたが、隠れてバレーの練習をしていた事で、結核は全快(爆笑)。

「明法」で、アタッカーだった「こずえ」は、ひょんな事から、落ちこぼれバレー部のキャプテンに就任!

以来、仲間達と様々な試練を乗り越え、世界を目指す事になるのよん!

だけど、強敵と対峙する際は自信喪失となり、歌にあるとーり、涙を流しちゃう事もしばしば(苦笑)。





○白組3曲目・・・宇宙戦艦ヤマト・OP:「宇宙戦艦ヤマト」。 歌:ささきいさお。





西暦2199年、異星人「ガミラス」の侵略を受けて、「放射能汚染」により、地球は人類の絶滅まで、あと一年と迫っていた!

地球を再生するのに必要な「放射能除去装置・コスモクリーナーD」を受け取るため、宇宙戦艦「ヤマト」は、「イスカンダル星」を目指し、往復29万6千光年の旅に発つ!! とゆー物語。

なんだけど・・・

地球の科学力(部品)で、航海に必要な「波動エンジン」作れるんだったら、初めから「コスモクリーナーの設計図」、渡してれば良かったんじゃね?(爆笑)←するどい突っ込み!

TVで使用されたOPには、イントロやコーラスの異なる「4バージョン」が存在!!

そして、この曲には「阿久悠」氏の作詞による、幻の「3・4番」が存在する、とゆー事実!?

どこかで歌唱されたとの説もあるけど、その音源が存在するかどーかは不明なのよん(号泣)。





○紅組3曲目・・・花の子ルンルン・OP:「花の子ルンルン」。 歌:堀江美都子。





12歳の誕生日、「フラワーヌ星王国」からの使者である「キャトー(白猫)」と「ヌーボ(犬)」から、自分が「花の子(花の精の血をひく者)」であると伝えられた、主人公の女の子「ルンルン」は、2匹と共に地球のどこかに咲くとゆー「七色の花」を、探す旅に出るのよん!

困った人を放っておけない性格の「ルンルン」は、ヨーロッパ各地で出会った様々な人々の問題を、持ち前の面倒見の良さと、2匹に貰った「花の鍵(使う魔法は、主にドレスチェンジ、笑)」の力で、解決!

毎回、ルンルンと深く関わった登場人物に、「セルジュ(旅の先々で、幾度となくルンルンを助ける青年カメラマン)」から、ルンルンとの思い出にと「花の種」が必ず最後に手渡され、その後の花が咲いた様子と「花言葉」が紹介されてましたね(笑)。





○白組4曲目・・・未来ロボ ダルタニアス・ED:「剣人・男意気」。 歌:こおろぎ’73。





「三銃士(作:アレクサンドル・デュマ)」の小説をモチーフとした、ロボ版「てんとう虫の歌」(爆笑)。

「ザール帝国」により占領された日本。 
闇市で逞しく生きる、戦災孤児の主人公「楯剣人」は、エリオス星の科学者「アール博士」と出会い、自分が「ザール帝國に滅ぼされた、エリオス星皇帝の忘れ形見」とゆー衝撃の事実を告げられる!

お家再興を願う博士は、剣人に「アトラウス(人型ロボ)」、弾児に「ガンパー(重戦闘機)」を託し、3つ目の「ベラリオス(意志を持つ、ライオン型サイボーグ)」が隠された場所を探し、3体を合体させて完成する巨大ロボット「ダルタニアス」で、打倒帝国とエリオス再興のために立ち上がる!

「ダルタニアス」は、胸部に「ライオン」の顔を備えたデザインの先駆け(元祖)で、その後の「スーパーロボット(ライブロボ、エクスカイザー、ガオガイガー等)」にも、影響を与えてます(笑)。





○紅組4曲目・・・重戦機エルガイム・1st・OP:「Time for L-GAIM」。 歌:MIO。





本作は、キャラクター&メカニック・デザインを、当時の新人「永野護」が担当した事で知られる!!

二重太陽「サンズ」を中心に五つの惑星(コアム、ミズン、ガストガル、トライデトアル、ファ)を擁する「ペンタゴナワールド」は、絶対権力者「オルドナ・ポセイダル」の統治下にあった!

滅亡した「カモン王朝」の王子である主人公「ダバ・マイロード」は、反乱軍を統べるためにその出自を明かして、ポセイダルと戦う事になるのよん!

敵軍に対して、主人公側は「反乱軍」とゆー構図や、キャラクターが使う「光の剣(セイバー)」等が、なんか「スターウォーズ」っぽい(笑)。

ヘビーメタル(HM)「エルガイム」の設定にある、装甲と駆動機構を独立させた「ムーバル・フレーム」とゆーアイデアは、後番組の「Ζガンダム」でも採用!!

永野は、デザインするにあたって、その文化的な背景を確立させる必要があったことから、実質的な物語の世界観を構築! 
その時、起こした「年表」や「過去の歴史」など膨大な裏設定は、独自のアイデアで再構成され、本作終了の1年後に「ファイブスター物語(月刊ニュータイプ連載、休載期間が長い事で有名、苦笑)」として、発表されるのよん!

もーすぐ、「13巻」が発売! 超~楽しみナリ♪





○白組5曲目・・・新巨人の星Ⅱ・OP:「心に汗を」。 歌:水木一郎。





「新」の続編として制作され、「飛雄馬」が野球留学のため、アメリカへ旅立つまでが描かれてます!

右投手として復活した「飛雄馬」は、自身の強化のため、魔球を編み出すことを決意!

なんと「F1カー」に乗り込み、162km/hのスピードの中でヒントをつかんで、特訓の末、新魔球「大リーグボール右1号(蜃気楼ボール)」を完成させちゃう(爆笑)。

また、試合の無い時に寄る「巨人寿司」なる舞台も新たに設定され、飛雄馬の普段の生活が多く描かれるよーになりました(笑)。





○紅組5曲目・・・超時空騎団サザンクロス・OP:「星のデジャ・ブー」。 歌:鹿取容子。





「タツノコ・プロ」制作による「マクロス」、「オーガス」に続く「超時空シリーズ」第3弾!

西暦2120年、突如現れた異星人「ゾル」は、人類の開拓惑星「グロリエ」の明け渡しを要求してきた!

開拓惑星軍「サザンクロス(警備・守備を司る軍)」は、この要求を受け入れず、謎の敵「ゾル」を迎え撃つ!!

「戦略機甲師団」の分隊長「ジャンヌ・フランセーズ」少尉、宇宙機甲隊中隊長「マリー・アンジェル」少尉、憲兵隊「ラーナ・イザヴィア」少尉ら、3人の女性兵士を中心に描かれ、かたっち☆・・・は特に、「ラーナ」少尉のファンだったのよん(笑)。

謎の多いストーリーが展開されたけど、低視聴率を理由に、数話のエピソードを残したまま番組は打ち切り!
核心的な部分は、結局、最後まで明かされないままに(号泣)。





○白組6曲目・・・ダッシュ!四駆郎・OP:「BE TOP」。 歌:北原拓。





「徳田ザウルス」原作による、「月刊コロコロコミック」連載のマンガ♪

主人公の小学生「四駆郎」は、ミニ四駆大会で「皇」と出会い、「輪子(皇の妹)」、「進駆郎」、「パンクロー」と、5人で「ダッシュ軍団(ダッシュ・ウォリアーズ)」を結成!
 
ミニ四駆によるチーム全国制覇を目指していくのよん! 

ダッシュ軍団の標準シャーシは「炭素繊維強化プラスチック」製、とゆー設定なんだけど、後にタミヤが「炭素繊維強化ナイロン樹脂」製シャーシとして商品を発売し、本当に実現させた事には驚いた!

でも、「ボールデフ」とか「自動変速装置」までは、さすがに実現不可能だったみたい(苦笑)。





○紅組6曲目・・・魔女の宅急便・ED:「やさしさに包まれたなら」。 歌:荒井由実。





「角野栄子」原作の児童書を、「スタジオジブリ」がアニメーション映画として制作! 監督は「宮崎駿」♪

「キキ(魔女の血を受け継ぐ13歳の女の子)」は、魔女になる修行のため、大都会「コリコ」の町にたどり着く。

グーチョキパン店のおかみ「おソノさん」に出会い、気に入られたキキは、おソノさんの好意でパン屋の2階に居候し、空飛ぶ魔法を活かして「魔女の宅急便」を開業する!

飼い猫「ジジ(黒猫)」は、「ヤマト運輸」がスポンサーに付いた事で、登場したキャラクター♪
魔女だから、会話を交わす事も、できちゃうのだ(笑)。

主題歌には、「ユーミン(荒井由実)」が歌う既存の楽曲「ルージュの伝言」と「やさしさに包まれたなら」が採用されました♪

ちなみに、最近の「ユーミン」のステージ衣装は、「篠原ともえ(シノラーでお馴染み!)」がデザインしてる、とゆー事実(爆笑)。





○白組7曲目・・・ドラゴンボールZ・2nd・OP:「WE GOTTA POWER」。 歌:影山ヒロノブ。





セルとの戦いから7年後、邪悪な魔導師「バビディ」によって、「魔人ブウ」が復活!

「悟空」はブウを倒すため、あの世から生き返るのよん!←簡単過ぎる説明?

この曲は、「魔人ブウ」編の始まりから、最終回まで使用されました(笑)。





○紅組7曲目・・・覇王大系リューナイト・1st・OP:「Good-Bye Tears」。 歌:高橋由美子。





「伊東岳彦」原作で、漫画版は「月刊Vジャンプ」連載の、ファンタジー・ストーリー♪

TV・OVA・コミックで、それぞれストーリーや設定が異なる事で有名(苦笑)。

騎士に憧れる見習い騎士「アデュー」は、真の騎士(英雄)になるため、「アースティア」世界の中心に突き刺さってる巨大な剣「アースブレード」を目指し、旅をする主人公!

旅の途中、「パッフィー(魔法使い、声:矢島晶子)」、「サルトビ(忍者)」、「イズミ(僧侶)」らも仲間に加わり、「ミストロット」と呼ばれるカード(タロット?)で召喚されるロボット「リュー」に乗って、共に「アースティア」の支配を目論む「邪竜族(ドラゴン)」や「魔族(モンスター)」と戦っていくのよん!

「リュー」は意思を持っており、それぞれに「騎士」、「僧侶」、「魔法使い」といった職種(特性)があって、RPG的な要素から、物語後半は、上級職へ「クラスチェンジ」しちゃうのだ(笑)。





○白組8曲目・・・ターンエーガンダム・2nd・OP:「CENTURY COLOR」。 歌:RAY-GUNS





総監督「富野由悠季」、メカニック・デザイン「シド・ミード」による、「ヒゲ」で有名なガンダム作品♪

「∀」とは、「全ての〜」を意味しており、本作は、全てのガンダム作品が、最終的に行き着く「完結編」とも受け取れる内容になってます!(この辺は「黒歴史」として説明される)

地球への入植を求める「月の民(ムーンレイス)」と、それに脅威を感じて戦力を増強する、アメリア大陸・イングレッサ領の市民軍「ミリシャ」との戦い!

地球側のMS(モビルスーツ)は、全て「発掘」される、とゆー設定が新鮮で、「ザク」も「ボルジャーノン」とゆー名前で登場(爆笑)。

「黒歴史」の真実が明らかになる物語後半は、「ターンX」を駆る月の武人「ギム・ギンガナム」が登場!!

最終話、「月光蝶」となった「∀」が、「ターンX」との激しー戦いの後、自らが作り出した「繭」の中に埋もれるシーンが、とても印象的でしたね。





○紅組8曲目・・・逮捕しちゃうぞ the MOVIE・主題歌:「CALLING」。 歌:NITRO。





「辻本夏実(声:玉川紗己子)」と「小早川美幸」は、「墨東署・交通課」に所属する、美人婦人警官コンビ♪

しかし、特異かつ個性派な警察官が多いことから、警視庁全般での通り名は「独立愚連隊」、「ワイルド・サファリ」なんて呼ばれてるのよん!

原作者「藤島康介」は、メカやエンジン、カーアクションシーン等の描写に拘りがあるよーで、リアリティー&スリル満点!!

それ故、2人が乗るミニパト「HONDA・TODAY」は、法定すれすれのチューンナップがされてる設定なのだ(爆笑)。

この曲を歌う「NITRO」は、ホリプロがこの映画のために結成した、1ヶ月間限定の「音楽ユニット」!!

メンバーは当時、グラビア等で活躍していた優香、吉井怜、堀越のり、唐沢美帆の4人♪





○白組9曲目・・・クレヨンしんちゃん・7th・OP:「とべとべおねいさん」。 歌:野原しんのすけ&アクション仮面。





生意気でイタズラ好きな5歳の幼稚園児「野原しんのすけ」の巻き起こす騒動に、両親をはじめとする周囲の大人たちが、振り回される日常を描いたギャグアニメ。←説明不要!

「アクション仮面(声:玄田哲章)」は、作品世界において、10年以上もの間、子供達を虜にしている特撮番組の主人公(ネーミングは、当初、連載されていた「漫画アクション(双葉社)」から、笑)。

地球の平和を守るためにやってきた超人で、普段の職業は、アクション俳優「郷剛太郎(ごう ごうたろう)」。

「しんのすけ」とは知り合いで、勝利した際に手を挙げ高らかに「ワッハハハハ」と哄笑するポーズは、「しんのすけ」がよく真似してます(笑)。

主な必殺技は「パンチ」「キック」「ビーム」だけど、「しんのすけ」が番組に応募して採用された「アクション・ローリング・サンダー」とゆー技もあるのだ(爆笑)。

本曲は「勇者ライディーン」のOP曲をモチーフに制作されており、曲の進行、構成が酷似している(とゆーより、ほぼ替え歌、笑)と、当時、話題を呼びました。

○紅組9曲目・・・無限のリヴァイアス・OP:「dis」。 歌:有坂美香。





西暦2225年、地球の衛星軌道にあった、航宙士養成所「リーベ・デルタ」は、何者かの襲撃によって制御不能になり、「ゲドゥルトの海(2137年の大規模な太陽フレアによって出現した、高密度のプラズマ雲)」へ沈没しちゃう!

しかしその時、「リーベ・デルタ」内部に隠されてた、外洋型航宙可潜艦「黒のリヴァイアス」が起動!
リヴァイアスに避難した少年少女ばかり487人は、極限状態にある艦内で、艦の指揮権や物資の配給をめぐり、対立を繰り返しながらも当ての無い逃避行を続けていく・・・

「十五少年漂流記」のよーな物語と思いきや、ベースになったモチーフは「蝿の王」だったりします(笑)。

また、操り人形方式で操縦する、巨大ロボ「ヴァイタル・ガーダー」も登場!!

この曲は、ダンサンブルなハウス系ミュージックで、普通にクラブでかかってても、不思議じゃないカンジ♪





○白組10曲目・・・侍戦隊シンケンジャー・OP:「侍戦隊シンケンジャー」。 歌:サイキックラバー(Project.R)。





「侍」モチーフの、「スーパー戦隊シリーズ」第33作目♪

「シンケンジャー」は、レッドが「殿(志葉家の当主)」、他の4名(ブルー、イエロー、グリーン、ピンク)がその「家臣」とゆー構成!(従って、メンバーの中に明確な上下関係があるのよん)

「ショドウフォン(携帯電話が、筆に変形するアイテム)」を使い、その筆で書かれた漢字に宿る不思議な力「モヂカラ」で変身!(スーツは着物モチーフで、マスクは「漢字」をあしらったデザイン)

その力(技=書いた漢字をそのまま能力として使える)を使って、「外道衆(この世とあの世の狭間を流れる、三途の川に棲む妖怪)」と戦うのよん!

後見人「日下部彦馬」役には、俳優「伊吹吾郎(水戸黄門、格さんでお馴染み!)」を起用(笑)。

「第十七幕」からは、6人目の戦士として「ゴールド(寿司職人!?)」が加わっちゃう!
(なんと、武器はサンマ、操るメカは烏賊と海老だ! 爆笑)

かたっち☆・・・は、デザインや設定を見た時、爆笑しちゃったんだけど、「チャンバラ(時代劇)風アクション」がとてもカッコ良く、初回から激ハマリ♪

「仮面ライダーディケイド」が、同番組に出演し、現役「戦隊」と「ライダー」の初競演(コラボレーション)が実現した事には、当時、驚きましたね(笑)。





○紅組10曲目・・・仮面ライダー剣・OP:「Round ZERO ~BLADE BRAVE」。 歌:相川七瀬。





「トランプ」モチーフの「平成仮面ライダー・シリーズ」第5作目♪

不死の生命体「アンデッド」が人間を襲い始めた!

「アンデッド」を研究対象としていた「人類基盤史研究所(BOARD)」は、「ラウズカード(トランプ?)」へと封印するため、アンデッドの能力を応用した特殊装備「ライダーシステム」を開発!

「アンデッド(トランプの枚数と同じ52体!)」の封印(不死身なので倒せない、復活する事もある)に当たっていた「BOARD」の新人職員「剣崎一真/ブレイド」は、戦いの中、「相川始/カリス」と遭遇、始の正体は特殊なアンデッド「ジョーカー」だった!

登場するライダーも「トランプ・マーク」から4人(同時に、虫とのダブルモチーフ、笑)で、「アンデッド」の能力を引き出すことによって、変身と特殊技の発動を行う、とゆー設定なのよん。

戦闘スタイルのバリエーションも豊富で、ポーカーの様に1度に特定の複数枚のカードを使い、それによって技が強化されたりします(笑)。

序盤は、地味で面白みに欠けるけど、中盤以降の「バトルファイト(最後まで勝ち残った種=アンデットが、地上の支配権を得る、とゆー戦い)」が、超~盛り上がる!!

OP映像は、ステージ上で、メインキャストやライダーがスポットライトを浴び、各々の特技や戦闘をイメージした動きを披露していく、とゆー印象的な構成でした(笑)。






以上、お送りしてきましたが、いかがでしたでしょーか?

今回も、お好きなほーの勝ちにしちゃって下さい(笑)。

次回は、いつもの「スクラボ」に戻ります!


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR