研究レポート#37:スクラッチビルド、ゲッター2を作る!(腕)

このブログを御覧の皆様、こんにちは。

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを製作する方法を、他のブログへの訪問や検索が不要になる(?)くらいの内容で書き綴ってる、このブログ(爆笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まず「研究レポート#25:REBOOT!!」から、読んでみよー(笑)。


今回も、「ゲッター2」について、解説しちゃうよ~ん♪

ゲッター2:資料

いやー、よーやく記事の更新が完了しました(苦笑)。

じつは、ほぼ出来上がってたパーツに「どーも気に入らない部分」が出てきちゃって、全ーく違う方法で「新規にパーツを作り直してた」とゆー事実!?

これが、なかなか上手くいかず、時間も掛かっちゃって・・・

かたっち☆・・・は、「中途半端に仕上げる」とゆーのが、キライなタイプだから(笑)。

そのため、作成してた記事の内容も、途中で変更になって、大幅に書き直す事に(泣)

※これまで解説してきたパーツは、そのまんまだから、安心してねん。


とゆー訳で、かたっち☆・・・、入魂の(?)解説を、どーぞ↓


腕を作ろー:作り方♪

「肩・上腕」を作る♪

「胴体」が小さくなった分、全体に細く作り直す必要があるのよん!

長さは「Z」のパーツに合わせるけど、「肩」の球体部分は「Z」より一回り小径にしなきゃーなりません!

作り方は、お得意の(?)「市販パーツ」を使う方法だよん↓

P1010008.jpg

1:「肩」の球体部分には、コトブキヤ「プラボール(球径:5mm)」を使っちゃう!

使うのは「球体」のところだけ。 「軸」はエッチング・ノコで切り捨てよー!

2:「上腕」には、コトブキヤ「モビルパイプ(4mm径・長)」を使っちゃう!

丁度、「Z」の上腕と同じ長さになるんで、そのまんまでOK(笑)。

3:両パーツを接着しちゃう!

4:あとは、いつものよーに、関節の「受け(構造は、Zと反対!)」を作れば、完成~♪

ここは、片側1個だけ作って、複製で左右揃える事にしちゃいます(笑)。


「下腕」を作る♪

資料で確認したところ、「下腕」は「上腕」よりも、細くなるのが正しーみたい!

でも細くしすぎると、「ドリル」や「アーム」とのバランスが悪くなっちゃうんで、「下腕」が細く見えすぎないよーに、長さを「Z」よりも短くして、バランスを取ってるのよん!

サイズ(径)は、「2.5mm」が丁度良ーみたい。

「プラ材」を探したんだけど見つからなかったんで、仕方無く「金属」を使う事に決定!?

サイズの違う「棒材」を、「太いモノから細く削る」とか「細いモノを太らせる」なんて方法で、自作するのはNG!

「精度」を考えた場合、最初からその太さになってるモノを使うのが、確実なのよん!

高い精度でパーツが仕上がるならば、素材が「金属」だろーと関係なく使っちゃう!

それが、かたっち☆・・・の、モデリング(笑)。

昔、作ってた「スケールモデル」には、「エッチング・パーツ」とか「メタル製キット」なんてモノがあったんで、金属の扱いにも、一応、慣れてるつもり。

1園芸用の「アルミ線(2.5mm径)」を使って、2本切り出しちゃう!

園芸用アルミ線

これはフィギュアの「芯」や、カーモデルの「エキパイ」自作なんかで、使ってたモノだよん。

園芸用は、比較的柔らかくて加工もしやすく、固さは「完全硬化したポリパテより、少し?」とゆー感じ。

だけど、パテより軽い(?)のだ(笑)。

2:あとは、「市販パーツ」から関節の「軸」を作れば、「下腕」の完成~♪

「プラ」と「金属」の接着には、「エポキシ接着剤」を使用。

パーツ自体に重量が無く、力の掛からない部分であれば、これでも十分な接着強度を得られるのよん!


右腕には、「下腕」と一体になってる「アーム可動軸」を、追加しなきゃーなりません!

実際は、「固定」にしちゃうんだけど、動くよーに見せるのがポイントだよん(笑)。

1:市販パーツ、コトブキヤ「サスペンション」を使っちゃう!

2:パーツに再現されてる「T字軸」部分を、エッチング・ノコを使って、切り取っちゃう!

3:切り取った「T字軸」を、先程の「下腕」に接着して、「右腕」が完成~♪

ゲッター2:腕1

「T字軸」の幅は、偶然にも「アーム」の開口部にピッタリでした!

かたっち☆・・・は、「勘」が良すぎるのか?

これによって、塗装終了後に「開口部」から「下腕」を差し込んで、「アーム」と接着できるんだけど、両パーツの「接する部分」が無いんで、「アーム」内側にも「T字軸」の一部を再現しておき、「下腕(T字軸)」を左右から挟むカタチで、固定(はめ込み)できるよーにしてあるのよん!


ここまでを繋げてみた写真だよん↓

ゲッター2:腕2

ゲッター2:腕3

なんか・・・「Dr.マシリト」の作る、メカっぽい(爆笑)。

金属部分も、塗装しちゃえば、全ーく判らなくなっちゃうはずである!


「ドリル」のディテールアップ♪

アニメ、イラスト等で、「ドリル」の「下腕」に繋がる部分(面)を見ると・・・

腕の周囲には、幾つもの「穴(?)」が、まーるく配置されてるのが、確認できるのよん!

これは一体、何なのか? また、かたっち☆・・・なりに、考えを纏めてみました↓

もしかしてだけど~♪

もしかしてだけど~♪

地中に潜る時に

噴射してる部分じゃないの~♪

んー確かに、劇中「何かを噴射してる?」感じなんだよなぁ(笑)。

この配置されてる「穴」は、どんな機能を持ってるのか?

考えられる機能は、2つ!!

1つは、地中での潜行を行うため、「推進装置」として使ってる!?

「脚」にある「翼(?)」は、地中に潜る時は「閉じてる」描写が多い事から、この「翼」を使っての推進は無いと考えるのが、正しーみたい(笑)。

「サンダーバード」に登場する「ジェットモグラ」が、「ドリル」とは別に、後部に「推進装置(ジェットノズル)」を装備してた事から、「ゲッター2」もドリルの回転だけで進んでるとは思えないんで、やはり「回転と同時に推進も兼ねてる」と考えるのが、正しーと思う。


よーするに、「ドリル」内部に「推進装置」がある! とゆー考え方で、その「穴」は「推進ノズル」とゆー解釈(笑)。


もー1つは、「ドリル」回転時に発生する「熱」を、放出してる!?

「ゲッター2」の「ドリル」も、実在する機械と同じに考えれば、回転には「モーター」が使われてるはず!
それが高速で回転した場合、発生する「熱」の問題も、とーぜん出てくる訳!

「モーター」の焼き付きを抑えるためには「冷却」が必要になるんだけど、この点も「ジェットモグラ」はよーく考えられていて、「ドリル」後部には「冷却機」が、きちーんと装備されてるのよん!

そして、「ドリル」後部には、排熱するための「排熱ホール」が、「ジェットノズル」周囲に配置されてるのよん!


よーするに、「ドリル」内部に「冷却機」があって、その「穴」は「排熱口」とゆー解釈(笑)。


まぁー、どちらにしても妄想爆発!なんで、自在にモーフィングしちゃう「ゲッター」で、ここまで「内部」をマジに考えるのも、おバカだと思うけど(爆笑)。

劇中の「ゲッター2」にあるディテールは、「ジェットモグラ」の後部と似てるんで、「同じ構造である!」と解釈しちゃっても、良ーかもしれない。

地中に潜る兵器の「基本構造(?)」として、大いに参考とさせて頂きましたよん!


作り方♪

「ドリル」パーツに直接、「ピンバイス」で穴開けすれば、簡単に「凹」を作れるんだけど、「穴」の底面は「平ら」には仕上がりませーん(泣)。

かたっち☆・・・的には、「穴」はシャッターの構造になっていて、「ドリル」を使わない(回転してない)時は、「シャッターが降りて、穴が閉じてる」とゆー考え方!←これまた、妄想(笑)。

「穴」の奥行きを再現しつつも、底は「平ら」に仕上げたいのよん!

従って、現在の「ドリル」パーツの面を「穴」の底面と考えて、「穴を開けた状態のパーツ」を別に作って、「ドリル」パーツの面に貼り付けて再現しちゃう、とゆー方法を選択!

実際は、「下腕」の太さ(2.5mm)に対し、「ドリル」の面(8mm)が広い事から、小さい「穴」をそのまま配置していったんじゃー「モールドとしての密度が、足りてない(?)」感じを受けちゃいます(泣)。

そこで、「下腕」と一体で「軸」となってる「中心部分」と、「穴」が配置されて回転してる「外周部分」とで、「別パーツ化されてる」とゆー解釈を、モールドに採り入れる事にしちゃいます!


精度を1番に考えた(?)、「遠回り且つ手間な方法」を、以下に紹介しちゃいます(笑)↓

「外周部分」を作る♪

1:「薄いプラバン(0.3mm厚)」から作っちゃう!

配置されてる「穴」のアタリを付けるため、まず「プラバン」に「方眼付きマスキングテープ」を貼り付けちゃう!

2「穴」は全部で8個

テープの「方眼」を目安にすれば、縦・横・対角に8等分するのも簡単だよん!

中心からの「穴」の位置を計りつつ、「ディバイダー」を使ってアタリを付ければ、全てズレ無く出来ちゃうのだ(笑)。

3:「ピンバイス」で「穴」を開けちゃう!

サイズは、「0.8mm」くらいがベストみたい。

これだけの「穴」が並ぶと、とーぜん「僅かなズレ」も目立ってきちゃいます(泣)。

4:「外周部分」の外径は「8mm」。

「円テンプレート」から「8mm」のサイズを選び、アタリ線を引いたら、それに合わせて「プラパイプ(8mm)」を、両面テープでパーツに貼り付けちゃう!

あとは「線」より大きめに「プラバン」を切り出し、そこまで削るだけ~♪

よーするに、「プラパイプ」を、外径の「ガイド」として使った、とゆー訳!


何故、そーしたのか? とゆーと・・・↓


先にモールドの外径(8mm)を、切り出さない理由

配置されてる「穴(8個)」の穴開けを済ませてから、「外径」を切ってます!

先に「外径」を切っちゃうと、「外径」ギリギリで「穴」が開いた場合、その部分が「破損」しちゃう確率が高いのよん!

薄い素材に「穴開け」する場合、掛かる力によって素材が変形しちゃう事も、意識してなきゃーなりません!
小さいパーツになると、とーぜん加工が難しくなるし、そのパーツを保持する力も余計、掛かるとゆー訳!

また、切り出しを後にすると、「外径」の位置をズラす事で、穴の「ズレ」を修正(判らなく?)する事も、出来ちゃうのだ(笑)。


「コンパス・カッター」を使って、切り出さない理由

回転時の「刃の僅かなブレ」によって、「小さめに切れちゃう」場合が多く、素材の厚みによっても、「切り口がキレイに仕上がらない!」からである(号泣)。

一応、切り出しは出来るけど、その方法では「精度の高い円を作れない」、とゆー事!


「中心部分」を作る♪

「中心部分」は市販パーツ「モビルパイプ(外径:4mm、内径:2.5mm)」で再現しちゃう!

「ディテールとしての密度」が高まるよーに、「中心部分」は「外周部分」より1段高く「段差」が出来るよーに作ってあるよん!

市販パーツの「口」部分には「C面(切り口と側面以外の面)」が形成されていて、パイプを「0.5mm」の薄さまで削ると、上手く「C面」だけが、残ってくれます!

「下腕」は、このモールドに嵌るよーにしてあります。 内径が同じ「2.5mm」なんで、丁度良い(笑)。

こーしておくと、接着時に「ドリル」中心からズレずに、垂直に固定できるし、「段差」の厚みもあるんで、パーツ同士の接してる部分も増えて、「接着強度」も上がっちゃうのだ(笑)。


「ドリル」パーツに貼り付けた「外周部分」を、「0.2mm」の厚さになるまで削ってから、「中心部分」のパーツを接着すれば、モールドが完成~♪

写真だよん↓

ゲッター2:腕4


「腕」の解説だけで、かなりの長文になっちゃったんで、残りの部分は次回!!


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きである! 本日、ご紹介する曲は・・・

機動戦士Ζガンダム・1st・OP:「Ζ刻をこえて」。 歌:鮎川麻弥。





「Ζガンダム」は、かたっち☆・・・が、「ガンダム・シリーズ」の中で、最もLOVEな作品であると同時に、歴代アニメ・ベスト3に挙げても良ーくらい、凝った作りの作品なのよん!

まず、この作品の冒頭に出てくる「地球連邦政府」は、民間人にとって、敵である!(混乱しちゃうポイント)。
そして、地球側は「ティターンズ(精鋭によって組織された)」と「地球連邦政府」とで、分裂してる!
そこに、反地球連邦組織「エゥーゴ」が、武力介入!
物語も後半になると、「アクシズ(前作ガンダムの敵・ザビ家の生き残りを中心とする組織)」も登場し、4大勢力が入り乱れての大混戦に!

お子ちゃまが、一度観たくらいじゃー、全てを理解できませーん(苦笑)。

主人公の民間人の少年「カミーユ」は、「ガンダム」を奪って逃走した事をきっかけに、「エゥーゴ」の一員となります!

そして、前作「機動戦士ガンダム」に登場したキャラクター達が、7年後の姿で登場!
「アムロ」は、「カミーユ」と共に戦う、仲間として現れちゃう!
そして、組織のリーダー的存在「クワトロ・バジーナ」を名乗る人物の正体は、「シャア・アズナブル」!!
前作のライバルだった2人が、「エゥーゴ」とゆー組織で、共に戦っちゃうのである!(感動)。
これによって、「カミーユ」よりも「シャア」が主役(?)の物語になってるよーな(苦笑)。

登場してくる「モビルスーツ」も、開発が急速な進化を遂げた事が、理解できちゃう設定!
序盤「ムーバブルフレーム(骨格)構造採用」型→中盤「可変モビルスーツ(モビルアーマーに変形!)」型→終盤「ファンネル(脳波で操作できるビーム兵器!)装備」型と、登場してきます!

言わば「より強力なヤツが登場してくる」的な展開となっており、そこが楽しめちゃうポイント!

「ガンダムは知ってるけど、ファーストしか観てませーん(知りませーん)!」とゆー人も多いと思うけど、「Ζ」を観てないと、その後の「ΖΖ」「逆襲のシャア」の内容も、理解出来なくなっちゃう(泣)。

一応、「逆襲」を区切りとして、シリーズは「完結」してるのよん!

これから初めて「Ζ」を観るぜー! とゆー人は、特に「TVシリーズ」を観るほーが、理解しやすいかも?


この曲は、「ニール・セダカ」の曲(洋楽)が、原曲となってるのも、マニア心をくすぐるポイント(笑)。

数あるガンダム作品の主題歌の中でも、「名曲」だと思うよん!










とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR