スクラッチビルド、ザクを作る!

※この記事は、編集中です。


今回は皆さんお待ちかね~ ザク について、解説しちゃうよ~ん♪


○ 何故、今「ザク」なのか? 作っちゃう理由(笑) 。

現在まで、多くの商品(ガンプラ、完成品トイなど)が、発売されてる訳だけど・・・

アニメ本放送当時のイメージ(カタチ) に、忠実に再現された商品って、意外に少ない! とゆー事実に、気付いたのよん。

可動のために「デザイン・アレンジ」されてるモノや、「スマート体系」になってるモノばかりで、当初のデザインにあったイメージ(印象)とは 程遠い モノになってきてます(泣)。

「ザク」は好きなロボットなんで、「モデルを作りたい!」とは、以前から思ってたんだけど・・・

自分の抱いてるイメージとは、まるで違うこれらの商品に、かたっち☆・・・は 全ーく魅力を感じない とゆー訳。

だから(?)、モデルを作るとしても キットなんて、作りませーん!!

比較的、「旧ガンプラ・シリーズ」や「MSVシリーズ」あたりのキットには、良ーラインが再現されてるとは思うんだけど、だからと言って、発売から何十年も経ってるこれらのキットを、今更「どーにかしよー」なんて、思いません・・・(汗)。

とーぜん、かつての ガンプラ・ブーム 時は、かたっち☆・・・も、純粋なお子ちゃま(?)であったため、それらを組んだり、改造したりしてたんだけど・・・

いま、キットをベースに 自分が理想とするカタチ に改修しよーモノなら、おそらく相当、切り刻まなければカタチにならないだろーし、パーツも多種の素材の複合になる事から、「表面処理」で苦労する事になるハズ!

そんな事をする(考える?)くらいなら 全て自作しちゃったほーが早いし、手間も掛からないんじゃね? とゆーのが、今回の製作の理由なのよん♪


○ プロポーション、フォルム

どんなモデルに仕上げるか? だけど、自分の抱いてるイメージは、前の記事でも書いてる通り 「大河原邦男・設定画」&「安彦良和・作画」のイメージ!!

丸いところは丸く、クビレてるところはクビレてる、このカタチを再現したかったのよん。

ある意味、近年、発売されてる商品とは 真逆のアプローチ(?) になるんで、作品としても「新鮮な印象に映る」んじゃーないかと思います♪


○ 資料

「ザク」のカタチなんて、飽きるほど見て知ってるから、「資料」なんか必要ねーぜ!!

とゆー感じもするんだけど(笑)、再確認(?)のためには、やはり用意しておくべきでしょー。

上記の理由から アニメ本放送時の設定画 が、「資料」としては大いに参考になる訳です。

現在まで、膨大な数の「設定資料本」や「アニメ・ムック本」が発売されており、かたっち☆・・・自身も、相当な数の「関連本」を所有してる訳だけど・・・

その中でも、今回のモデリングに「ベスト!」と、かたっち☆・・・が判断した「資料」は、この本だよん! ↓

機動戦士ガンダム画報1

機動戦士ガンダム画報♪





これ、すげー良い本ナリよ!

何より「新解釈で後付けされた設定」は、一切無視(省略)されており アニメ本放送当時に知り得た情報のみで構成されてる のが、素晴らし~♪

で、「ザク」に関するページがこちら。 ↓

機動戦士ガンダム画報2

機動戦士ガンダム画報3

なんと 「コクピット内部」まで載ってる じゃん!!  作らねーけど(笑)。

それと、もー1冊。 ↓

ガンダム・ヒストリカ1

ガンダム・ヒストリカ♪

ページが少なく薄い本で、掲載されてる「設定画」も、他の関連本に載ってるモノと、ほぼ同じなんだけど・・・

この本の最大のウリは、本のサイズから、設定画も 最大で掲載されてる 事。

ここまでのモノは、他には無いんじゃーないかと思います(笑)。

そして、もー1つのウリは、他ではあまり掲載されてない 真横 からの側面図が載ってる事!!

ガンダム・ヒストリカ2

前面、背面の図は、パースが付いちゃってるんで 正確なカタチやサイズを読み取るにはコツがいる んだけど、この「側面図」があるおかげで、よーく理解出来るよーになってるのよん♪

例えば、「口(ダクト)の下がり具合」だとか、「スカートのライン、広がり」とか、「モモの太さ」とか、「動力パイプの垂れ具合、付き方」だとか・・・

また、オールカラーの本なんで 配色 も、参考になるよん。

ガンダム・ヒストリカ4

ガンダム・ヒストリカ3


○ ポーズ

今回は、動きを感じさせる表現として 両手でマシンガンを構え、狙い撃ちしてるポーズ で、作っちゃおーと思います♪

せっかく「スクラッチビルド」で作るんだから 「プラキット」にある関節位置や可動構造じゃ、絶対、再現できない よーなポーズで、作っちゃおーと思った訳(笑)。

近年の「ガンプラ」も、とても良く動くよーになってるみたいだけど、「両手でマシンガンを持たせる」事は出来ても、「狙いを付けて構えてる」ポーズは、出来ないでしょ?

これは、商品を出すメーカーさんが、ロボットの関節を 取らせたいポーズから考えてない のが原因(断言)。

それらの「関節」は、「このくらい広く曲がれば(可動すれば)必要十分なはず」とゆー考えを元に作られていて 何の疑問も抱かずに 「腕」や「脚」等のパーツが繋がる部分に、配置されてるのよん(泣)。

その関節が ポーズのために本当に必要な関節かどーか? 或いは その位置から曲がる事が正解なのか? よーく考えてほしーの。 ←ほしのあき

フィギュアをやってるモデラーであれば、動き(ポーズ)の大半は、関節部分以外の ヒネリ が重要である事を、知ってるんですけどねぇ。

ロボットしかやらない人間じゃー、知るわけねーか(爆笑)。

だから、根本的な解釈を変えない限り、いくら関節を増やしても、近年の「ガンプラ」のよーに見苦しくなる(?)だけじゃーないかと思います!


そーゆー、かたっち☆・・・は、基本「ポーズ固定」で作っちゃう訳だけど(汗)。 ←卑怯モノ


○ モデルのサイズ

今回も 約6cm に、決定~♪

そして、とーぜん図面は無し!

ストレス無く、作り易い大きさで、ラクラク~に作っちゃうのが、「スクラボ」だからねー(笑)。


○ アナライズ

「資料」を見て、作り易いよーに分割していきます。

分割に関しては、近年の「ガンプラ」を見れば、大いに参考になる事でしょー!

塗装が必要無いよーに、色ごとに分かれてパーツが成型されてるんで、これは転じて マスキングが超~ラクになる分割である と、捉える事も出来るのよん。

意外なところで役に立つじゃねーか(笑)。 ←さっきまで、ダメ出ししてた人


○ 作り方

今回も、「胴体」から作り始めていくけど、「スーパーロボット」じゃーないんで「複製パーツ」は使わず、「Z」を作った時と同じ要領で、地味~に タミヤ兵隊さんフィギュア を芯にして、パーツを作って行きます。

兵隊さんフィギュア

そして、腕・脚など「左右共通のパーツ」は、片側1コ分のみ作り、複製して揃えるのは、お馴染みの方法♪

「ザク」特有のプロポーションを削りで再現するのは、超~難しーんで 市販パーツ を使って先に大まかなライン(芯)を作っておき、「エポキシ・パテ」を盛ってラインを繋げる、とゆー方法を採ります。 ※「#3」参照。

P1010008.jpg

各パーツは、基本的に「ノーマル状態」で作っておき、「複製」で揃えた後 ポーズに合わせて「ヒネリ」等の加工を施す とゆー訳!

この方法ならば、途中、加工に失敗しても  があるわけだから、いくらでもやり直し出来ちゃう(笑)。


次回からは、具体的なパーツの製作について、紹介するよん。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR