スクラッチビルド、ゲッター2を作る!(胴体)

※この記事は、編集中です。


今回も「ゲッター2」の続き~ 胴体・頭部 の作り方を、解説しちゃうよ~ん♪


○ 胴体を作る


☆ アナライズ

「ポンチョ(白い部分)」、「胸および腹(黄色い部分)」、「ベルト(黒い部分)」、「腰(赤い部分)」とゆー 色ごとの分割 。

これにより、マスキングの必要も、無くなりました(笑)。

それぞれのパーツは、「塗装終了後に組み合わせる」事になるんで、その時に「位置決め」や「接着」が簡単にできるよー ダボ を作っておきます♪


☆ 方法

複製した「Z」の胴体パーツをベースに、製作!

サイズは、大体同じになるけど、「ゲッター2」特有の 細く華奢なプロポーション を再現するためには、改修 が、必要!

「ポンチョ」は、アーマー(上に被さる装甲)なので バキュームフォーム で、製作!


○ 作り方

複製した「胴体」パーツを、エッチング・ノコで、「胸」・「腰」と切り離したら、準備完了。


☆ 黄色い部分(胸・腹)

まず、「胸部」と「腹部」に出来ている 段差 を削って、平らに均す。

全ーくモールドが無い状態でも、「基本となる人型のライン(背中のくびれ、胸の張り出し)」は、きちーんと再現されてるんで、「どっちが前か、判らなくなる」とゆー事は、ありません(笑)。

パーツにある 首(根元) の太さは、そのまま「ゲッター2」での 「頭部」のサイズ(前後左右での最大幅=径) に、なります。  約6mm 。

パーツの「首」のモールドを全て削り落とし、「6mm径のプラ材(市販パーツ)」を仮合わせしてみたところ、首(頭部)のサイズに対し 胴体の左右幅 (よーするに、肩幅)が、広すぎる事が、判明!

そこで、パーツを中央から「エッチング・ノコ」で切断し、胴体の左右幅を詰めました。 

何mm詰めたか、忘れちゃったけど 両肩(球体部分)は、「ポンチョ」に半分近く隠れる 事から、胴体自体は、かなり詰めちゃってOK(笑)。

「ポンチョ」との接合が簡単に出来るよーに、「黄色い部分」に「ダボ(接合部分)」を、作っておきます。 これにより、正確な位置でパーツを固定できるし、塗装後も、隠れる部分で接着できて、一石二鳥~♪

上下の尺は変わってないものの、中央から分断して左右幅を詰め、表面も「段差」モールドを均した事により、元の「マジンガーZ(胴体)」のパーツと比べて 一回り以上、小型 になりました。

この細く華奢なボディは、「アフロダイA」なんかを作る場合にも、流用できるかも?


☆ ポンチョ(白い部分)

前面・背面とも、一見、平面に見えるかもしれないけど、じつは 微妙な曲面「弧」に仕上げてあります。 

面を、真っ平らに仕上げると、パーツを真横(側面)から見た時に、とてもヘンに見えちゃうので、目線の方向に向いてない「面」が、側面からも見えるよーにしてある、とゆー訳!

「ポンチョ」は、板1枚の厚みしか無いパーツだけど、1枚のプラバンを折り曲げて、この微妙な面を作るのは、超~大変!

だけど、「バキュームフォーム」なら、「原型」に加工を施せば、簡単に再現できちゃいます(笑)。

また、作り上げた両パーツがピッタリ合わさるよー、「ポンチョ」の原型は、「黄色い部分」から採寸し、同サイズに作ったのよん!


あとは、パーツをデザインに沿って、加工していくだけ~♪

「首(タートルネック)」の部分は、「首」の太さと同じ 約6mm で、製作!

「円柱」のパーツから作ったほーが、簡単に精度を出せるんで、タミヤ モデリング・ドリルチャック とゆー工具を使い、パーツに穴を開けて、「プラパイプ(6mm)」をブチ込んで、再現しました♪

裾の切り欠き(ヘム・ライン) は、前は 「半円」が3つ横に並んだよーな「波型」 後ろは大きな 「半円」1つの「マント型」 に切り欠きます。

後ろの切り欠きは、「簡易ヤスリ(曲面)アルミ板バージョン」の曲面を利用して削ります。

こーいった部分は、初めから 「何mm削る」と決めて加工すると、おかしく仕上がっちゃう んで、採寸より先に削る事!

加工を終えたら、切り欠きの幅(裾から削った分)を、前面と合わせるため、採寸します。

前面は、中心位置を割り出し、3つの切り欠き幅のアタリを付けます。

3つの幅を均等に揃えると、おかしく見える事から、3つの中で 「中央」だけ横幅を大きく して、「左右」はそれより狭くするとゆー「トリック」を使ってます。

3つの切り欠き、それぞれ「幅(寸法)」が割り出せたら、次に「円テンプレート」を充てて、その幅に合ったアールを、それぞれ探します。

ここでも「トリック」を使っており、「中央」の切り欠きは、「波の先端」が裾のラインと水平に揃ってる(後ろの波の先端とも、同じ位置)んだけど、「左右」は 横で途切れてる のよん。 

こーすると、左右は何故か小さく見えず、「中央」と大きさが揃って、バランス良く見える、とゆー訳!

パーツの表面処理を済ませてから、前面中央「コクピット」を、再現します。


○ 頭を作る

「ポンチョ」の「タートルネック(首)」部分と同じサイズ、幅:約6mmで製作!

まず、アナライズで 帽子 と  に、分割。

☆ 帽子

尖った部分は、「プラ丸棒(5mm)」を、「簡易旋盤(電動ドリル)」を使って 円錐 に削る。

この時 ロケット型 になるよー、「簡易ヤスリ(曲面)アルミ板バージョン」を、充てるのがポイント! この方法なら、高い精度で、緩く尖ります(笑)。 ←ヘンな日本語

帽子の「ツバ」部分は、「プラパイプ」から、製作!

「帽子」先端が尖る事から 「ポンチョ」のネックよりも、若干、細く 仕上げたほーがバランス良くなると判断。 少し細めの「プラパイプ(5.5mm)」を、使います。

上端の独特なラインは、サイドから見た時  のカタチで、前後から見た時  のカタチに、切り欠かれてます。

このパーツの中に、先程の「ロケット型・プラ丸棒」をはめ込んで接着すれば、「帽子」の完成~♪


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントにて、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR