スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(カウル)

※この記事は、編集中です。


「未来警察ウラシマン」に登場する マグナビートル だよ~ん♪

このマシンは、機動メカ分署「マグナポリス38」の覆面パトカーで、ベースになってる車種は フォルクスワーゲン 。 

2050年の未来に、この車と共にタイムスリップした主人公だけど、「未来の機械が肌に合わない」事から、未来の科学技術を使って改造された、とゆー設定!

ちなみに、デザインは 大河原邦男 氏によるモノ♪

ライトは「丸目」で、フェンダー上から、フロントに位置が移動しており、どこか ワーゲン・オフローダー(バハバグ) っぽく、各部には、カスタム化が理解できる、フック、インテーク、スリット等が存在。 4本のマフラー も、パワーを感じさせます!

全体のフォルムは、当時、流行した チョロQ を意識してる(?)よーで、フロントとリヤで径が異なる グルーブド・タイヤ を装着。 走り方も、超~個性的♪

ちなみに、サイドウインドウは、タイムスリップの途中で破損したため、存在しません(笑)。

運転用シートは、機動刑事用の装甲服「バトルプロテクター」装着のため、変形しちゃいます。 


○ マグナビートルを作る

☆ 資料

設定資料本 に 真正面・真後面・真側面 が載っているので、モデルのサイズに合わせてコピーし、「図面」として、使いました♪

エンジン、内装シート、メーター、各部ギミック も、「パース画」が載っているので、とても役に立ちます♪


☆ 方法

何らかの「フォルクスワーゲン」キットから改造するのは 全体のフォルムやバランスが全ーく異なる ため、不可能(泣)。

とーぜん「自作」となるのだけど、見せ方としては、やはり「カーモデル」を意識して 完成後も「内装」や「エンジン」を観られる構成 を狙います♪

従って、ボディは「カウル」として 中空 で作る事になり、「内装」や「エンジン」まで再現された、実質 フルディテール・モデル と、なりました。

作る順番としては・・・・ ↓

1 :ボディを製作・・・パーツを中空にするため バキュームフォーム を選択!

2 :シャーシの製作・・・先に作り、この上に「内装」、「エンジン」を載せていく。

3 :エンジンの製作・・・「タイヤ」の固定のため、先に作る。

4 :タイヤの製作・・・フロントとリヤ、それぞれ片側1コ分作り 複製 で4本揃える。

5 :ダッシュボード&シートの製作・・・「カウル」と「シャーシ」から採寸して作る。


サイズは、「ミニカー」や「チョロQ」をイメージした コレクション・サイズ(全長約 5㎝) に決定!


アナライズ♪

細かいディテール(パトランプ、インテーク、フェンダー、フック、ライト、ミラー、ウインドウ等)は、後の作業で作れる部分なんで、まず 「ボディー」の基本形 をイメージして、なるべくシンプルになるよー、分割を考えます。


☆ 準備

今回は、前述の資料のおかげで 3面図を「図面」として使う 事が、可能です♪

資料の「正面図。側面図・後面図」で、それぞれ大きさが揃ってないんで、倍率を変えてコピーし、大きさの揃った1枚が作れたら、複数・用意して、準備完了!


〇 カウルを作る


☆ 原型

「バキュームフォーム」するための 原型 は、いつものよーに「エポパテ・ブロック」の削り出しで、製作!

今回は、ブロックを 4個 用意し、モデル中央から 左右 そして「フロント・ウインドウ」と「ボンネット」の部分で 前後 に分割し 個別に形状出しした4個を組み合わせて、「ボディ全体が出来上がる!」 とゆー構成にします。

4個それぞれの「接合面」は、形状出しでは全ーく手を加えず 「平面」として残す部分 だよん♪ こーする事で、4個それぞれ、他のブロックと「仮合わせ」しながらカタチを出せるし、パーツの「左右均等」や「バランス」なんかを、確認・調整しやすくなるとゆー訳!

パーツのどこか1面に「平面」があると、採寸に便利 とゆーのは、過去記事に書いてるはずだよん。


1 :まず「ボンネット」から後ろにあたる、2個の「ブロック」の加工から♪

正面、後面から見た時の、形状出しから始めちゃう。

2 :2個のブロック「前・後面」に、縮小コピーした 「正面」・「後面」の図 を、中央から半分にカットして、それぞれ両面テープで貼り付ける。

3 :貼り付けた図の 外線 まで、ブロックの側面及び上面を、削る。 ナイフや、ペーパー#60~#120あたりを使うと、早いよん!

4 :次に、ブロックの 左右接合面 に、縮小コピーした 「側面」の図 を、両面テープでそれぞれ貼り付ける。

反対側は、コピーが裏返しになって「線」が分からなくなっちゃうんで、予め「外線」のカタチにカットしておいてから、貼り付けよー!

5 :同様に、貼り付けた図の「外線」まで、ブロックの前後を削る。 これで、側面から見た時の形状出しが、完了!

6 :バキューム後のパーツの切り欠きがラクになるよー、「タイヤ」が入る部分も、「フェンダー」まで含めた 「ホイール・アーチ」の線 まで、削っちゃう。


ここまでの削りで、後ろ半分の左右2個のブロック(ややこしい・・・)の、外形が一応、出ました。 しかーし! これで原型が完成じゃーありません!

ここから先は より「車」らしく見えるライン に仕上げなきゃーならないのよん!

それぞれの面を加工していく訳だけど、ラインを出すコツは・・・

絶対 平面に削らない とゆー事!!

「車」とゆーモノは、一見、平面に見えるモノでも、実際は 微妙なアールが付いた、曲面で構成されてるモノ であり、微妙なアールが付く事で「面」に膨張感が生まれ、表現が豊かになって 立体物として落ち着いて見られる とゆー訳!

そんな訳で、ここから先の削りは、全て、曲率の異なる 簡易ヤスリ(曲面)・アルミ板バージョン で、行う事になるのよん!

7 :ルーフの面出しは 左右のブロックを合わせた状態で ヤスリを当てちゃう。

8 :フロント・ウインドウも、曲率の違うヤスリを使って、同様に。

サイドから見た時、フロント・ウインドウが少し見えるくらいのアール を付けちゃう。

9 :サイドは、特に ドア部分に緩やかなアールが出来るよーに 面出ししちゃう。 正面から見た時、ドア(側面)に膨らみが無く平面だと、おかしく見えちゃうのよん。

10 :サイド・ウインドウ部分は、ほぼ平らで良ーけど、ルーフやフロント・ウインドウに繋がる部分は、エッジが立ってちゃおかしー部分。 削って落としてやろー!

ここまでの削りで、よーや く左右ブロックが、完成~♪

前半分のボンネット側 左右2個のブロックも、上記と同じ要領で、加工しちゃえばOK!

では、形状出しの終わったら、4個のブロックを組み合わせて、確認! 


あとは、これを原型に バキュームフォーム すればOK。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR