スクラッチビルド、ゲッター2を作る!(アーム)

※この記事は、編集中です。


今回は、「アーム」の作り方を、解説しちゃうよ~ん♪


○ アームを作る


☆ 資料 

製作のポイントとなるのは カシメ(開閉・可動)部分の重なり 。 

上下の「合わさり方」を、調べると・・・

超合金魂の「カシメ部分」は 「下側が上側に被さる」構成 となっており、「スーパーロボット大鑑」に掲載されてるイラストの「カシメ部分」は、逆に 「上側が下側に被さる」構成 となってました!

そこで 両者の表現をミックス して 左右それぞれの方向からパーツを見た時に、合わさり方が逆になる とゆー面白いトリックを、考えてみました♪ 

実際、「ペンチ」や「ハサミ(右利き用)」なんかが、そーゆー構成なのよん(笑)。


☆ 方法

平面構成のパーツだけど、「アーム」は 裏側まで見えちゃう ので、プラバン・箱組み時に、補強を入れるとゆー事が出来ません(号泣)。

それだと 貼り合わせるプラバンの厚み(接着面積)だけに頼って作る 事になってしまい、ぜーんぜん強度を得られず、パーツの加工中、少し力が加わっただけで、破損する事になるでしょー!

なので、今回は バキュームフォーム で、製作♪

「バキュームフォーム」ならば、各面を 一体成型 で作れるので、「強度」を持たせるが出来 「熱」が加わる事によって、素材自体が丈夫になる から、加工中に、破損する心配も、無くなります!

何より、「貼り合わせ」の細かい作業も、必要なくなるんで、かたっち☆・・・のよーな、めんどーくさがりに、ピッタリな技法ナリよ(爆笑)。


☆ 原型を作る

「バキュームフォーム」の原型は、「エポパテ・ブロック」からの削り出しで、製作。

サイズは 長さ10mm、幅6mm、奥行き8mm だけど、成型時のサイズよりも、プラバンの厚み分 若干、小さく作っておく 事!

また、成型のためには ゲタ を履かせる必要があるんで、その分、下部に余裕を持たせて、高さを稼いでおきます。

同じ原型を使って 2回の「バキュームフォーム」で上下パーツを揃える から、作る原型は、「アームの片側半分」だけで、OK!

カタチは、上面・側面とも、アーム先端に向けて細く絞り込まれるよーに削っていき、上面のみ、緩やかなアールになるんで、「簡易ヤスリ・アルミ板バージョン(曲面用)」を使って、削ります。


☆ バキュームフォーム

1: 2回「バキュームフォーム」して、パーツを揃える。

成型した2個のパーツの下端は、それぞれ原型の底面と平行にカット。 「アーム」片側半分のパーツが2個、作れたはずだよん♪

2: 成型した2個のパーツの肉厚を揃える。

成型品の下部をカットした事によって、原型にパーツが被さった状態では、プラ肉厚分の「段差」が出来ているはず。
「簡易ヤスリ(段差用)」を使って、パーツの表面のみにヤスリが当たるよーに削っていくと ヤスリに貼り付けてある「プラバン(ストッパー)」の厚み分が、パーツの肉厚として残り、全体の肉厚(もー1個のパーツの肉厚含む)を、揃える事が出来ちゃう とゆー訳。

なるべく肉厚を薄くしたほーがエッジが生きるんで、今回は 0.3mm に揃えてるよん♪

全面ヤスリ掛けにより エッジの再生 も、いつの間にか、完了(笑)。

3: 成型したパーツを、アームのカタチに 切り欠き加工(整形) する。

ここでも「方眼付きマスキングテープ」でアタリを付けてから、上下とも均等に加工を行います。
こーいった 曲線ラインの切り欠き は、「簡易ヤスリ(丸棒)」で削れば簡単!

下腕が付く面は、この段階ではまだ「塞がったまま」にしてあるよん。

4: 上下パーツを 接着 する。

狂いが出ないよー、アーム先端に 切り欠いた分の「プラバン」を挟みながら 接着!
2個のパーツを合わせると、パーツの両側面は、上下で面一になるはずだよん!

可動は、全く考えてないんで、少し開いた状態で、上下を固定。

5: 「カシメ部分の段差」を再現する。

アームのカシメ部分 を作るよん!

上下の被さり(段差)は、プラバン(0.3mm厚)を使って再現するけど、カシメ部分の   は、フツーにそのカタチに切ったり、削って整形したりじゃー、精度が出ませーん(泣)。

以下、こーゆー場合に、かたっち☆・・・が、よく使う方法を紹介するよん♪

まず、プラバン(0.3mm厚)に、ピンバイスで 「2mm径」の穴を開け 穴の中央で縦に正確にプラバンをカットして、半円に切り欠かれたプラバンを作ります。

次に、ウェーブ製 「プラ丸棒(2mm径)」を、0.3mmの厚さにスライス 。

プラバンの半円に切り欠かれた部分に、スライスした「プラ丸棒(2mm径)」を はめ込んで接着~!

始めから円い「プラ丸棒」を使って、「カシメ部分」を再現しちゃったとゆー訳! この方法なら 「円」はプラ丸棒で出てるし、厚みを0.3mmに揃える加工をするだけでOK なんで、超~簡単に精度が出せちゃうのよん。

後は、2枚のプラバンを、アーム側面のカタチに整形してやればOK! ※割れた時の予備で、4枚作ってます。

この時、2枚のプラバンを ピットマルチ で仮固定して、同時に加工しちゃえば、2枚のカタチを合わせやすいのよん♪ ※仮固定は、粘着の弱い「ピットマルチ」じゃないと、プラバンが割れちゃう可能性があるから注意しよー!

6: 2枚のプラバンを、アーム側面に狙い通り(?)それぞれ反対に貼り付け、接着!

7: あとは、下腕が付く面を、開口してやれば、「アーム」が完成~♪

「アーム」内部には、「下腕との接続/アーム開閉の可動軸」を兼ねたパーツ(名称不明)が入るんだけど、これはパーツから計測するより、「バキューム原型」から、計るほーが正確なのよん(笑)。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR