研究レポート#2:スクラッチビルド、図面が無くても作れちゃう!?

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


前記事に続き、このモデルの作り方を、解説してま~す。 ↓

マジンガーZ・4

マジンガーZ!! ←「Z」の部分は叫ぶ事(笑)。 

今回は、 パーツのサイズ を、決めてくよ~ん!


○ 図面 って、必要?

かたっち☆・・・の場合、図面は、あまり描きませーん!

描き方を知らないんじゃーなくて、 めんどーくさいから とゆーのが、正直な理由。

それに、「作り方の順番を間違えなければ、図面が無くても作れちゃう!?」とゆーのが、分かったってのもある♪

とはいえ、パーツのサイズを検討せずに、いきなり作り始めよーものなら、必ず失敗しちゃいます(断言)!!

確かに、図面があれば「どこから作り始める事も可能!」となるんだけど、製作において「細かく正確に図面を書く必要は無い!」と、かたっち☆・・・は思うのよん。

図面の主な役割は、 パーツのサイズや、全体のバランスを確認・把握する とゆー事だと思うし、「ならば、もっと簡単なモノでも大丈夫なのでは?」とゆーのが、かたっち☆・・・の考えなのです。

とゆー訳で、基本「図面は描かない」かたっち☆・・・なんだけど、そんな「めんどーくさがり屋さん」でも、「パーツのサイズや、全体のバランス確認」が出来ちゃう、  超~簡単な方法  があるから、紹介するよん!


まずは、コレを見よ↓  じゃじゃ~ん!

P1010002.jpg

「タミヤ 1/35 MMシリーズ」の兵隊さんフィギュア♪ 大きさは、 約6㎝!

今回の「Z」も、約6㎝! これは偶然じゃなくて(笑)、じつは、「Z」の本体パーツは、この 兵隊さんフィギュアから採寸し、サイズを決めていた とゆー事実!?


○初公開! 超~簡単な、かたっち☆・・・的 採寸の方法 (笑)

では、手順を具体的に説明してくよん↓

1:「兵隊さんフィギュア」は、どれも「ポーズが付けられていて、腕や脚は曲がった状態」です。

パーツ分割も、関節からではなく、頭は「ヘルメット部分」、胴は「ベルト部分」から分断、腰も「おしりの割れ目(キャッ)」から左右に分断され、残酷極まりない、おぞい状態です(笑)。

P1010007.jpg

2:何体かセットされてるフィギュアの中から、「比較的、腕や脚の曲がりが少ない、素立ち状態に近いパーツ」を選んで、服のシワから「この辺に関節があって、曲がるんじゃね?」とゆーのが確認できたら、その 関節部分 を「エッチングノコ」を使い、問答無用でギコギコしちゃいます(笑)。

これが、 エッチングノコ(エッチング製・模型用ノコギリ) とゆーモノだ。 ↓ おぞい。










3:関節部分は切り離された状態にしておき、それ以外の「キット状態で分割されてる、頭、胴、腰の各パーツ」を、それぞれ接着して正しー形にしてやります。

4:次に 方眼紙(目盛りの付いた紙) を用意しちゃう。

P1010014 (2)

「方眼紙」とは、コイツだ。 ↑ かたっち☆・・・は、よく使う。

5:作るモデルの全高(マジンガーの場合、6㎝)の間隔を取って、 真横に平行に線を引いちゃう

6:そしたら、各パーツ(頭、胴、腕、脚)を、方眼紙の上(2本の平行線の間)に 「素立ちポーズ」の状態で配置 しちゃう。

7:で、パーツが置かれてる 関節の位置(切り離された部分でもある)を、方眼紙にペンでマーク していく・・・

すると・・・



このよーになり、関節の位置を写しただけなのに、頭の大きさ、胴体の幅(肩幅)、手脚の長さ、を読み取れる採寸が、気付かぬうちに完了してる!!・・・とゆー訳なのよん。 なんとゆーことでしょー(爆笑)。

あまりに簡単な方法なんで・・・なんか紹介するのが恥ずかしー、キャッ♪

関節の位置はもー出たんで、バランスが大きく狂っちゃう事は無いでしょーし、手脚も長さから「どのくらいの太さ(幅)がベストなのかが分かる」とゆー・・・

方眼紙に写してるから ミリ単位 でサイズが分かるし、パーツ作りで「左右均等」を出したりする際にも、都合が良ー訳! 型紙 としても、利用できちゃうよん♪

「ガンプラ」とか、もっと大きーのでやりたい場合も、基本は同じで、仮組みしたモデルを使えば、テキトーに採寸が完了しちゃう、とゆー訳(笑)。


○「もっと、はっきりサイズが分からなきゃ、イヤ!」とゆー場合(笑)

ワガママだなぁー、←しんのすけか!

最初の2本と同じよーに、 マークした部分を平行線にして 、その線の間に、前回の アナライズで出したカタチを描き込んで みればいーんだよん!

もー気付いちゃったかもしれないけど(笑)、この 平行線を頼りに「正面、側面、背面」とカタチを描いて、そこから垂直の線を引いて「上面、下面」と描いたモノ が、じつは「図面」なのよん!!

きちーんと図面を描く場合も、先の「アナライズ」で出た単純なカタチを描き込むだけなら、絵がヘタッピな人でも、そんなに大変じゃーないでしょー。

デザイン画のカタチをそのまま描き込むとゆーのは・・・まぁー大変でしょうねぇー(苦笑)←他人事?

かたっち☆・・・の場合は「アナライズ」でパーツのカタチは把握できてるし、あとは「パーツの寸法と、バランスが分かればOK~」だったんで、この程度のモノで充分なのよん!

でも、兵隊さんフィギュアは残念ながら「ヒーロー体型」じゃなく、 短足 だったんで(苦笑)、少しだけ脚を延長してカッコ良く(?)してるのだ。


※本体以外のパーツについて♪

この段階では、頭の「パイルダー」と、背中の「スクランダー」のサイズは出してませーん!

これらは、 本体がカタチになってからでも、サイズを割り出す事ができちゃう からだよん。 (かたっち☆・・・は「現物合わせ」とゆーのもよくやる。その方法は、今後のブログで公開予定!)

こーいった「オマケ」のサイズを先に気にしちゃうと、全体を構成してる「基本パーツ」が、それらのパーツの影響を受けちゃって、 大きくバランスを狂わせる 、とゆー事があるのよん。


次回は、「パーツを、どんな方法で作っていくか?」を、考えるよん。


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

ロボットはっちゃん 1st・ED:「赤い夕陽のバラバラマン」    歌:斉藤晴彦





今回の「スクラボ」にピッタリ! かたっち☆・・・は、いつも バラバラ~ と歌いながら、楽しく作業しています(笑)。

皆さんも、この曲を聴きながら、歌いながら、ギコギコするのだ~。

「はっちゃん」は、とても愛くるしーデザインで、かたっち☆・・・も、お気に入りのキャラクターなのよん♪

斉藤演じる バラバラマン は、故障ロボット(?)「はっちゃん」を解体するために、「ロボット管理局」から送り込まれた 殺し屋(壊し屋) なのです。

逃げるはっちゃんと、追いかけるバラバラマンとゆー、なんともシュールな展開が、とにかく笑えましたねぇ。





とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR