塗装編(マスキング)

※この記事は、編集中です。


今回も、塗装編の続き~♪、「マスキング」について、解説しちゃうよーん!!


マスキングとは?

塗装作業において、「色が着いちゃ、いや~ん」とゆー部分を覆い隠して、塗料が着かないよーにマスクしちゃう事である!!

これが、パーツの大きさや、カタチ、塗り分けラインなんかによって、とーっても複雑、且つ、めんどーになっちゃうモノなんで、かたっち☆・・・自身、「とーっても、億劫」に感じちゃう作業なんである。

やり方やコツをマスターして「キレイに仕上げる」事は出来ても、「ラクになる」とゆー事は絶対無い!

それが「マスキング」とゆーモノだよん(爆笑)。


マスキングの順番♪

「塗る色の順番=マスキングする順番」とゆーモノは、塗装するモデルの「配色」や、その色の「面積」等から、大体、決まっちゃいます!

そして、各塗料(色)の「明るさ(明度)」、「鮮やかさ(彩度)」、「隠蔽力」も、関係して決まるのよん。

「塗料の発色を意識して、塗装してね~♪」とゆー事なんだけど・・・

色の中で、最も明るいのは「白」!!

次に「黄」→「赤」→「青」→「黒」とゆー順に濃くなります。

「黄」、「赤」、「青」は、「原色」なんで、最も「鮮やか」なんだけど「隠蔽力」が無い!

これらの色をキレイに塗り上げるためには、「下地に白を塗る」か、「白を混ぜる事で、隠蔽力を高める」以外に方法が無いのよん!

塗料とゆーモノは、他の色が混ざる(濁る)と「隠蔽力」は上がるモノなんである!

しかーし!、「黄」、「赤」、「青」などの色は、「白」が混ざると「明るさ(明度)」は上がるものの、「鮮やかさ(彩度)」は下がっちゃう(泣)。

それじゃ「違う色」になっちゃうから、元の色の状態(彩度)を保つために、下地に「白」を塗った上から塗装するとゆー訳なのよん!

「黒」は、「明度」、「彩度」、両方とも無いんで、一見、「隠蔽力が高い」よーに思っちゃうんだけど、じつは、けっこー透けます(泣)。

「黒」は、最も暗い色なんで、他の色の影響は受けないんだけど、考え方としては「黄」、「赤」、「青」の3色が混ざって出来てるよーな色だから・・・。

ちなみに、3つの塗料を混ぜて「黒」は作れませーん!

これは各塗料とも、色のノリを良くするため、微量に「白」が混入されてるからだよん。

この「白」の影響で「純粋な黒」にはならず、「グレーっぽい黒」や「茶色っぽい黒」になっちゃう訳だけど、「純粋な黒」より隠蔽力が高くなるのは、上の説明にあるとーり(笑)。


さて、ここで問題です!

数ある「色」の中で、最も「隠蔽力」の高い色は、何色でしょー?

正解は・・・

「グレー」!!

下地材「サーフェイサー」の色が、「グレー」になってる理由は、「最も下地を隠蔽する力が高い」からなのよん!

だから、「白(最も明るく、最も隠蔽力の低い)」を塗る場合、「グレーで一旦、下地を作ってやる」とゆー訳。






上記の「色の性質」から考えてくと・・・まずは「下地塗装を完了させちゃおー!」とゆー事なんである。

「白」を塗る場合・・・「白」を塗る部分、全てに下地として「グレー」を塗る→次に「白」を塗る。

「黄」、「赤」、「青」を塗る場合・・・塗る部分、全てに「共通の下地」として、まず「白」を塗る。

ここまでは「塗り分け=マスキング」する必要は全ーく無くて、ここから先が「マスキング」になるとゆー訳。

塗る色の順番には「色」だけでなく、「パーツのカタチ」と「色の面積」も関係してきます。


「色」で決めた場合の順番♪

上で説明してるとーり、「最も明るい色」から順に塗ります。
下地塗装が完了したら、「白」を残す部分を「マスキング」して、「黄」、「赤」、「青」を塗装します。


「色の面積」で決めた場合の順番♪

モデル全体で、占める割合が多い色から先に塗って、その後、細部を塗装します!
何故なら、広い面積をマスクするより、狭い部分をマスクするほーが簡単だから(笑)。
この順番だと、塗る色によっては「マスキングの回数を減らす」事が可能なのよん!


「パーツのカタチ」で決めた場合の順番♪

凹んだ部分をマスクするより、出っ張った部分をマスクするほーが、簡単なのよん!
だから、なるべく「凹んでいる部分をマスクする必要が無い」順番を考えると良ー訳(笑)。


実際は、これら3つが複雑にミックスしてるんで、「色で考えると、こっちが先」とか「形状で考えると、こっちが先」なんて、選択にはかなり悩んじゃうモノだし、色によっては「最初の塗装と反対のマスキング」をしなきゃならない(これが、一番、めんどーなのよん!)場合もある(泣)。

どーゆー選択が「自分にとって、やりやすい」のかは、経験で覚えてくしかないのよん!!


裏ワザ!?

上に重ねる色が「濃い色」ならば、先に塗った色を気にする事なく、そのまま塗り重ねる事が可能となり、マスキングの手間を省く事も出来ちゃいます(笑)。

でも、上塗りする色の「隠蔽力」が低い場合、下の色の影響を受けちゃうんで注意しよー!!


マスキングの方法♪

「マスキング」には、完全に覆い隠すための方法を考えなきゃーならない!

そして、選択した方法によって、マスクに使う「材料」も、変わってくるのよん!!


「マスキングテープ」を使った方法♪

P1010013.jpg

塗り分けラインをきっちり仕上げるのは、テープ以外では、まず無理である!!(断言)

パーツのカタチが比較的「平面」で、塗り分けラインも「直線」ならば、そのまんま貼れば良ろしー。

塗り分けラインが「曲線」の場合は、テープをそのカタチにナイフで切り出して貼るか、「細幅タイプ」を使えば、曲げ伸ばしながらラインに沿って貼る事も、可能なのよん!

「方眼付き」のモノは、大きさや寸法を計って切り出せるんで、「特殊形状」や「左右対称」なんて場合に有効だよん!


注意点

☆しっかり貼らないと隙間が出来て、そこから塗料が吹き込んじゃう!
これは、テープを多く重ね貼りした場合に起こりやすく、テープが重みによって浮いて剥がれてきて、隙間ができちゃうとゆー訳なのよん!

☆使い過ぎると、どこをどー貼ったのか判らなくなって、剥がす時に大変(笑)。

☆貼ってから時間が経っちゃうと、粘着も弱くなって、やはり浮いてきちゃう。

☆テープを重ねた部分は、塗装した時、テープの厚み分、段差として残っちゃう!
目立つ部分に重ねる事は、避けよー!

塗装された面に貼った場合、テープを剥がした時に、下の塗装が一緒に剥がれちゃう事があるけど、これは「テープの粘着」が原因じゃなくて、「最初から、塗装と下地の食い付きが悪かった」事が、原因!!


かたっち☆・・・の場合♪

塗り分けラインには、「マスキングテープ(幅:0.4~1.0mm)」を使って、殆どの「直線」、「曲線」に対応してます!

あとは「方眼付き」を良く使ってるけど、「塗り分け部分、細かい部分、細い部分」以外には、極力、テープを使わないよーにしてます!

これは「重ね貼りによる、塗料の吹き込み」と「テープ剥がし時の、塗装剥がれ」を防止する意味で(笑)。

また、テープの剥がしは「一旦、水で濡らし、粘着力を下げてから行う」と安心!


「マスキングゾル」を使った方法♪





「マスキングゾル」は、マスクする部分に塗布し、乾燥するとビニール状の膜が形成される「液状マスキング材」

テープを貼りにくい「凸凹した部分」「曲面」のマスクに便利!

また、テープと違って隙間が出来ないんで、「塗料の吹き込み」や「浮き(剥がれ)」の心配が無い!

欠点は、ドロッとしてるため「塗布しにくい」事。 それ故、塗り分けラインには、向いてませーん。

乾燥後、「ナイフで切り抜きできるタイプ」もあるけど、テープほどキレイには仕上がらない(泣)。


注意点

使用には、ある程度、厚めに塗布してやる必要があります。
上に塗った塗料の膜が、ゾルの膜より厚くなっちゃうと「剥がれにくくなる」から。
「剥がしにくい」と言われるのは、厚く塗らない事が原因なんである!!
また、「塗装が剥がれる」とゆーのも、テープで説明してる理由と同じで、ゾルのせいではないのよん!

かたっち☆・・・の場合♪

塗り分けライン以外とか、テープを貼りにくい「細部」や「凸凹した部分」には、大佐(ゾル)の出番です(笑)。
ちまちまとテープを貼るより、大佐(ゾル)にお任せしちゃったほーが、ぜーんぜん早い!
でも、広い面積に塗りたくる事はせず、「一部使用」といった感じで使ってるよん。
テープを重ね貼りした部分に塗って、「塗料の吹き込み」や「浮き(剥がれ)」を防止してるとゆー訳。

ゾルを剥がす(落とす)時は、「水を張った洗面器にドボン」します(笑)。
ゾルは「水溶性」なんで、ピンセットで膜を剥がすなんて事をせずとも、水で簡単に落とせちゃいます!!
大佐の弱点が「水」だったとは、ダブルライダーも驚きでしょー(爆笑)。

ただ、この方法、「上に塗った塗料の膜が、ゾルよりも厚くなっちゃった」場合は、全ーくダメ!!

こーなった場合は、「両面テープ・強力タイプ」の粘着を使って、固着したゾルを取ってやれば良ろしー。
しっかり食い付いていれば、ゾルの下の塗装が「両面テープ」に持っていかれる事は、無いはずだよん!!


「ビニール袋」を使った方法♪

広い面積のマスクには、コンビニのレジ袋みたいな「ポリ製のビニール袋」が、けっこー使えます!

袋は「口の部分以外、穴や隙間が無い」モノなんで、「塗料の吹き込み」の心配がありません!!

また、「ゾル」のよーに、パーツ表面に塗るモノでは無いんで、塗装を持っていかれる心配も無いし、塗装後に剥がしたり、落としたりする手間も無い!

塗料ミストが掛からないよーにモデルを覆って(袋の中にスッポリ入れて)、口の部分さえ密閉できちゃえばOKなんで、超~簡単!!


かたっち☆・・・の場合♪

広い部分のマスクに、以前は「紙」を使ってたんだけど、「紙」は塗料を吸収して、モデル表面に貼り付いちゃう場合があって、トラブってから使わなくなりました(泣)。

「ビニール」は、シンナーが浸透しちゃう心配は無いけど、袋に着いた塗料が手で触ると落ちてきたりするから、気を付けよー(それで、モデルを汚しちゃう事もあるから、笑)。

口の部分は、マスキングテープで塞ぐ訳だけど、モデルとビニールとの隙間は「ゾル」で塞いでます!


以上、かたっち☆・・・の、マスキング技(?)は、上記の方法の「複合になる」とゆー訳(笑)。

昔は、全て「テープ」でマスキングしてたけど、「ゾル」や「ビニール」を使うよーになってからは、大幅に時間を短縮できるよーになりました(笑)。

でも「億劫」である事は、いまだ変わらず(泣)。

最近は「作るモデルが小さい」事から、「テープの厚みで生じる、塗り分け部分の段差」に悩んでいて、その問題をクリアするのが、今後の課題(笑)。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR