パーツを作る!(アナライズ)

このブログをご覧の皆様、こんにちは。


「スクラボ」モデルで、基本となる パーツの作り方 を、解説しちゃうよ~ん♪


○ 資料集め 

製作前の「準備」として、最も重要! 作るモノのカタチが解らないんじゃー、作れる訳ありません(笑)。 

アニメのメカやキャラクターであれば アニメの設定資料本 が、いろんなアングルで描かれてるんで、資料としては最も参考になるんじゃーないか? と、思います♪ ポーズ集なんてのも、有りますしー。

配色(カラーリング) に関しては、やはり 映像(DVD等) が、参考になります。

資料を手に入れたら、いよいよ本格的な作業を、開始~!


○ アナライズ

「アナライズ」とは、分解、分析とゆー意味。

プラモデルのキットなどは いくつかの部品の集合で、腕や、頭が出来上がる(組み上がる)仕組み な訳だけど、それと同じよーに、資料(デザイン画)を見ながら頭の中で、逆に分解していく作業の事だよん♪

資料を見ながら どこまでが1パーツなのか、どこから別の部品なのか を頭の中で考え、可能な限り分割していく、とゆー方法です(笑)。

「Z」の頭を例に採り、デザインを正統に分割すると、図のよーになる。 ↓



一見、複雑に思えるパーツも、分割されちゃうと たくさんのパーツの集合体 とゆーのが、解ってくるでしょ?

分割された状態で考えていけば パーツを作りやすくなる とゆー事なんだけど、まだまだ難しーカタチなんで、もっと簡略化して考えるのが、アナライズなのよん!

すると、こー変わるのだ。 ↓

snap_katouch_2013116212157.jpg

たったこれだけ に、なる。

あのパーツはどこへ? と、思うかも知れないけど(笑)、デザイン上の「凸モールド」、「段差モールド」、「細かな凹モールド」になってる部分とゆーのは、じつは 基本形を作った後に、付け足す事で再現できちゃう部分 なのよん!

だから それらのモールドが無くなったフラットな状態 を、分割よりも先にイメージし、段差の低い部分と一体にして考えちゃう訳。

また、1つのパーツが複雑な曲面(うねり)を持っていて、分割や省略出来るよーな線(モールド)が存在しない、デザインの場合は 大小の○や□が合体して、面が繋がってる とゆー風に考えていく。

アナライズ(分割)されたカタチで、まず パーツの基本形 を作って、その後 モールドの付け足し(盛り)や、削り加工 を施す事で、「最終的なカタチ=完成形」に、近付けてくのよん♪

自分が作り易い、最適なパーツのカタチ(基本形)が見つかるまで、頭の中で「アナライズ」を繰り返し、分割・省略してみよー!

「アナライズ」とゆー技 最初はこれだけでOK って解れば、「作れそー!」って気になるでしょ?

説明してる内容は、「スクラッチビルダー」ならば、意識していて当然の事なのよん。


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR