塗装(パール)

このブログをご覧の皆様、こんにちは。


今回は パール塗料 について、細かく解説しちゃいま~す♪


近年 パール・メタリック調 の新色が、多く発売されており、特に「キャラクターモデル」や「フィギュア」のジャンルで モデルの仕上げ方(見せ方) として、流行してるのを感じます。

その流行を意識し、使用を試みたものの、ヘタッピなせいもあって(?)どの塗料も気に入らず、イメージ通りの「色」にも、なりませんでした(泣)。

そんな中 自動車のボディ色に、メタリックやパールが多い とゆー事に気付き、「実車用塗料」から、イメージに近い「色」を、発見!

「ソフト99」から発売されてる 自動車用補修ペイント が、模型に問題無く使用出来ると分かり、特性(性質)も素晴らしく、扱いも簡単なんで、以後、それを使っていく事に決定した、とゆー訳(笑)。




〇 自動車用・補修ペイント

購入したのは タッチペン(筆塗り用) とゆーモノ。

本来は、実車のバンパーのキズ等を補修するために使うペイントで、車種ごとに多種のカラーが、発売されてます♪

小さい「スクラボ」モデルの場合、完成までに、丁度、1本を使い切れる量が、入ってます♪

価格が高い印象を受けるけど、他には無い色を表現出来る、特殊な塗料なんだから、ガマン(汗)。

成分は、模型用塗料と、全ーく同じなんで クレオスMr.レベリング薄め液 で、希釈出来ます。

エアーブラシ塗装のため、中身を紙コップにあけ 3倍 くらいに希釈!

ちなみに、粒子が重い事から、容器の中には 攪拌用・メタルボール が、2個入ってます♪






※そもそも「メタリック」や「パール(マイカ)」が、何なのか わから~ん!! とゆー人のために、以下、解説~(笑)。 ↓

☆ メタリック

「顔料」に「金属のフレーク(細かい粉末に砕いた)が、最初から混入されてる塗料。

粒が大きければ、その分、光りが当たるため 反射 が強くなり、ギラギラした感じに仕上がります!

「顔料」の色+「粒」の径=塗料の「色」とゆー感じである(笑)。

「金属のフレーク」が、「膜」を形成してくれるんで、「隠蔽力(下地を覆い隠す力)」は高い!


☆ キャンディー塗装

下地に「シルバー(銀)」等の色を塗り、色の着いた「クリアーカラー」を 上掛け した塗装方法。

「クリアーカラー」の色+下地の「金属色」=仕上がりの「色」となります(笑)。

「クリアーカラー」は透明度が高く、厚く重ねれば「濃い色」に、薄く塗れば「淡い色」に仕上げられます。


☆ パール

「雲母(マイカ)」と呼ばれる天然鉱石を、細かい粉末に砕いて「フレーク」にし、それを「チタン」の膜でコーティングしたモノの事。

一般的に「パール」と呼んでるモノは、標準的な粒径とコーティング厚の「ホワイト・パール」の事なんである。

青く反射し、黄色っぽく見える のが、特徴だよん!

パール塗装(仕上げ)の場合、「ホワイト(白)」は「ホワイト・パール」をそのまま塗って表現するのが、基本(笑)。


☆上掛け用パール

「ホワイト・パール」を「クリアー(透明)」に混入したモノ。

何らかの塗装をした上に、コーティングする事で、その色を パール調に仕上げる 事が可能なのよん!

しかし「ホワイト・パール」の特性から、「青くしか反射しない」のと、表面の色に「黄色っぽさが出る」デメリットがあります。

クリアー(透明)の塗料と同等の扱いなんで、「隠蔽力」は無い!


☆ 着色パール

「ホワイト・パール」と「顔料系の塗料(赤、青、黄)」を混合したモノ。

「メタリック」と似たよーな作りの塗料なんだけど、「パール」は「メタリック」よりも、「粒が細かい」んで、「顔料系塗料の隠蔽力」が、この塗料の「隠蔽力」になります(笑)。

基本的に、彩度の高い色(赤、青、黄)なんで、とーぜん 白下地 が、必要となります!!


☆ 虹彩色パール

赤や青など 「特定の光」のみを反射するよーに、チタンの「コーティング層の厚み」を変えて作られてる 「パール」で、「ホワイト・パール」とは別の「上掛け用パール」。

それゆえ「反射」でしか区別できない(笑)。

塗装膜の反射によって、「その色」に見せる事が可能なんだけど、「下地」によって見え方がガラリと変わるのよん!

粒の表面で反射されず、通過していった残りの「光」は、「黒下地の場合=吸収される」んで、表面の色に影響しないけど、「白下地の場合=反射する」んで、粒表面での反射と合わさって、色がボヤケちゃうのよん!


今回、使った「自動車用補修ペイント」は、分類上「着色パール」になるとゆー訳(笑)。


以下は 特徴 と、使ってみた感想だよん。 ↓


☆本来は実車に使うモノなんで 屋外用 。 成分的には同じでも、臭いは強烈!!
(有機溶剤だから、「有毒」なのは当たり前だけど、笑)

☆メチャクチャ 乾燥が速ーい! それゆえ、表面のザラ付きには注意が必要!

☆塗装膜は 硬質な膜 が出来上がり、「磨き作業」にも都合が良い!(膜が柔らかいと、磨き傷が残っちゃうのよん)

☆塗っただけで、磨く必要が無いくらい ツヤ(光沢) が出る!!

☆色がキレイ♪ 「パール」や「メタリック」の粒子は、「模型用」より細かいみたいで、粗さが無い!

☆ 隠蔽力が高い!! これは仕上がりに直結する部分。 よーするに、薄い膜(少ない回数)で塗り上がるんで、厚ぼったい仕上がりにならない。


そんな訳で、一度味わっちゃうと手放せないモノがありますね~♪

純粋に「模型用塗料」を使って、この仕上がりに持ってく事のほーが、大変じゃないかと思います(笑)。


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪ 


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR