FC2ブログ

スクラッチビルド、マッハバロンを作る!(素体)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

※初めて訪問しちゃいました~、とゆー人は、カテゴリー「スタート」から、読んでみよー。


とゆー訳で、今回から ドライガー 製作・開始~(笑)。 ←オイ!

マッハバロン:資料1


○ 素体

「スクラボ」の、基本コンセプトは 過去に作り上げて来たモデルのパーツを無駄なく流用する とゆーモノで、じつは「マジンガーZ」の時から、「マッハバロン」の製作は、予定されてる事だったりします。

いや、パーツ(素体)を流用して作れそーな(?) 70年代のスーパーロボット 達は、全て視野に入れてるのよん♪

ちなみに、全体が平面的な、 80年代・ロボット 用の「素体(別モノ)」を製作する展開も、この先、計画してるナリ(笑)。

「マッハバロン」の場合、 「Z」 のパーツを組み合わせれば「素体」となるモノは、粗方、用意・出来ちゃうのだけど、デザインが似ていても、 プロポーションが全ーく異なる (汗)。

「Z」のよーに「骨太」じゃーなく、どちらかと言えば、長身(細身)な 「ゲッター2」 に近い、バランスだと思う。

そこで、「Z」だけじゃーなく「ゲッター」のパーツも使う事にし、 両方を組み合わせたら 、目的とするプロポーションを持つ「素体」に、容易に近付けられるんじゃーないかと、考えた! ←3年・以上も前の、プランになるけど

そんな方法で、実験的に ビルドアップ したのが、こちらの写真。 ↓

マッハバロン:素体 1

狙い通り、マッハバロンのバランスに、なってる感じ?

この状態は、全体の構成を把握するためのモノでしかないのだけど、具体的に説明すると・・・

☆  ・・・「Z」のパーツを、流用。 マスク以外、 カタチが全ーく異なる ので、大改造が必要。

☆ 胸部 ・・・「ゲッター」のパーツ、流用。 肩幅は、外側に 蛇腹 のアーマー(?)が付く事によって、広くなるから、この幅でOKと判断! しかし、胴体として使うには、上下の尺が足りないと思うので、スペーサーを挟んで、腰と繋げる、考え。

☆  ・・・「ゲッター」のパーツ、流用。  「脚」が付く部分の角度をフラットにして 、パーツのカタチを「ブリーフ」状態から、マッハバロンの トランクス (とゆーか、タイトスカート)へ、変える必要アリ(笑)。 ウエストは括れておらず、 寸胴 なので、胸部と繋げた後、ラインも直さなきゃーならない。

☆ 上腕 ・・・「ゲッター」のパーツ、流用。 「下腕」の太さを強調させる目的から、一回り小さく細い、こちらを選択。 ボール部分の膨らみは不要、カタチがシンプルだから、サイズ(長さ・太さ)を合わせ、市販パーツを用いて、 新規 に作ったほーが早いかしら?

☆ 下腕 ・・・「Z]のパーツ、流用。 「拳」へ行く程、太くなるバランスなので、こちらを選択。 長さも、丁度良い。

☆  ・・・「ゲッター」のパーツ、流用。 「腰」と合わせるため、「脛」の太さを強調させる目的から、一回り小さく細い、こちらを選択。 だけど、まるでカタチが違うから、サイズ(長さ・太さ)に合わせ、市販パーツを用いて、 新規 に作ったほーが早いかしら?

☆  ・・・「Z]のパーツ、流用。 「腿」とのバランスはOKだけど、マッハバロンのモノは、 面に膨らみが無い ので、直線的ラインになるよー、修正する考え。

☆ 足首 ・・・「Z]のパーツ、流用。 マッハバロンのモノは、 四角く、平面的 なので、サイズ(長さ・幅)に合わせ、プラ材から、 新規 に作ったほーが早いかしら? その際、 左足・前面 は、開閉・出来るよーにして、内部に マッハトリガー 収納させても、面白そー♪ 


こーゆーハイブリッドな製作・方法は、 ストレス・フリー をモットーとする「スクラボ」特有のコンセプトとして、ブログを始めた当初からの、計画だったりします!

モデルのサイズを 約6.5㎝ に統一してる理由も、流用を目的としているから(笑)。

「レジン」のパーツを  に使って、製作を進めて行く方法は、失敗した場合に、再度・注型して 最初から、何度でも、自分が納得するまで、やり直し出来る とゆー、メリットが有ります。 ←パーツは、無限に用意・出来ちゃう

組んだ「素体」の段階で、全体のバランス、プロポーション、個々のパーツサイズ(長さ・幅)は出ている ので、後は、そのキャラクターを作るにあたり デザイン(カタチ)の違ってる部分(モールド) のみ、作り込めば良ーだけ!

そして、左右でカタチが共通してるパーツは、 片側1個分のみ作り、複製して両方・揃える ので、実際に作るパーツの数も、労力も、半分に減らせるし、モノが小さいので、それに掛かるコスト(材料費・等)も、極力・抑えられちゃう。

スクラッチビルドを行う上で、こんなズルイ方法が、在るんだろーか(爆笑)。

スクラッチと聞くと、 大作 をイメージする人が多いだろーけど、ボクちんが作るモノは、そんな大仰なモンじゃー、ありません(汗)。

モデルは、全て 関節・固定 で作ってるんだけど、それは「デザイン(カタチ)を犠牲にしてまで、動かす」とゆー考えや、そのために壊れやすいモノとなるのが、イヤだから!

重いけど、 無垢のほーが、丈夫になる と思うのよん。

カプセル玩具 や、タミヤ 人形改造コンテスト に参加されてる作品群が好きで、それが、小さいサイズに拘る理由になってるんだけど、それ以上・記憶に残ってるのは 「HJ(ホビージャパン)」創刊・初期 (ガンプラが発売される前)に、 ウォーゲームの「駒」 を改造して、 ザク や ドム をスクラッチしてる大人のモデラー達が居て、それが子供心に羨ましく、すげー欲しかった、とゆーのが有る!

当時の「HJ」を持ってる人なら、 投稿ページ を見て、知ってるだろーけど、そのモデルは、 アニメのフォルムを忠実に捉えており 、小さいながらも、すげー出来が良かったのよん♪

その後に「ガンプラ」が発売され、 モナカ・キット の出来の悪さに、ぶっちゃけ、 そんなに欲しーモンじゃー無かった んだけど、友達との交流のため、一応・作ってたよ(爆笑)。 ←嫌なヤツ

とゆー訳で、実際の工作については、 次回 、詳細に解説しちゃいま~す!

案外、早くカタチになる(?)かも・・・



模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましたおめでとうございますkohi123です。

新年一発目の製作がスーパーロボなのは嬉しいです
かたっちさんのことだから設定に忠実に作られるのでしょうね。

マッハバロンもレッドバロンも見たことありませんが好きなロボの一つです。

ほぼスクラッチで大変でしょうが塗装は簡単そうなので頑張ってください。

今年もよろシコお願いしま~す。

No title

kohi123さん、明けました、おめでとーございます♪

この「マッハバロン」は、素体の段階で、全パーツのサイズが判明してるので、実質、どこから作り始めても、大きくバランスが崩れちゃう、とゆー心配が有りません! ←好きなパーツから、始められる

設定に忠実に作るのは、「あの頃をカタチにしたいから」と言えば、カッコが付くんだけど、じつは、アレンジ出来るセンスを持って無いからです(泣)。

デザインはシンプルなので、スクラッチするのも、それ程・大変じゃーないんだけど、ただ一つ、難が有るとすれば「パーツが小さ過ぎて、作業を行うのに、指で摘まみにくい」って、事でしょーか?

久々に「レジン」を流して、「このパーツ作ったヤツ、頭おかしーだろ!」とか、思ったナリ(爆笑)。 ←100%、オマエだってば

だけど、「マッハバロン」が完成して、それを素体に流用すれば、プロポーションが似てる「コン・バトラーV」とか、容易に作れそーな気がする、だから頑張るよん♪

あ~「マッハバロン」を観た事が無いのは、おそらく「関東ローカル」放送だったから(?)かも、知れませんね・・・(汗)。

意外に、人気が高く、有名と思われるタイトルの作品が、じつは「関東ローカルだった」とゆーのが、多いのよねぇ。

今年も、よろしく、お願いしまーす♪



プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR