FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュウレンジャー・スペシャル 3 !!

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


キューキュータマタマ タマタマキューキュー

ジャンキューポンで グーチョキチェケラー

キューキュータマタマ タマタマキューキュー

ハラホロヒ~レ ハッピータマタマ サンキュー!(爆笑)



※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人はカテゴリー「スタート」から読んでみよー。


今回は、好評・企画「最近のお買い物♪ キュウレンジャー・スペシャル 3」を、お送りしちゃうよーん。


〇 キュータマ

まずは、パワーアップ・アイテム ヒカリ キュータマから、紹介しましょー! ↓

ヒカリ・キュータマ♪

カタチは 2つのキュータマが上下・逆さにくっ付いてる よーな、面白いデザイン(笑)。

本体には電池が入り、この商品・単体でも「LED発光」と「音声」を、楽しめちゃう♪

タイヨウ・モード ・・・MOON側にあるボタンを押すと、太陽マークが発光して テラシタイヨウ! の音声が出る。 ↓

ヒカリ・キュータマ:太陽モード♪

ツキ・モード ・・・キュータマを逆さにして、SUN側にあるボタンを押すと、月マークが発光して ヤミツキダヨー! の音声が出る。 ↓

ヒカリ・キュータマ:月モード♪


なりきり玩具 セイザブラスター(変身アイテム) を持ってる人なら、接続して 変身遊び も、楽しめるよん♪

タイヨウ・モードでは タイヨウ・シシレッド!! の音声を、発生。

シシレッドが、この姿に変わると 周囲を強烈な光で照らす 事が出来るよーになり テンビン・ゴールド なんかは、その光を浴びて アゲアゲ状態 に強化されちゃいます(笑)。 ←とことん、チャラいヤツ

ツキ・モードでは シシレッド・ムーン!! の音声を、発生。

月光パワーによって、シシレッドは、姿だけじゃーなく性格まで ムーディーな雰囲気 へと変わり、同時に オオカミ・ブルー も 狼男としての本能を覚醒 し、全ての攻撃を、左へ受け流す~♪

そして、どちらのモードでも、ボタン長押しによって タイヨウツキニッショク!! の音声を発生し、その後、必殺技の効果音が鳴ります。

※ちなみに、他のキュータマみたいな「マワスライド」ギミックは、ありません。




レアな組み合わせが多い DXキュータマセット も、第4弾が、登場~!

まず、 ウシカイ キュータマ♪ ↓

キュータマ:ウシカイ♪

これを使うと オウシ・ブラック は、尻を叩かれて 強くなっちゃいます (汗)。

そして オトメ キュータマ♪ ↓

キュータマ:オトメ♪

第14話 「おどる!宇宙竜宮城!」のエピソードでは、ダイカーン「ユーテルジャン」の 贅沢禁止令 によって、捕まった人々を解放するため、潜入したガル(オオカミ)が、コレを使ってましたねぇ(笑)。

女装 とゆー能力から考えると、「男性」にしか使えないキュータマ、なのかしら?

萌えキャラのエンブレムと、LED発光させた時に浮かび上がる ハート が、とってもキュートで、お気に入り♪




そして、DXキューレットを購入し、付属の キュウレンジャー キュータマも、ゲット! ↓

キュウレンジャー・キュータマ♪

キューレット とは 出撃する5人を決める 際に使われる、ルーレットの事で、このキュータマが出たら 全員出動! と、なるのよん。

だけど、本体とサイズが合っておらず、ルーレット遊びには、付属の「ミニ・キュータマ(10個)」を使います(汗)。

何れも「単色成型」とゆーのが残念で、出てくるのも、劇中のよーに「1回転で5個」じゃーなく 1個ずつ とゆーのが、けっこー萎える・・・。

ちなみに、「コグマ」が付属してないのは、必要無い(?)との、判断からだと思われる。

だって 出撃する5人に、勝手に付いて来ちゃうし(爆笑) 。 ←子供なんだから、仕方ない




ガシャポン は、超~忙しー展開に、なってます(汗)。

前回、第4弾のレア「リュウ(エンプティ)」を、紹介した訳だけど・・・

なんと 「全戦士」が揃うカタチで、以降のラインナップにも「レア」として、「エンプティ」が入って来る 予定!

種類が増えるのは嬉しー事だけど、どの弾にも 「筐体」への入り数が少ない 事から、コンプを目指す人には、超~大変な状況なのである(汗)。

今後、本編に「全戦士、変身出来なくなるよーな展開」が有るのか? 判らんけど、ヒドイ事をしてくれるナリよ・・・。


これが、第5弾の オウシ と カメレオン♪ ↓

キュータマ:オウシ(エンプティ)、カメレオン(エンプティ)♪

そして、第6弾の カジキ と オオカミ♪ ↓

キュータマ:カジキ(エンプティ)、オオカミ(エンプティ)♪


それ以外の スキル・キュータマ を、以下にご紹介~!

第5弾は、左から チョウコクシツ、サイダン、ウサギ キュータマ♪ ↓

キュータマ:チョウコクシツ、サイダン、ウサギ♪

「チョウコクシツ」のエンブレムには、ロダン作 考える人 の像が、描かれてます。

それとは別に、第19話では チョウコクグ キュータマ(カラー:赤)が登場しており、けっこー紛らわしー(汗)。

「ウサギ」は 高いジャンプが可能となる キュータマだよん。

第6弾は、左から ジョウギ、コンパス、コップ キュータマ♪ ↓

キュータマ:ジョウギ、コンパス、コップ♪

「コップ」を使うと コップが出てくる(爆笑) 。 ←そのまんまじゃん


そして キュウレンジャーチョコ も、長く買い続けた結果 大あたりシール を、引き当てる事が出来ました~♪ ↓

トカゲ・キュータマ:大あたり!! シール♪

トカゲ・キュータマ:応募♪

さっそく、このシールをハガキに貼って 必ず貰える とゆーキャンペーンに応募!

限定の トカゲ キュータマが、近日、バンダイから届く予定です(笑)。


8/5からは 宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲースインダベーの逆襲 が、公開されます!!

それに合わせて、毎度お馴染み プレミアム前売券 も発売となり、特典として付属するのは、限定 ヘラクレス キュータマ♪ ↓

キュータマ:ヘラクレス♪

全国合計 15000個!

映画では、このキュータマを使って、メチャ 怪力 になっちゃうらしー(笑)。


内容に関して、一応、解説すると・・・ ↓

地球は、あと 72時間で消滅 とゆー危機に、直面していた。

ジャークマターの独立部隊隊長 ゲースインダベー が、惑星破壊用巨大人工彗星 ゲーススター を衝突させよーと、企んでいたのだ!

キュウレンジャー達は、伝説の破壊神 ケルベロス を復活させるための行動を起こし、その力でゲーススターを破壊して、衝突を阻止しよーと、考えた。

復活には、かつて存在した「ケルベロス座」に封印されている 3つの「ケルベロス・ストーン」 が必要であり、キュウレンジャー達は、ラシンバン・キュータマが示す、3つの惑星へと向かった。

しかし、それらの惑星には、ケルベロスを手に入れよーとする、ゲースインダベーの力が、及んでいたのだ。


見所は、復活のカギを握る「ケルベロス・ストーン」を賭けての、大バトル!

惑星ハスキー(岩石系・惑星) では、ゲースインダベーの部下 カールインダベー(声:レイザーラモンHG) との、バイクレース♪

ガル(オオカミ)は、ラッキー(レッド)が使った ギョシャ キュータマの効果によってバイクに変身し ポンプ キュータマの力で暴走、デッドヒートを展開しちゃう(笑)。

惑星ブル(氷系・惑星) では、スティンガー(サソリ)、ハミイ(カメレオン)と共に向かったチャンプ(オウシ)が、ゲースインダベーの部下で、重量級のパワーファイター オーモインダベー(声:レイザーラモンRG) と、プロレスで、激突。

勇気があれば、なんでも出来る、1・2・3モォー!!

惑星ドーベル(廃墟都市・惑星) では、ヘビツカイとテンビンのコンビを中心に、残りのメンバーが戦います!

ゲースインダベー(声:田村亮=ロンドンブーツ)の正体は、ロンポー司令に恨みを持つ「ホイ・コーロー」とゆー人物で、彼が守る地球を破壊する事によって、恨みを晴らそーとゆー訳なのである。

復活した「ケルベロス」は ボイジャー として出現し、「シシ・ボイジャー」に代わって、他のボイジャーとセイザ・ドッキング♪

んー、ここまでしか書けない! 詳細は、劇場で確認してくれい。

ちなみに、仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディングも同時上映され、プレミアム前売券(ガシャット付き)が、発売となります。 心が躍るなぁ~(笑)。


続いては、その後、本編に登場してきた、ロボの合体バリエーションを、ご紹介~!

キュウレンオーは シシ+カジキ+カメレオン+ヘビツカイ+テンビン の、合体♪ ↓

キュウレンオー:シシ+カジキ+カメレオン+ヘビツカイ+テンビン♪

これは 第19話 に登場した、形態。 キュウレンジャー達は アルゴ船 復活に必要となる3つ目のキュータマ リュウコツ を求めて 森の惑星「キール」 に向かった。

しかし、精霊が持っていたキュータマは、スコルピオに奪われてしまい・・・


本編には、いよいよ12人目の戦士 ホウオウソルジャー が、登場~♪

面白いのはスーツのデザインで、マスクのエンブレムは「マジレンジャー」にも似てるのだけど 頭のカタチ を、よーく見ると「キュータマ」なのよん!

全身のカラーリングは、シシレッドの 赤・黒を反転させた感じ なんだけど、黒い部分は「仮面ライダーメテオ」のスーツみたいに 宇宙をイメージしたモノ に、仕上がってます(笑)。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

スポンサーサイト

スクラッチビルド、ウイングマンを作る!(カラーリング、ベース、パーツ分割)

※この記事は、編集中です。


〇 カラーリング考察

原作じゃーベタ塗りされ、全体に黒っぽいんだけど、アニメでは、けっこー青く配色されてました(汗)。

ウイングマン:資料

ウイングマン:DVD♪

そこで、模型(モデル)としての盛り上がり(魅力)も狙った上で、以下のよーに考えました。 ↓

☆全体的には、ツヤを抑え気味にし、若干のテカリを持たせた 半光沢・仕上げ とする。

☆「ドリームカセット」や「クロムレイバー」等、装備品の配色には シルバー系 を用いる。

☆設定では、配色が「ホワイト」である「ブーツ」にも 単調になる事を避けるため メタリック感を持たせる。

☆「翼」は、最も目立つ部分なので パール塗装 による、視覚的な変化と、別素材感を狙ってみる。


○ ベース

カタチは、 作品の世界観やキャラクター性が伝わるモノを と考えて、 ドリームノート に、決めました!


☆ 資料

作るに当たって、単行本やDVDで、カタチを確認したんだけど・・・・

「ドリームノート」には 2つのカタチ があって、前半(第3巻)で、早くもカタチが変わってる、とゆー事実!?

詳しく書くと、「ヒーローアクション部」と「新体操部」の合同合宿で、強敵 シャフト に狙われたドリームノートは 真っ二つ になってしまいます。

片方は、健太が持ち、もー半分は、シャフトに奪われるんだけど 「ウイングマンの事が書かれてる」ページが、ドリームイレーサーによって消されてしまった事から、健太は、変身が出来ない状態となる のよん(汗)。

だけど、ドリームノートを預かる「美紅」が敵の攻撃に遭い、傷ついた時に、奇跡が起こる。

製作者「Dr.ラーク(アオイの父)」の意思によって 半分だったドリームノートのカタチが変わり 1度だけ変身出来る能力を、健太に与えたのである。

同時に「健太を助けたい」と願う、美紅も、ディメンション・パワーを使えるよーになり、以降 ウイング・ガールズ として、共に戦うよーになっちゃう訳です♪


カタチの違いについて書くと・・・ ↓


□ 初期のタイプ

上部が非対称に長く伸び 下部も綴じ部分近くに 切り欠き があるのが、特徴。

全体に曲線・構成で、表紙・部分には ライン風のモールド が、入ってます。

単行本で確認してる時、ウイングマンが書かれてるページに 右脚が書かれてない 事を、発見しちゃいました(笑)。

これは、下部「切り欠き」がジャマしてる影響なんだけど、「書いた事しか実現しない」のなら、変身しても、右脚だけ、不完全な状態になるよーな・・・(汗)。


□ 後期のタイプ

上部は長く伸びておらず 非対称に渦を巻いたカタチ になって、下部の切り欠きが無くなります。

全体にシンプルなカタチで サイズも一回り小さく なって、表紙のラインも ドット風 に変わります。

ウイングマンのページも、「右脚」まで描かれた、丁寧で繊細なモノに変わっており、ドリームノートの力によっても 変身後の身体能力が高められてる とゆー設定です(笑)。


今回は、奇異なカタチから、より「異次元らしさ(?)」を感じる、初期のタイプを作る事に、決定しました♪


☆ 作り方

全て「プラバンの貼り合わせ」から作るんだけど、切り出す際に、サイズやカタチが決まってないと困る事になるので、今回は珍しく「作図」から行ってます。 ↓

ウイングマン:ベース 1

と言っても、絵に自信が無いので、全体が描かれたコマを単行本から探し、まずトレーシングペーパーにトレース。

多くのコマからトレースしたモノを数枚重ねて、ベストなライン(カタチ)を見つけて行く、とゆー方法を採ってます。

これは、見る人に「イメージと違う」とか「似てない」とか言わせないための、裏技なのよん(笑)。

小さく描いたモノを、作る大きさにまで拡大コピーして、さらにバランス良く見えるよー、修正します。

後は、コピーを両面テープ(弱)でプラバンに貼り付け 型紙 として利用すれば、方眼紙に描いてる事から、ミリ単位で寸法が判り、精度の高い切り出しも可能になっちゃう、とゆー訳!

ライン風のモールドは「凹」で再現したいので 1枚目を繰り抜き、2枚目を「底」として重ねる 事にします♪

まず、1枚目の「モールド繰り抜き」から。 

外形の切り出しよりも先に行うのは、細く残す部分が「変形」したり、「割れ」を起こす場合が有るからで、それを防ぐ意味で 本来の目的よりも「厚め」 のプラバン(0.5mm)を、使用してます。

方法は、ピンバイスで、少し小さめの穴を並べて開けていき、それをナイフで切り繋いで、ヤスリで整形するだけ。

先に繰り抜いた部分は、著しく強度が低下してしまうので、「充て」となるプラバンを貼り付けながら作業を進めていく、工夫をしてます。

繰り抜きが、終了した状態。 ↓ 

ウイングマン:ベース 2

型紙に描かれてる「線」で、ラインを読み間違える場合があるので、貼ってない 裏面 で、ヨレを確認してます。

この裏面に、モールドの「底」となる2枚目のプラバン(0.3mm)を、接着しちゃう。

そしたら 2枚が重なった状態 で、型紙に書かれてる 外形 のカタチに、プラバンを切り出して行こー!

曲線ライン・部分は、先程の「繰り抜き」と同じ要領で、小さな穴を並べて開けて行き、ニッパーで切り飛ばします。

2枚を重ねてる事から、先に繰り抜きを行った部分も、割れを起さず切り出し出来る、とゆー訳です(笑)。

切り出しが済んだら、最後に 「肉厚」調整 を、行います。

なるべく平らな所に、パーツを固定出来るよー「両面テープ(弱)」を貼り、中央に切り出したプラバンを、固定。

そしたら、そのプラバンの周囲(四方)に、目的の厚さとなるプラバン(0.5mm)を配置し、それと面一になるまで、1枚目のプラバンの表面・全体を、薄く削って行こー!

この削りによって、0.5mmだった1枚目プラバンの厚みが0.2mmになり、底に貼った2枚目0.3mmと合わせ、厚さ0.5mmの「表紙」パーツとして、仕上がる訳です♪

写真が、こちら。 ↓

ウイングマン:ベース 3

もちろん、この表紙パーツだけじゃー「展示ベース」として使うには、上下の高さが足りないので、その下にページ部分を足して、高さを稼ぐ事にします♪

ページ部分 には、最初「プラペーパー」を使おーなんて、アホな事、考えてました(汗)。

実際、何十枚も切り揃えるのは大変だし、お金も掛かるので、止めました。 ←当たり前

誰だ?「見たかった」とか、言ってるのは(苦笑)。

どのくらいの高さにするのかだけど、今回は、アイテムとして作る訳じゃーないんで ベースとしてのバランス から、決定します。

これは、別パーツとして作る「背表紙」部分からも、判断出来るナリね。

この時 表紙よりも、数ミリ小さめに切り出す のが、ページらしく見えるポイント! 

積層により、パーツも重くなってるので、見えなくなる底・中央は 肉抜き(軽量化) してあります。

ウイングマン:ベース 4


以上で、展示ベース、完成~♪ 写真だよん。 ↓

ウイングマン:ベース 5

ウイングマン:ベース 6

ウイングマン:ベース 7

上の伸びてる部分は、一応0.5mmの厚さが有るけど、経年劣化で反ってくるんじゃーないか? と、少し心配(汗)。


〇 パーツ構成の変更

各パーツは、後の作業(表面処理、マスキング、塗装)がラクに行えるよー「分割」を変更し 違う色の塗り分けや、凸凹モールドでの 別パーツ化 を、考えました!

これが、その写真。 ↓

ウイングマン:パーツ分割 1


具体的な「パーツの加工」を、解説していくと・・・


☆  ・・・「スパイラルカット」、「ヘルメット」、「マスク」の、3パーツ構成へと、変更。 

特に、一体となってる スパイラルカット が、マスキングの際、とてもジャマになり、強度も心配。 だけど、別にすれば手間も掛からず、単色・塗りが、可能となります♪ 

マスク も、別パーツ化により、 バイザー の塗り分け(磨き込み)が、ラクになります。


☆  ・・・「W」の意匠を持つ部分と、本体を、別パーツ化。 

「W」のパーツ は、曲面・構成である上に、両端が尖ってるカタチであるため、マスキングが、とても困難になると、判断!

別にすれば、単色・塗りが、可能となります♪ 


☆ 背中 ・・・「翼」と、本体を、別パーツ化。 

背中のカラーリングには 3つの「六角形」が合わさったよーなマーキング がデザインされてます。

このカタチを「翼」の取り付け角度・固定用の 基部 と捉えて、本体と分割すれば、マーキングの塗り分けも、簡単になると判断! 

 の、「取り付け角度(90度)」を維持したい考えから、そのまま「型取り」し、「基部」と「翼」を一体化させた状態の、パーツを作ります。 

背中には、その「基部」が嵌る 凹み を、彫り込みます♪ 

この変更によって、塗装・終了後の固定が可能となり、作業中に「翼」を折ってしまうトラブルや、強度の心配も、無くなります(笑)。


☆  ・・・左右にある クロムレイバー・取り付け部 と、本体を、別パーツ化。 

凸モールドとして存在した状態じゃー、左側は、曲げてる「腕」がジャマをして、マスキングが、とても困難になっちゃう(泣)。 

これも、別にすれば、単色・塗りが、可能となります♪


☆  ・・・ ブーツ と、本体を、別パーツ化。 

塗り分けラインが複雑で、マスキングが困難。 コレも、別にすれば、単色・塗りが、可能となります♪


〇 分割・方法

モデルのパーツは、一体パーツとして注型された状態じゃー、脱型時の 逆テーパー の関係から、モールドの再現が不完全なモノだったんだけど、上記の分割で、別パーツにしてしまえば、各部の削り込みを行って モールドをシャープ化 させる加工も、容易になります(笑)。

方法は、分割ラインが、細かく複雑な上に、ムク状態のパーツであるため、「刃」を用いての分割は困難であると、判断。

そこで 「頭」が3パーツ構成ならば、「頭」パーツを3個分・複製し「それぞれが組み合わさる、必要な部分だけを残して、それ以外を削り取る」とゆー方法で、3分割された状態へと、パーツを仕上げて行く 事にします。

これは、モールドの輪郭を目安に加工するだけで、ほぼピッタリ合わさるモノに出来上がる、裏技なのよん!


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。