FC2ブログ

スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(エンジン)

※この記事は、編集中です。


今回も、マグナビートルの続き~、 エンジン 及び リア・サスペンション を、解説するよーん♪

※「マグナビートル」とは、「未来警察ウラシマン」に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である! デザインは、大河原邦男氏。

まず、デザイン画が、こちら。 ↓

マグナビートル:エンジン 資料1

前記事を「車体構成」としたのは、各パーツの解説を容易にし「より理解を深めてもらうため」だったのである(笑)。


○ エンジン


☆ 本体

まず「台形」のブロックを作るんだけど、カタチを出した後、「車軸」が通る穴を開けるのは、超~大変!

「小さいパーツへの大きな穴開け」は、ピンバイスを回転させる時の力でパーツまで一緒に回っちゃって、なかなか上手く行かないモノ(泣)。

「バイス(万力)を使えば問題無いじゃん」って、考えもあるかも知れないけど、カタチによっては、掴んでる部分にキズが付いたり、最悪「モールド」が潰れたり、しちゃうでしょ?

なので、「プラパイプ(穴と同じ内径のモノ)」を芯にしてブロックを作り上げる、とゆー逆の手順を、選択!

「難しー」と思える事は、なるべく避けて、別の方法で(行わずに)クリアーするのが、かたっち☆・・・流(笑)。

サイズは、前記事で説明してる通り、「車軸」の穴から上下・前後に振り分けて、決めました♪

デザイン画を見ると、本体の上面と左右・側面には、 半三角錐のバルジ が存在していて、上面のモノは「後部・円柱パーツ」に、左右・側面のモノは「エキパイ」に、それぞれ繋がってますね。

このバルジの作り方は「ゲッター2・頭」と、全ーく同じ(笑)。

棒材(プラ棒)を簡易旋盤(電動ドリル)に固定して、回転させながら「簡易ヤスリ・曲面用アルミ」を当てて、「ロケット型」に削り出す、とゆー方法だよん!

それだと、パテから作るよりも精度の高い「ロケット型・三角錐」パーツが、超~簡単に作れちゃう♪

この時、出来上がったパーツを「半分」に加工するのは大変なんで、棒材には 半円・プラ棒 2本 を貼り合わせたモノを使うのがコツ。 ※瞬着による「仮接着」状態で行い、加工後に分割する、とゆー訳ね。

この方法なら「左右のバルジ」も、全ーく同じ精度で、一度に両方、揃っちゃう(笑)。

「エンジン(本体)」は、前端に「シャーシ」との「接続部」が付くため、「リア・パネル」と離して、配置されます。

そして、そのスペースには「トレーリングアーム」が、通るのよん!


☆ 後部「円柱」パーツ

プラ棒から簡単に作れそーだけど、12本ある スリット まで再現しなきゃーらしく見えないんで、「妥協」せずに挑みます(笑)。

どー作ろーかと「市販パーツ」を見て、考えてたところ、丁度、作るパーツと同径で、カタチが ギヤみたいになってる円形モールド を発見! ※「ザク・マシンガン」のドラム・マガジンみたいな、カタチのモノ

それは、ラッキーにも「12本のスジ彫り」が等間隔に入ってるモノでした♪ ←「模型の神様」が宿ってる? 

そのパーツを、スジ彫りの位置を合わせて3個分、積層し、まず「円柱」を作っちゃう。

12本の「スリット」は、「エッチング・ノコ」を使って、メリハリが付くよーにスジ彫りを深く彫り込んで、溝の前後(両端)を「プラ丸棒・スライス」で塞げば、出来上がり~♪

今回は「市販パーツ」があったから、作れたよーなモノ(笑)。

そーじゃなきゃー、こんな小さな(僅か3mm径)パーツに、12本のスリットを等間隔に測り、ガイドを当てて彫り込むなんて、絶対、無理だってば!!


☆ エキゾースト・パイプ

テキトーな プラ丸棒 を簡易旋盤(電動ドリル)に固定して、テーパーが付くよー削って仕上げれば、OK!

口の部分は、穴の位置がズレやすいんで、凹みモールドが再現された「市販パーツ(ノズル)」を貼って、正確に位置を合わせてから、さらにピンバイスで、凹みを深くしてやりました♪

プラパイプから作る方法だと、細くなる部分で肉厚が変わって、割れちゃうのよん(泣)。

上2本の「直角に折れ曲がった部分」には、 市販パーツ(フックⅡ) を、使用!

太さはピッタリで、パーツから「最も長く使える部分」を見付けて、分割してます(笑)。

ゲートやパーティングラインが存在するため、「パイプ」としての、高い精度を求める事は出来ないけど、「金属線」を折り曲げるのは、なかなか上手く行かないし、別素材だと、接着強度も得られないから、仕方無いナリね。

そのパーツを、先程テーパーを付けて削り出したパーツ(上2本)と接着するけど、接続部に位置してる 菱形パーツ には、今回、カーモデルの部品を、流用~♪

ジャンクになってた、1/24スケールの「ル・マン出場車」等に使用する、 「ゼッケン灯」のエッチングパーツ だよん!

いやー、カタチもサイズも丁度良いモノ、見つけちゃいましたねぇ(笑)。 ←「模型の神様」再度、降臨?

パーツには「ボルト」まで、凸モールドで再現されており、肉厚も、ここまで薄いモノは「プラ」じゃー成型不可能な精密さ。

デザイン画を見て「それが何であるか?」を理解してなきゃー、「使える」なんて思えない訳で、そーゆー意味では、前回の「分析」は、大いに役目を果たしてる事になるのよん!

左右のエキパイを、本体に繋げる部分には、 市販パーツ(シリンダー) を、使いました♪

本体に「面」で接着すると、取り付け角度が変わっちゃう恐れがあったんで、繋がる部分を「パイプ」とし、「刺して固定する方式」に、決定!

使ったのは、最も小さいサイズの「パイプ」なんだけど、肉厚が「0.2mm」しかないため、ランナーから切り離す時に、どーやっても割れちゃう(号泣)。

以前、スケールモデルを作ってた時の経験から、 ランナー切り とゆー方法を使ったけど、ぜーんぜんダメ!

「切り離す時の力に負ける」とゆー事なんだけど、ゲートの付き方(太さ)にも、問題あるナリ。 

仕方が無いんで、「同サイズで半分にカットされてるモノ」を合わせて、パイプを作りました。 ←要らない手間

それ以外の細かいモールドは、プラバン貼っただけ~♪


☆ トレーリングアーム

「プラバン」を使って、同じパーツを左右2つ分、作っちゃう♪

2つの穴 が開いたデザインだけど、これは「パーツを軽量化するための肉抜き穴」か、或いは「剛性を高めるための(反ってしまわないよーにするための)穴」だと、思われます(笑)。

パーツは、先に「車軸」が通る穴、左右を繋いでる「軸」が付く穴、2つ並んでる肉抜き穴を、全て開けてから、カタチを切り出してるよん!

「方眼付きマスキングテープ」を使って行えば、穴の位置やパーツ・サイズを、正確に合わせられるハズである。

左右を繋いでる「軸」には、強度を考え 金属線(真ちゅう線) を、使ってるよん。


☆ ハブ

円形のパーツだけど、プラバンを円く切るんじゃー精度が出ないし、大変なんで(笑)、プラ丸棒をスライスして自作!

「車軸」は、面で接着したんじゃー強度が無いし、傾いちゃう場合があるんで、パーツに軸と同径の「穴」を開け、刺して固定する事に決定!

だけど、円形パーツの中心に穴開けするのは、簡単じゃーないんで、今回も「それを行うための治具作り」から、先に始めちゃいました~(笑)。

その 治具 は、プラバン3枚を組み合わせて、自作! ↓

1枚目 は、穴開けを行うためのモノ。 軸と同径の穴を開けておきます。
プラバンは、ピンバイスの刃を垂直に刺す意味も含め、けっこー厚めのモノを使うのがコツ。

2枚目 は、パーツを固定するためのモノ。 パーツと同径の穴を開けておきます。
1枚目と3枚目に挟まれる事になるため、使う「プラバン」は、パーツと厚みを合わせます。

その2枚を、中心・位置が狂わないよー、貼り合わせて接着!
これによって、凹みのある治具となり、パーツはココに嵌められて穴開けされる、とゆー訳です♪

穴開けの際、「ピンバイスの力」が下方に働くんで、パーツが外れないよー、下から押さえてやる必要も、あります!
その「押さえの役目」をしてるのが、 3枚目 のプラバン♪
「両面テープ」で貼り付けるだけのモノだけど、ピンバイスがパーツを貫通する時に、邪魔にならない程度の穴を開けてあります。

この治具を使えば、周りを囲まれてる事から、パーツは絶対、横には動かないし、3枚目によって、上下にも押さえられてるんで、中心位置からズレ無く、正確に穴を開ける事が可能となるのです(笑)。


☆ 車軸

プラ製じゃー「タイヤ」の重さに対して強度が心配なんで、代わりに 金属線(真ちゅう線) を、使用♪

それに「トレーリングアーム」を通して、「ハブ」と繋げます。

エンジン(本体)と繋がる チューブ(蛇腹) 部分は、径の異なる「円形プレート」を、積層して再現!

径によって、市販パーツとプラ丸棒を、肉厚を揃えて組み合わせてる とゆー訳です。

かたっち☆・・・の技量じゃー、等間隔にスジボリを入れて、蛇腹を再現なんて、絶対、無理ですからねぇ(笑)。

パーツの中央に穴を開け、「車軸」を貫通させてやれば(車軸懸架方式なんで、1本の車軸を左右・車輪に繋げる解釈で、大丈夫なハズである)、出来上がり~♪


以上で、「エンジン」、「リア・サスペンション」を構成する、全パーツの解説が、終了。

写真が、こちら。 じゃじゃ~ん♪ ↓


マグナビートル:エンジン1

マグナビートル:エンジン2

マグナビートル:エンジン3

マグナビートル:エンジン4

マグナビートル:エンジン5

マグナビートル:エンジン6

マグナビートル:エンジン7


おおっ!! 精密(?)な「エンジン」が、見事に再現されてるじゃん(笑)。

今回、個々のパーツはすぐに出来上がったものの、「エンジン」として組み上げる段階で、細かい調整に、とても時間が掛かっちゃいました(汗)。

ここまで組んじゃったけど、この後、どーやって塗ればいーんでしょ? ←考えてねーのかよ!

なんか、前方でしか固定されてない「エキパイ」の曲がり等、今後、起きる事を考えると、すごーく心配。

「シャーシ」と「エンジン」の接続部 は、「車高」や「ホイールベース」の調整にも関わってくる部分なんで、「ホイール」を作り、「ボディ」と合わせる段階になってから、作っちゃう予定。

だから、一度も仮合わせしないで、ここまで作っちゃいました♪ ←テキトーすぎ!

「リア・パネル」中央の「不明部品」も、「エンジン」の真上に位置する事から、下面が「上面バルジ」と干渉する場合は、面を「抉れたカタチ」に修正する必要が、ありそーです(汗)。


○ 特撮ヒロイン写真館♪

「特撮作品に登場するヒロインたちのグラビアを、不定期で紹介していく」とゆー、このコーナー(笑)。

今回は、雑誌「Popteen」の専属モデルを卒業し、現在は雑誌「non-no」の専属モデルとして活躍する傍ら、 仮面ライダーアマゾンズ に 水澤美月 役で、出演中の女優 武田玲奈 !!

まずは、 プロフィール を、ご紹介~♪ ↓

出身地:福島県、 年齢:18歳、 血液型:B型(仲間~♪)、 趣味:アニメ鑑賞(けいおん!、ラブライブ!等)、

好きなタイプ:面白い人(かたっち☆・・・) ←何で?

ちなみに、本作「アマゾンズ」に登場する、2人目の仮面ライダー アマゾンアルファ のデザインは、それまでの「まだら模様」が、 傷(亀裂) とゆー解釈に変更されており、なかなかカッコイイんだけど、色が 蛍光グリーン だから、なんか モンスターエナジー みたいなんだよね(爆笑)。 ←コラボしてるんでしょーか?

それじゃー皆さんも、「れなれな」に、恋しちゃって下さい♪

次回も、お楽しみに~(笑)。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

スポンサーサイト

スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(車体構成)

※この記事は、編集中です。


今回も、マグナビートルの、続きだよ~ん♪


○ 車体構成

前記事で「シャーシ」が出来上がり、この後、「エンジン」、「サスペンション」と、作っていく訳だけど・・・

特に「エンジン」は、パーツが多く、構成も複雑! 一応、デザイン画を見せるけど、こんな感じ。 ↓

マグナビートル:エンジン 資料1

マグナビートル:エンジン 資料2

作るにあたって、パーツの「役割」等、先に「理解を深めておく必要がある(?)」と判断したんで、デザインを実車の「車体構成(部品構成)」に当て嵌めて、以下に、分析してみたよん。 ↓


☆ ドライブ方式

誰が見ても判る、 RR(リアエンジン・リアドライブ) 方式♪

「車軸」の上にエンジンが乗っかり、また「車軸」よりも後方に、「エンジン」が突出するカタチと、なります。

この方式は、「後輪」に「エンジン」の荷重が大きく掛かり、 トラクション(駆動力を路面に伝える能力) に優れるのが、大きな特長! だから、発進時や登坂などに、高い馬力を発揮しちゃう。

だけど、後ろが重いため「高速走行時」の安定性が悪く、 オーバーステア傾向(スピンしやすくなる) も強いため、ドライビングが難しー車体になっちゃうのが、デメリット!

そーいった問題から、現在の自動車開発では、あまり採用されない、車体構造なのである。

その「構造的な扱い難さ」は、劇中「リュウの粗い運転」として、きちーんと描写されてたりします(笑)。 ←さすがタツノコ・プロ!!


☆ サスペンション方式

小型の自動車に多く見られる、 車軸懸架 方式♪

左右「車輪」が「車軸=アクスルシャフト(ドライブシャフト)」で繋がった、単純な構造だけど、それ故、堅牢(頑丈)であり、起伏の多い地形では、片側の「車輪」が押し上げられると、反対側は強制的に押し下げられるんで、悪路での接地性能が良いのが、最大の特徴!

そーじゃなくても、デカイ「タイヤ」履いてれば、接地は、良くて当たり前のよーな・・・


☆ エンジン・本体

「後面図」から、 台形(?) である事を確認できるけど、深い意味は無い模様(笑)。

80年代、F1マシン等に見られる、 エンジン+トランスミッション の構成を、よりコンパクトに纏めた(一体化した)よーなデザインで、「車軸」は「エンジン」側面の中央に、チューブらしきモノに覆われたカタチで、取り付いてます!

そして、後端・上部には、 円柱状のパーツ が、存在! モーター(?)っぽいけど、こちらも詳細不明。

ちなみに、「エンジン」と「シャーシ」の接続は「ボルト」連結だと、思われます(笑)。


☆ エキゾースト・パイプ(排気管)

このパーツが取り付いてる事から、 何らかの燃料を使用してるエンジン なのは、明らか♪ (じゃなきゃー排気は必要無いじゃん!)

過去の機械に拘りのある「リュウ」なんで、「燃料を使って動く」とゆー魅力ある要素を捨ててまで、マシンを改良するとは、考え難い・・・

「エンジン」の上部と下部に、左右1本ずつ、後方に伸びるカタチで、 計4本 確認出来るけど、カムやシリンダーは無さそーなんで、本数から「気筒数」を数えても、意味無し(笑)。

それ以上に、内部構造を考えると・・・配管(付き方)が、理解不能!!

上2本が「ラッパ型」に広がり、下2本が逆に窄まったカタチとなってるけど、「役割的な違いがあるのか?」も、不明(笑)。 どちらも同じよーに、排出してます。

劇中、ガス欠や給油のシーンも無いんだけど、そもそも舞台となってる未来で「ガソリン」って、まだ使われてるの? 

ちなみに 冷却 は、「エンジン」がムキ出しである事から、直接、外気で行ってる模様。 ←デッドウェイトとなる冷却装置「ラジエーター」が、存在しないって事になる! 昔のF1みたい


☆ トレーリングアーム

「エンジン」上部前方に、それらしきパーツが、確認できます♪

これは「車軸」と平行に付き、走行時、路面状況によって、 上下にスイングする パーツ!

役割的には「ダンパー」と同じになる んで、後輪に「ダンパー」は付いてない、とゆー訳(笑)。


☆ ハブ

「車輪(ホイール)」を固定する部品。 接続のため4本の「ボルト」が伸びてるのが、デザイン画から確認できます♪


☆ ブレーキ

デザイン画からは、確認できませーん。 もしかして、着いてない?(爆笑) ←危ねー

いやいや、運転席に「ペダル」は、きちーんと存在するんで、「ホイール」内側に隠されてるか、「ハブ」と一体化されてるモノと、解釈♪


○ エンジン(採寸)

「エンジン・本体」の採寸を行うためには どのくらいのスペースに、配置が可能なのか? を、先に割り出しておく必要が、あります!


☆ 横のスペース

車体・横幅から、左右・後輪の幅を引いた数値で、割り出せます。

「車軸」は「トレーリングアーム」と繋がっており、それが「エンジン」を挟んでる構成なんで、その幅から「トレーリングアーム」の部品の厚み、そして「エキパイ(4本)」の径を引いて、残った数値が「エンジン・本体」の横幅と、なります♪


☆ 前後のスペース

「サイド・ステップ」後端~後ろ、とゆー事になるんだけど・・・

「側面図」で確認すると、「エンジン・本体」の後端(後面)は「カウル・後端」と、同じ位置!
従って、「エンジン・本体」の前後幅は、そこから前で、判明します♪

後方に長く、突出した印象を与えてるのは「エキパイ(4本)」であり、実際「エンジン・本体」は、それ程、長くありません(笑)。


☆ 上下のスペース

地面~「後輪・ホイールアーチ」までの幅に、なります。

「車軸」の位置を、移動する事は出来ない し、「エンジン・本体」側面への付き方も、変更する事は、出来ません!

だから、実際は「車軸」の位置を基準に、そこから「前後」・「上下」に振り分けて、スペースとの関係から、幅を決めていく事に、なります♪

また「エンジン・本体」は、「シャーシ」下面よりも、 下に出っ張ってる 事が、「側面図」から、確認できます。

かたっち☆・・・は、ここを上手く利用し、出っ張り部分に、両者の 接続部 を設けちゃう、予定(笑)。


○ リア・パネル・改修!?

「リア・パネル」は、「側面図」で見た時の「ホイールアーチ」のカタチに沿って、後面を作ってあったんだけど・・・

上記の採寸による「スペース確保」を、全ーく意識してなかったため、その後ろに「エンジン」を配置すると 前後の尺が極端に短くなる とーゆー問題が、発生!!

「エンジン」の「尺」を伸ばすためには、「リア・パネル」後面を加工し、 凹み にして置かなきゃーならない!

とゆー訳で、急遽、改修を行う事に、なっちゃいました~(号泣)。

ここは、シャーシと垂直になるくらいに、面を仕上げられれば、ベスト♪

「平面的デザイン」のパーツだから、カタチには影響しないけど、非対称の「左側」だけは「ホイールアーチ」のカタチを残す必要があったんで、先に分断しておき、加工を済ませてから、再接着してやりました(笑)。

そして、「フェンダー」を作ってから「カウル」と隙間が出来てしまっていた(合わなくなっていた) 後端・部分 も、エポパテで尺を延長して、修正!

中央の 不明な部品 も、「エンジン」のサイズを割り出すためには、先に作っておく必要があると判断し、「リア・パネル」と一体化させるカタチで、エポパテから再現しました♪

組み合わせた「エンジン」とのバランスから、この後「尺」が延長される可能性が高いんで、細かなディテールは、省かれた状態です(笑)。

そして、その部分と合わさる、カウルの「フェンダー・後端」にも、 切り欠き を、作って置きました♪


以上の加工を済ませた、パーツの写真が、こちら。 ↓

マグナビートル:リア・パネル(改修)1

マグナビートル:リア・パネル(改修)2

他種・素材の混成になって、もー何だか解らない状態(汗)。

これは「表面処理」や「経年剥離」を考えると、レジンに置換しなきゃー、絶対、ヤバイ!

そして、「カウル」、「シャーシ」、「リア・パネル」と、組み合わせた写真が、こちら。 ↓

マグナビートル:仮組み1

マグナビートル:仮組み2

マグナビートル:仮組み3

マグナビートル:仮組み4

んー「マグナビートル」らしく、仕上がってきましたねぇ(笑)。

これで、よーやく「エンジン」の製作が、可能となります。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ



プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR