研究レポート#60:スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(シート)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

えっ!? 「スクラッチビルド(ハンドメイド)」の方法が、解らないって?

だったら、オレが教えてやる!

何故なら、オレは「救世主」だから!!(笑)

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から、読んでみよー!


今回も「マグナビートル」内装の、続きだよ~ん♪

※「マグナビートル」とは、「未来警察ウラシマン」に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である。 
デザインは、大河原邦男氏!!


シートを作る♪

次は「シート」を作っちゃいましょー!

先に「シート」のサイズが判明しないと、その間に存在する「シフト」のサイズも判らず、「シャーシ」の製作に入れないのよん(泣)。


アナライズ♪

「シート」の構成パーツは、全て「バトル・プロテクターのパーツに変形する」とゆー設定!

マグナビートル:資料(シート)

「ヘッドレスト」→後ろに倒れて、背中のパーツになる。

「背もたれ」→膨らみが無くなって「ボディ・プロテクター」の後ろ半分になる。

「ボディ・プロテクター」前半分は、天井に隠されていて、装着時に降りてくる(!)とゆー斬新な設定(笑)。

「アームレスト」→「シート」左右にあるブロック。 「アーム・プロテクター」になる。

さらに、ブロック外側にはアーマー状のパーツがあって、ここは「シートベルト」と合わせ「ウエスト・プロテクター」になるのよん♪


分割は、「バトル・プロテクター」のパーツ状態=作りやすいカタチ(?)と、捉えちゃってOK!

「ヘッドレスト」・「ボディ・プロテクター(背もたれ)」・「座板」・「アームレスト」・「ウエスト・プロテクター」と、なります(笑)。


採寸♪

「横幅」は判ってるけど、パーツを作るには「縦の長さ」も、必要となります。

だけど、「設定画(デザイン画)」にはパースが付いてるため、採寸には使えませーん(泣)。

割り出す方法を考えてる時、「側面図」の隣りに「人物対比(立ち姿)」が描かれてる事を、発見!

マグナビートル:資料(人物比)

だったらコレを、採寸に利用しちゃいましょー!

1:「人物対比」の「関節」位置を、マーキングしちゃう♪

人間の「関節」位置は、立ち姿でも「シート」に着座した姿勢でも、変わるモノじゃーありません!

だから、マーキングした「肩」~「腰」と「腰」~「ヒザ」の幅を計れば、大よその「シート」の長さ(縦幅)が判明しちゃう、とゆー訳!

2:「人物対比」に「バトル・プロテクター」を装着した時のパーツ位置も、想像でマーキングしちゃう♪

この「線」は「バトル・プロテクター」のパーツとして、「シート」が分割される位置を表したモノだよん!

「頭の天辺」~「首」の幅で「ヘッドレスト」、「アームレスト」の幅は「腕」の太さから判っちゃう、とゆー訳(笑)。

3:あとは、2つの「計測データ」を照合して、僅かな狂いを調整すれば、全構成パーツの採寸が完了~♪


作り方♪

手順は、以下の通り。↓

1:「プラバン」を切り出し、折り曲げちゃう。

採寸した「横幅」に合わせて、「プラバン」を帯状に切り出したら、「背もたれ」の位置で、折り曲げよー!

「側面図」の窓(無いけど)からは、「シート」が少し覗いてるんで、そこから計測すれば「倒れ角度」が、判ります。

そして「ヘッドレスト」・「ボディ・プロテクター(背もたれ)」・「座板」と分割せず、一体で作り上げます♪

理由は、切り出したモノを接着する方法じゃー強度を得られず、位置(角度や向き)の合わせも、困難になるため。

だから「折り曲げ」とゆー方法を用いて、全て繋がった状態で作ってる、訳!

折り曲げ部分に出来た隙間は、角度を固定する意味も含めて、「SSP(瞬間接着パテ)」で、埋めておこー!

※「SSP」には強度が無いんで、パーツの扱い(欠損)には、注意。

2:プラバンに「プラ半丸棒(ウェーブ製)」を接着しちゃう。

これは、「シート」をサイドから見た時の、各パーツの「膨らみ(盛り上がり)」を再現するためのモノ!

削りによってカタチを作り出す方法じゃー「高い精度は望めない」事から「パテ」の盛り付けで作る訳だけど、その際、「プラ半丸棒」を「ゲージ」に利用すれば盛り上げの目安になって、よりイメージを掴み易くなるのよん!

「膨らみ」の大・小に合わせ、「プラ半丸棒」を径(太さ)の違いで、使い分けてます(笑)。

3:「ゲージ」に「エポキシ・パテ」を盛り付け、「膨らみ」を作り上げちゃう。

「プラ半丸棒」の径(太さ)を、「膨らみ」の頂点として、盛り付ければOK!

ラインは、お馴染み「簡易ヤスリ(曲面用)」を使って整形し、最終的な仕上げを行ってます(笑)。

4「助手席」も作っちゃう。

同様に1~3の手順で、テキトーに作ればOK(笑)。

「運転席」・「助手席」共、細かいモールド(スジ彫り・等)の再現は、「表面処理」を済ませてから♪

また、素材の混成であるため「レジン」に置換し、同時に強度も上げる予定!

5「アームレスト」を作っちゃう。

平面的なパーツなんで、「プラバン」を使います。

もちろん、左右のサイズを同じに揃えるため、「プラバン」を2枚重ねして、カタチを削り出してるのよん♪

腕が入る「凹み」部分は、サイズと厚みから、「塗装」で再現するのがベストと判断(笑)。

6「ウエスト・プロテクター」を作っちゃう。

今回は、作るパーツの幅が同じだった事と、カタチが似てる事から、タミヤ「コの字型・プラ棒」を、使用♪

素材の肉厚(1mm)を利用して、その範囲内で削りを行う事で、カタチを作り出してるよん(笑)。

「丸いモールド」が付く部分は、パーツのカタチに切り欠くけど、接着面積が無く、強度が心配なんで、パーツ裏側で「アームレスト」と接着する予定! 

よーするに、スペーサーを挟んで、浮かした状態で、取り付ける訳。

また「設定画」を確認すると、パーツの1/3が「シート」下端から出た、取り付け位置になるんで、注意!

「丸いモールド」は、「市販パーツ」で、テキトーに(笑)。

7「シートベルト」を作っちゃう。

「プラペーパー」を切り出して、作ればOK! 「バックル」は、プラバンから。 まだ作ってねーけど(笑)。


以上で、全パーツが揃いました~♪ 写真が、こちら。↓

マグナビートル:シート

「運転席」のパーツは、この後、作る「シャーシ(シフト)」との兼ね合いから、特に「横幅」の修正が加わると思うんで、現段階では、バラバラの状態にしてあります。

これらは「塗装終了」まで、組み上がる事は、無いでしょー(笑)。

組み上げた「シート」全体の大きさは、「側面図」にある「シャーシ」~「ヘッドレスト」頂点までの高さを計れば、確認できるよん!


そんな訳で、「内装」の解説は、次回に続く~♪


仮面ライダーゴースト!!

10月スタートの「仮面ライダーゴースト」が、気になってます(笑)。

平成仮面ライダーシリーズ第17作目。 今回のモチーフは「お化け」!?

主人公「天空時タケル」は、亡き父が残した「ゴースト・アイコン(眼魂)」とゆー謎の目玉を、持つ青年。←おぞい

「眼魂」は、「世界の英雄」や「偉人」と心をシンクロさせると、その力を手に入れる事が可能となるアイテム。

だけど、それを狙う異世界の怪人「眼魔(がんま)」に、よって、タケルは殺されちゃう!

不思議な世界に迷い込んだタケルは、謎の仙人(演:竹中直人)と出会い、幼馴染みの「アカリ」を救うため、「眼魔(がんま)」と戦う事を決意!

仮初の命(99日とゆー時間)で蘇ったタケルは、仙人から渡された「ゴースト・ドライバー(変身ベルト)」に「眼魂(アイコン)」を装着して、「仮面ライダーゴースト」に変身!

「15個、全て集めれば、生き返る事が出来る」とゆー事から、タケルは「眼魂」を探し求めていく事になる・・・。


かたっち☆・・・は、「お化け」・「目玉」と聞ーて、同じ「石ノ森」作品である「ぐるぐるメダマン」を、すぐ連想できちゃう世代だったりします(苦笑)。

「ゴースト」のデザインは、「パーカー」を纏ったよーな姿をしていて、なんか「仮面ライダーウイザード」に登場した「白い魔法使い」みたい。 その意匠が受け継がれてるのは、間違い無いだろーけど・・・。

ちなみに、現在まで発表されてる(?)「フォームチェンジ」は、以下の通り。↓

オレ魂・・・基本形態。 よーするに、変身した後の姿。

ムサシ魂・・・宮本武蔵。 能力:二刀流、剣の達人。

ニュートン魂・・・アイザック・ニュートン。 能力:引力を操る。

エジソン魂・・・トーマス・エジソン。 能力:電気を使う。





でも、ライダーと言えば、やはり「バイク」に乗るヒーローなんで、「ライディング・テクニック」も必要になる、と思うのよん!

そこで、かたっち☆・・・が、是非、使って欲しーと考える人物の能力は・・・

ケニー・ロバーツ!!←偉人?

「仮面ライダーゴースト・ロバーツ魂」(爆笑)←なんか、ダサイ

とにかく「どんな偉人が出てくるか?」とゆー部分でも、今から楽しみ♪


※「ケニー・ロバーツ」って、誰? とゆー人に(笑)。

現在レーシングライダーの間で主流になってる「ハングオフ・スタイル」を、大成・流行させた事で知られる、アメリカ人レーシング・ライダー♪
1978年、「ヤマハ」のワークス・ライダーとして「ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス」にフル参戦し、3年連続でチャンピオンとゆー偉業を成し遂げた事で知られる!
1983年、ライバル「フレディ・スペンサー」と、歴史に残る激戦を繰り広げたが、僅差で王座を逃がして、引退(泣)。


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

鋼の錬金術師・1st・OP:「メリッサ」  歌:ポルノグラフィティ






「鋼の錬金術師」は、「月刊少年ガンガン」連載の、原作「荒川弘」によるマンガで、アニメは「ボンズ」が、制作♪

「錬金術」が、科学として発達した世界にある軍事国家「アメストリス」。

主人公の錬金術師「エドワード・エルリック」と、弟「アルフォンス・エルリック」は、病気で亡くした母を「人体錬成」によって蘇らせよーと試みるが、失敗!
その代償として、エドは「左脚」を、アルは「全身」を、失っちゃう(泣)。
エドは咄嗟の判断で、自分の「右腕」を代償に、アルの「魂」を、その場にあった「全身鎧」に定着させ、何とかアルを、死の淵から救い出す!

その後、「人体錬成」を行った事により「手のひらを合わせただけで錬成を行える」とゆー能力を得ていたエドは、アルと共に「国家錬金術師」の試験を受け、史上最年少で資格を取得!

「機械鎧(オートメイル)」による、鋼の「右腕」と「左脚」を持つ事から、「国家錬金術師」としての2つ名「鋼」を与えられたエドは、故郷を捨て、アルと共に「身体を取り戻す方法」を探すための、長い旅へ旅立つ。

本作のOP・EDは、全て「ソニーミュージック・エンターテイメント」の所属アーティストによる、タイアップ曲!

その中でも、この曲は、かたっち☆・・・の、お気に入り(笑)。

OP映像は、監督「水島精二(ガンダムOO、エウレカセブン等で、お馴染み!)」により、ハイクオリティな映像に、仕上げられてるよん♪






とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

スポンサーサイト

スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(内装)

※この時期は、編集中です。


今回は、「マグナビートル」の続きだよ~ん♪

※「マグナビートル」とは 未来警察ウラシマン に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である! ちなみにデザインは 大河原邦男 氏!!

そして、製作中のBGMは、もちろんED曲 ドリーム・シティ・ネオ・トキオ♪






「ホイール」を作るには、「足回り」を構成する他のパーツ群(ハブ、サスペンション、エンジン等)からサイズを割り出す必要があって、それらが、まず先に仕上がらないと「ホイール」を作れない、とゆー事が判明!

また、それらパーツのサイズも「3面図」から割り出す事が困難で、全ーく作り出せない状況(号泣)。

室内(内装)の「シート」後部には リア・パネル のよーなパーツが、存在してます。

構造から判断して、このパーツは「エンジン」と「シャーシ」の間に入り、お互いを繋いでる(?)パーツと思われます。

とゆー事は・・・

先に「リア・パネル」を作り上げれば、上に被さる「ボディ」との兼ね合いから、後部に繋がる「エンジン」のサイズも割り出しが可能となるし、「エンジン」が出来上がれば「サスペンション」→「ハブ」→「ホイール」と、順に作って行けるじゃん!


○ 内装 を作る♪


☆ 方法

「内装」を作る上で注意する事は・・・

構成パーツ全てのサイズを、カウル内側にピッタリ合わせる とゆー事! ←当たり前

だけど「3面図」には、とーぜん描かれてない部分なんで、ここからサイズを割り出す事は、不可能!

また「カウル」パーツから採寸するのも、カタチが「曲面」とゆー事もあって簡単じゃーないし、「プラバン」を切り出し、貼り合せて作るのは、けっこーめんどーくさいです(泣)。

でも、かたっち☆・・・は、簡単に作れる方法を、既に考えてあったのです!

まず、「カウル」を「バキュームフォーム」で作った時の 原型 パーツを用意!

「カウル」パーツは、「原型」の上に被さるカタチで成型され、作られたモノだから、当然「原型」は、どの部分でも カウル内側にピッタリなサイズ になってるのです!

とゆー事は・・・

この「原型」から切り出して「内装」パーツを作っていけば、採寸する必要も無く、「カウル」にピッタリなサイズのモノが出来上がるはずじゃん!


☆ 準備

そーと決まれば、作業も迷い無く、進められちゃう(笑)。

まず「原型」パーツを「シリコーン」で型取り、「レジン」に置換します!

言わば「レジン・ブロック」となった状態のパーツを 上下・前後に分割 し、不要部分をカットしていけば・・・

「シャーシ」・「ダッシュボード」・「リアパネル」等のパーツが 採寸不要の基本形状態 で、超~簡単に揃っちゃう♪

あとは、それぞれのパーツを「設定画(デザイン画)」にあるカタチに加工し、ディテールを貼っていけばOK!


☆ リア・パネル を作る

デザインを確認すると、このパーツは 左右非対称 で、横幅の2/3までが「運転席・後部」、1/3が「助手席・後部」と、分けられてます。

マグナビートル:資料(内装)

「運転席・後部」には凹みがあって、四角い「ダクト」が「シート」を挟むカタチで左右に突出し、上面はフラットに繋がってます。


「助手席・後部」は、「ホイールアーチ」に沿って、曲面を描いたカタチになってます。


このパーツを作る上で、厄介となるのは「ホイールアーチ」の曲面部分と「カウル・後部」の曲線部分!

だけど、「レジンブロック」から切り出した状態で、既に再現(形成)されてる事から、それらの加工は、全ーく必要ありません(笑)。

「シート」の横幅は、「人が座る」とゆー事を考えれば、運転席・助手席とも同じ幅になる、とゆー解釈!
なので、それぞれの「シート」後部にある「凹み」と「曲面」の左右幅を、同じに揃えて加工します(笑)。

つまり 「運転席側」のシートには「アームレスト」が付いてる事から、その分「運転席側」のほーがスペースが広くなる とゆー訳ね。

左右「ダクト」は、彫り込みじゃーなく、現在のパーツ面を「底面」として 別に作った「ダクト」を貼り付けて再現する とゆー方法を採る事にします!

でも、ここまで小さくなっちゃうと「プラバン」の箱組みも、細かい作業になって、とても大変!

それに「プラバン」の厚み=接着面積となる事を考えると、その方法じゃー強度を持たせる事が、出来ませーん(泣)。

この場合、ダクトは 1枚のプラバンから作る とゆー方法が、ベストなのよん!


以下は、手順↓

1 :「ダクト」の高さ(厚み)にあった「プラバン」を用意しちゃう。

2 :「プラバン」に「ダクト」内側の寸法に合った、四角い「穴」を開けちゃう。

3 :「穴」から、数mmの余白を残したサイズに「プラバン」をカットしちゃう。

4 :パーツ(本体)に「穴」の開いた「プラバン」を貼り付けちゃう。

5 :貼り付けた「プラバン」の余白を、「穴」のカタチに沿ってカットすれば、完成~♪

※この時、「穴」から何mm残すかによって、「ダクト」外縁の肉厚が変わってきます。
また、加工の仕方によって、「ダクト」を「広がったカタチ」や「窄まったカタチ」に、自在に変えられます(笑)。

この方法ならば、「プラバン」1枚から作ってるんで、とーぜん強度も高く、どんなに小さいサイズの「ダクト」でも、作る事が可能になるのよん!

但し、「穴」を正確に四角く整形できる「腕」が無いと、「歪なカタチのダクト」に仕上がっちゃう(苦笑)。

作り上げたダクトのサイズが、惜しくも(?)揃ってない場合は、以下の方法で 修正 できるよん。↓

1 :ダクト開口部のサイズ(カタチ)に合った「プラ材」を作っちゃう。

ダクトの高さが1mmなんで、「プラバン」を四角く切り出し、「プラ棒」を接着すれば、簡単に作れるナリ(笑)。

2 :修正するダクトの開口部に「エポキシ・パテ」を詰めちゃう。

3 :「メンタム」を塗って離型処理したら、「プラ材」を押し付けちゃう。

ギリギリまで、「エポキシ・パテ」を、ハミ出させよー!

4 :他のダクトにも、同じ作業を繰り返せば、修正完了~♪

よーするに スタンピング による修正だよん。 押し付ける「プラ材」が同じだから、とーぜんダクト開口部のサイズは揃うし、「プラバン」が正確に四角くカットされてれば、精度の高い状態で仕上がる、とゆー訳ね!

押し付けは、「エポキシ・パテ」の硬化が進み、少し固くなってきたあたりが、狙い目!
柔らかいうちは「メンタム」を塗っていても、「プラ材」にくっついてきて、パテが持ち上がった感じになっちゃう(泣)。


「リア・パネル」の下には「シャーシ」が取り付けられるんで、パーツの下端を、その肉厚分、短縮しておく事も、忘れずに♪


いろんな素材の混成になっちゃったんで、再度、パーツを型取りして、「レジン」に統一する予定!

そのほーが、劣化による分離防止になるし、表面処理もラクになるし(笑)。


☆ 「エンジン」の接続部

「エンジン」は「後面」から見た時に、車体の中央に位置してます。

当初、「リア・パネル」に「エンジン」の接続部を、作る予定だったんだけど・・・

「エンジン」前方にある トレーリングアーム(?) が、取り付けの際、ジャマになる事が判明!

「リア・パネル」と隙間を作る必要が出てきたんで 「シャーシ」後端 に「接続部」を設ける事に、決定しました(笑)。

この取り付けならば「エンジン」本体の下に接続部を作る事も出来、「リア・パネル」と直接、繋がらないため、隙間を作る事も可能となるのよん。


ウルトラマンX(エックス)♪

7月からスタートした「ウルトラマンX(エックス)」が、面白い!!

まずは、ストーリーを、ご紹介~♪

遡ること15年前。 突如発生した謎の太陽フレア「ウルトラフレア」が地球を包み、各地で眠っていた謎のオーパーツ「スパークドールズ(怪獣のデータが圧縮された人形)」が、次々と怪獣となって実体化!
人類はこれに対抗するため、特殊防衛チーム「Xio(ジオ)」を結成した。
そして現在。 主人公「大空大地(実戦に赴き、怪獣の分析を担当するXioの研究員)」は、怪獣との戦いの最中、「エックス」に命を救われ、一体化=ユナイトし、共に戦う事になる!

「エックス」は、「ウルトラフレア」から地球を守った際に肉体を失い、「データ生命体」と化しちゃったウルトラマン。
普段は、変身アイテム「エクスデバイザー」に自らのデータを宿しており、大地が自身の「スパークドールズ」をリードすることで一体化=ユナイトし、一時的に実体化するのよん!

ちなみに「カラータイマー」はX字型で、必殺技発動時には、黄色く発光しちゃう♪

そして、「モンスアーマー」とゆー「鎧」を装着して戦うのが、「エックス」の最大の特徴!


これは「エックス」のデータ(体)と、「サイバー怪獣(スパークドールズを解析したデータから生み出された人工怪獣)」のデータが合わさる事で、パワーアップ可能となるアイテム♪

「エクスデバイザー」で「サイバーカード(サイバー怪獣のデータが圧縮されてる)」をリードすることで、「エックス」が身に纏う事が出来る「鎧」で、その怪獣の特徴を活かした特殊な攻撃や防御を行う事が可能、とゆースグレモノ!

ちなみに「サイバー怪獣」は、オリジナルより機械的な外見となって、共通して胸に「X字」の意匠を持つのが特徴♪


また、防衛チームが扱う武装やメカニックは、「ファントン星人グルマン(メビウスにも登場)」の科学力によって実用化された、とゆー設定! 

「地球の科学力じゃー怪獣(宇宙人)相手に歯が立たない」とゆー所に、説得力を持たせてる訳ナリね(笑)。

防衛チームも、怪獣を倒すために必要となる戦略や目的を、きちーんと考えながら動いてたりと、描写が細かい!

ちなみに、登場する怪獣(宇宙人)は、基本、過去のシリーズに登場してきた奴らで、「毎回、何が出てくるか?」とゆー部分での、楽しみもアリ(笑)。

そして、かたっち☆・・・の、一押しは・・・ヒロインであるアスナ隊員(キャッ)。←完全に恋してる

設定や世界観が、大分様変わりしてきたウルトラだけど、「エックス」は、まさにシリーズ集大成と言える作品!

これまで(アスナ隊員を)見逃しちゃった~、とゆー(残念な)人は、こちらをチェック! ↓






とゆー訳で、本日はここまで。

にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR