研究レポート#54:ゲッターロボ スペシャル♪

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、これまでの「スクラボ」記事を簡単に理解できちゃう(?)、「スクラボ検定」から、読んでみよー。


本日は、皆さんお待ちかね~「ゲッター2」を、ドーンと公開しちゃうよ~ん!!

まずは、相変わらずの(?)ヘタッピな写真から、どーぞ!! じゃじゃ~ん!! 

ゲッター2:1

ゲッター2:2

ゲッター2:3

ゲッター2:4

ゲッター2:5

ゲッター2:6

ゲッター2:7

ゲッター2:8

アングルによっては、ボケちゃってる写真もあるけど、何回、撮り直しても上手く行かなかったんで、諦めちゃいました~(号泣)。

写真の勉強も、必要ナリね。

超合金っぽい仕上がりを狙った訳だけど、それ以上のモノになってる(?)と、思います(笑)。

では、解説して行きましょ~♪


頭♪

帽子(?)の正面にある、三角形が4つ横に並んだよーなモールドは、今回、デカールで再現しました!

初めは、凸or凹モールドで作ろーかと思ったんだけど、モールドを貼るのも、彫り込みを入れるのも、サイズ的に上手くいかなくて、断念!

次に、「塗装による塗り分け」で、再現しよーと考えたけど、この場合も、マスキングが超~難しー!

そこで、賢い、かたっち☆・・・は、「デカール」で再現する事を、思い付いちゃったのである(笑)。

方法は、クリアー(透明)デカールを使って、モールドのサイズとカタチにマスキングテープ(アイズプロジェクト:0.4mm幅等)を貼ったら、エアーブラシで塗装するだけ~♪





かたっち☆・・・の場合、デカールの自作に「印刷」とゆー方法は、用いません!
理由は、「印刷」っぽく見えちゃうのが、イヤだから(笑)。

「印刷」は、YMCK(イエロー、マゼンタ、シアン、ブラック)とゆー少ない色数の組み合わせで、殆どの色を作ってる訳だけど、混ぜ色に「ホワイト」が無いため(白は、紙の色だから)、「中間的な色」が作れず、特に「パステル調」なんて色は、絶対、無理!

その辺りの不満は、カーモデルを作ってた時、「デカール」を見ても感じていた事で、色に深みが無いため、どーも「デカールだけが浮いてる(?)」感じに、見えちゃう(号泣)。

マークなんかは、やはり、実際と同じく「塗装されてるほーがリアルに見える」と、思うのよん。

クリアー・デカールに塗装する方法なら、模型用の全ての塗料が使えるし、色にも深みが出せます!
問題なのは、「あまり凝った複雑なモノは、作るのが大変!」とゆー事なんだけど(苦笑)。

だから、現在、作ってる「マグナビートル」のポリス・マークも、デカールに塗装したモノを、使っちゃう予定!
いま考えたら、「ゴッドフェニックス」の「G-5」マークも、デカール作ったほーが、ラクだったのよね~(号泣)。
※切り抜きマスキングで、本体に貼り込み、再現してます。


「ツインアイ」は、前記事で解説してるよーに、クリアーパーツで再現!

最初は、目(透明パーツ)部分に「マスキングテープ(円)」を貼る→顔全体を塗装→テープを剥がす で、再現しよーと思ったんだけど、テープも「1.5mm」のサイズになると、ぜーんぜん貼り付いてくれなーい(号泣)。

仕方が無いんで、「顔・塗装後に、目の部分の塗装を落とす」とゆー方法で、再現しました。

「強めの溶剤で落とすほーが早い!」と判断し、贅沢にも「レベリングうすめ液」なんか使っちゃった(笑)。
いくら強くても、「ツールクリナー」は、当然、ダメよ~ダメ、ダメ!

落とした後は、ある程度まで「コンパウンド」で磨いて、上にクリアーを塗れば、元のクリアー感が、復活するよん!

一応、リアルには仕上がったんだけど、今1つ、確認しづらい(苦笑)。


腰♪

ウエストに当たる「黒いベルト(?)」部分は、ただのブラックに見えるかもしれないけど、「Z」の胸に使ったモノと全ーく同じ「ブルー・ブラック」のパール・カラーです!
だから、よーく見ると、光の当たってる部分が「青く」光ってるはずだよん。←芸細
当然、「クリアー系の着色パール」なんで、反射とツヤは、最高ナリ♪


正面にあるモールド部分(ゲッター1の顔で、口になる部分)は、DVDで確認したところ、若干「紺色」になってる事が判明しました!!

「超合金魂」なんかでは、単純に「黒」で再現されてたんで、今回の発見にはビックリ!?
「どんな機能を持ってるのか?」は、未だに判らないけど(笑)。

「センサー」っぽい(?)役割があるのかもしれないけど、かたっち☆・・・は、「カメラ」や「センサー」部分の表現に、「クリアーカラー」や「蛍光カラー」は、殆ど使いません。

理由は、塗料そのものの主張が強すぎて、「スケール感が無くなる」からです!

「クリアーカラー」で塗ったモノは「クリアーカラー」にしか見えないし、「蛍光カラー」で塗ったモノは、「蛍光カラー」にしか見えない!←ココ、重要
また、そーいった部分が「色付きのクリアーパーツ」になってるキットなんて、どのスケールでも同じモノ、使ってるし。←こんなツッコミ入れるのも、かたっち☆・・・くらい

「センサー」や「カメラ」を再現するには、程遠い表現だと、思いませんか?

外から見えるのは「覆ってるカバー(レンズ)」の色であって、大体、そんなに派手な色で、目立つ訳が無い!!
発光してるんなら、本当に電飾仕込んで発光させるべきで、塗装で発光を再現するなんて、メッキ以上に難しーよ。

ポイントは、内部に詰まってるであろー「機器の存在」を感じさせつつ、カバー(レンズ)の色を再現する事!
部品の集合であれば、けっこー黒く見えるはずだし、その感じは外からも判るはず!

だから、カバー(レンズ)に使う色は、「割と暗い感じの色」で合ってる(?)と思うし、そのほーが「リアルに見える」と思うのよん。

また、カバー(レンズ)表面は、鏡面みたいにギラギラしてるモノじゃーありません!
この辺は、戦車の実機写真なんかを見れば、よーく判る。 それでも、素材から、若干のテカリは、当然あるけど。

そんな訳で、今回の「ゲッター」には、濃い目の「ソリッド色」を、使っちゃいました♪

「センサー」・「カメラ」部分に、「ソリッド色」使うのは、たぶん、かたっち☆・・・くらいでしょー(笑)。

ちなみに使ったのは、タミヤ・エナメルカラー(マスキングが面倒だったんで)の「X-3:ロイヤルブルー」♪

「光沢(つや有り)」なんで、カバー(レンズ)のテカリは、簡単に再現できるんだけど、「隠蔽力」が低く透けるんで、腰パーツの「レッド」を下地にして塗り重ねる事で、劇中イメージに近い色味に、仕上げました。←ベテランの業


アーム♪

前記事で解説してるとーり、右側と左側で、アーム上下の重なり方が、 反対になってます(笑)。

今回、「アーム」と「顔」に使った色は、前記事でも伝えた通り、「ブルーグレー」のメタリック塗料、ソフト99・タッチペン・カラー「ダイハツ用:スチール・グレー・メタリック(D7541)」です♪





この色、深みがあって、とても面白い! 普通の「シルバー系塗料」のよーな「粒子の粗さ」が無いし、それらと比べ、反射も強い! 本当にギラッとしていて、硬質感があります♪

色的には、「ロボット刑事」の「K」とか、「機動刑事ジバン」なんかのボディ色にも、使えちゃいそー(笑)。

一応、塗装面の保護として「クリアーコート」してあるけど、普通の「シルバー系塗料」みたいに、上掛けによって「色味が激変する」なんて現象も、起きないのが素晴らしー!

そんな訳で、今後「シルバー」部分の表現に、活躍していく事でしょー(笑)。


「下腕」には、クレオス・スーパーメタリック「クロームシルバー」を使用♪





今回は、シルバーを塗装した上に、マスキングテープを貼らなきゃーならない部分が、ありました。

通常、「剥がしたと同時に、塗膜を持っていかれる」モノなんだけど、「クロームシルバー」は、他の「シルバー系塗料」と比べて塗膜が強く、そんな現象は起きなかったよん!←皆さんも、試してみよー

使い易く、輝度も高いんで、かたっち☆・・・お気に入りの「シルバー系塗料」になっちゃった♪ 


ドリル♪

今回の「ゲッター」最大の見せ場! 「ドリル」の塗装には、クレオス・スーパーメタリック「メッキシルバーNEXT」を、使っちゃいました~♪





全体を、パール・メタリックによる「グロス(光沢)仕上げ」に変更したのも、じつは、この塗料を使いたかったからなのよん(笑)。

だって、全体が「ツヤ消し仕上げ」なのに、「ドリル」だけピカピカじゃ、おかしーじゃんよ!←スペース☆ダンディ?

ちなみに、「メッキシルバー」を使うのは、今回が初めて♪

従って、以下の解説は「こー塗った」とゆー報告であって、「こー使うモンだ」と、言い切ってる訳じゃーないからね! 一応、断っとくけど。←自信、ねーんだよ

とにかく難しー塗料なんで、「上手くいかなーい(泣)」とゆー人には、何らかのヒントにはなるかもしれない(汗)。

使い方は、商品説明の手順に、従います。

1:まず「ツヤありの黒を、下地に塗装しておく」と、あります。

「ツヤありの黒」って、どれだよ? 「ツヤありの黒」なら、何でもいーのか?

多くのモデラーさんが、まず悩んじゃうポイントだと、思います(笑)。

2:「ツヤありってゆーと、アレだよなぁ」と、かたっち☆・・・は、その説明に素直に従って(?)、クレオス「#2:ブラック」を、選択!

「レベリング薄め液」で希釈したけど、どーも相性が良くないらしく(?)、なんか溶けが悪い印象・・・。

3:商品説明には、「下地塗装の平滑さが仕上げを決める」、「下地が荒れていては、本来の仕上がりは得られない」とあります。

これはつまり、「メッキ調に仕上がらないのは、アンタがヘタッピなのが原因よ!」と言われてるのと同じで、クレオスに責任は無いとゆー事なのである。 クレオスに文句を言ーのは、ヤメよー。 ズルイなぁ。

「これを塗装する時点で、なんか間違ってるよーな・・・」と思いつつも、ブラックを塗装!
イヤな予感は的中し、ミストが「粉吹き」っぽくなった事から、表面が若干、荒れてしまいました~(号泣)。

4:仕方が無いんで、「中研ぎ(塗装後に一旦、表面を平滑に研ぐ、カーモデルの手法)」を挟んで、再度、極至近距離から、仕上げ塗り♪

ここが、カーモデラーの強み! 他のジャンルのモデラーじゃ、そんな知識ありません。

5:下地が完成~♪ 「中研ぎ」で、スポンジヤスリ超細目(番手にして#1200相当)を使った事で、現在の状態でも、けっこー平滑な「下地」になってると思うんだけど・・・これでもまだダメなのかな?

6:迷っていても始まらないんで、作業を進め、いよいよ「メッキシルバー」の登場~♪
希釈する必要は無く、原液のままエアーブラシで使用できる濃度になってます。

「これで色が着くのか?」と、不安に思っちゃうモデラーさんも、居るかもしれない(笑)。

7:商品説明には、エアーブラシは「口径0.3mm(ダブルアクション)」を使って、エア圧は「0.03Mpa」まで下げて、「対象物にフワッと薄く乗せる感じで吹き付ける」とあります。

かたっち☆・・・は、ベテラン・モデラーなんで、ノズルの絞り込みや、パーツとの距離など、ある程度「勘」に頼る事ができ、そこは問題無くクリア~(笑)。

8:塗った直後は「曇った感じ」になり、乾燥するにつれて、美しー鏡面が現れてきます♪

多くのモデラーさんは、この「吹き付け加減」が判らず、厚塗りしちゃうのが、失敗(?)の原因なんだと思う。

「塗膜が弱い(キズが付きやすい)」とか「手油に溶ける」なんて言われてますが、それは主に「乾燥不足」が原因!

この塗料、丈夫な塗膜が形成されるまでには「24時間以上」掛かるみたいで、完全乾燥後は、触って「指紋」が付く事も無いし、「スミ入れ」だって出来ちゃうのです。

模型用塗料で、ここまで再現できる時代になったんですね(笑)。

でもまぁ、今回、塗り上げたパーツが、「クレオスのサンプルと、同じくらいに仕上がってるか?」とゆー部分では、正直、微妙~。

ドリルは「円錐」であるため、映ったモノが、全て「縦のスジ」になっちゃって、塗装中、「映り込み」具合を確認する事が、とても難しかったのよん(泣)。

でも、反射はハンパ無いし、「ジュラルミン」には見えないんで、一応、成功なのかしら?

上記の手順通りにやれば、「このドリルと、同じくらいの仕上がりになるよ!」とは、言ー切れるけど(爆笑)。


磨き作業♪

最後に「コンパウンドがけ」について、解説!

よく「どのくらい磨くモノなんですか?」って、聞かれる事があるんだけど、なんか「ド素人の質問」っぽくね?

そんなの「今、使ってるコンパウンドの番手で、これ以上磨き続けても、ツヤが出ないと思われるところまで」に、決まってるじゃん!

現在よりもっとツヤを出したかったら、ドンドン「粒子(番手)の細かいコンパウンド」に変えてけば、良ーんだよ!


もっとゆーと「研ぎ出し」で、最も重要なのは「下地」の状態なのである!

下地が平滑に仕上がってなければ、上にどれだけ塗料を重ね、厚い塗膜を作り上げて磨いても、絶対、鏡面にはなりません!

なぜなら、塗膜は「ヒケる」ものであり、それは塗装を厚く重ねるほど、大きくなるから。


また、パーツに使われてる素材が、何なのかも重要! 

上に多くの塗料が乗るのだから、素材には、多量のシンナーが浸透していく事になり、シンナーに対して弱い素材だと当然、表面の平滑を維持できない!

特に弱いのが、「パテ」で作り上げたパーツ。 かたっち☆・・・が、塗装前に大半のパーツをレジンに置換してるのも比較的、シンナーに対して強い素材(硬い素材であれば、変形もしにくい)にするため、だったのよん。

それと、「どんなクリアー塗料を、選択するか」も、重要!
乾燥後も塗膜が柔らかく、キズが付き易いクリアーを使ったんじゃー、「磨き」なんて、出来る訳が無い!
この場合は、やはり「硬質な膜を形成するクリアー」を選択するべきなのである。

また、クリアーの成分にも、注目するべき!
塗るだけで、良いツヤが出るクリアーを使えば、その分、「磨き」作業の手間が減る、とゆー訳。

「コンパウンド」の選択は、番手の違いこそあれど、どのメーカーの商品も、大体、同じなんで、じつはあまり重要で無かったりする(笑)。←意外と思った人は、やはりド素人

それよりも、磨く「クロス」の選択が、大事!
クロスそのものが硬かったり、生地の目が粗いモノだったりすると、それだけで塗膜にキズを付ける事になり、これを使い続けてたんじゃー、いくら磨いても良いツヤなんか、当然、出ない。

ちなみに、かたっち☆・・・は、モデルが小さい事から、最近は「綿棒」しか使ってません!
「綿(コットン)」なんで、比較的、柔らかい生地だし、使用中、頻繁に新しーモノに、交換できちゃう。
それと、100均で購入すれば費用も掛からない(爆笑)。

あとは、磨き方。 「コンパウンド」は表面に擦り込む感じで、使うのがベスト!
力を入れて磨くと、摩擦熱で塗膜が溶けて、消えないキズが残っちゃう。
要領は、車のワックス掛けと同じなんで、車を持ってる人は、それで練習すると良ーよ(爆笑)。

「研ぎ出し」は、上記の説明にある通り、パーツの素材、下地の状態、クリアーの特性、磨きクロスの柔軟性、磨き方、等の要素が上手く組み合わさって、出来上がるモノなのよん。

だから「経験積まなきゃ、上品なツヤは出せない!」と、言い切れちゃう。


以上で、「ゲッター2」の解説は終了~♪

塗装を「パール・メタリック仕上げ」に変更したおかげで、とても満足度の高い、美しーモデルに仕上がりました♪

もしかしたら、「Z」以上の完成度なんじゃないでしょーか?

今回は、トラブルも無かった事から、「シンナー風呂」の地獄を知らない、幸運なヤツなのです(爆笑)。

ん~、やはり「人型(ロボット)」は、良ーねぇ~♪


未公開モデル、ネタ発表♪

「未公開モデル5点」のうち、1点のネタを、ここで発表しちゃおーと思います。

「新造人間キャシャーン」に登場する、キャシャーンの相棒「フレンダー」だよ~ん!!

「最近のお買い物♪ スペシャル」で、紹介したDVD「ささきいさおTV主題歌大全集」が、ヒントになってたんだけど、気付いてた人はエライ! 

この発表で、「またスクラボを読む、楽しみが増えたよ♪」とゆー人も、多い事でしょー。

それにしても、かたっち☆・・・「タツノコ」好きですねぇ。 デザインが魅力的、だからでしょーか?


「フレンダー」とは、何なのか? 知らない人のために解説しちゃう。↓

元々は「鉄也(キャシャーン)」が可愛がってた犬「ラッキー」で、ガールフレンド「ルナ(実写版を作るなら、ダコタローズあたりが、ピッタリ♪)」を助けるために、命を落としちゃう!

体が青い「ロボット犬」として蘇った「フレンダー」の電子頭脳には、「ラッキー」のすべての機能が記憶されており、「キャシャーン」の掛け声一つで、「フレンダー・ジェット(飛行機)」「フレンダー・カー(自動車)」「フレンダー・マリン(潜水艇)」「フレンダー・タンク(装甲車)」の、4形態に変形できちゃう!

戦闘能力は抜群で、牙と爪を使って、敵ロボット(鋼鉄)を、切り裂いちゃう!
口からは、高熱火炎を吐き出し、敵ロボットを一瞬で溶解! 時速は200km、跳躍力は50m!
鼻や耳は、1km先の物音や、匂いを嗅ぎ分ける事が可能! まぁ、犬だし(笑)。

そんな訳で、これまでの「人型」じゃなく、初の「動物型(ワンコ)」となりました♪

どんなポーズで作り上げるか、まだ決めてないけど、これを作る事によって「ダンクーガ:ビースト・モード」や、「ゾイド:ライガー系」等の「動物型メカ」に、いろいろ流用できる(?)んじゃーないか、とゆー考えなのよん。
あとは、「人馬型メカ(ジーグ:パーンサロイド、ヤットデタマン:大天馬、ガリアン:プロマキス)」とかね(笑)。

姿~カタチは~変わらぬが~鉄をも砕く~この腕さ~♪

次回からは、いよいよ中断していたモデルを、再開! 作業の整理も付いたんで、これから記事の更新ペースも、早くなると思うよん。


○本日のアニソン♪

今回は、とーぜん「ゲッター」を、紹介しちゃうよ~ん♪

「ゲッターロボ」・OP:「ゲッターロボ!」。 歌:ささきいさお。





いまさら、「ゲッターロボ」を知らないなんてカスは、居ないと思うけど(笑)、一応、作品解説。↓

宇宙から降り注ぐ宇宙線「ゲッター線」は、無公害のエネルギー源として「早乙女研究所」で、収集・研究されていた。

人類誕生のはるか昔、地球を支配していた「恐竜人」は、「ゲッター線」が苦手!
降り注ぐ「ゲッター線」を嫌って地底に隠れ、「恐竜帝国」を築き上げるが、再び地上に戻って、生物の覇者となるべく、恐竜帝王「ゴール」の下、地上への侵攻を開始!
 
「ゲッター線」の研究を阻止するため、「早乙女研究所」を破壊しよーと、恐竜を改造した「メカザウルス」で、襲撃してくるのよん!

「ゲッターロボ」は、「ゲッター線」を動力源とする、早乙女博士が開発した、宇宙開発用ロボット!
3機の「ゲットマシン(イーグル号、ジャガー号、ベア号)」が、合体する順番を変える事で、戦況や戦場に応じて、最適なロボットに変形するのが「ゲッターロボ」なのよん!

「ゲッター1」は、空中戦・陸上戦用で、主に「流竜馬」が操縦。
「ゲッター3」は、キャタピラによる高い不整地走破能力を持つ、水中戦用で、主に「巴武蔵」が操縦。

そして今回、かたっち☆・・・が、作ったのが「ゲッター2」で、陸上での高速移動と、地中に潜る能力を持ち、主に、「神隼人」が操縦する、とゆー訳。

どーでもいーが、コイツら、高校生なんだ(笑)。←アルベガスにも、受け継がれてるっぽい設定

当初は、サッカーもモチーフとしていたため、ポイントゲッターからネーミングが決まり、敵は恐竜帝国の「ゴール」である、とゆーのが通説らしー。


この曲は、ストリングスのスピード感あるイントロ、そのボルテージが一小節ごとに上がっていき、そのテンションが全く冷めないまま、間髪を入れずに「ガン!ガン!ガン!ガンッ!」と、さらにハイテンションな「ささきいさお」の熱唱で始まる!

まさに「他の音楽のジャンルには無い、アニソンでしか表現できない」力強さに満ち溢れた、熱いアニソンの代表格!

どんなに落ち込んだ状態でも、一度聴けば、元気になれちゃう アニソンだよん♪

OP映像も、とにかくテンポが速く、海、陸、空、と舞台を変え、変幻自在に「メカザウルス」を、ぶっ殺す!!





ゲッターロボのカッコ良さは、今観ても秀逸だと思う(笑)。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

研究レポート#53:第4回、スクラボ検定!!

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー:「REBOOT!!」から、読んでみよー。


「ゲッター2」は、磨き作業の、真っ最中♪ 記事の作成にも、時間が掛かっちゃいそーなんで、公開は次回!!

今回は、恒例のスペシャル企画、第4回「スクラボ検定」を、お送りしちゃいま~す♪

「研究レポート#39」以降の「スクラボ」記事に出てきたキーワードを基に、40問! 用意してみたよん。

これまでの記事を、きちーんと読んでくれてる人なら、答えられるはずだけど、今回は、少し難しーかも!?

読者の皆さんへの感謝の意を込めた、お楽しみ企画です♪ アナタは、全問正解する事が出来るでしょーか?


メモを用意して、スタート!!


Q1:「仮面ライダー響鬼」は、どんな方法で「魔化魍(妖怪)」を退治する?

Q2:「ザク」の胴体を作る時、独特なラインを再現するため、かたっち☆・・・が、意識していた事とは?

Q3:今回の「ザク」にも取り入れられてる、モデラー小田雅弘氏が「ガンプラ」に行った事で有名になった、改造とは?

Q4:小田雅弘氏が、初めて模型に持ち込み、作例で発表した事で、その後、世間に広く知られるよーになった材料を、2つ答えよ。

Q5:幼少期、かたっち☆・・・に、リアルを意識させるキッカケを与えてくれた、あるキャラクター玩具とは?

Q6:「ウイングマン」の製作で、最も参考にしてるのは、単行本、何巻の表紙?

Q7:ヒーローらしープロポーションを作り上げるため、無視してはならない工夫とは?

Q8:フィギュアが、メカ(ロボット)と違って、カタチを作り出し難い、理由とは?

Q9:未公開モデル5点の中に、これまでとは違うジャンルがあります。 それは何?

Q10:アニソン紅白♪ 2014で、白組9曲目と、紅組4曲目に紹介してる、曲のタイトルとアーティスト名を答えよ。

Q11:合わせ型による「複製」で、「シリコーン型」製作時に、もう一方(片面)に使われる材料とは?

Q12:「複製」の「パーティング・ライン」配置で、注意する事は?

Q13:かたっち☆・・・が作る「シリコーン型」には、共通して2つの特長があります。 それは何?

Q14:「艦隊これくしょん-艦これ-」で、艦艇(軍艦)が擬人化した女性の萌えキャラクターを、何という?

Q15:例題、シリコーンの必要量が20(CC)の時、必要となる硬化剤の量は、何(g)でしょーか?

Q16:ブロックの間から染み出した、シリコーン型のバリを、除去するのに使ってるモノとは?

Q17:「ウルトラマンA」の設定で、「銀河連邦」の世界観を構築してる、円谷プロ制作・他ヒーロー番組のタイトルを4つ答えよ。

Q18:「レジン注型」で、複雑なモールドや、細部の成型を成功させるため、かたっち☆・・・は、どんな方法を使ってる?

Q19:合わせ型の「複製」で、バリが厚く形成される成型品には、どんな事が起きている?

Q20:「覚悟のススメ」で、主人公が心を寄せる「女生徒」のモデルとなった、実在タレントの名前は?

Q21:「マグナビートル」で、タイヤのグルーブ(溝)を、等間隔に同じ幅と深さに入れるため、採った製作方法とは?

Q22:「マグナビートル」のタイヤ製作で、レジンに置換して使われたモノは?

Q23:「忍者戦士 飛影」に登場する、主役メカ「飛影」の全長は、何メートル?

Q24:一度に10枚の「ドーナツ型プレート」が作れるシリコーン型。 より完全なパーツ状態で複製するため、レジン注型時、どんな工夫をした?

Q25:「ゲッター2」完成のため、他モデルの製作を、一時的に「中断」すると伝えたのは、研究レポート#?

Q26:個性的なマシンが、バラエティに富んだコースでバトルを繰り広げる「チキチキマシン猛レース」♪
参加マシンの数は、全部で何台?

Q27:「マグナビートル」のタイヤ製作で、あまりにハードなモデリングの結果、壊れてしまった工具は、何?

Q28:かたっち☆・・・が、「3M製・耐水ペーパー」を愛用する理由、4つ挙げよ。

Q29:「キテレツ大百科」最終回で、キテレツとコロ助が「奇天烈斎」に会うため過去へ行く、きっかけとなった出来事とは?

Q30:歌手ごとに多くのアニメ作品のOP曲・ED曲が収録されてるDVD「TV主題歌大全集」♪
水木一郎(アニキ)と堀江美都子(ミッチ)のデュエット曲である「ゴーダンナー」が収録されてるのは、2人のうち、どちらのDVD?

Q31:最近のお買い物スペシャル♪ で、かたっち☆・・・が、大絶讃してる「ヒーロー」雑誌の名前は?

Q32:漫画「プラモ狂四郎」単行本・第4巻(現在絶版)の巻末に掲載されていたモノとは?

Q33:「宇宙戦士バルディオス」は、最終回、どんなカタチで打ち切りになった?

Q34:「ザク」のスネ・パーツを作る時、独特なラインを再現するため、どのよーに解釈したでしょー?

Q35:戦隊シリーズの食玩「ミニプラ」に使われてる、ABS製パーツの特徴を挙げよ。

Q36:「手裏剣戦隊ニンニンジャー」で、合体して「シュリケンジン」となる5体の「オトモ忍」の名前を、全て挙げよ。

Q37:「魔法少女リリカルなのはvivid」で、主人公「ヴィヴィオ」が使う専用デバイス「セイクリッド・ハート」は、どんなカタチをしてる?

Q38:同じ雑誌(サンデー)に掲載されてる漫画でありながら、一方が「NHK」で放送される裏番組となったため、実質「潰し合い」が起きてる(?)、アニメのタイトルは?

Q39:かたっち☆・・・が、モデルの仕上げに、「パール・メタリック」塗装を選ぶ理由、3つ挙げよ。

Q40:「機動戦艦ナデシコ」で、ストーリーと密接に絡んでる、劇中アニメのタイトルは?


以上、「これから先の記事を読んでいくのに必要な知識」を、簡単に復習できちゃう(?)構成となってます♪

過去記事から、これらの問題を作り出せる「スクラボ」は、かなり特殊なブログとゆー事が、理解できますね。

かたっち☆・・・自身も、問題作成にあたり、過去記事を読み返して、情報量の莫大さ(?)に、驚いちゃってる始末(笑)。


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

かりあげクン・OP:「夜の銀ギツネとタヌキ」。 歌:うしおと一郎。





新入社員を交えての、飲み会シーズンだと思うんで、今回は、ピッタリなデュエット曲を、選んでみたよん♪

「かりあげクン」は、1980年に「漫画アクション(双葉社)」で連載され、1999年に「まんがタウン」に移行した、「植田まさし」による4コマ漫画で、アニメ制作は東映動画(現・東映アニメーション)!!

主人公「かりあげ正太(29歳・独身)」は、総合商社「ほんにゃら産業」本社営業課に勤めるヒラ社員で、見事に刈り上げた頭が、トレードマーク♪
アニメ版では、特にこの部分を「ポリポリ」と、後ろ手で掻くのが癖になってる感じで、より強調されてます(笑)。

話の内容は、「かりあげ」のイタズラによって、職場の上司 (木村課長)や同僚が、彼の被害に遭うといったモノで、中にはセクハラ(主に、女性係長)、名誉毀損、業務妨害など、度を越えた悪質なイタズラも、あったりします(笑)。

連載開始当初から、当時の流行や社会情勢、犯罪スレスレ(笑)なネタをよく取り入れてる事で、知られてました。


このデュエット曲を歌ってる「うしおと一郎」とは、人気アニソン歌手「橋本潮(ドラゴンボール・ED:ロマンチックあげるよ、で、お馴染み!)」「水木一郎(アニキ)」の事なのである!!

歌詞も、「じゃあ、マンションあげよう」とか「夜の銀座、ほんにゃらな恋」といった、バブル時代当時の世相を反映したモノになっていて、「ムード歌謡」っぽく仕上がってるのが、特徴なのよん!

アニメはDVD化されてないんで、そのOP映像が収録されてる「水木一郎・TV主題歌大全集」が、どれだけ貴重なモノなのかも、理解できるナリ(笑)。


○第4回「スクラボ検定」の答え

Q1:楽器をモチーフとした武器(太鼓のバチ)を使って、「音撃(叩き込み)」で倒す!
Q2:人体のライン。 特に、女性のバストやヒップのラインを、意識した(笑)。
Q3:肩(腕の付く面)を、正面から見て、ハの字にする
Q4:ポリエステル・パテ、 パール塗料
Q5:UFO戦士ダイアポロンの超合金♪
Q6:13巻
Q7:肩にボリュームを持たせる
Q8:全ての面が、繋がって構成されてる
Q9:ディオラマ
Q10:白組9曲目:クレヨンしんちゃん「とべとべおねいさん」/野原しんのすけ&アクション仮面。 紅組4曲目:重戦機エルガイム「Time for L-GAIM」/MIO。
Q11:油粘土
Q12:ディテールの細かい所や、広く目立つ面には配置しない。
Q13:ゲートレス(ランナーが存在しない)、 1組で1パーツが出来上がるシンプル構成
Q14:艦娘(かんむす)。
Q15:シリコーン1(CC)あたりの比重は1.2(g)なんで、シリコーンの重量は、20(CC)×1.2(g)で、24(g)。
硬化剤との混合比は100(g):4(g)だから、硬化剤の必要量は24(100%)×0.04(%)で、0.96(g)が、正解
Q16:ニッパー
Q17:ミラーマン、トリプルファイター、ジャンボーグ、ファイヤーマン
Q18:筆を使って、直接、型にレジンを塗り、一膜覆うと同時に、細部に留まる「気泡」を潰す。
Q19:数ミリの狂いが生じている
Q20:堀江美都子♪
Q21:一回り小さなモノを間に挟みながら、円(プレート)を重ねて(積層して)いく
Q22:ワッシャー(ステンレス製 5mm、6mm)
Q23:4メートル
Q24:レジンをワザと型から溢れるよーに注いで、同時に気泡を追い出した
Q25:#47
Q26:11台
Q27:電動ドリル
Q28:研磨面が「シリコン・カーバイト」でコーティングされてる、 台紙の紙質が柔らかい、 研磨面の色が黒い、 値段が高い(笑)。
Q29:空き巣に大百科を盗まれ、ゴミ収集車に投げ入れられて、紛失する
Q30:水木一郎♪
Q31:テレビマガジン
Q32:「パーフェクト・ガンダム(1/144)」のスクラッチ記事♪
Q33:全てが水没して人類滅亡
Q34:人体のスネを上下逆さまにし、両端にサイズの異なる皿が付く
Q35:関節の保持力が高い、 シンナーに侵されやすい
Q36:シノビマル、 ドラゴマル、 ダンプマル、 ビュンマル、 ワンマル♪
Q37:ウサギ♪
Q38:電波教師
Q39:細部のディテールを浮き上がらせる、 色に深みを持たせる、 質感を演出する
Q40:ゲキガンガー♪

全問不正解・・・「スクラボ」に全く興味の無いアナタは、「勘違いして訪問して、きちゃった人」ですね?

「スクラボ」とは、「スクラッチビルド・ラボラトリー(研究室)」の略です!

化粧品や、美容、スバルとは、関係ありません(笑)。

もーどーでもいーよ、こんな人。


1~10問、正解・・・アナタは、タイトルの「アニメ大好き」とゆーところから、訪問してきた人ですね?

まぁ、アニメの紹介もしてるんだから、嘘は付いてないと思うけど、本来は模型製作ブログなのよん!

今回の訪問をきっかけにして(?)、「模型」にも、興味を持ってくれると、嬉しーナリ。


11~15問、正解・・・アナタは、「スクラッチビルド」に興味があり、その方法(作り方)を知りたがってる、ビギナーの人ですね(笑)。

しかーし! 途中から記事を読み始めても、「専門用語」が多く、理解しにくい事でしょー!

「レポート#0」から読んで、足りない知識を蓄えて(?)ちょーだい(笑)。


16~20問、正解・・・アナタは、「本日のアニソン♪」コーナーだけ、読んでる人ですね?

マニアを自称してるアナタでも、「スクラボ」で紹介される曲の年代やジャンルの広さには、たぶん驚かれてる事と思います(笑)。

これからも、アナタを満足させられるレア曲を、紹介していっちゃう予定♪

だから、模型の記事も、きちんと読んで~!


21~25問、正解・・・アナタは「特撮(ヒーロー)なんかにゃ、興味ねぇ!」とゆー人ですね?

でも、「特撮」無しでは、「スクラボ」は成立しません!

何故なら、熱く盛り上がるアニソンの多くは「特撮」が殆どですし、ネタ的に「面白い」と思える事は、「特撮」作品に多いからです。

だから、「子供っぽい」とか「幼稚」だとかゆー理由で、バカにしてないで、興味を持って欲しーのよん!

かたっち☆・・・の場合、面白く、楽しければ、そんな作りの作品でも、ぜーんぜんOK!!

反対に、大人やマニアにしか伝わらないよーな、凝った作りの作品を、「駄作」と捉えますね。

「そんな難しー専門用語から覚えていかなきゃ、ストーリー展開も理解できないなら、面白くねーよ!」と(笑)。

大人の目線で見よーとするから「おかしく映る」のであって、作品の対象年齢に合わせた目線で作品を見れば、「おフザケも魅力的に映る」モノなのよん。

かたっち☆・・・は、その技(?)をマスターしてるんで、ハンパ無く、いろいろ楽しめちゃうオタクって訳(爆笑)。


26~30問、正解・・・アナタは、かたっち☆・・・の、超オタクぶりに引き気味になってる(?)人ですね(苦笑)。

それ故、次の「スクラボ」記事に、かたっち☆・・・が、どんな内容を入れてくるか、全ーく予想できない事でしょー。

まぁ、やる事の予定は決まっていて変更は無いんだけど、順序はバラバラだし、随時、新しー事が挿入されてくるからねぇ。

これって、まるで「ファイブスター物語(年表とゆー設定が存在してるが故、ストーリーの変更は出来ないけど、その範囲内で、作者が好き勝手な事やってる漫画)」じゃん(爆笑)。


31~35問、正解・・・アナタは、「フィギュア(ガレージキット)」に興味があって、「いつかは原型師になりたい!」なんて考えてる、モデラーの人ですね?

でも「スクラボ」は、原型師を目指す人向けのブログじゃーないのよん。

「スクラボ」は、「好きなモノをラクな方法で、楽しく作っていく事を追求してるブログ」なのです。

かたっち☆・・・は、カタチを作り上げる以前の思い(情熱)とか、カタチを出したその先にある見せ方(演出)なんかを、最も伝えたいと考えてるんで、「商売を目的にモデルを作り上げてる」連中のする事には、全ーく興味無いし、原型師になりたいとも思わない!

その部分のズレを理解せず、「スクラボ」が役に立つなんて、思っちゃーいけません。

カタチを作り出す技を持つだけの「原型師」になるよりも、もっと魅せるモデラーを目指しましょー(爆笑)。


36~39問、正解・・・アナタは、いつも惜しーところで終わっちゃう、「レースに勝利するため、いろんな悪巧みで他車を妨害するけど、結局、失敗して、愛犬にまで笑われちゃう、ブラック魔王」みたいな人でしょー(爆笑)。

イッシッシーのドッチラケ♪


40問、正解!!・・・す・ご・い・ぞ~!!←味王?

「スクラボ検定」を攻略しちゃったアナタは、きっと、とても楽しー充実した毎日を過ごしてる(?)事でしょー。

何故なら、このブログには、楽しー事が、いっぱい詰まってるからです(爆笑)。

アナタは、かたっち☆・・・と同じく、いろんな事に興味があって、幅広く楽しめちゃう人、なんじゃーないかと思います。

これからも、「スクラボ」を、よろしくお願いしま~す♪ 


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR