ゲッターロボ スペシャル♪

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


本日は、皆さんお待ちかね~「ゲッター2」を、ドーンと公開しちゃうよ~ん!!

まずは、相変わらずの(?)ヘタッピな写真から、どーぞ!! じゃじゃ~ん!! 

ゲッター2:1

ゲッター2:2

ゲッター2:3

ゲッター2:4

ゲッター2:5

ゲッター2:6

ゲッター2:7

ゲッター2:8

アングルによっては、ボケちゃってる写真もあるけど、何回、撮り直しても上手く行かなかったんで、諦めちゃいました~(号泣)。

写真の勉強も、必要ナリね。

超合金っぽい仕上がりを狙った訳だけど、それ以上のモノになってる(?)と、思います(笑)。

では、解説して行きましょ~♪


頭♪

帽子(?)の正面にある、三角形が4つ横に並んだよーなモールドは、今回、デカールで再現しました!

初めは、凸or凹モールドで作ろーかと思ったんだけど、モールドを貼るのも、彫り込みを入れるのも、サイズ的に上手くいかなくて、断念!

次に、「塗装による塗り分け」で、再現しよーと考えたけど、この場合も、マスキングが超~難しー!

そこで、賢い、かたっち☆・・・は、「デカール」で再現する事を、思い付いちゃったのである(笑)。

方法は、クリアー(透明)デカールを使って、モールドのサイズとカタチにマスキングテープ(アイズプロジェクト:0.4mm幅等)を貼ったら、エアーブラシで塗装するだけ~♪





かたっち☆・・・の場合、デカールの自作に「印刷」とゆー方法は、用いません!
理由は、「印刷」っぽく見えちゃうのが、イヤだから(笑)。

「印刷」は、YMCK(イエロー、マゼンタ、シアン、ブラック)とゆー少ない色数の組み合わせで、殆どの色を作ってる訳だけど、混ぜ色に「ホワイト」が無いため(白は、紙の色だから)、「中間的な色」が作れず、特に「パステル調」なんて色は、絶対、無理!

その辺りの不満は、カーモデルを作ってた時、「デカール」を見ても感じていた事で、色に深みが無いため、どーも「デカールだけが浮いてる(?)」感じに、見えちゃう(号泣)。

マークなんかは、やはり、実際と同じく「塗装されてるほーがリアルに見える」と、思うのよん。

クリアー・デカールに塗装する方法なら、模型用の全ての塗料が使えるし、色にも深みが出せます!
問題なのは、「あまり凝った複雑なモノは、作るのが大変!」とゆー事なんだけど(苦笑)。

だから、現在、作ってる「マグナビートル」のポリス・マークも、デカールに塗装したモノを、使っちゃう予定!
いま考えたら、「ゴッドフェニックス」の「G-5」マークも、デカール作ったほーが、ラクだったのよね~(号泣)。
※切り抜きマスキングで、本体に貼り込み、再現してます。


「ツインアイ」は、前記事で解説してるよーに、クリアーパーツで再現!

最初は、目(透明パーツ)部分に「マスキングテープ(円)」を貼る→顔全体を塗装→テープを剥がす で、再現しよーと思ったんだけど、テープも「1.5mm」のサイズになると、ぜーんぜん貼り付いてくれなーい(号泣)。

仕方が無いんで、「顔・塗装後に、目の部分の塗装を落とす」とゆー方法で、再現しました。

「強めの溶剤で落とすほーが早い!」と判断し、贅沢にも「レベリングうすめ液」なんか使っちゃった(笑)。
いくら強くても、「ツールクリナー」は、当然、ダメよ~ダメ、ダメ!

落とした後は、ある程度まで「コンパウンド」で磨いて、上にクリアーを塗れば、元のクリアー感が、復活するよん!

一応、リアルには仕上がったんだけど、今1つ、確認しづらい(苦笑)。


腰♪

ウエストに当たる「黒いベルト(?)」部分は、ただのブラックに見えるかもしれないけど、「Z」の胸に使ったモノと全ーく同じ「ブルー・ブラック」のパール・カラーです!
だから、よーく見ると、光の当たってる部分が「青く」光ってるはずだよん。←芸細
当然、「クリアー系の着色パール」なんで、反射とツヤは、最高ナリ♪


正面にあるモールド部分(ゲッター1の顔で、口になる部分)は、DVDで確認したところ、若干「紺色」になってる事が判明しました!!

「超合金魂」なんかでは、単純に「黒」で再現されてたんで、今回の発見にはビックリ!?
「どんな機能を持ってるのか?」は、未だに判らないけど(笑)。

「センサー」っぽい(?)役割があるのかもしれないけど、かたっち☆・・・は、「カメラ」や「センサー」部分の表現に、「クリアーカラー」や「蛍光カラー」は、殆ど使いません。

理由は、塗料そのものの主張が強すぎて、「スケール感が無くなる」からです!

「クリアーカラー」で塗ったモノは「クリアーカラー」にしか見えないし、「蛍光カラー」で塗ったモノは、「蛍光カラー」にしか見えない!←ココ、重要
また、そーいった部分が「色付きのクリアーパーツ」になってるキットなんて、どのスケールでも同じモノ、使ってるし。←こんなツッコミ入れるのも、かたっち☆・・・くらい

「センサー」や「カメラ」を再現するには、程遠い表現だと、思いませんか?

外から見えるのは「覆ってるカバー(レンズ)」の色であって、大体、そんなに派手な色で、目立つ訳が無い!!
発光してるんなら、本当に電飾仕込んで発光させるべきで、塗装で発光を再現するなんて、メッキ以上に難しーよ。

ポイントは、内部に詰まってるであろー「機器の存在」を感じさせつつ、カバー(レンズ)の色を再現する事!
部品の集合であれば、けっこー黒く見えるはずだし、その感じは外からも判るはず!

だから、カバー(レンズ)に使う色は、「割と暗い感じの色」で合ってる(?)と思うし、そのほーが「リアルに見える」と思うのよん。

また、カバー(レンズ)表面は、鏡面みたいにギラギラしてるモノじゃーありません!
この辺は、戦車の実機写真なんかを見れば、よーく判る。 それでも、素材から、若干のテカリは、当然あるけど。

そんな訳で、今回の「ゲッター」には、濃い目の「ソリッド色」を、使っちゃいました♪

「センサー」・「カメラ」部分に、「ソリッド色」使うのは、たぶん、かたっち☆・・・くらいでしょー(笑)。

ちなみに使ったのは、タミヤ・エナメルカラー(マスキングが面倒だったんで)の「X-3:ロイヤルブルー」♪

「光沢(つや有り)」なんで、カバー(レンズ)のテカリは、簡単に再現できるんだけど、「隠蔽力」が低く透けるんで、腰パーツの「レッド」を下地にして塗り重ねる事で、劇中イメージに近い色味に、仕上げました。←ベテランの業


アーム♪

前記事で解説してるとーり、右側と左側で、アーム上下の重なり方が、 反対になってます(笑)。

今回、「アーム」と「顔」に使った色は、前記事でも伝えた通り、「ブルーグレー」のメタリック塗料、ソフト99・タッチペン・カラー「ダイハツ用:スチール・グレー・メタリック(D7541)」です♪





この色、深みがあって、とても面白い! 普通の「シルバー系塗料」のよーな「粒子の粗さ」が無いし、それらと比べ、反射も強い! 本当にギラッとしていて、硬質感があります♪

色的には、「ロボット刑事」の「K」とか、「機動刑事ジバン」なんかのボディ色にも、使えちゃいそー(笑)。

一応、塗装面の保護として「クリアーコート」してあるけど、普通の「シルバー系塗料」みたいに、上掛けによって「色味が激変する」なんて現象も、起きないのが素晴らしー!

そんな訳で、今後「シルバー」部分の表現に、活躍していく事でしょー(笑)。


「下腕」には、クレオス・スーパーメタリック「クロームシルバー」を使用♪





今回は、シルバーを塗装した上に、マスキングテープを貼らなきゃーならない部分が、ありました。

通常、「剥がしたと同時に、塗膜を持っていかれる」モノなんだけど、「クロームシルバー」は、他の「シルバー系塗料」と比べて塗膜が強く、そんな現象は起きなかったよん!←皆さんも、試してみよー

使い易く、輝度も高いんで、かたっち☆・・・お気に入りの「シルバー系塗料」になっちゃった♪ 


ドリル♪

今回の「ゲッター」最大の見せ場! 「ドリル」の塗装には、クレオス・スーパーメタリック「メッキシルバーNEXT」を、使っちゃいました~♪





全体を、パール・メタリックによる「グロス(光沢)仕上げ」に変更したのも、じつは、この塗料を使いたかったからなのよん(笑)。

だって、全体が「ツヤ消し仕上げ」なのに、「ドリル」だけピカピカじゃ、おかしーじゃんよ!←スペース☆ダンディ?

ちなみに、「メッキシルバー」を使うのは、今回が初めて♪

従って、以下の解説は「こー塗った」とゆー報告であって、「こー使うモンだ」と、言い切ってる訳じゃーないからね! 一応、断っとくけど。←自信、ねーんだよ

とにかく難しー塗料なんで、「上手くいかなーい(泣)」とゆー人には、何らかのヒントにはなるかもしれない(汗)。

使い方は、商品説明の手順に、従います。

1:まず「ツヤありの黒を、下地に塗装しておく」と、あります。

「ツヤありの黒」って、どれだよ? 「ツヤありの黒」なら、何でもいーのか?

多くのモデラーさんが、まず悩んじゃうポイントだと、思います(笑)。

2:「ツヤありってゆーと、アレだよなぁ」と、かたっち☆・・・は、その説明に素直に従って(?)、クレオス「#2:ブラック」を、選択!

「レベリング薄め液」で希釈したけど、どーも相性が良くないらしく(?)、なんか溶けが悪い印象・・・。

3:商品説明には、「下地塗装の平滑さが仕上げを決める」、「下地が荒れていては、本来の仕上がりは得られない」とあります。

これはつまり、「メッキ調に仕上がらないのは、アンタがヘタッピなのが原因よ!」と言われてるのと同じで、クレオスに責任は無いとゆー事なのである。 クレオスに文句を言ーのは、ヤメよー。 ズルイなぁ。

「これを塗装する時点で、なんか間違ってるよーな・・・」と思いつつも、ブラックを塗装!
イヤな予感は的中し、ミストが「粉吹き」っぽくなった事から、表面が若干、荒れてしまいました~(号泣)。

4:仕方が無いんで、「中研ぎ(塗装後に一旦、表面を平滑に研ぐ、カーモデルの手法)」を挟んで、再度、極至近距離から、仕上げ塗り♪

ここが、カーモデラーの強み! 他のジャンルのモデラーじゃ、そんな知識ありません。

5:下地が完成~♪ 「中研ぎ」で、スポンジヤスリ超細目(番手にして#1200相当)を使った事で、現在の状態でも、けっこー平滑な「下地」になってると思うんだけど・・・これでもまだダメなのかな?

6:迷っていても始まらないんで、作業を進め、いよいよ「メッキシルバー」の登場~♪
希釈する必要は無く、原液のままエアーブラシで使用できる濃度になってます。

「これで色が着くのか?」と、不安に思っちゃうモデラーさんも、居るかもしれない(笑)。

7:商品説明には、エアーブラシは「口径0.3mm(ダブルアクション)」を使って、エア圧は「0.03Mpa」まで下げて、「対象物にフワッと薄く乗せる感じで吹き付ける」とあります。

かたっち☆・・・は、ベテラン・モデラーなんで、ノズルの絞り込みや、パーツとの距離など、ある程度「勘」に頼る事ができ、そこは問題無くクリア~(笑)。

8:塗った直後は「曇った感じ」になり、乾燥するにつれて、美しー鏡面が現れてきます♪

多くのモデラーさんは、この「吹き付け加減」が判らず、厚塗りしちゃうのが、失敗(?)の原因なんだと思う。

「塗膜が弱い(キズが付きやすい)」とか「手油に溶ける」なんて言われてますが、それは主に「乾燥不足」が原因!

この塗料、丈夫な塗膜が形成されるまでには「24時間以上」掛かるみたいで、完全乾燥後は、触って「指紋」が付く事も無いし、「スミ入れ」だって出来ちゃうのです。

模型用塗料で、ここまで再現できる時代になったんですね(笑)。

でもまぁ、今回、塗り上げたパーツが、「クレオスのサンプルと、同じくらいに仕上がってるか?」とゆー部分では、正直、微妙~。

ドリルは「円錐」であるため、映ったモノが、全て「縦のスジ」になっちゃって、塗装中、「映り込み」具合を確認する事が、とても難しかったのよん(泣)。

でも、反射はハンパ無いし、「ジュラルミン」には見えないんで、一応、成功なのかしら?

上記の手順通りにやれば、「このドリルと、同じくらいの仕上がりになるよ!」とは、言ー切れるけど(爆笑)。


以上で、「ゲッター2」の解説は終了~♪

塗装を「パール・メタリック仕上げ」に変更したおかげで、とても満足度の高い、美しーモデルに仕上がりました♪

もしかしたら、「Z」以上の完成度なんじゃないでしょーか?

今回は、トラブルも無かった事から、「シンナー風呂」の地獄を知らない、幸運なヤツなのです(爆笑)。

ん~、やはり「人型(ロボット)」は、良ーねぇ~♪



とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR