スクラッチビルド、ウイングマンを作る!(素体)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

「スクラッチビルド(ハンドメイド)」でモデルを作る方法を、「3Dプリンタ」等の「デジタル・モデリング」時代、到来の脅威に怯えつつ(?)書き綴っていっちゃう、このブログ(爆笑)。

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー:「REBOOT!!」から、読んでみよー(笑)。


今回は、皆さん、超~お待ちかね~、「ウイングマン」の「素体」について、解説しちゃうよ~ん♪

ウイングマン

「研究レポート#15」以降、更新が無かったんで、「どーしたんだろー?」と思ってた人も、多いんじゃないで しょーか?

何の事はない、単に「作れてなかった」だけなのよん!!(号泣)。←記事に出来なくて、当たり前~♪


ウイングマンを作ろー:素体♪
 
資料♪

作るにあたって、「単行本13巻」の表紙(真正面を向いた立ちポーズ!)が、最も参考になる事を発見!!

ウイングマン:資料

デザイン的には、連載終了時の「最も完成(洗練)された状態である」らしく、この表紙は、かたっち☆・・・の、超~お気に入りなのよん♪

これをまず、モデルのサイズ「約6cm」に縮小コピーして、パーツ・サイズの確認に使っちゃう(笑)。


プロポーションの確認♪
 
まずは、コピーした資料を基に、プロポーションとサイズを確認!

「ウイングマン」のデザインは、すごーくシンプル♪

他の「パワードスーツ」系キャラクターや、「アンドロイド」系キャラクターのよーに、「ロボット的なデザイン」だったら、「ディテール(モールド)も平面的になる」事から、多少、作り易くなるんだけど、「ウイングマン」の場合は、どちらかと言ーと「裸体」に近い!

シンプルだからと言って、あまりに平坦に作ると「ロボット」に見えちゃうし、「人」に見せるためには「骨格」を意識させるラインを、加えなきゃーならない!

その辺りに関しては、「ウルトラマン」なんかのプロポーションも、参考になりそーなんだけど・・・

この場合、「スーツ」として捉えれば良ーのか、それとも「皮膚(体色)」が正しーのか、どーもハッキリしない(号泣)。

そして、「健太は、中学生(高校生)!」とゆー事も、設定上、踏まえてなきゃーならない!

そこから考えると、「ウイングマン」はヒーローであっても「マッチョな体型」にはならず、「腕」や「脚」にはメリハリが無くて、全体的には「細くて華奢なプロポーション」が、正しーはずなのよん!

しかーし! 「肩のボリューム」だけは、無視しちゃうわけには、いきませーん!!

これは「ライダー」、「戦隊」等、多くのヒーローのスーツに「肩パットが入れられてる」事からも解るよーに、ここのボリュームが無いと「超~ひ弱」に見えちゃうのよん(泣)。

だから「マッチョ」とは行かないまでも、「細マッチョ」くらいのボリュームは、持たせて上げよー!

また、意識して(?)「頭」のサイズで、「等身」もコントロールしてるよん!


方法♪

前記事にあるとーり、基本となる「素体」を先に作って、それを「ウイングマン」のカタチに仕上げてく、とゆー方法だよん!

「素体」は、全関節「ボール(可動しないけど)」とし、一応「あらゆるポージングで固定できる」モノを、作り上げちゃう!

関節構造に関しては、「ミクロマン」が、最も参考になったよん(笑)。

「胴体」は、多くの「アクションフィギュア」に倣って(?)、「胸」・「腹」・「腰」と、分割してます!

そして、他のモデル(フィギュア)を作る時は、この「素体」パーツを複製して、「芯」として流用する、とゆーのが基本コンセプト!!

「次は、何を作ろーか?」考えただけで、ワクワクしてくるナリ(笑)。


作り方♪

「複製」の事を考えて、全パーツ、関節バラバラの状態で作っちゃう!

「胴体」から作り始め、「腕・脚」パーツは、片側1コだけ作って、複製して両方揃える、とゆー毎度のパターン(笑)。

サイズは、資料(コピー)と合わせてるよん。

次に、パーツをどー作ってくか? だけど・・・

「盛り削りの繰り返し~」なんて、単調な作り方(?)は、削り作業が超~苦手な、かたっち☆・・・に、向いてる(出来る)はずが、ありませーん!!

パーツが「曲線(曲面)」を持ってても、ロボ(メカ)のよーに「幾つかの面で構成されてる」モノなら、幾らかカタチを出しやすいんだけど、フィギュアのよーに「全ての面が繋がって構成されてる」モノの場合は、すごーく難しくなっちゃうのよん(号泣)。

どのくらい削れば良-のか? とゆーのが、超~判りづらい! 

別の方向(角度)から見たら、削り過ぎ~! なんて事の繰り返しで、とてもコントロールが難しー!

そこで考えたのが、今回、紹介してる「なるべく削らずに、カタチを作り出す」とゆーモノ♪

全パーツ、「市販パーツ」から組み上げたモノを「芯」として、それに「パテ(エポパテ)を盛り付けて、ラインを繋げる」とゆー方法で、作り上げてます!

P1010008.jpg

「ストレスフリーで、モデルを作り上げちゃう」のが、スクラボのポリシー(本質)なのである(笑)。

盛り付ける「パテ(エポパテ)」も、「芯」がある事によって「どのくらい盛られてるのか」とゆー目安にはなるんだけど、「市販パーツ」による「芯」作りの段階から、盛り付けの必要が無くなるくらいのラインに、仕上げておくのがポイント!

実際に、「パーツを、どー組み合わせたのか」説明すると・・・

「関節」には、各部位のサイズに合った、コトブキヤ「プラボール」等を、それぞれ使っちゃう!

「絞り込まれるよーなライン」や、「ボリュームのあるライン」は、「バーニヤ(釣鐘状に、やや膨らんだカタチのモノがベスト!)」や、コトブキヤ「丸ノズル」等を、うまーく組み合わせて再現すると、ラクだよん!

感じとしては、「レゴ」を組んでるのに近く、本当に無限にあるのです(笑)。

カタチ(ライン)は、基本「パテ盛り付け(エポパテ)」で、出してきます。

ポイントは、前記事「人体(骨格)の基本構造」で説明してるとーり。
(過去記事をフル活用してる、特殊なブログ、苦笑)

それらを意識して作ってく訳だけど、「すべて盛り込む」なんて事は、しなくてOK!

フィギュアのサイズから考えたら「オーバーディテール」だし、「裸体」じゃーないんだから(笑)。

これらの部分を「見せよー」として、記号的に盛り込むと、すごーくワザとらしー感じになって、ラインも崩れちゃうんで、「適度に省略(ディフォルメ)されたアニメ風ボディ」に仕上げるのよん!

この後、「肉付け」や「削り」によって、さらにカタチ(ライン)は修正されるんで、「芯」は少し「細め」に作っておこー!

「顔」は、キャラによって、「骨格」や「肉付き」が、最も変化しちゃう部分なんで、他のキャラを作る時の事を考えて、「のっぺらぼー」にしてあります♪ 

「目・鼻」を再現してあっても、毎回、削られて無くなっちゃうんだろーから(苦笑)。

「手首」は、左右でカタチが違うんで、これらとは別に、作っちゃう予定!(まだ、作ってねーじゃん)


以上の要領で作り上げた、全パーツの写真がこちら↓ じゃじゃ~ん!!

素体1

素体2

素体3

素体4

素体5

なんか、「ビッグシューター」から射出された、「ジーグ」のパーツみたい(笑)。

削り出しは殆どせず、表面を軽く整える程度のヤスリ掛けで、超~簡単に、カタチが出ちゃいました~♪

フィギュア造形における、これまでのセオリーを覆す(?)、超~反則な作り方と言えます!!

かたっち☆・・・の、「天才的なモデリング」に驚愕してる人は、もっと「頭」を使いましょー(爆笑)。


次回は、複製して揃えたパーツを「ビルドアップ(全て繋げる)」して、「ポージング」の解説だよん♪

バラバラババンバーン、ババンバ、バンバンバンバン、ババンバーン♪←ノリノリ


○新たなる、「未公開モデル」!?

新たに「5点」!! の「未公開モデル」の製作を、開始しました~♪

「そんな事してるから、更新、遅ーんだよ!」←ごもっとも・・・

ネタは、全て「これまでとは、違うジャンル」だよん!

とーぜん、今回の「素体」を流用し、別のキャラクターを作る事も、検討中!!

誰だ?「ジーグ」とか言ってるのは(笑)。

そして、ネタの1つに「ディオラマ」が、あるのよん!

何を隠そー、かたっち☆・・・は、「ディオラマ」も、作れちゃうモデラーだったのだ!!

「ディオラマ編」は、レイアウトとか、基本的な部分から、解説していっちゃう予定!

これだけで、記事が「10本」くらい、書けちゃいそー(笑)。

とーぜん、それに使うモデルも、ぜーんぶ自作なのである!

ネタは、順次、今後のブログで発表(来年、思わぬ所で、挿入していっちゃう!?)予定(笑)。

お楽しみに~♪


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR