FC2ブログ

スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(カウル)

※この記事は、編集中です。


マグナビートル を、製作してます♪


※「マグナビートル」とは?

アニメ 未来警察ウラシマン に登場する、機動メカ分署「マグナポリス38」の覆面パトカーで、主人公 ウラシマ・リュウ が、搭乗。

ベースになってる車種は フォルクスワーゲン で、 2050年 の未来に、この車と共に タイムスリップ したリュウは「未来の機械が肌に合わない」事から、未来の科学技術を使って改造する、とゆー設定!

ちなみに、デザイン担当は、ガンダムでお馴染み 大河原邦男 氏!

ライトは「丸目」で、フェンダー上から、フロントに位置が移動しており、どこか ワーゲン・オフローダー(バハバグ) っぽく、各部には、カスタム化が理解できる、フック、インテーク、スリット等が存在。 4本のマフラー も、パワーを感じさせます。

全体のフォルムは、当時、流行した チョロQ を意識してる(?)よーで、フロントとリヤで径が異なる グルーブド・タイヤ を装着。 走り方も、超~個性的♪

ちなみに、サイドウインドウは、タイムスリップの途中で破損したため、存在しません(笑)。

運転用シートは、機動刑事用の装甲服「バトルプロテクター」装着のため、変形しちゃいます。
 

○ 資料

設定資料本 に 真正面・真後面・真側面 が載ってるので、モデルのサイズに合わせてコピーし、「図面」として、使いました♪

エンジン、内装シート、メーター、各部ギミック も、「パース画」が載っているので、とても役に立ちます。


○ 方法

何らかの「フォルクスワーゲン」キットから改造するのは 全体のフォルムやバランスが全ーく異なる ため、不可能(泣)。

とーぜん「自作」となるのだけど、見せ方としては、やはり「カーモデル」を意識して 完成後も「内装」や「エンジン」を観られる構成 を狙います♪

従って、ボディは「カウル」として 中空 で作る事になり、「内装」や「エンジン」まで再現された、実質 フルディテール・モデル を、予定!

作る順番としては・・・・ ↓

1 :ボディを製作・・・パーツを中空にするため バキュームフォーム を選択。

2 :シャーシの製作・・・先に作り、この上に「内装」、「エンジン」を載せていく。

3 :エンジンの製作・・・「タイヤ」の固定のため、先に作る。

4 :タイヤの製作・・・フロントとリヤ、それぞれ片側1コ分作り 複製 で4本揃える。

5 :ダッシュボード&シートの製作・・・「カウル」と「シャーシ」から採寸して作る。


サイズは、「ミニカー」や「チョロQ」をイメージした コレクション・サイズ(全長約 5㎝) に決定!


○ アナライズ

細かいディテール(パトランプ、インテーク、フェンダー、フック、ライト、ミラー、ウインドウ等)は、後の作業で作れる部分なんで、まず 「ボディー」の基本形 をイメージして、なるべくシンプルになるよー、分割を考えます。

今回は、資料のおかげで 3面図を「図面」として使う 事が、可能です♪

資料の「正面図。側面図・後面図」で、それぞれ大きさが揃ってないんで、倍率を変えてコピーし、大きさの揃った1枚が作れたら、複数・用意して、準備完了!


〇 カウルを作る


☆ 原型

エポパテ・ブロック の削り出しで、製作するのだけど・・・

今回は 4個 用意して、モデル中央から 左右 そして「フロント・ウインドウ」と「ボンネット」の部分で 前後 に分割し 個別に形状出しした4個を組み合わせて、「ボディ全体が出来上がる!」 とゆー構成で、進めます。

4個それぞれの「接合面」は、形状出しでは全ーく手を加えず 「平面」として残す 部分。

こーする事で、4個を別々に削り出せるし、パーツの「左右均等」や「バランス」なんかを、確認・調整しやすくなるとゆー訳!

パーツのどこか1面に「平面」があると、採寸に便利 とゆーのは、過去記事に書いてるはずだよん。


1 :まず「ボンネット」から後ろにあたる、2個の「ブロック」の加工。

正面、後面から見た時の、形状出しから始める。

2 :2個のブロック「前・後面」に、縮小コピーした 「正面」・「後面」の図 を、中央から半分にカットして、それぞれ両面テープで貼り付ける。

3 :貼り付けた図の 外線 まで、ブロックの側面及び上面を、削る。 ナイフや、ペーパー#60~#120あたりを使うと、早い。

4 :次に、ブロックの 左右接合面 に、縮小コピーした 「側面」の図 を、両面テープでそれぞれ貼り付ける。

反対側は、コピーが裏返しになって「線」が分からなくなるので、予め「外線」のカタチにカットしておいてから、貼り付ける。

5 :同様に、貼り付けた図の「外線」まで、ブロックの前後を削る。 これで、側面から見た時の形状出しが、完了!

6 :バキューム後のパーツの切り欠きがラクになるよー、「タイヤ」が入る部分も、「フェンダー」まで含めた 「ホイール・アーチ」の線 まで、削る。


ここまでの削りで、後ろ半分の左右2個のブロック(ややこしい・・・)の、外形が一応、出ました。 

次に より「車」らしく見えるライン に仕上げるため、 それぞれの  を、加工して行きます。

「車」とゆーモノは、一見、平面に見えるモノでも、実際は 微妙なアールが付いた、曲面で構成されてるモノ であり、微妙なアールが付く事で「面」に膨張感が生まれ、表現が豊かになって 立体物として落ち着いて見られる とゆー訳!

7 :ルーフの面出しは 左右のブロックを合わせた状態で ヤスリを当てる。

8 :フロント・ウインドウも、曲率の違うヤスリを使って同様に行い、 サイドから少し見えるくらいのアール を付ける。

9 :サイドは、特に ドア部分に緩やかなアールが出来るよーに 面出しする。 正面から見た時、ドア(側面)に膨らみが無く平面だと、おかしく見えるのよん(汗)。

10 :サイド・ウインドウ部分は、ほぼ平らで良ーけど、ルーフやフロント・ウインドウに繋がる部分は、エッジが立ってちゃおかしー部分。 削って落としてやる。

前半分の ボンネット側 左右2個のブロックも、上記と同じ要領で、加工する。


形状出しの終わったら、4個のブロックを組み合わせて、これを原型に バキュームフォーム する。

バラバラになってる4個を組み合わせて 1個の原型 として、使います。

最初に、4分割した理由は 中心位置の割り出し が、目的だったのである!

「ボディカウル」は、全体的に 曲面 で、構成されてます。

その状態で採寸して、「中心位置」を割り出すのは、ひじょーに困難(汗)。

パーツを計測して「中心位置」を割り出す方法だと、たとえ正確に測れたとしても、付けた アタリ線 が、加工中に消えちゃう事もしばしば。

そこで、バラバラの状態から「原型」を作り始め 他の「原型」と合わさった時に、パーツ表面に現れる「接合線」を、パーツの「中心位置」となるよーに設定 した、とゆー訳!!

「接合面」は平らに仕上げてあるんで、上下・前後どこから見ても 全ーく狂い無く 水平・垂直な「線」が、出来上がる。

この方法なら、パーツ表面にいくらヤスリを掛けても 「線」は消えずにトコトン現れる(笑) から、「ウインドウ」部分の採寸や、「細部ディテール」を作り込む場合にも、都合が良くなるのよん♪


その原型を1個にする理由は、 成型品に強度を持たせる のが、目的。

「原型」を細かく分割してあれば、バキューム成型が、とてもラクになるのは確か。

だけど、成型したパーツを組み合わせて「ボディ・カウル」を作り上げる、とゆー方法だと、パーツの 強度 が、著しく低下するのよん(泣)。

パーツが接合される部分は、同時に「クラック(ヒビ割れ)」が入ったり、分離しやすい部分でもある んで、「最も強度が低くなる部分」と捉えるべき。

今回、原型は「ピラー」部分で前後に分割してる訳だけど、最も強度的に心配があったのは、この部分!!

また、バラバラの状態で「バキューム」成型した場合 肉厚 の問題も、出てきます(泣)。

成型品の「肉厚」が揃ってないんだから、接合した部分で 段差 が出来るのは、当たり前~!

それによって、「全体のライン(外形)」も大きく崩れて、原型でキレイに仕上げた意味が、失われちゃうのよん(号泣)。

だから 原型を1個=一体化 して成型する事で「強度」を上げて、パーツ接合で生じる「段差」の問題も解消してキレイなラインを維持し、同時にパーツの「肉厚」に大きな変化を与えないよーにした、とゆー訳!


よーするに、先に4分割して「原型」を作ったのは、「図面(3面図)」にあるカタチやサイズを、正確にトレースするためだった、とゆー事!!

カタチになっちゃえば分割されてる必要は無いんで、1個にしちゃえばいーのよん!

4個から1個になる事で、成型に使う「プラバン」の枚数(量)も、大幅に削減できちゃうし(笑)。

そんな訳で、「原型」を1個に仕上げます。

「エポパテ」同士の接着には 瞬間接着剤 を使えばOK!

※ウェーブ製「黒い瞬間接着剤」を使えば、「線」が明確に残って、より認識しやすくなる。

「原型」は、接着後も少し削り込みをして、ラインをキレイに仕上げて(繋げて)おきます。

「ボンネット」部分は、エッジが立ち過ぎていたんで、緩いアールに変更!

「バキュームフォーム」では 「原型」の凹部分は成型されにくい んで、「フロント・ウインドウ」の前(ボンネット面)に「ピンバイス」で小さな穴を開けて 通風孔(空気の抜け穴) を、作っておきます。

「原型」が完成~♪


☆ バキュームフォーム

「原型」の下の方まで、きちーんと成型させるためには 最低でも「2cm」のゲタ が、必要。 これにより、原型の上下は、そーとー高くなっちゃうんだけど仕方無い(泣)。

次に、使う プラバン を選択する。

「原型」のラインやエッジを潰さないためには、なるべく「薄いプラバン」を使うのがベスト!

今回は、「0.5mm厚」に決定♪

ラインを崩さず成型できそーだけど、「原型」に高さがある事から かなり伸ばされて成型される (下方などの肉厚が、絞り込みによってペラペラになっちゃう)事は、意識してなきゃーなりません(汗)。

なので 2重~3重に「バキュームフォーム」して、肉厚を稼ぐ 事にします。

よーするに、「バキューム」後、余分を切り取ったら 「原型」から成型品を外してしまわず その状態でまた「バキューム」する、とゆーのを繰り返す訳。

薄いプラバンの積層だから、「原型」のラインが大きく崩れちゃう事は、無いと思うよん。

コツとしては あぶり時間を長めに取る とゆー事!

本当に「ダラ~ン」と、「ボーちゃんの鼻水」みたく(?)垂れてきたところが頃合(爆笑)。

また「プラバン」には、ツヤ(光沢のある)面と、ツヤ消し(光沢の無い)面があるけど ツヤ消し面を上にして、ツヤ面をあぶる よーにしてます。

何故かとゆーと 部屋の照明の反射によって、「プラバン」の状態が確認できる から。

あとは 掃除機 の吸引力にお任せれば、超~簡単に成型できます。

肉厚の気になる部分は、この後、パーツ表面を削ったり、プラバンを貼り足したりして、調整します。


☆ 窓(ウインドウ)部分の切り欠き

成型品を、切り欠くのだけど、アタリは図面(3面図)を 型紙 として、使えばOK!

コピーから「窓」部分を切り抜いて、両面テープで直接、パーツに貼る。

この時 パーツの面は「角度」が付いてたり、「曲面」だったりするんで、「図面(平面)」にある位置とは僅かな「狂い」が出来る(泣) 。

ここは、「底の部分から何mmの位置にあって、幅はどれくらいなのか?」とゆーのを図面から計測して、パーツにも同じ位置にアタリを付ける事。

方法は、なるべく平らな板の上にパーツを置いて、平行・水平に「アタリ線」を入れられるよーにする。

アタリに合わせて「型紙」を貼り付け、あとは「ピンバイス」や「デザインナイフ」を使って、くり抜けばOK!


フロント/リア・ウインドウ 部分のくり抜きには、少し工夫が必要だよん。 ↓

1 :成型品(フロント/リア共)の中央あたりに、「ピンバイス」で1.5mmくらいの  を開ける。

2 : 成型品を「原型」に被せる と、開けた穴からは「原型」の「中心線」が覗いて見えるはず!

3 :その位置を、成型品に トレース する。 中心位置の計測が、完了。

4 :中心位置を出しておいた「型紙」を、成型品の位置と合わせて、貼り付ける。

5 :あとは、くり抜くだけ~♪

「サイド・ウインドウ」は、「割れたドア側」と「後ろ側」とで、間に 支柱 があるんだけど、あまりに細く破損しそーなんで 無い状態 で、前後を繋げて切り抜きました(汗)。

「支柱」は、このあと作る「ウインドウ(透明)」パーツに、再現する予定。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR