スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(カウル)

※この記事は、編集中です。


「未来警察ウラシマン」に登場する マグナビートル だよ~ん♪

このマシンは、機動メカ分署「マグナポリス38」の覆面パトカーで、ベースになってる車種は フォルクスワーゲン 。 

2050年の未来に、この車と共にタイムスリップした主人公だけど、「未来の機械が肌に合わない」事から、未来の科学技術を使って改造された、とゆー設定!

ちなみに、デザインは 大河原邦男 氏によるモノ♪

ライトは「丸目」で、フェンダー上から、フロントに位置が移動しており、どこか ワーゲン・オフローダー(バハバグ) っぽく、各部には、カスタム化が理解できる、フック、インテーク、スリット等が存在。 4本のマフラー も、パワーを感じさせます!

全体のフォルムは、当時、流行した チョロQ を意識してる(?)よーで、フロントとリヤで径が異なる グルーブド・タイヤ を装着。 走り方も、超~個性的♪

ちなみに、サイドウインドウは、タイムスリップの途中で破損したため、存在しません(笑)。

運転用シートは、機動刑事用の装甲服「バトルプロテクター」装着のため、変形しちゃいます。 


○ マグナビートルを作る

☆ 資料

設定資料本 に 真正面・真後面・真側面 が載っているので、モデルのサイズに合わせてコピーし、「図面」として、使いました♪

エンジン、内装シート、メーター、各部ギミック も、「パース画」が載っているので、とても役に立ちます♪


☆ 方法

何らかの「フォルクスワーゲン」キットから改造するのは 全体のフォルムやバランスが全ーく異なる ため、不可能(泣)。

とーぜん「自作」となるのだけど、見せ方としては、やはり「カーモデル」を意識して 完成後も「内装」や「エンジン」を観られる構成 を狙います♪

従って、ボディは「カウル」として 中空 で作る事になり、「内装」や「エンジン」まで再現された、実質 フルディテール・モデル と、なりました。

作る順番としては・・・・ ↓

1 :ボディを製作・・・パーツを中空にするため バキュームフォーム を選択!

2 :シャーシの製作・・・先に作り、この上に「内装」、「エンジン」を載せていく。

3 :エンジンの製作・・・「タイヤ」の固定のため、先に作る。

4 :タイヤの製作・・・フロントとリヤ、それぞれ片側1コ分作り 複製 で4本揃える。

5 :ダッシュボード&シートの製作・・・「カウル」と「シャーシ」から採寸して作る。


サイズは、「ミニカー」や「チョロQ」をイメージした コレクション・サイズ(全長約 5㎝) に決定!


アナライズ♪

細かいディテール(パトランプ、インテーク、フェンダー、フック、ライト、ミラー、ウインドウ等)は、後の作業で作れる部分なんで、まず 「ボディー」の基本形 をイメージして、なるべくシンプルになるよー、分割を考えます。


☆ 準備

今回は、前述の資料のおかげで 3面図を「図面」として使う 事が、可能です♪

資料の「正面図。側面図・後面図」で、それぞれ大きさが揃ってないんで、倍率を変えてコピーし、大きさの揃った1枚が作れたら、複数・用意して、準備完了!


〇 カウルを作る


☆ 原型

「バキュームフォーム」するための 原型 は、いつものよーに「エポパテ・ブロック」の削り出しで、製作!

今回は、ブロックを 4個 用意し、モデル中央から 左右 そして「フロント・ウインドウ」と「ボンネット」の部分で 前後 に分割し 個別に形状出しした4個を組み合わせて、「ボディ全体が出来上がる!」 とゆー構成にします。

4個それぞれの「接合面」は、形状出しでは全ーく手を加えず 「平面」として残す部分 だよん♪ こーする事で、4個それぞれ、他のブロックと「仮合わせ」しながらカタチを出せるし、パーツの「左右均等」や「バランス」なんかを、確認・調整しやすくなるとゆー訳!

パーツのどこか1面に「平面」があると、採寸に便利 とゆーのは、過去記事に書いてるはずだよん。


1 :まず「ボンネット」から後ろにあたる、2個の「ブロック」の加工から♪

正面、後面から見た時の、形状出しから始めちゃう。

2 :2個のブロック「前・後面」に、縮小コピーした 「正面」・「後面」の図 を、中央から半分にカットして、それぞれ両面テープで貼り付ける。

3 :貼り付けた図の 外線 まで、ブロックの側面及び上面を、削る。 ナイフや、ペーパー#60~#120あたりを使うと、早いよん!

4 :次に、ブロックの 左右接合面 に、縮小コピーした 「側面」の図 を、両面テープでそれぞれ貼り付ける。

反対側は、コピーが裏返しになって「線」が分からなくなっちゃうんで、予め「外線」のカタチにカットしておいてから、貼り付けよー!

5 :同様に、貼り付けた図の「外線」まで、ブロックの前後を削る。 これで、側面から見た時の形状出しが、完了!

6 :バキューム後のパーツの切り欠きがラクになるよー、「タイヤ」が入る部分も、「フェンダー」まで含めた 「ホイール・アーチ」の線 まで、削っちゃう。


ここまでの削りで、後ろ半分の左右2個のブロック(ややこしい・・・)の、外形が一応、出ました。 しかーし! これで原型が完成じゃーありません!

ここから先は より「車」らしく見えるライン に仕上げなきゃーならないのよん!

それぞれの面を加工していく訳だけど、ラインを出すコツは・・・

絶対 平面に削らない とゆー事!!

「車」とゆーモノは、一見、平面に見えるモノでも、実際は 微妙なアールが付いた、曲面で構成されてるモノ であり、微妙なアールが付く事で「面」に膨張感が生まれ、表現が豊かになって 立体物として落ち着いて見られる とゆー訳!

そんな訳で、ここから先の削りは、全て、曲率の異なる 簡易ヤスリ(曲面)・アルミ板バージョン で、行う事になるのよん!

7 :ルーフの面出しは 左右のブロックを合わせた状態で ヤスリを当てちゃう。

8 :フロント・ウインドウも、曲率の違うヤスリを使って、同様に。

サイドから見た時、フロント・ウインドウが少し見えるくらいのアール を付けちゃう。

9 :サイドは、特に ドア部分に緩やかなアールが出来るよーに 面出ししちゃう。 正面から見た時、ドア(側面)に膨らみが無く平面だと、おかしく見えちゃうのよん。

10 :サイド・ウインドウ部分は、ほぼ平らで良ーけど、ルーフやフロント・ウインドウに繋がる部分は、エッジが立ってちゃおかしー部分。 削って落としてやろー!

ここまでの削りで、よーや く左右ブロックが、完成~♪

前半分のボンネット側 左右2個のブロックも、上記と同じ要領で、加工しちゃえばOK!

では、形状出しの終わったら、4個のブロックを組み合わせて、確認! 


あとは、これを原型に バキュームフォーム すればOK。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

スクラッチビルド、ゲッター2を作る!(アーム)

※この記事は、編集中です。


今回は、「アーム」の作り方を、解説しちゃうよ~ん♪


○ アームを作る


☆ 資料 

製作のポイントとなるのは カシメ(開閉・可動)部分の重なり 。 

上下の「合わさり方」を、調べると・・・

超合金魂の「カシメ部分」は 「下側が上側に被さる」構成 となっており、「スーパーロボット大鑑」に掲載されてるイラストの「カシメ部分」は、逆に 「上側が下側に被さる」構成 となってました!

そこで 両者の表現をミックス して 左右それぞれの方向からパーツを見た時に、合わさり方が逆になる とゆー面白いトリックを、考えてみました♪ 

実際、「ペンチ」や「ハサミ(右利き用)」なんかが、そーゆー構成なのよん(笑)。


☆ 方法

平面構成のパーツだけど、「アーム」は 裏側まで見えちゃう ので、プラバン・箱組み時に、補強を入れるとゆー事が出来ません(号泣)。

それだと 貼り合わせるプラバンの厚み(接着面積)だけに頼って作る 事になってしまい、ぜーんぜん強度を得られず、パーツの加工中、少し力が加わっただけで、破損する事になるでしょー!

なので、今回は バキュームフォーム で、製作♪

「バキュームフォーム」ならば、各面を 一体成型 で作れるので、「強度」を持たせるが出来 「熱」が加わる事によって、素材自体が丈夫になる から、加工中に、破損する心配も、無くなります!

何より、「貼り合わせ」の細かい作業も、必要なくなるんで、かたっち☆・・・のよーな、めんどーくさがりに、ピッタリな技法ナリよ(爆笑)。


☆ 原型を作る

「バキュームフォーム」の原型は、「エポパテ・ブロック」からの削り出しで、製作。

サイズは 長さ10mm、幅6mm、奥行き8mm だけど、成型時のサイズよりも、プラバンの厚み分 若干、小さく作っておく 事!

また、成型のためには ゲタ を履かせる必要があるんで、その分、下部に余裕を持たせて、高さを稼いでおきます。

同じ原型を使って 2回の「バキュームフォーム」で上下パーツを揃える から、作る原型は、「アームの片側半分」だけで、OK!

カタチは、上面・側面とも、アーム先端に向けて細く絞り込まれるよーに削っていき、上面のみ、緩やかなアールになるんで、「簡易ヤスリ・アルミ板バージョン(曲面用)」を使って、削ります。


☆ バキュームフォーム

1: 2回「バキュームフォーム」して、パーツを揃える。

成型した2個のパーツの下端は、それぞれ原型の底面と平行にカット。 「アーム」片側半分のパーツが2個、作れたはずだよん♪

2: 成型した2個のパーツの肉厚を揃える。

成型品の下部をカットした事によって、原型にパーツが被さった状態では、プラ肉厚分の「段差」が出来ているはず。
「簡易ヤスリ(段差用)」を使って、パーツの表面のみにヤスリが当たるよーに削っていくと ヤスリに貼り付けてある「プラバン(ストッパー)」の厚み分が、パーツの肉厚として残り、全体の肉厚(もー1個のパーツの肉厚含む)を、揃える事が出来ちゃう とゆー訳。

なるべく肉厚を薄くしたほーがエッジが生きるんで、今回は 0.3mm に揃えてるよん♪

全面ヤスリ掛けにより エッジの再生 も、いつの間にか、完了(笑)。

3: 成型したパーツを、アームのカタチに 切り欠き加工(整形) する。

ここでも「方眼付きマスキングテープ」でアタリを付けてから、上下とも均等に加工を行います。
こーいった 曲線ラインの切り欠き は、「簡易ヤスリ(丸棒)」で削れば簡単!

下腕が付く面は、この段階ではまだ「塞がったまま」にしてあるよん。

4: 上下パーツを 接着 する。

狂いが出ないよー、アーム先端に 切り欠いた分の「プラバン」を挟みながら 接着!
2個のパーツを合わせると、パーツの両側面は、上下で面一になるはずだよん!

可動は、全く考えてないんで、少し開いた状態で、上下を固定。

5: 「カシメ部分の段差」を再現する。

アームのカシメ部分 を作るよん!

上下の被さり(段差)は、プラバン(0.3mm厚)を使って再現するけど、カシメ部分の   は、フツーにそのカタチに切ったり、削って整形したりじゃー、精度が出ませーん(泣)。

以下、こーゆー場合に、かたっち☆・・・が、よく使う方法を紹介するよん♪

まず、プラバン(0.3mm厚)に、ピンバイスで 「2mm径」の穴を開け 穴の中央で縦に正確にプラバンをカットして、半円に切り欠かれたプラバンを作ります。

次に、ウェーブ製 「プラ丸棒(2mm径)」を、0.3mmの厚さにスライス 。

プラバンの半円に切り欠かれた部分に、スライスした「プラ丸棒(2mm径)」を はめ込んで接着~!

始めから円い「プラ丸棒」を使って、「カシメ部分」を再現しちゃったとゆー訳! この方法なら 「円」はプラ丸棒で出てるし、厚みを0.3mmに揃える加工をするだけでOK なんで、超~簡単に精度が出せちゃうのよん。

後は、2枚のプラバンを、アーム側面のカタチに整形してやればOK! ※割れた時の予備で、4枚作ってます。

この時、2枚のプラバンを ピットマルチ で仮固定して、同時に加工しちゃえば、2枚のカタチを合わせやすいのよん♪ ※仮固定は、粘着の弱い「ピットマルチ」じゃないと、プラバンが割れちゃう可能性があるから注意しよー!

6: 2枚のプラバンを、アーム側面に狙い通り(?)それぞれ反対に貼り付け、接着!

7: あとは、下腕が付く面を、開口してやれば、「アーム」が完成~♪

「アーム」内部には、「下腕との接続/アーム開閉の可動軸」を兼ねたパーツ(名称不明)が入るんだけど、これはパーツから計測するより、「バキューム原型」から、計るほーが正確なのよん(笑)。


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スクラッチビルド、ゲッター2を作る!(ドリル)

このブログをご覧の皆様、こんにちは。


今回は「ゲッター2」製作で、最も難しー(?)と思われる ドリル の作り方~♪


○ ドリルを作る


☆ 準備

まず、基本形である 円錐 から、作らなきゃーなりません!

方法は 円柱(棒材)を削って尖らせる のが、最も簡単♪

パーツの寸法は、8mm径、長さ25mmが、丁度良ーみたい。

プラ丸棒(8mm)を自作し、電動ドリルに取り付けて 回転させながら、先端が細くなるよーに「ヤスリ(#60~)」を当てて やればOK! ※予め、棒材の断面にマーカーを塗っておくと、先端の尖り具合を確認しやすいのだ

この方法なら、全周に渡って均等に削れるんで、傾いて尖っちゃう事は無いし、ど真ん中から尖ってる「精度の高いパーツ」が出来るのよん! 実質 旋盤を使って加工する方法 と、全ーく同じなのだ。


☆ 資料

「ドリル」先端の 渦巻 は、劇中では、単なる「線」として描かれていて、そのまんまモデルで再現しちゃうのは、ダサ過ぎます(号泣)。

そこで、「ドリル」を武器(装備)にしてる 他作品のロボット が、どーなってるのか? 参考までに調べてみたけど、ほとんどのモノが 凹モールド として描かれてました(汗)。

「凹み」として彫るほーが、「段差」として作るよりも簡単そーだし、表現としても十分伝わると思うんで、迷わず「凹み」を採用~♪

渦巻き線の入り方 は、回転方向から考えて、この入り方が「正解」だと思います(笑)。


☆ 作り方

「凹モールド(渦巻き)」は 円錐パーツに彫り込んで再現する 事になるけど、自作したパーツは、プラ丸棒(白色)とプラパイプ(透明)とで 素材の固さに違いがある んで、同じよーに彫り込んでも、歪んだモノになっちゃいます(泣)。

精度の高いパーツに仕上げるためには、同一素材(均一な固さ)にしておく必要があるんで、「円錐パーツ」を レジンに置換 しました!


☆ 彫り込み

アタリ線を頼りに、ガイドを当てて彫る のが、確実。

パーツ全体にマスキングテープを巻いて、アタリ(渦巻き)線を描き入れ、それをガイドとして使っちゃう方法が、ベストと判断!

1 :「マスキングテープ」を切り出す。

「円錐」は、展開図だと 1個の円と扇形 から構成されてるので、まず 「母線」の長さ を、計ります。 ※「母線」とゆーのは、円錐の先端から底面までの長さの事

次に 大判マスキングシート(方眼付き) を用意し、この長さを 半径 として、「コンパスカッター」を使って、「円」に切り出す。

それを 1/4にカット し、「扇形」マスキングテープとして、使います♪

2 :「扇形マスキングテープ」を、パーツに巻く。

この状態で パーツの全周に「方眼」が付いた 事になります。

3 : 「母線」の部分に 先端から均等な幅で縦に「印」を付け 「螺旋(渦巻き)」のアタリ線とします。

4 :「印」を頼りに 極細マスキングテープ(0.4mm) を、底面から先端へと進め、巻いていく。

最初の印から 1周して順に上の印にくる よーに巻いてこー!

出来上がりは、この螺旋が 底面から先端まで1本に繋がる とゆー訳。 側面からだけじゃなく、先端から見ても、均等な幅で「渦巻き」が出来ていれば、大成功~♪

先細りのカタチなんで、ラインはとても曲がりやすいし、テープには浮きも出来ちゃうんだけど、最初のマスキングテープに方眼が付いてるから、位置を修正しやすいし、ラインの曲がりも確認しやすいハズ!

5 :巻き終わったら、テープをガイドとして ペンでラインを描き入れておく 。 これでもー心配は無い。

6 :「エッチングソー」を使って、彫り込み開始!

均等な深さで彫り込みを行えるよー プラバン・ストッパー(深さ0.3mmになるよーに) を、付けてます。 レジンの場合 気泡で引っ掛かる んで、「針」はNG!

7 :彫り込みは、パーツの先端から進めて行く。

極細マスキングテープをガイドにナイフの刃を滑らせて 下の「方眼マスキングテープ」も一緒にカット 。 テープを先端から少しずつ剥がしながら、「ストッパー付きエッチングソー」で、螺旋の「溝」を彫り込んでいく。

8 :全周の彫り込みが完了!

だけど、現時点で入ってる「溝」の幅は、「エッチングソー」の刃の厚み(0.3mm)しかありません!

もっと 「溝」を強調したほーが、「ドリル」らしく仕上がる んで、幅を広げます♪

9 :ピンバイス を使って、「溝」の幅を1mm近くまで広げる。

先端は「V字」に尖っていて、太さは変わらない事から、一定の幅で、彫り込み可能な、ケガキ針になります(笑)。

均等な深さで彫りを行うため、テープを巻いて、「ストッパー」を作ってます。

10 :彫った「溝」の表面を、キレイに整形したら、パーツの完成~♪

「溝」を整形できる 0.3mmプラバンを包むよーに、ペーパーを裏表・両面に貼り付けた、厚さ0.9mmの簡易ヤスリ を自作! ペーパーを巻いた部分は 適度に丸くなってる んで、この部分を使って、荒れた表面を処理します。 溝の確認がしやすいよーに、表面にはマーカーを薄く塗ってあります。


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

複製(プチ)

このブログをご覧の皆様、こんにちは。


今回は、初めての人に、基本的な方法を説明する プチ・複製講座 です♪


〇 用意するモノ

☆シリコーン・ゴム





☆ポリプロピレン製カップ





☆割りばし

☆紙コップ

☆レジン





☆デジタル秤


〇 シリコーン型を作る

1 :まず、紙コップの中に、円錐パーツを固定する。

パーツの平面に両面テープを貼って、先端が上を向くよー、底面(中央)に固定!

2 :必要なシリコーンの 容積 を量るため、紙コップを計測。

紙コップは、「円柱」と判断! 体積を求める公式は π(円周率3.14)×半径×半径×高さ 。 

主剤(シリコーン・ゴム)と触媒(硬化剤)は 重量比 で混合。 ※クレオスの場合、100:4の割合。

シリコーン・ゴム主剤の比重は 平均1.2g なので 100cc=120g 。

必要なシリコーン・ゴム(主剤)の容量から 容積×1.2 で、重量を割り出せます。

3 :容積分だけ、シリコーンをカップに注ぐ。

シリコーンは「珪素」が含まれてるため、ガラス製のコップには強力に結び付いちゃいます(泣)。 「どーやっても取れなーい!」とゆー事が起きないよー ポリプロピレン製のカップ を、使うよーに!

4 :シリコーンの分量に対して、硬化剤を投入する。 必要となる「硬化剤の重量」を割り出します。

シリコーンの重量が「100」の時の「4%」なので、×0.04 で計算。 原型がある分、シリコーンの量も、少し目減りさせちゃってOK。

5 :別の紙コップを用意し、その中でシリコーン・ゴムを混合する。

攪拌には 割りばし を使用。 夏場は硬化が速い んで、手早くかき回す事! 約1分で終了させよー。

6 :原型を設置した紙コップの中に、シリコーンを流す。

シリコーンは 粘性が高い んで、その性質を利用して、原型の表面に糸くらいの細さで垂らして覆っていこー! こーすると空気を巻き込まず、シリコーンの中にも気泡が出来ないのよん。

7 :全体を薄くゴムが覆ったら、原型の周囲を エアーブラシ で、空気のみ吹き付けて、表面に浮かぶ気泡を潰しちゃう。 一通りなぞって、空気を追い出そー!

8 :再び、残りのシリコーンを流す。 パーツの先端が余裕で隠れる所まで、シリコーンを注いじゃおー!

9 :完全硬化は約6時間 。 指で触ってみて指紋が写るよーなベタつきだったら、まだ硬化してないって事!

10 :シリコーンが硬化したら、紙コップを破って「型」を取り出し、原型も外しちゃう。

 が完成~♪


今回、やり方を簡単に説明するため「紙コップ」を使った訳だけど、これは 片面型(1個の型で複製が可能な型) と言われるモノで パーツに平面がある場合に使える 「型」なのよん。

この型の場合、レジンは上から直接、流し込みます。 メリットは、型に「湯口(レジンの注ぎ口)」を設ける必要が無い事!
よーするに ゲート(レジンの流路)が存在しない ため、パーツを整形(処理)する必要がない! また、2つの型を合わせてる訳じゃないんで、成型品の表面には パーティングライン(合わせの線・段差)が出来ない! 結果、非常にキレイな成型品が得られるのよん!


〇 レジンを注ぐ

レジンは、クレオス製を使用。 流動性が高く使い易い上 ノンキシレン・タイプ で、毒性も低いのよん!

※ キシレン とは

型抜きや、シリコーン型の保護のために、レジンに含まれてる 成分 の事であり、離型後、パーツ表面に浮き上がってくるため、塗装前の脱脂は欠かせないんである。
夏に成型されたレジンパーツは硬化が早く キシレン成分がキャストから追い出されないまま固まっちゃう ため、冬に成型されたモノより 収縮しやすい 。 よーするに、品質が落ちちゃう、とゆー事を指しており、「ノンキシレン」は、その成分を含まないのである。

1 :レジンを混合する。 使い捨て出来る「紙コップ」を使おー! プラスチック製のカップは、レジンによって溶けちゃうんで使わない事。

A液とB液の混合は 重量比で1:1 。 同じ重さでOK! 約 30秒で、反応が始まるよん。

※攪拌に「割りばし」を使うと、 気泡が発生しちゃう んで、調色スティックを使ってます。

2 :型にレジンを注ぐ。 少し溢れてもOK♪ 

3 :内部の気泡が逃げないと、その部分にレジンが行き渡らず、状態の悪い成型品になっちゃいます。 そこで 「筆(細)」を使って型の内部をなぞって、気泡を浮き上がらせる とゆー裏技を用います。 型を手で叩いて、気泡を追い出す のも、効果的。

4 :レジンは硬化が始まると 中央から変色して透明感が無くなってきます 。

5 :ある程度、硬化が進んできたら、シリコーン型の上に プラバンを置いて 密着させる。

型の上面は平面になってるんで、プラバンを置くだけで、同時にパーツも平面として成型されるのよん!

6 :レジンは、約2分前後で硬化するけど、硬化直後はまだ柔らかい!
薄く細かいパーツなんかは、この状態で「脱型」すると パーツが変形しちゃう 事があるから 完全硬化まで5分くらい 待ってみる。

7 :硬化したレジンパーツを取り出せば レジンへの置換が完了~♪

左が原型、右が複製した「レジンパーツ」。

同一素材となった事で、強度も上がったはずだよん。

最初は、レジンの流入量が分からないんで、A液10g+B液10g=合計20gを、テキトーに流してみたよん!
紙コップに残ったレジンの重さを量れば 減ってる量から次回に混合する「レジンの必要量」が分かっちゃう とゆー訳!


以上、解説してきましたが、複雑なカタチのパーツになると、もっと手間の掛かる「型」を、作る必要が出てきます。

「型取り」は、ほんとーに奥が深くて、型の分割や構成は、作るパーツによって、毎回、変化するのよん!
経験を積めば積むほど、難しー型抜きが出来るよーになるし、材料の節約も出来るよーになるのです。


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR