スクラッチビルド、マジンガーZを作る!

このブログをご覧の皆様、こんにちは。

「スクラボ」モデル・第1作を、紹介しま~す♪

まずは、写真から。 ↓

マジンガーZ・1

マジンガーZ・2

マジンガーZ・3

マジンガーZ・4

マジンガーZ・5

マジンガーZ・6

マジンガーZ!! ←Zの部分は、叫ぶべし(笑)。

以下は、製作データと、解説ナリよ♪ ↓


〇 サイズ

全体の大きさは、約 6㎝!

各パーツのサイズは、タミヤ 兵隊さんフィギュア(1/35) を採寸して、割り出してます。


〇 資料

形状で参考にしたのは、商品化されてる、多くの 立体物 。

それ故、「この部分のカタチは、アレを参考にしてる?」なんて、詳しー人が見て、楽しめるよーに作ってあります(笑)。

配色に関しては、アニメ作品が、最も参考になります。 オススメは、マジンガーZ対暗黒大将軍♪






〇 胴体

まずアナライズで、デザインにあるモールドが、全て省略された状態を、イメージします。

パーツの「芯」には、採寸で用いた「兵隊フィギュア(胴体)」を使用し、パーツ表面のモールドを全て削り落とした後、全面に「エポキシパテ」の盛り・削りを繰り返し、計測しながら、左右の歪みとカタチ(面)、関節(位置)を、修正!

そーして基本となるカタチを仕上げた後、表面モールド(段差)を再現して、完成~♪


〇 プロポーション

全体に 手首と足首を、腕や脚の太さよりも小さく作って メリハリを付けてます!

特に「腕」は、「下腕が上腕より太く、逆に手首が小さくなる」事によって、下腕の太さが「筋肉」っぽく感じられて、力強い印象になってると思います(笑)。

「脚」も、スネは「ベルボトム」っぽく広がったカタチになってますが、足首では逆に、絞り込まれてます。


〇 腕・脚

腕や脚は それぞれ片側1コだけ作り、 「複製」で両方揃えてます♪

 は、「黒い部分」のカタチを 球体 と捉え、胴体側の「受け(凹み)」に、1/3が埋まってる構造と、解釈。

「肩」の球体には、BB弾を流用し、下1/3を削って「上腕(白い部分)」を付けてるけど、肩の丸みを強調したかったんで、ここはシンプルな円柱(プラパイプ)としました(笑)。

下腕・モモ・スネ は、「プラパイプ」を芯に、外周に「パテ」を盛って、製作!

独特なラインを出すため、均等にパテを盛り付けられる ロールケージ法 を、用いました♪

これは パーツのカタチ(片側半分)に切り欠いた「パテ盛り付け用ヘラ」が、パーツの中心を軸に回転する 事で、パテの均等な盛り付けが出来ちゃう、とゆー原理。

パーツそれぞれで、ロールケージは別々に作る事になり、「プラ板(盛り付けヘラ)」も、パーツのカタチに合わせて、それぞれ違うモノを用意します。

引き延ばしには、ペースト状のパテじゃーないとダメなんで ポリエステル・パテ を使用。

パーツが仕上がるに従い、粘度を緩く調整していくと、「気泡の処理もいらないほどのパーツ状態」に仕上がるよん♪

モモ は、腰からモモにかけてのラインのキレイさと、モモの太さを両立させられる方法として 腰から切り離して関節で繋ぐ デザインに、変更してます!

そーすると、ポージング時、「腰」に乗っかる感じになるから、どんな太さにしても干渉しなくなり、「関節」も可動範囲を考えて、太さを決めれる、とゆー訳。

足首 は、足裏で「前後に長い円」のカタチに、「エポパテ・ブロック」からの削り出しで、製作。


〇 関節

全て 固定 にしてるけど、各関節で、向きや角度の微調整が出来るよー ボール状(球体) の構造に、してあります♪

受け は、ピンバイスで彫ってから、エポパテで一旦埋め、球体パーツを押し付け、硬化させればOK。

 は、円柱の先端に、「半球」の市販パーツを接着して、作ります。

各関節で、パーツのどっちを「受け」、「軸」にするかは、モデルのデザインによって変わるけど、基本 可動範囲を広く取れる構成 から、選択!

もちろん、部分によってサイズは、それぞれ変わるけど、作り方はぜーんぶ同じ。

この関節を曲げると、受けに隠れていた「軸先端」が露出してくる事から、全体のラインが崩れてしまわず、関節で折れたよーに見えないのよん♪


〇 手首

とーぜん流用できるモノなんて無いんで、自作(笑)。

☆ 平手 のカタチ

手の甲 は、4本の指が付いてる部分で幅が広く、手首に向かって、やや細くなるけど、横から見たアングルでは、逆に手首から指が付いてる部分へ、指の太さにまで細くなります。

手の平は、中央が凹んでいて、手の甲全体が  を描いてるのだけど、「小指」が一番細いため、人差し指が付いてる所と、小指が付いてる所では 厚み が違います。

※このカタチは、拳になっても、同じだよん。

指は、4本で、太さ・長さがぞれぞれ違うけど、この比率は、伸ばした状態でも、曲げた状態でも変化無し。

☆ 握り拳 のカタチ

手の平は 親指の付いてる部分で半分盛り上がる 。 盛り上げは、親指の太さ分。

拳の場合は「指の曲げ」があるんで、指4本の付け根を斜めにする。 よーするに 手の平側の尺が詰まる のよん。

曲げた4本の指 は全体で、人差し指から小指に向かって細くなり、イメージとしては、チョココロネ・パンの感じ(笑)。

「指」は、それぞれの節で、直角に曲がってる訳じゃーなく、横からのカタチは、コの字から少し崩れた 菱形 っぽくなってます!

親指 は太さが一番あり、曲げた指先が、中指と薬指の分かれ目に位置し、第1節は、曲げられてる人差し指と中指の第1節の上に位置します。


作る順番は、手の甲(平)→親指の付く部分→4本の指→親指。

プラ丸棒を「芯」に、粘土のよーに「エポキシパテ」を盛り付けていく とゆー方法です。 

この時、両方を同時に進めてく行くと、大きさも合わせやすくなるよん!

もっとも難しーと思われる「指」の造形には、1本1本のカタチ(丸み)を出せる、自作 盛り付けヘラ を使って、再現。

最後に、作った「手首」を、プラ棒(持ち手)から切り離せば、完成~♪


〇 

まず、アナライズで出した「シンプルなカタチ」から、作り始めます♪

 は、径(大きさ)と、開き(すぼまり)角度の違う 市販パーツ(バーニア)2個 から、製作。

2個が、上下に合わさる部分で「エッジ」が出来るよー、尺を詰めて、接着すればOK!

 は、兵隊フィギュアのパーツを加工して、使用。

既に「目・鼻」が再現されてる事から、モールドを入れる際にも位置が判りやすいし、 平面的に削るだけで、使えるパーツになります。

先に、アゴ(トゲの付いてる部分も含めて)まで、段差が無い状態をイメージして作り、後から段差モールドを足して スリット を エッチング・ノコ で、彫り込みます♪

1本1本の溝幅・深さが揃ってる事と、均等な間隔で平行に並んで入ってる事が、重要な訳だけど、「エッチング・ノコ」ならば、刃の厚みが一定なので、それを簡単に行えます!

ちなみに、前面(3本)のスリットには「0.3mm」、両サイド(4本)には「0.14mm」を、使用。

彫り込む順番は、「前面」=真ん中→左右、「両サイド」=前から4本目→その半分の2本目→その半分の1本目と3本目 の順。

スリットの奥の面(底)が、段差モールドを作る前から再現されてるんで、それを目安にすれば、全てのスリットの深さが均一に揃います。 (彫っていて、マスクの面が覗いて見えたら、「それ以上、彫っちゃダメ!」って事)

後頭部のアーマー は、プラパイプから加工して、テキトーに(笑)。

左右の トゲ は、強度がある 真ちゅう線(1mm) から、製作。

ツンツンに尖らせたい場合にも、固い素材から作るほーが精度を出しやすく、自作の治具を使って、ど真ん中から尖らせてます。

「顔」への固定は、同径の穴を開けて差し込み、、隙間に「瞬間接着剤」を流してやれば、抜けちゃう心配も無く、強度を得られるよん。

ちなみに、「顔」部分には 正面から見た時より、側面から見た時の「前後・幅が長い」 とゆートリックが、使われてます。

「鉢」のカタチ(正円)を維持したまま、じつは「すぼまり」部分で、面に「ヒネリ」が入っており、それが「切り欠き」によって、判らなくなってる、とゆー訳。


〇 パイルダー

「顔」の幅以下のスペースに、「パイルダー」の本体が収まる(乗っかる)よーに、作らなきゃーなりません!

「パイルダー」本体は 3mm以下 のサイズで、極小の「市販パーツ」を組み合わせて、製作♪

左右に付く「ローター」は、鉢の広がりに合わせて、そのスペースに逃がす事が、可能だよん。

「キャノピー」も、一応 透明 にしてあります(笑)。


〇 スクランダー

製作は、中央部分(黄色い部分)、左右主翼、垂直尾翼、アンテナ、ノズル と、分割して行い、最後に組み合わせる、とゆー方法を、採ります。

要となる 中央部分(黄色い部分) のサイズは、「胴体」パーツとの現物合わせで割り出しますが、ここが決まれば、他のパーツも、それに合わせるカタチで、サイズが決まります。

このパーツは、曲面構成で、難しーラインをしてる事から、まず ゲージ(芯)を作って、それにパテを盛る とゆー方法を選択。

プラバン(0.3mm)を「楕円」に切り出し、下端には、左右2個のノズルが付くんで、水平にカット。

位置は、ノズル2個を、間に付く「垂直尾翼」の厚み分、間隔を開けて並べ、その時の左右幅から、割り出します。

そして、左右と中央「バルジ(膨らみ)」の、盛り付け「ゲージ」となるパーツを、接着。 

パテの盛り付けは、ゲージの「胴体(背中)」に付く側から行い、離型処理して、押し付ければOK。

そのまま「背中に装着された時の位置」となるんで、調整は、しっかりしておく事。

硬化したら、「胴体」から取り外し、残りの部分も、ゲージを頼りに「パテ」を盛ってけば、完成~♪

「ノズル」は、「市販パーツ」から選んだモノを、2個接着。

アンテナ のサイズは、「中央部分(黄色い部分)」との、現物合わせで、決定。

支柱から伸びる「左右アンテナ」には、「プラバン(0.3mm厚)」を使うけど、「左右の角度を同じに合わせる」ため、先に支柱とアンテナを 「Y字」に接着 。 ※正確な角度で固定するため、自作の治具を使用。

その接合部分に「パテ」を盛って、「基部の部分」を作り 埋没するカタチで、強固に固定 させてます。

後は、「左右アンテナ」を、デザインのカタチに加工すれば、完成~♪

ちなみに、「左右アンテナ」の付き角度と、「左右主翼」の付き角度は、揃ってる意味があるよーに思ったので、平行に合わせてます。

左右主翼 のカタチとサイズは、バンダイ「MC(メカニック・コレクション)=プラキット」の「翼パーツ」から、「上辺・下辺の角度」を計って、「中央部分(黄色い部分)」と合わせ、長さと幅を調整して、決定♪

その 型紙 を作ってから、プラバン(1mm厚)を、切り出します。

先端のアール部分は、先に近いサイズの穴を ピンバイス で開けておけば、手間を省く事も出来、キレイに仕上がります♪

垂直尾翼 も同様に「型紙」を用いて、「プラバン(1mm厚)」から切り出せば、OK!

※「左右主翼」、「垂直尾翼」とも 翼断面 を再現するための、加工をしてあります。

取り付け角度は 角度定規 を使って、割り出します。


〇 胸の武器

「プラバン」を、左右同じカタチに切り出せば、OK!

胴体の胸部分には、パーツの取り付け(接着)を容易にするため、接着用の「平面部分」を、作っておく事。 

パーツの大きさや、取り付け位置も工夫しており 正面から見た時、上端のラインと、頭の左右の「トゲ」が、横一列に揃う よーにしてあります♪


※これらのパーツを原型とし、「胴体」、「腕・脚」、「頭」は、前述のとーり 複製 して、素材をレジンに、置換してます。


〇 塗装

最初から 超合金 っぽい、硬質な感じの仕上がりにしたい!」と、決めてました♪

各色に使った色は、こんな感じ。 ↓

ブラック= トヨタ用:ブルーブラック・マイカ・カラークリア(T70) 。 

光りの当たっている部分は、ブルーに輝くとゆーモノ。

ホワイト= ホンダ用:スペクトラム・ホワイト・パール(H7630) 。 

パール(マイカ)粒子の特性から、「黄色く見えちゃう」モノが多いんだけど、この色は珍しく「青く見える」とゆーモノ。 おかげで、ブルーやレッドの色味に合わせる事が出来ました♪ ちなみに、「ホンダ・インサイト」のボディ色だよん。

イエロー= マツダ用:カナリーイエロー・マイカ(M22) 。 

パール本来の特性から、「なかなか存在しない色」。 それは、パール粒子の見え方と、塗料の色味が、お互いにケンカしちゃうからである。 そのため、「イエロー」と言っても、塗料は半分以上がパール粒子から作られていて、他の色に比べて混入量が多い。 それゆえ、「ザラザラ」した粒子感たっぷりの塗装面になりやすいんだけど、「実車用」は粒子が細かいんで、その心配は無かった。

レッド= 三菱用:ローズレッド・マイカ(M61) 。 

少しピンクっぽい、ワインレッドのよーな色。 「ブルー」と色味を合わせた結果、似合うと判断。

ブルー= マツダ用:オーロラブルー・マイカ(M7615) 。 

光の当たり具合で、紺→紫→コバルトに変化する、とゆー不思議な色。 劇中でもシーンによって、変わってるんで、上手く再現できたんじゃーないかと(笑)。


〇 ポージング

 ・・・全体をやや下に向かせる。 これによって、正面から見た時に「つり目」となって、やや睨んでるよーにもなる。

 ・・・胸を張るとゆーか、サイドから見た時の「背中の反り」を、やや強調。

 ・・・胸を張ってるのに合わせて、両肩の位置も、後ろに後退させる。

 ・・・左右にやや開かせちゃう(両脚の開きと平行がベスト)! 上腕は、やや後ろに後退させ、ヒジで軽く曲げる。 

手首も、ヒジの曲げに合わせて、やや上に曲げ、同時に(正面から見た時に)やや内側になるよー曲げる。

 ・・・両脚を肩幅くらいに左右に開く。 

それによって、足首には自然に角度が付く。 爪先は、真上から見た時、両方で「90度」になるよーに。

脚全体は、サイドから見た時、モモから足首にかけて「S字」のラインを描くよーに調整。

具体的には、モモを前方に張り出させ、スネでは逆に前方に反った感じになるよーに、ヒザ関節で角度を調整してやる感じ。

モモとスネは、爪先の開きに合わせて向きを変える。


以上で、解説、終了~!

※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

パーツの精度を高める方法!

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


今回は、「パーツの精度」について、考えてみよー!


○ 精度 って、なんなのさ

もー精度、精度って うるせーど(精度) (爆笑)。

「精度」とゆーのは パーツの精密さ、正確さ の事である!

まるで機械で計測、加工されたかのよーなパーツの仕上がりを「精度が高い」といー、それよりも精密さ、正確さが劣るパーツの仕上がりを「精度が低い」なんてゆーそーです。

精度が低い とは、具体的に、こんなパーツの状態だよん。 ↓

☆左右で寸法(幅や長さ)が違う。

☆モールドが認識しづらい。

☆エッジがたるい。

☆同一形状のパーツのサイズが揃ってない。

☆面の角度が違う。

☆尖ってるはずの部分が、尖ってない。

☆凹みの深さが違う。

☆形が違う(円が楕円、四角が台形など)。

☆厚みが違う。

☆ぜんぶがまるで違う、とゆーか別物(笑)。 ←精度がどーのこーのゆー以前の問題


このよーに 形にはなってるけど、整ってない、ダメダメな状態 を、言うのである!

フィギュアの場合は、「似てる、似てない」とゆー事にまで関係してくるんで、とても重要なのよん。

「精度」は、「モデルの仕上がり=完成度」に、ものすごーく影響するモノだと、かたっち☆・・・は思います。

なぜなら、モデルを鑑賞する人達にも、ストレートに伝わる部分であり モデルの印象を悪く見せちゃう とゆー恐ろしーモノだから!


○作品に魅力を与えるには 精度を意識して作る べし!!

「精度が高い」状態で仕上げられてれば、作品に 魅力 を与える事が出来ます。

ラクをしよーとテキトーに作っちゃうと、「コイツは、それ以上のスキル(技術)を持ってない?」とゆー誤解をされて、とても悲しー目に遭うのよん(号泣)。

※ほんとーに「そーゆーふーにしか作れない」場合は、もっと頑張るよーに!

モデル製作とゆーのは、「スクラッチビルド」に限らず、その殆どの作業が「フリーハンド」となります。

だから「作る人が、どの程度の仕上がりを求めるか」によって、「モデルの完成度」は、とーぜん変化しちゃう。

「精度を意識する」とゆーのは モデルの完成度を高める とゆー事でもあるんで、常に意識しながら作業すると「良ーモノが出来る」はずである!


○精度を アゲぽよ にする方法♪

しっかりと 計測 を行いつつ、作業してけばOK!

精度を意識すると、ある部分を作るのに 遠回りな作り方 をしなきゃーならない場合もあるんで、少々、めんどーくさくなっちゃう。

でも、それは ベストな状態のパーツが作れる、失敗の少ない方法 とも採れる訳。

かたっち☆・・・の場合、「削り」や「接着」をするにしても、精度を意識して 自作の工具・冶具 から、作り始めたりするんで、1コのパーツを作るのに、すごーく手間が掛かっちゃうのよん(汗)。

「自作工具・冶具」については、今後のブログで公開するよん♪

んで 計測するのに、持ってると便利な工具 は、主に、こんな感じ。 ↓


○ ディバイダー

これは、両方が針になってる「コンパス」みたいなモノで、左右の開きで  を計り、先端で「印」を付けられます♪

片側を支点に「クルッ」とさせれば 全方位(360度)の同じ寸法の計測が可能 だし、開いた状態で平行に滑らせれば 均等な幅でのケガキ も、容易に出来ちゃう(笑)。


○ ノギス

パーツを挟んで計測する工具。 定規を充てにくい、「球体パーツ」の計測も可能♪


○ 角度定規

分度器 と 直線定規 が合わさった感じで、 
2つの定規の辺にパーツを充てれば 面の角度 も、計れます。  180度に開くと、「直線定規」としても、使えるよん♪


○ 方眼紙

紙なんで、いろんな幅に切って使え 型紙 にしたり 曲面に巻き付けての計測 も、可能です。


○ マスキングテープ(各幅)

P1010013.jpg

最近は、各幅で発売され テープの幅で計測 が、可能! テープの色は、目印にもなります♪

中でも 方眼付き のモノは、とても便利で、かたっち☆・・・は、よく使う。


○ テンプレート

円や、曲線、楕円など、多種、発売されてます。 サイズやカタチを確認する のに便利! 円は「穴・球の大きさ、棒・パイプの太さ」、曲線は「面のR(曲率)」を確認する事も、可能♪


「もー作っちゃったし・・・」とゆーパーツも、これらを使って計測すれば、「正確に作れてるか、どーか」が確認できるし、後から修正する事だって、可能なのよん!

具体的な計測の仕方(工具の使い方)、修正のやり方は、今後のブログで紹介する予定。


○ モデラーの「パーツ加工技術」と精度の関係!?

かたっち☆・・・が思うに、「精度」とゆーのは「モデラー自身のパーツ加工技術の高さ」に直結してると思う(断言)!!

つまり 「加工(削りなど)で出されたパーツの仕上がり」が、そのまんま「パーツ精度」として出ちゃう 訳で、ヘタッピさんが作れば、とーぜん「精度も落ちちゃう」とゆー事になるのよん(号泣)。

「削り出しで、パーツを作る」方法は、精度の高いパーツを作り出せる  がある、「おそろしー人たち(笑)」だけが出来る技であって、「ヘタッピ」なモデラーは 「削り出し」とゆー加工法を選んだ時点で、「パーツの精度は保証されない」 よーなモノである・・・。

かたっち☆・・・の場合は、「スクラッチ」を選んだ時点で、すでに保証されてない(号泣)。


○ 削り作業 について

かたっち☆・・・は、「削り作業」がキライである!!

その証拠に 金属ヤスリを持ってない(!) し、あちこちに「削りカス」が飛び散る(とゆーか、自分の顔にかかる)「電動リューター」なんて凶器も、とーぜん持ってない・・・ 笑うな(怒)

かたっち☆・・・の場合、削り作業の殆どは、「カッターナイフ」と「サンドペーパー」で行ってるよん。

「カッター」は、オルファの安いヤツで、じつは「デザインナイフ」も、そんなに使わない! 使うと決まって 指を切り、ケガをする からである(号泣)。

「サンドペーパー」は、荒目の #60!! から使い、プラバンに両面テープで貼り付けた 簡易ヤスリ でガリガリしちゃう(笑)。  好みのサイズを作れて、削れなくなったら貼りかえれば良ーんで、とても便利♪

それに、かたっち☆・・・は 水研ぎ もキライである!!

水研ぎをすると 面の状態(どのくらい削れてるか)を確認しづらい とゆーのがあるから。

パテ等の素材は 水分を吸って、面が膨張する とゆー事が起きるんで、本当は、あまりビチョビチョにしないほーが良ーって、皆、知ってた?

その「フヤけた状態」でヤスリがけして、面が形成されたよーに思えても、水分が抜ければ 元の歪んだ面の状態から、全然変わってなーい なんて事になるのよん!

水研ぎの利点は、「目詰まりしにくい、キズが付きにくい」とゆー事だと思うけど、水研ぎとゆーのは 表面の状態を気にする段階(塗装前の下地仕上げ等)で行うモノ であって、「形状出し」の段階で、ヤスリ目を気にしても、あまり意味が無いのよん(汗)。

また、少々荒目のヤスリを使って、サクッと削っちゃった方が、キズは残るものの しっかりした面 が形成され、エッジもシャープに仕上がる(精度も高くなる)モノなのよん。

そもそも「目詰まりする」とゆーのは、 そのペーパーの番手では、追い付けてない 場合が殆ど、なのである! 

この場合、かたっち☆・・・は、「もー1、2段、荒いペーパーにチェンジ」したり、もっとナイフで削ったり、場合によっては、ニッパーで切り飛ばしたり!? してるよん。

例えば、5ミリの削りが必要な場合、ヤスリを使うよりも、ナイフやニッパーを使うほーが全然、早い訳!

よく、パテのブロックを削り出すのに、 リューター まで持ち出すモデラーがいるけど、リューターって、じつは少しずつしか削れないし、回転を上げてもモーター自体が熱を持つため 意外と時間が掛かっちゃう モノなのよん。

そのくせ、削りカスが大量に出て、周囲が散らかる(かたっち☆・・・は、コレがイヤなの!)。

そんな事をするくらいなら、かたっち☆・・・は、硬化前に、ある程度カタチが出せる「エポキシパテ」を使うのである。 めんどーな「削り作業」が減るだけでも、気持ちが超~ラクになるナリ♪


○高い精度を維持するには 疲れない 事?

製作中に疲れちゃうと モデルのパーツ精度が著しく低下する とゆー事態が起きちゃいます。

場合によっては、そのまま 完成しない とゆー、あってはならない事態にも発展(泣)。

たまーに「スクラッチビルド」されたモデルで、「この部分は非常によく造形されてるのに、別の部分の造形はスゲー雑!」とゆーのを見かける事があるけど、これはやはり、完成前にモデラーさんが エネルギーを使い果たし、力尽きた んだと思う(苦笑)。

だから もっとラク~に構えるよーに!!



※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

パーツを作る!(方法)

このブログを御覧の皆様、こんにちは。


「スクラボ」モデルで、基本となる パーツの作り方 を、解説しちゃいま~す♪

今回は 方法 について。

これは「効率の良さ=作りやすさ」、「精度=仕上がり」、「手間=作業時間」、「経費=材料費」なんかを考えて、決めて行くのだ(笑)。


〇 複製 とゆー考え方

まずは「デザイン画」を見ながら、「全構成パーツ」を 1コあれば良ーモノと、複数必要になるモノ(同じカタチのモノ) に、分類する。

「人型メカ」の場合、「腕」や「脚」のパーツなんかは 左右で同じカタチ とゆーのが多いと思う(笑)。

とーぜんながら、これらのパーツは 仕上がりも、全て揃ってなきゃー、ヘン なのである!

フツーに作り進めてくと、「同じ作業を個数分、繰り返して揃えてく」とゆー事になるんだけど、そんなめんどーくさい方法は、ものすごーく疲れるんで、かたっち☆・・・は、やりません。

全部を揃えるのに掛かる「手間」や「作業時間」は、単純計算で「その個数分、掛かっちゃう」 訳だし、「同じよーな仕上がりで、作り上げ揃える」とゆーのは、ヘタッピはとーぜんとして、プロでも「至難の業」なのよん(汗)。

だから 複製 しちゃうのである!

この場合 作った1コのパーツを、複製(量産)して揃える とゆー方法がベストな選択であり、代表的な「スクラッチビルド」の技法なのよん♪

手間を減らし、作業時間を短縮できちゃう のが、複製のメリット。

複数あるパーツは、1コ(片側分)だけにして考えると、実際に「作らなきゃーならないパーツの数」は 約半分 になってるはずだよん。

作り方が解ってくると、気持ちが、超~ラクになってくるでしょ?

複製には 注型材料(シリコーンゴム&レジン) とゆーモノを、使います。

手順を、簡単に説明すると・・・

「原型(自作パーツ)」を「シリコーンゴム」で、型を取る →出来た型に「レジン(ウレタン樹脂)」を流す → 全ーく同じパーツが形成(コピー)される とゆー訳!

この方法なら、大量に生産する事が、出来ちゃう(笑)。

同じパーツを、同じ作業で、同じ仕上がりで作る労力に比べたら、1個だけなんだから、すごーくラク♪

とーぜん 「原型」の仕上がりが、そのまんまコピーされたパーツの仕上がりになっちゃう んで、しっかり作らなきゃーなりません! 「作り上げた原型の状態が、完成したモデルの、クォリティーの決め手となる」とも、言えます。

デメリットは パーツが揃うまで、全体のバランスが分からない とゆー事なんだけど・・・その「出たトコ勝負」を楽しむってのも、アリでしょ?










○ パーツ(原型)の製作

次に、複製する「各パーツ(原型)」を、どんな方法で作るか、考えます。

「プラ材(板・棒)」や「パテ」等を使って作る、とゆーのが一般的な方法だけど、パーツ自作で、最も大変なのは 「球体」や「曲面」のパーツ じゃーないかと思う。

これらのパーツは「削り出し」で歪みなく作り出すのは、ものすごーく手間が掛かっちゃうんで 近いパーツが見つかれば、それを、そのまんま使っちゃう のが、はるかに ラク なハズである! 「くっつければいーだけ」なんだし(苦笑)。

それには、こんなモノが使えるよん。 ↓ 

P1010008.jpg

ウェーブ、コトブキヤから発売されてる 市販ディテールアップパーツ 。

かたっち☆・・・の場合、もはや「コレを頼らないと作れない!」とも言えます。

いろんなカタチ、サイズのパーツがあるんで、まずは、この中から「使えそーなパーツ」を、んしょんしょ探しちゃう。

具体的に「どー使うか」とゆーのは、いろいろ有りすぎて、ここじゃー書けない。

これは「頭の体操」だから、「はっちゃけ~、はっちゃけ~、ひらめいた!」とか言ーながら、皆も考えてみて(笑)。

経験を積めば、使い方も、だいぶ変わってくるよん♪

「近いカタチのパーツが見つからーん(泣)」とゆー場合は これらのパーツを組み合わせて、近いカタチの「芯」を作っておいて、その後「パテ」でラインを繋げたり、少しの加工(盛り・削り)でカタチを出しちゃう とゆー方法もあります。

それ以外にも BB弾 とか、利用できそーなモノは、じゃんじゃん使っちゃおー。

素材が「金属・ガラス」なんて場合も、「複製」して レジンに置換 すれば、プラ部品のよーに、「接着・塗装」出来るパーツが、作れちゃうのだ♪

「どのパーツが利用できるのか」考えたり、探したりするのは、とても楽しくて、パーツを完全自作するのと比べれば、ストレスを感じ難いよん。

それに運良くパーツが見つかって、大体のカタチが出来ちゃえば、「完成が近付いた!」って気にもなって、モチベーションも高まる事でしょー。


☆ 削り出し

「市販パーツを組み合わせる方法でも、ムリそーなパーツ」は、もー覚悟を決めて「削り出し」で、自作するしかない!

作業そのものは、とても簡単で、「パテ」のブロックに、パーツの「正面・側面・上面」などの図を描き入れ、その線を頼りに、ナイフ等で削っていけばOK♪

だけど、良いパーツが出来るかどーかは、自身の腕に懸かってる とも言え、「ヘタッピ」である事が、バレバレになっちゃう可能性も高いのよん(汗)。

ちなみに、かたっち☆・・・は、「始めから全部のパーツを、この方法で作る」とゆーのは、超~疲れるから、やりません!!

だから、疲れてしまわぬよー、まずは「市販パーツ」から漁ってる、とゆー訳(笑)。

削り作業が大キライ なんで、この方法は「最終手段(?)」として、使ってます。


○ 材料の選択

「どんな材料を使って作るか?」は、と~っても重要!!

なぜなら 選択した材料の特性などによって、その後の「作業量、手間、仕上がり」が、まるで違ってきちゃう からである(汗)。

カタチを出すとゆーだけでも、それに向いてる材料と、向いてないモノがあるし、ヤスリをかける場合も、削りやすいモノと、削りにくいモノがあるのよん。

経験から言わせてもらうと 材料は、あまり多くの種類を使わないほーが良い と思います。

なぜなら、塗装前の 「表面処理」がすごーく大変になっちゃう から!

1つのパーツに複数の素材が混在してると、ヤスリをかけた時に 素材それぞれの固さの違いから、面が形成されにくい とゆー事態が起き、モデルの仕上がりに、ものすごーく影響してきちゃう(泣)。

だから、材料の使用は 1パーツに2種 くらいに留めよー。


かたっち☆・・・は、ほとんどの造形に エポキシパテ を、使ってます♪

「ポリエステルパテ」のよーに、内部に 気泡が混入しない ため、「表面処理」がひじょーにラクだし、「削り出し」時も 素材に粘りがある ため、ポロッと欠けたりしない!

粘土のよーな使い方が出来る んで、ある程度のカタチを出しておいて、硬化させる事が可能であり、これは 表面モールド の再現にも、都合が良い!

そして、硬化時の収縮(ヒケ)が無く 経年劣化にも強い! 

素材そのものに強度があり 接着性も高い (エポキシ接着剤と同等か、それ以上であろう)。

少々値段が高い、重い、使用後は手がベトベトするとゆー欠点を除けば、「万能な素材(?)」なんじゃーないかと、思います(笑)。


※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

パーツのサイズを決める!(採寸)

このブログを御覧の皆様、こんにちは。


「スクラボ」モデルで、基本となる 素体 の作り方を、解説しちゃいま~す♪


今回は 採寸 の方法だよん。


○ 図面 

作る順番を間違えなければ、めんどーな図面を引かなくても(無くても)作れちゃう モノなので、かたっち☆・・・は、普段、図面を描きません!

とはいえ、パーツのサイズを検討せずに、いきなり作り始めよーものなら、必ず失敗しちゃいます(泣)。

一般に、図面があれば、「どこから作り始める事も可能」となるので、無いよりかは有ったほーが良ーのは確かだけど、製作においては、「あまりに細かすぎる図面は無い」と、考えてます。

図面の主な役割は パーツのサイズや、全体のバランスを確認・把握する 事であり、じつは、もっと簡単なモノで大丈夫なのよん♪ 

とゆーのを、以下の作図法で、証明しよー(笑)。 ↓

P1010002.jpg

用意したのは タミヤ 1/35 MMシリーズの兵隊さんフィギュア♪  大きさは 約6㎝!

この兵隊さんフィギュアから採寸して、「素体」パーツのサイズを決めちゃおー、とゆー訳。

手順を具体的に説明すると・・・

1 :「兵隊さんフィギュア」は、どれも「ポーズが付けられていて、腕や脚は曲がった状態」です。 パーツ分割も、関節からじゃーなく、頭は「ヘルメット部分」、胴は「ベルト部分」から分断、腰も「おしりの割れ目(キャッ)」から左右に分断され、残酷極まりない、おぞい状態です(笑)。

P1010007.jpg

2 :何体かセットされてるフィギュアの中から、「比較的、腕や脚の曲がりが少ない、素立ち状態に近いパーツ」を選んで、服のシワから「この辺に関節があって、曲がるんじゃね?」とゆーのが確認できたら、その 関節部分 を「エッチングノコ」を使い、問答無用でギコギコしちゃいます(笑)。

3 :関節部分は切り離された状態にしておき、それ以外の「キット状態で分割されてる、頭、胴、腰の各パーツ」を、それぞれ接着して正しー形にしてやります。

4 :次に 方眼紙(目盛りの付いた紙) を用意しちゃう。

5 :作るモデルの全高(6㎝)の間隔を取って 真横に平行に線を引いちゃう 。

6 :そしたら、各パーツ(頭、胴、腕、脚)を、方眼紙の上(2本の平行線の間)に 「素立ちポーズ」の状態で配置 しちゃう。

7 :で、パーツが置かれてる 関節の位置(切り離された部分でもある)を、方眼紙にペンでマーク していく・・・

すると・・・



このよーになり、関節の位置を写しただけなのに、頭の大きさ、胴体の幅(肩幅)、手脚の長さ、を読み取れる採寸が、気付かぬうちに完了してる!!・・・とゆー訳なのよん。 なんとゆーことでしょー(爆笑) 。

あまりに簡単な方法なんで、なんか紹介するのが恥ずかしー、キャッ♪

関節の位置はもー出たんで、バランスが大きく狂っちゃう事は無いでしょーし、手脚も長さから「どのくらいの太さ(幅)がベストなのかが分かる」とゆー・・・

方眼紙に写してるから ミリ単位 でサイズが分かるし、パーツ作りで「左右均等」を出したりする際にも、都合が良ー訳! 型紙 としても、利用できちゃうよん♪

「ガンプラ」とか、もっと大きーのでやりたい場合も、基本は同じで、仮組みしたモデルを使えば、テキトーに採寸が完了しちゃう、とゆー訳(笑)。


※もっと細かくカタチを把握したい場合

最初の2本と同じよーに マークした部分を平行線にして その線の間に アナライズで出したカタチを描き込んで 行く。

この 平行線を頼りに「正面、側面、背面」とカタチを描いて、そこから垂直の線を引いて「上面、下面」と描いたモノ が、じつは「図面」なのである!

きちーんと図面を描く場合も、先の「アナライズ」で出た単純なカタチを描き込むだけなら、絵がヘタッピな人でも、そんなに大変じゃーないでしょ?

デザイン画のカタチをそのまま描き込むとゆーのは・・・まぁー大変でしょうねぇー(苦笑)。 ←他人事

ちなみに、兵隊さんフィギュアは「ヒーロー体型」じゃーなく 短足 だったので、少し脚を延長して、カッコ良くする必要が、あります(笑)。











※このブログは、常に 新しー作り方 を、研究していくブログです。 質問や提案のある方は、コメントで、お願いしま~す♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


アニメソング ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


模型・プラモデル ブログランキングへ

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR