FC2ブログ

シンカリオン スペシャル 2!!

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

※初めて訪問しちゃいました~、とゆー人は、カテゴリー「スタート」から、読んでみよー!

今回は、予告通り「シンカリオン・スペシャル 2」の、運行で、ゴザイマース。

挑戦するのは、先日 超進化研究所(グッドスマイルカンパニー) から、開発(発売)されたばかりの、こちらの商品♪ ↓

シンカリオン E5はやぶさ 1

以前から「プラレール」と違う アニメ(設定画)版 のモデルを求めていた事もあって、普段・作らない「プラキット」なんだけど、購入しちゃいました~(笑)。

まぁー、ここまで「線」の多いデザインになっちゃー「スクラッチ」するのは、大変だからねぇ・・・(汗)。

内容は、 接着剤・不要の「スナップ・フィット」方式 で、素材は PS(スチロール樹脂) と ABS が混在しており、関節には POM が、使われてます。

おそらく、コレが「キャラクターモデル」における、現在の「標準的な仕様」なんだろーね?

ABS とか、自分には馴染みが薄いと、思ってたんだけど・・・

昔から「スケールモデル」の、 強度が必要とされる(細く折れやすい)部品 には使われており、触れてる素材が「ABS」とゆー違いに気付かぬまま、ボクちんは、カーモデルとか作ってたみたい(汗)。

「違い」を意識するよーになったのは、その後「ガンプラ」に用いられ、各・模型誌が 割れ 等のトラブルを、紹介してからじゃーないか? と、思われる。

だから、今回の「シンカリオン」製作でも、自分の意識しない所で、高い「適合率」が示されてくるよーな(笑)。 ←もはや「アズサ」のレベルじゃん


とゆー訳で、作業中、家族の邪魔が入らぬよー「捕縛フィールド」を張ったら、準備OK!

「シンカリオン E5はやぶさ」、出発進行~♪


○ パーツの切り離し

敵「巨大怪物体」の如き、目の前に立ちはだかるキットは、ガンプラ「MG」と同等のパッケージ・サイズで、かなりのボリューム(汗)。

シンカリオン E5はやぶさ 6

シンカリオン E5はやぶさ 7

シンカリオン E5はやぶさ 8

ランナー(枚数)を見てるだけで「発音ミク」みたいに「乗り物・酔い(嘔吐)」する感じなので、 先に「全パーツ」切り離しちゃいましょー!

これは「組立説明書」なんて、全ーく見ず「超進化速度」で進めてOKな作業だけど、 パーツは、ランナーの「アルファベット」を書いた「タッパー」に入れ、判るよーグループ分けしておく 事。

丁寧に描かれた「グッドスマイルカンパニー」の説明書なら、確認も容易なんだけど、中には カタチが同じであっても、ハメ合わせが逆になるため、番号が異なる パーツも存在するから 「マスキングテープ」をラベルとして使い 、記しておくと便利だよん♪

そーして、パーツだけが残った状態になれば、ボリュームも大きく変わる事によって「作れそー!」とゆー気持ちに、なってくるハズ(笑)。

それにしても、久々に ニッパー 使おーと引っ張り出したら、まさか 錆(サビ)ちゃってる とは、思わなかったなぁ(汗)。


○ 仮組み

次に、 パーツの「合い」をチェックする ため、説明書の手順に従い、組み立てちゃう♪

スナップ・フィット方式のキットには、パーツのハメ合わせに使われる ダボ(軸&受け) とゆー部分が、存在します。

キツイ状態を、調整する目的から「軸」を短く切るモデラーや、完全に取り去っちゃうモデラーが居るらしーのだけど・・・

ボクちんの経験から言わせてもらえば、 「ダボ」は、絶対・切っちゃーなりません!!

それは 「素材の柔らかさ」で、切った部分のカタチが変形し、太さも変わる事によって「全ーく嵌らなくなる」 とゆー事態が起きちゃうから(泣)。

「ABS」は、一応 アセトンでの「溶着」が可能 なんだけど、「ダボ」が無くなると、繋ぎの「強度」が極端に低下するよーに感じて、心配なのよね(汗)。

※流し込みセメントでの、「固定」が可能な理由は、成分に、「アセトン」が、含まれてるから。


上記の理由から「ダボ」は、弄らずに、組み立てるのだけど・・・

ハメ合わせが「キツイ」場合は、「穴」の方を「ドリル」使って、コンマ数mm 広げてやれば 、スムーズに、嵌るよーに、なるよん♪


それとは別に、 最初から「歪んで」成型されてる事が原因で、全ーく合わないパーツ とゆーのも、存在します。

この場合、修正・不可能の使えないパーツになるので、 状態・良いモノへの交換 が、ベストな選択!

今回のモデルじゃー ヒジ関節 が、そーなっていて、他のキットと 共通・部品 になってる事から、間に合わせで流用したのだけど、それによって E6こまち は、組めなくなっちゃいました~(号泣)。

アキタには「話は読めた」と納得してもらい、「部品」は、後日、メーカーへ請求する考え(汗)。


そーして、ハメ合わせを確認・出来たら、パーツは「塗装」を行うため、再度バラしちゃう!

この時も 「頭」、「右腕」と、タッパーに入れ、グループ分けしておけば 、バラバラの状態でも、使うパーツが判る訳(笑)。


○ ゲート、パーティングラインの処理

パーツの多いモデル製作で、何が大変かって、ゲートを切り離した跡や、パーティングラインの処理なのよねぇ(汗)。

それらは、複製した「レジン」パーツにも存在するモノで、違う素材であろーと、処理をキチンと行う事で「練習」になるのだけど・・・

ボクちんが、普段・行ってる数(十数個)とは比べものにならないため、もーストレスを溜めるだけで、少しも楽しーと思えない(泣)。

これが 「キット」を作りたがらない、一番の「理由」 なのであった!!

処理の方法について、一応・説明すると、素材が変わっても全ーく同じで、 パーツの「面」に近い所まで、ナイフの「カンナ削り」を行ってから、ペーパーで整えるだけ~ 。

その際、 素材の柔らかさから、粗い番手のペーパーを当てるとキズが消えなくなるので、「#320」くらいを使うのが、ベスト だよん♪

一方で、このキットには、細かく再現されたモールドに、太さのある「ゲート」が、お構いなしで存在しており、切り離した後は、その部分を整形し モールド復活 とゆー作業を、行わなきゃーならなかったりします(号泣)。

これが「ガレージキットを組んだ事の在るモデラーじゃないと、キレイに仕上げる事は、絶対・無理!」と、言った理由で、処理が出来て無いと「ゲートの痕跡」が、バレバレになっちゃうのである(汗)。

ヒケ は、スナップフィット方式であれば、 「ダボ」が存る裏側の「面」には、必ず存在する モノなんだけど、これはペーパを当て整える(削る)だけで、簡単に処理・出来ます。

それでも消えない、ヒケやパーティングラインで出来た 段差 に対しては・・・

いつものよーに、 溶きパテ=ラッカーパテ(タミヤ)+流し込みセメント を使って、大丈夫かしら? ← 一応「アセトン」入ってるから、食い付くと思う


○ サーフェイサー

全パーツの下地処理が完了したら、 バラバラの状態のまま「サフ」、そして「全体・塗装」へと、進みます♪

とゆーのも「シンカリオン」は、パーツの形状が複雑で、塗り分けを行うのにも、組んでからじゃーマスキングが困難になると、判断したのよん(汗)。

その順番じゃー、パーツ接合した時の 継ぎ目 を、消せないじゃん? と、思うかもしれないけど・・・

近年のモデルは「継ぎ目」の存在する箇所も少なく、「線」が見えたとしても「スジ彫り」と捉える事も出来るよー、 分割が工夫されてるので、意外と気にならない のであった!

それに、 組んである状態とゆーのは、パーツのダボ付近に「力が掛かってる」事を示しており、そこに溶剤が乗ると、浸透によって、最も「割れ」を発生し易い部分 なのである。

つまり、バラバラの「力が掛かってない」状態で、「塗装」を済ませてから組んで行く手順は、 「割れ」を回避する 事に、繋がってるのよん。

従って、全ーく問題・無く進められるのだけど、上記の「ゲート跡」や「パーティングライン」の処理を怠ると、一発でバレちゃうから、そこは念入りに作業を行う事(笑)。


「ABS」は、 塗装の食い付きが、あまり良く無い(柔らかい素材に対して乗ってる、硬い膜にはヒビが入り易い) ので、本来は「プライマー」→「サーフェイサー」と進むのだけど、2層・重ねる事によって、とーぜん塗膜が厚くなってしまうので、 1層で済ませる(薄く仕上げる) ため、2つを合わせた プライマー・サーフェイサー を使います。



複雑で、入り組んだ形状のパーツには、缶スプレーでの塗装は困難なので 「ビン入り」を溶剤(薄め液)で希釈して、エアーブラシで吹き付ける んだけど・・・

「ABS」は、 溶剤の浸透によって「割れ」を起す 性質を持っており、少し厄介(汗)。

いつもの「レベリング薄め液」による希釈は、乾きの遅さから「浸透」させる事になっちゃうので、使用はNG!

「割れ」を発生させないためには、溶剤が素材・内部へ浸透する前に「パーツ表面で、すぐ乾いちゃえばOK」 と考え、今回は 「速乾性」の溶剤(薄め液)で、希釈する 事にしました。

そこで、用意したのが、最近・発売された新商品。



その名も、 クレオス「ラピッド薄め液」♪

ちなみに「関根勤」とは、何の関係も在りません(爆笑)。 ←それは、ラビットだってば

まだ、実際に使ってみてはいないのだけど・・・

ボクちんは、フィニッシャーズから発売されてる「ピュア・シンナー」と、同等のモノをイメージしてます。

だけど、吹いてる側から乾き始めたり、溶けが悪かったりで、「粉」っぽくザラ付いた仕上がりになったら、困るなぁ(汗)。


○ カラーリング

何に使う目的なのかは不明だけど「E5はやぶさ」に限っては、クレオスから 特色(3種) が、発売されてます! ↓







実車のカラーリングを忠実に再現 とゆー事で、これは「Nゲージ」に使うのは良ーんだろーけど、アニメ・モデルに用いるのは(特に、グリーンは、メタリック調である事から)濃すぎるし、イメージも異なるんだよなぁ・・・

※「プラレール」の「E5はやぶさ」が、アニメとは異なる配色で、 全体に暗めの印象 を与えてる理由は、それである。

そこで、3色のうち 飛雲ホワイト と はやてピンク だけを使う事にし、 常盤グリーン は、以前・購入した、 クレオス「みるきぃ☆ぱすてる(グリーンver.)」 の中から、近似色を選ぶ事にしました♪



とゆー訳で、これから「塗装」に入るので、写真は載せられませーん(笑)。

次回、とりあえず1体目「E5はやぶさ」の 完成・公開 と、なります!



模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

スポンサーサイト



シンカリオン スペシャル!!

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


※初めて訪問しちゃいました~、とゆー人はカテゴリー「スタート」から読んでみよー。


今回は、ボクちん的に、興味が超~進化中のアニメ 新幹線・変形ロボ シンカリオン について、紹介するで、ございまーす! ←車掌・型マスコット・ロボット「シャシャット」


○ シンカリオン

「シンカリオン」は、タイトル通り、新幹線が変形するロボット♪

元々は、何年も前から、タカラトミーが プラレール で、商品・展開してるシリーズであり、同じく同社が商品・展開してる「トランスフォーマー」の要素も採り入れる事によって、ロボ・形態に変形する玩具だったのよん。



それが、この度、前作「ドライブヘッド」に代わる新作として アニメ化 されちゃいました~!

しかも、 JR 各社とのコラボレーション実現など、すげー気合が入ってるナリ(笑)。

タカラトミーも、このタイミングに合わせ、人気商品(プラレール)の仕様を、リニューアル♪

なんと、新幹線・形態を犠牲にしてまで 「ロボ・形態のプロポーション重視」で、新規設計 を、行ってるのよん!

「キャラクター・モデル」を、なかなか再販してくれない事から「あまり関心が無い(?)」とゆーイメージを持っていたので、この展開には、とても驚いたナリ・・・(汗)。


「シンカリオン」は、搭乗する 運転士 が、超進化マスコン シンカギア(コントローラー) と Shica(シンカ=パスカード) を使って、操縦します。



だけど、 超進化速度(変形するために必要な速さ=時速1100km以上) に達しないと、シンカリオン(ロボ)への変形を行えない、とゆー設定!

ちなみに、超進化速度に突入してからの 変形プロセス を、解説すると・・・

先頭車両と後尾車両が連結 → 先頭車両は「胸」と「腕」に変形 → 後尾車両は「脚」に変形 → 最後に胸から「頭」が出て、完了~♪


「シンカリオン」は、10年前、突如、日本に出現した謎の敵 巨大怪物体 を倒すため、大宮の「鉄道博物館」地下にある機関 超進化研究所 で開発されました。 ※「鉄道博物館」は、埼玉県・大宮市に、実在。


それじゃー、本編に登場する「シンカリオン」を、ご紹介~♪


シンカリオン♪ 1

☆ E5はやぶさ

東京~新青森 間を、日本最速= 時速320km で走る、高性能な新幹線。 主人公 速杉ハヤト が運転する。 背中に ウイング を装備しており、脚部 スラスター を用いた大ジャンプと、空中での 高速機動 を得意とする。 武器は カイサツ・ソード 。 全長:26.5m、重量:100t。

※ カイサツ・ソード斬り ・・・敵を 光の改札 に閉じ込めて、身動きが取れないよーにし、高速機動を生かして、一刀両断にする大技。 初戦で使い、わずか 10秒(!) で、敵を倒してしまったのだ。

※ グランクロス ・・・全エネルギーを胸部ユニットに集めて「超強力なビーム」を放つ、最大出力の必殺技で、敵を一瞬で撃破する。 途轍もないパワーが必要なので、運転士の「適合率」が高くなければ使う事が出来ず、かなりのエネルギーを消耗するため、何回も放つ事は出来ない。


シンカリオン♪ 2

☆ E6こまち

東京~秋田 間を走り、在来区間も走れるよーに開発された、秋田・新幹線。 男鹿アキタ が運転する。 脚部の ホイール を使い、地上を高速で移動・可能。 武器は、強力な弾丸を発射する2丁の銃 フミキリ・ガン 。 全長:25m、重量:95t。


☆ E7かがやき

東京~金沢 間を走る、北陸・新幹線で、山道でもスピードを落とさない程、パワフル(笑)。 大門山ツラヌキ が運転する 超パワータイプ 。 脚部の クローラー で、荒地の走行も可能。 武器は、凄まじー速さで回転し、どんなに硬い敵でも貫く シャリン・ドリル 。 全長:26m、重量:110t。


シンカリオン♪ 3

☆ E3つばさ

東京~山形・新庄 間を走り、雪道も走れる、山形・新幹線。 月山シノブ が運転する。 忍者 のよーな「変幻自在の動き」で、敵を翻弄する。


☆ H5はやぶさ

新青森~新函館・北斗 間を走り 「E5」と同じ性能を持つ 北海道・新幹線。 発音ミク が運転する。 ボディを温める ユーバリ・ヒートシステム の搭載により、寒い場所での戦いを、得意とする。


シンカリオン♪ 4

☆ N700Aのぞみ

東京~博多 間を走る、N700系から進化を遂げた、新幹線。 東海・支部に所属の 清州リュウジ が運転する 格闘タイプ 。 「ノーマル」と、中間車の合体によって全能力が超アップした アドバンスド 、2つのモードに変形する! 武器は、右手の ドラゴン・クロー と、左腕の「クルマドメ・シールド」。

※ ドラゴン・ナックル ・・・敵を粉砕する、右手のパンチ技。


☆ 500こだま

鋭く尖った先頭車両と、丸いフォルムで、より速く走れるよーに開発されている、山陽・新幹線。 攻撃型 で、武器に ミサイル・シールド を持つ。


☆ 800つばめ

博多~鹿児島・中央 間を走る、美しーデザインが特徴の、九州・新幹線。 2種類の  を持ち、空を飛べる。 武器は パンタグラフ・アロー 。


「シンカリオン」は、上に挙げたモノが全てじゃーなく 多くのバリエーションが全国に配備されてる 設定で、新しー機体は、今後も、まだまだ登場・予定なので、ありまーす♪


さらに「シンカリオン」は、2体による リンク合体 を行い、その組み合わせで、それぞれの長所を引き出してのパワーアップが、可能なのよん!

例えば E5+E6 なら、先に名前がくるロボは 上半身 、後ろに名前がくるロボは 下半身 で合体し、E5の攻撃力とE6の機動力を持つ、機体となるのだ(笑)。


また「シンカリオン」の運転士には、 適合率 が高くないと、なれません(汗)。

その「適合率」は、 シンカリオン・シム とゆーゲーム(シュミレーター)で、プレイヤーが高得点を出した結果から、割り出されてます。

以下に「シンカリオン」の運転士を紹介するけど、メンバーが 小学生(子供)中心 となってるのは、大人よりも「適合率」が高い傾向に、あるため。

シンカリオン♪ 6

☆ 速杉ハヤト ・・・主人公で、大宮に住む男の子(11才)。 時刻表を見るのが大好き。 適合率は、最高の 96.5%(!) 。 ※CV:佐倉綾音

☆ 男鹿アキタ ・・・秋田県・出身、 ビームライフル競技で、超一流の腕前を持つ 、男の子(11才)。 ※CV:沼倉愛美

☆ 大門山ツラヌキ ・・・金沢市・出身、 四字熟語 を言う事と、トンネル等の建築物が大好きな、男の子(11才)。 ※CV:村川梨衣

☆ 月山シノブ ・・・山形県・出身、 月山流・手裏剣術 を使う、忍者・男子(10才)。 ※CV:吉村那奈美

☆ 発音ミク ・・・北海道・出身、 剣道 と勉強が得意な、女の子(11才)。 ※CV:藤田咲

☆ 清州リュウジ ・・・名古屋・出身、 空手 を使う中学生・男子(14才)。 ※CV:逢坂良太


「発音ミク」は、北海道・支部のイメージキャラクター 雪ミク とのコラボレーションにより、登場~♪

ボーカロイドじゃーなく、 普通の女の子 とゆー設定なのよん(笑)。

シンカリオン♪ 7


続いて、「シンカリオン」が戦う、謎の敵「巨大怪物体」について、解説~。

☆ 巨大怪物体

謎の敵が 漆黒の新幹線 を線路に走らせる事によって、突然・出現する、悪のモンスター。

様々な種類が確認されており、いずれも、すげー力を持ってるため、「シンカリオン」じゃーないと、撃退・出来ない(汗)。

超進化研究所は、「巨大怪物体」が現れると、人工衛星から 捕縛フィールド を発射し、その中に閉じ込めちゃう!

これは、「シンカリオン」との戦闘中、街に被害が出るのを避けるためのモノ。

しかし 制限時間 があるため、消えて無くなってしまわないうちに、敵を倒さなきゃーならない、とゆー訳。 ※10分前になると警告のため、フィールド内が  に変わる。

ちなみに「巨大怪物体」は、いずれも 実在する場所にある「建物」等がモチーフ となってるので、新幹線を利用しての 全国「巡礼」 も、可能♪

シンカリオン♪ 8

このアニメ、「JR」と、上手くコラボしてるなぁ~(笑)。


〇本日のアニソン♪

とゆー事で、今回、ご紹介する曲も、「シンカリオン」で、ございまーす!

新幹線・変形ロボ シンカリオン OP:「進化理論」   歌:「BOYS AND MEN」



BOYS AND MEN(略称:ボイメン) は、 東海・地方 出身・在住の男性メンバーで構成された 10人 からなる ご当地アイドルグループ 。

名古屋を拠点に、歌・ダンス・芝居を基軸に活動しており、メンバーは個人で、「俳優」・「タレント」活動も行ってます。

本曲の作詞は、 藤林聖子 (平成・仮面ライダー・シリーズで、お馴染み)が、担当~♪

歌い出しの「ガンガンズダンダン!」が、けっこー耳に残る感じのフレーズで、ハマってます(笑)。

この 「進化理論」 、CDリリース直後、オリコン・ランキングでは2位に大差を付け、ぶっちぎりの 初登場1位 を、達成!!

以前から配信によって人気を集めてた(?)とゆーのも有るだろーけど、歌ってる ボイメン は、日本レコード大賞(第58回・2016年)で、 新人賞 も獲得してる、実力派・集団で、本曲は通算20枚目となるシングルなのである。

ボクちんは「シンカリオン」の主題歌として、気に入ってるだけなんだけど、メンバーの中には「仮面ライダー鎧武」で、 仮面ライダーバロン/駆紋戒斗 を演じていた、イケメン俳優 小林豊 さんの姿も♪

仮面ライダーバロン♪

駆紋戒斗/小林豊♪

やはり、特撮(ライダー)ファンとして、応援しなきゃーなりませんねぇ(笑)。

最近は、コレばっかし聴ーて、製作中のテンションを上げてる状況なので、今回は 歌詞 を、紹介するよん♪


ガンガンズダンダン! 僕ら遮二無二進化中
ダンダン地団駄! 踏まれるくらい独走中

光のスピードで変わってく世界 
流されるよりも乗りこなせ
壮快 ビュんビュん! 希望のレール進めよガンガン
化石になんないうちに 動き出せ
あーだこーだ考えて止まった一瞬 その間も地球はグルグル回る
きみの涙 こぼれぬよう 未来先回り!
南から北 古今東西 この世界守りたい

走れ! 走れ! 新しい自分を 目指すのが進化理論 (Evolution!)
もっと (Go!)  強く (Go!) 毎日熱くベスト記録更新
誰にも止められない 進化理論

ガンガンズダンダン! 僕ら遮二無二進化中
ダンダン地団駄! 踏まれるくらい独走中

響かせろ 君だけのハートビート
研ぎ澄ましノイズかき消して
成長グングン 悔し涙もウェルカムカム
心のトレーニング 鍛えてけ Fly! Life time Express 
人生のスケールは未体験の 数だけ広がり続けるのさ
君が笑う未来のため強くなりたい 乗ってけ To the
世界果てはギャラクシー どこまでも駆け抜ける

走れ! 走れ! 無限大の夢を 抱くのが進化理論 (Evolution!)
もっと(Go!) 速く(Go!) 誰より熱く沸騰させろ闘士
勇気が爆発する 進化理論

ガンガンズダンダン! 僕ら遮二無二進化中
ダンダン地団駄! 踏まれるくらい独走中

進化 (進化)  それは (それは)
時代 (時代)  逆らって 起こす革命

走れ! 走れ! 新しい自分を 目指すのが進化理論 (Evolution!)
もっと (Go!)  強く (Go!) 毎日熱くベスト記録更新
誰にも止められない 進化理論

ガンガンズダンダン! 僕ら遮二無二進化中
ダンダン地団駄! 踏まれるくらい独走中

ガンガンズダンダン!


アニメのイメージに相応しく、 疾走感のあるアッパーチューン で、頭から離れないキャッチーなメロディーが、特徴。

歌詞の「進化理論」が 「シンカリオン」に聞こえる よーに歌われており、ボイメンらしー遊びが、仕掛けられてます(笑)。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR