研究レポート#89:新作モデル、ネタ発表~♪

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

土足で「スクラボ」に入るな!! 

貴様は、確かに優れた資質を持ってるらしーが、無礼を許すわけには行かない。

よくも、ずけずけと、人様のブログに入る。 

恥を知れ、俗物!(爆笑) ←ハマーン・カーン?


※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人はカテゴリー「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から読んでみよー!


突然だけど、次に製作するモデルのネタを、ここで発表しちゃおーと思います。

スーパーロボット マッハバロン だよ~ん♪

マッハバロン:資料1

マッハバロン:資料2

※「マッハバロン」とは

作品についての、大まかな解説は 研究レポート#20(本日のアニソン) にて、済んでる(?)状況なので、解らない人は、そちらを読んでちょーだい(笑)。 ←オイ!

だって、同じ事を繰り返し書いても、しょーがないじゃん。

なので、かたっち☆・・・が思う 本作のLOVEポイント のみ、以下に挙げてみたよん。 ↓


☆ マッハバロンの、デザインが、美しー♪

設定じゃー、身長 50メートル のロボットなんだけど、そのフォルムは「マジンガーZ」+「コン・バトラーV」(?)とも言え、「歴代・特撮ロボの中で、最も美しー!!」と、多くの特撮ファンから、愛されてます(笑)。

だけど、その分 高下駄 になってしまい(?)劇中、思うよーなアクションが取れなかったのが、とても残念(泣)。

ちなみに「レーシングカー(カウル)」と、同じ素材を使ってたらしーので、費用は 200万円以上(!) 掛かってるモノと、思われます(汗)。 オイルショックの頃なのに・・・


☆ マッハバロンの攻撃・描写が、超~ウケる(笑)

「全身・武器の固まり」とゆー設定なんだけど、デザインや武器の特徴を分析してみると、当時の男子が好きだったモノ「全部入れ」である事が、判明します。 ↓

「口」から「炎」を吹き出す ・・・怪獣映画からのアイディア? 「ガメラ」みたい。

「ベルト」を着けてる ・・・変身ヒーローからのアイディア? ちなみに、無線誘導で飛ばして、敵に当てちゃうゾ(笑)。

両胸に「ミサイル」搭載、両腕を飛ばす ・・・「マジンガーZ」からのアイディア? まぁー「ロケットパンチ」ね。

手甲から「刃物」が出る ・・・「プロレス(凶器、隠し持ち)」からのアイディア? 「ウォーズマン」みたい。

足底の「ロケット・エンジン」で、両腕を曲げ、飛んでいく ・・・モロ「鉄腕アトム」だってば(笑)。

必殺武器は 両目から発射する光線 (マジンガーZならば、光子力ビーム?)なんだけど、その際に「頭部」の回転と合わせ、 ブリッジ までするヘンテコな動きに、もー大爆笑!!

まぁー、作品に新しー要素を求める、試行錯誤の結果だったんだろーけどね・・・(汗)。


☆ メカニック描写が、とにかく素晴らしー♪

ヒルマ・モデル・クラフト によるミニチュア造形、特に KISS海底秘密基地 からの、 マッハバロン出撃(発進)シーン は、秀逸!!

主人公が乗る マッハトリガー は、マッハバロン・脚部に格納された後、メインフレームに付属されたエレベーターで、座席ごと頭部のコクピット(額・中央)へ、移動! ←後年「ダイモス」も、パクってる(笑)。

描写は「サンダーバード」を意識してた(?)と思われ、改造ベース車両が フェアレディーZ とゆーのも、当時の「スーパーカー(サーキットの狼)」ブームを、反映しての事と、思われます(汗)。

ちなみに、基地は「自家発電設備」の中枢に、マッハバロンの動力源 小型中性子原子炉(コードネーム:パイルX) を使ってる、とゆー設定。

だから、戦闘で「バロン」が倒される(破壊される)と、基地までも、自壊しちゃう!

逆に「バロン」が無事である限り、基地は、どんな損害を受けよーが、復旧可能とゆー訳。

劇中、何気に強烈なインパクトを放ってた(?)のは、KISS本部に置かれてる 椅子 だったりします♪

なんと、カタチが じゃんけんのチョキ(手形) に、なってるのよん(笑)。 ←そのセンスが、70年代


☆ ヒロインが、素晴らし~(嬉)

団次郎 (帰マンで、お馴染み)が演じる、イケメン司令 村野博士 や、深江章喜が演じる、 発明刑事「花倉」 等、本作には個性的で、魅力あるキャラクターが多いんだけど・・・

その中でも、かたっち☆・・・のイチ押しは、 木下ユリ が演じる、ヒロイン 「小杉愛」隊員♪

当時は「ウルトラセブン」のアンヌ隊員と1、2を争うくらい(?)特撮ファンに人気があったんだけど、他の出演作品が確認されてない事から、得られる情報の少ない、超~レアな女優さんなのである。

現在で考えれば、 爆乳 なので、グラビアにも進出してただろーし、大人気となってた(?)ハズである。

それ故、 最終話で死んじゃう 展開は、とても悲しーナリよ(号泣)。


☆ 敵「ロボット帝国」の設定が、しっかり作られてる

とにかく、総統 ララーシュタイン のインパクトが、凄い! 

彼は、 金色の眼 をしており、放射線を浴びた後遺症とゆー設定から、 パンクヘア(髪)の色 が、普段→  、怒る→  、大激怒→ 7色 へと、変化しちゃうのだ(爆笑)。

マッド・サイエンティストとゆー部分は、やはり「ドクターヘル(マジンガーZ・敵)」が、モチーフなのかしら?

ドイツの科学者であるため、 侵略ロボット の名前は、全て ドイツ語(!) とゆーのが、箔を付けてます。

それらは、基地(空中要塞)から、転送装置で、地上や目的地まで、電送されるシステム♪

毎回、作戦を立てるのは、 彼の息子(3兄弟) であり、それぞれが 陸・海・空の参謀 、とゆー設定!

脚本は、主に 上原正三 (ウルトラ・シリーズで、お馴染み)なんだけど、ストーリー展開を面白くしてたのは、功を競っていがみ合う、息子たちの 足の引っ張り合い であった事は、間違いない(苦笑)。

また、次に送り込むロボットの出撃シーンで、 つづく になる演出も素晴らしく、とても良ー引きになってたナリよ♪

「帝国兵士」も、当時の「アメフト」人気を反映してるかのよーな(?)デザインが特徴の、サイボーグ。


☆ 主題歌(OP、ED)が、最高~♪

OP映像 の 影絵 は、モロに「ウルトラセブン」のパクリだけど(汗)、この曲はノリが良くてカッコイイため、じつは「フィンガー5」等、多くのアーティストにも、カバーされてます。

ED 曲「眠れマッハバロン」も、名曲!!

こちらは、打って変わって、アコースティック調となっており、叙情的なモノに仕上がってます。

どちらも傑作の主題歌なので、毎回、これを聴くだけでも、満足感アリ(笑)。







☆ 突然の最終回(号泣)

「合体プラモ(アオシマ)」や「ジャンボ・マシンダー(ポピー)」等の商品で、安定した人気を獲得していながらも、局の都合によって、急遽 打ち切り(全26話) となってしまったのが、とても残念!

内容も、ララーシュタインに逃げられて、決着が付かない、とゆー終わり方でした・・・。


マッハバロンを作ろー!

製作に関しては、最初のモデル「マジンガーZ」から、計画してた(?)事だったりします。

まぁー、この年代のロボットは、全て「計画中」なんだけど(笑)。

「過去に作ってきたモデルのパーツを、ムダ無く流用する」 とゆー、「スクラボ」の基本コンセプトに沿って、今後、記事が展開されて行く予定!

現在、ロボの素体としては、太めの「Z」、細めの「ゲッター」、2つ存在してる訳だけど、  の芯には、カタチが似てる事から「Z」、首から下は「ゲッター」のバランスなので、 胴体 の芯に「ゲッター」を使い、後は 下腕 や  に「Z」のモノを使って、「新造パーツ」と組み合わせれば、すぐカタチになるかなぁーと、考えてます。

どちらかと言えば、今回は 作品としての見せ方 に、アイディアが必要と、なりそーです(汗)。

全体のカラーが  なので、難しくなるのは想像できるし、 基地・内部 のディオラマを再現するのも、面白いかなぁーなんて、計画してます♪

とゆー訳で、次回から、具体的な製作を行っていくけど、実際、取り掛かるのは「ウイングマン」完成後となるので、3か月くらい(?)放置される予定(笑)。 ←オイ!






キュウレンジャー・続報~♪

キュウレンジャー♪

気になる(?)主役9人のキャラクター設定が、判明したので、以下にお伝えしま~す。 ↓

☆ シシレッド ・・・ 「幸運」を味方に付けて戦う、とゆー設定! だから変身前の名前が「ラッキー」だったのね。 これは「何だかわからないうちに、気付いたら敵を倒してた」なんて、面白いドラマ展開が、期待出来そー。 まさか、東映が とってもラッキーマン (週刊少年ジャンプ連載)の設定を、入れてくるなんて(笑)。 

☆ サソリオレンジ ・・・ 仲間意識が薄い (とゆーか、無い、笑)クールな性格。 毒を持つ「尻尾」で、敵を刺す!

☆ オオカミブルー ・・・ 野性的な技 を使って、敵と戦う。 ジュウオウジャーからの継続的、設定?

☆ オウシブラック ・・・ 怪力 を持ち、体当たり的な戦法やプロレス技を、得意とする。

☆ ヘビツカイシルバー ・・・ 「感情」とゆーモノが、解らない 人物・設定! いろいろなドラマを生みそー。 戦いでは、一時的に 時間を止められる 能力を持ち、その中で動く事が出来ちゃう。 スタンド「ザ・ワールド」?

☆ テンビンゴールド ・・・頭が良く、 いろいろな作戦を立てる のを役目としている。機械なので、敵に対して、 正確な攻撃 (射撃など)が、行える。

☆ カメレオングリーン ・・・身軽なので、動きが素早い。 カメレオンなので、姿を消したりと言った 忍術(?)戦法 を使い、 変幻自在 の攻撃が出来る。

☆ ワシピンク ・・・翼を持つ事により、ただ1人 空を飛べる 能力を持つ。 主に、仲間の攻撃を、サポートするのが、役目。

☆ カジキイエロー ・・・料理人とゆー事から、戦いでは「剣」を使い、 切れ味の鋭い斬撃 で、敵を倒しちゃう。


とゆー訳で、それぞれに「これまでの戦隊、全部入れ」な印象なんだけど(汗)、主役が9人もいて、話がきちーんと纏まるのかなぁーと、少し心配・・・

キュータマ は、星座の数と同じ 88個(!) 存在する設定なので、いろんな関連商品(ガチャ、食玩等)と連動していく事になりそー。 これまでに無いくらい(?)「遊べる」オモチャらしーけど、全部を集めよーなんて考えると、大変かも。





ちなみに「キュウレンオー(5体合体)」と「残る4体(別売)」の買い物で、およそ ¥18000! 主役を揃えるだけで、早くもキツイ状況~(泣)。

戦士は、これ以上増えない(?)だろーけど、今後、合体する事になる サポート・メカ の登場は、有りそーなんで、覚悟しなきゃーならないナリね・・・

         


〇本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

闘士ゴーディアン・OP:「闘士ゴーディアン」   歌:塩見大治郎





本作は、 タツノコ・プロ 制作による、 西部劇 の要素を取り入れた、ロボットアニメ♪

舞台は、 ビッグカタストロフ (彗星ソコネス、惑星ウカペ、惑星スカルプの異常接近で起きる現象)により、壊滅しちゃった地球。 

復興を始めた人々は、各地で創られた都市(タウン)ごとに暮らす事を余儀なくされたが、その混乱に乗じて、ドグマ大帝統・率いる秘密結社 マドクター軍団 が、侵略してきた!

狙いは、アメリカ西部 ヴィクトールタウン の地下に蓄えられている、謎のエネルギー イクストロン だった。

「ヴィクトールタウン」を守る、 メカニカル・コンバット部隊 の隊員 ダイゴ大滝(主人公) は、黒豹型ロボット クリント を従えた、早打ちと電磁ムチの名手で、父「大滝博士」の遺した ゴーディアン を駆使して戦う。


ゴーディアンは、 3体が収納されて合体する (マトリョーシカを思わせる)ギミックが特徴のロボットで、単体じゃーなく、3体を合わせた呼称なのよん。

「イクストロン(ソコネスの隕石から培養)」を用いた バイオ・メカフィルター システムは、同調するよー施術されたダイゴの動きをトレースし、運動能力を増幅させるんだけど、ダイゴに合わせて調整されてるため、 他の人間が搭乗すると拒絶反応を起こし、大火傷を負っちゃう のである!

だから、ダイゴを救うため「ゴーディアン」に乗り込んだ、 姉・サオリ は重傷を負い(第1話)、全身包帯姿となったのよん(第2話)。

当初は、合体しなきゃー動かせなかったけど、物語・中盤、特訓によって、ダイゴの意志で、 個別に活動 出来るよーに、なっちゃう(笑)。

3体、それぞれの特徴は、こんな感じ。 ↓

☆ プロテッサー ・・・ダイゴを体内に収容する、全高 2.5メートル の小型ロボット。 小柄さを利用して敵を翻弄したり、ダイゴの特技「アメフト」を活かした俊足、タックル攻撃を得意とする。 ラグビーボール型の武器を使う。

☆ デリンガー ・・・プロテッサーを体内に格納する、全高 5メートル の中型ロボット。 主に格闘戦に優れる。

☆ ガービン ・・・デリンガーを体内に格納した、全高 15メートル の大型ロボットで、最終形態。 一番外側であるため、防御力は桁外れに高い(笑)。 武器は「白光剣」を装備。 

ちなみに、各話登場の「敵メカ」をデザインしてたのは、デビューしたばかりの 河森正治 !!

当初は2クールで終了の予定だったけど、ポピーから発売された 超合金(←持ってた、笑) が大ヒットしたため、番組は延長に次ぐ延長を重ね、なんと全 73話(!) とゆーロングランを、達成~♪

これは、中盤から SF 的な趣向(「ビッグカタストロフ」再接近や、それから人類を救う「プロジェクトX」計画、移民船「アノー号」での移住先、惑星探し等)を次々と盛り込んだ、シリーズ構成: 山本優 の手腕によるところが大きーと思われ、多くの謎によって、物語がスケールアップしたのである!


本曲は、作曲を 山本正之 が、担当~♪

OP映像 は、 タイトル・ロゴが彫られた巨大な岩を、ゴーディアンが両手で持ち上げていて、その岩の上にダイゴが立ってる、とゆースゲー構図から始まる(笑)。

そして、サビ部分では、 ただ歩きながら 敵を壊滅させていき、凄まじーまでの強さをアピール。

歌詞も 「赤い血潮は、その色を~」 と、出だしから、超~熱い!

ED 曲の歌詞も素晴らしく、 「平和イコール正義」 とゆーフレーズや、 「誰もが忘れかけた、魂のふるさと~」 のクダリが、ホント心に染みてきます。 オススメだよん♪


とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

スポンサーサイト
プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR