FC2ブログ

スクラッチビルド、グドンを作る!(トゲ)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

※初めて訪問しちゃいました~、とゆー人は、カテゴリー「スタート」から、読んでみよー!

今回は、皆さん、お待ちかね~「グドン」の続きだよ~ん。

※グドンとは「帰ってきたウルトラマン」を始め、以降のシリーズにも度々登場してる、人気怪獣の事である!


○ 体表モールド

モデルのサイズは、 約6.5㎝

前回、エポキシ・パテ(高密度タイプ)を使って、 第1段階 の盛り付けを行ったのが、こちらの写真。 ↓

グドン:体表モールド 1

その後、再度 速硬化タイプ を使う事にし、 第2段階 の盛り付けを行って・・・

完成に近い所まで、一気に進みました(笑)。 ↓

グドン:皮骨(トゲ) 1

グドン:皮骨(トゲ) 2

グドン:皮骨(トゲ) 3

グドン:皮骨(トゲ) 4

何故、使うパテを戻したのか? とゆーと、 硬化の始まりが速いほーが、カタチを作る際にも安定し、維持されやすい状態となる 事を、知ったから!

モールドの再現・方法は、資料を見ながら、自分が納得するまで、 ひたすら「盛り・削り」を繰り返して行くだけ~ の、単純・作業なんだけど「意識しておけば、ラクになる(?)」ポイントも、確かに存在するので、以下に説明しちゃう。


まず 頭(顔) だけど、その後、資料との比較から、正面での 横幅 が、足りてない事に、気付きました(汗)。

そこで、 頬(眼の下) 部分を中心に、ボリュームアップ。 同時に 眼窩(眼の上) も、より前方へ突き出すよーに、盛り付けで、形状・変更を行ったら・・・

飛び出していた 両眼 は、奥まった状態に修正され、ほぼイメージ通りに、仕上がったよん♪

ちなみに、一見、窪んでる(?)感じの  は、角・2本が生えてる根元の膨らみと、眼窩の突き出しによるエッジ、頭頂のボリュームによる複合・作用で、自然と、そー見えるだけ。

パテ盛りで  に、丸み(厚み)を加え、ボリュームアップしたら、  も、増した横幅に合わせ、大きく、深く切り欠いて調整し  を付ける。

鼻先には、パテを盛って トゲ を作り、同時に、鼻筋も修正する。

細かい部分を造形する際、速硬化タイプの方が「食い付き」も良く(?)向いてるみたい。

眼球 として使っていた、市販パーツ リベット は、作り進めるうちに、左右で位置が狂ってる事に気付いたので、全て削り取り、一回り小さいサイズに変更、修正しました(汗)。

その際、 半分が「目蓋」に隠れる 事から、半切して貼るのがポイント。 成型色が「ピンク」なので、光って見える(笑)。

 は、資料との比較で、短く感じたため、一旦・切断してスペーサーを挟み、 4mm延長

これによって、怪獣らしく 首を垂れる姿勢 が、強調されたみたい♪


ボディ の方も、「体表モールド」の中央が抉れるよーに、リューターで削って(調整して)から、パテを盛り直し、全体的な修正を行いました。

資料を見ると、「脇の下」や「脚の後ろ側」には、広い面積で モールドの無い部分 が存在してる事が判り、これは 動きやすくするための省略(処理) と、考えられます。

 は、「脇」や「胸」に向かうラインを、細く絞り込まれる感じに削ると、「下腹」のボリューム感が、強調される。

 は、資料と比較し、全体に小さく感じたので「爪先」にパテを盛って「横幅」をボリュームアップ、同時にラインも爪先が膨らむよー、修正したよん。


☆ トゲ

全身に、 60本 以上・在る、「皮骨(?)」の再現。

やはり、同じ素材(エポキシ・パテ)から作るほーが、一体化される事で強度も高くなると、判断!

まず、使う本数分、捏ねて揃えちゃう。 個々のサイズは、テキトーでOK♪

それをナイフで、1本ずつ、 最初は「ピラミッド」に削り、次に「カンナ削り」で、そのエッジを落とす要領で、「円錐」へと、仕上げていく 。

本体へ取り付けてしまうと、ナイフの刃が届かず、整形が困難になる部分も在るので、先にカタチを出して置く事。

接着にも「エポキシ・パテ」を使い、角度・調整しながら、 ランダムに配置して行く 。

一応、自然界(地底)に生息してる(?)設定なんだから、トゲが人工的に、揃って並んでる訳、無いのである!

しかし、この「トゲ」は、まだ完全じゃーなく、この後、さらに本数を増やしたり、長さ・太さも調整してシャープに仕上げなきゃーならない(汗)。

全体には 「着ぐるみ(服)」を意識させるモールド(シワ、弛み、等) も、追加していく予定♪

両腕の 振動触手=エクスカベーター(ムチ) も、施してある「スジ彫り」が、素材(ソフト・プラ棒)の柔らかさから、埋まり気味なので、この状態から削り込んで 「蛇腹」モールド への変更を、考えてます。


怪獣モデルは、他のモデルと比較して、 カタチが多少・歪であったり、表面処理が不完全(雑)であっても、許されちゃう(?) 傾向が在るよーに感じますが、実際「どこまでOKなのか」は、難しー所。

意図して「らしさ」を追求した表現のハズが、「それ以上の技術を持たないヘタッピなモデラー」とゆー印象を与え、そのよーに映ってしまったら、本末転倒 なのである!

そんな訳で、「塗装」作業に入るまでは、まだまだ時間が掛かりそーです(泣)。


○ 特撮ヒロイン写真館♪

約1年ぶりに帰って来た、このコーナー。

いや、その間、気になるヒロインは、居るには居たんだけど、なかなか脱いでくれなくて(笑)。 ←オイ!

今回は、 宇宙戦隊キュウレンジャー で、ヒロイン カメレオン・グリーン/ハミィ を演じた、女優 大久保桜子 ちゃんの、登場~♪

まずは、 プロフィール 。 ↓

生年月日:1998年7月20日(21歳) 出身地:神奈川県

身長: 152㎝(!)  血液型:O型 事務所:Wonderweve(ビクター・ミュージックアーツ)


現在、ファースト写真集 「SAKURAKO」 が、発売中~♪



写真は、彼女にとって、初挑戦となる キタコレ! な「水着」・「下着」が多く、どこかミステリアスな雰囲気の「一般・販売」版と、 「Amazon」版(限定) 、2種類の表紙で、存在してるのだけど・・・

表情が、内容の雰囲気に合ってる「Amazon」版の方が人気で、 完売 状態になってます(泣)。

購入が間に合わなかったので、仕方なく 週刊誌 に掲載されてた写真を、紹介しましょー。 ↓

大久保桜子 1

大久保桜子 2

大久保桜子 3

大久保桜子 4

大久保桜子 5

大久保桜子 6

大久保桜子 7

大久保桜子 8

大久保桜子 9

大久保桜子 10

大久保桜子 11

大久保桜子 12

大久保桜子 13


ちなみに、 8枚目の写真 が、Amazonの表紙に、使われてるのよん。

キュウレンジャー放送・当時から、小柄(低身長)でも 胸にボリュームが在る 事は、気付いてたけど、ここまで素晴らしーとは、想像・以上でした♪

ハミィだけに、 水着からハミ(ィ)出てる乳が、たまらず、久々に「キュータマ」も熱くなった(爆笑) 。 ←コラ!

顔立ちから、一見クールな印象なんだけど、笑顔になると、ガラッと変わり、そんな所も、また魅力♪

レッドとの交際が報道されてからは、引退も言われてたけど、今後も、もっと活躍して欲しーなぁ~。


○ 次回・予告!!

次記事からは、これまでの「スクラボ」には、有り得ない展開に、突入~。

なんと プラキット を、製作しちゃいます♪ ↓

シンカリオン E5はやぶさ 1

そのシリーズは、続々と商品が発売されており、 全種・購入 と考えてるボクちんは 今、作らなきゃー絶対、積みになるじゃん とゆー理由から、 4体・同時 に作る事を決めました。

最新のキットだから、難無くサクサク出来上がると思いきや・・・

内容は 「ABS」と「プラ」が混在 しており、「少しパーツの多い食玩レベルじゃん」と、簡単に終わらない状況と、なりました(泣)。

ガンプラは好きじゃーないけど、比較して「バンダイはスゴイんだなぁー」と、実感させられましたね(汗)。

詳細は、次記事で明らかとなりますが、とーぜん1回じゃー終わらないなぁ・・・



模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

スポンサーサイト

スクラッチビルド、グドンを作る!(体表モールド)

このブログを御覧の皆様、こんにちは。


※初めて訪問しちゃいました~、とゆー人は、カテゴリー「スタート」から、読んでみよー!


今回は、皆さん、お待ちかね~ グドン の続きだよ~ん。 ←約2年ぶり

※グドンとは 帰ってきたウルトラマン を始め、以降のシリーズにも度々登場してる、人気怪獣の事である!

まさかの、ウルトラマン・記事、2連投~(笑)。


○ 体表モールド

モデルのサイズは、 約6.5㎝ 。 

タミヤ「兵隊さんフィギュア」を、 着ぐるみの中に入ってる「人間」 と捉え、全体のプロポーションを構築してます。

芯(骨) から製作を始めてるのは、モデルに 強度 を持たせるためで、「胴体」には「Z」の複製パーツを流用。

「腕」や「脚」の太さ・長さも、 左右で合わせる手間を省く ため、プラ材と市販パーツの組み合わせから、同じに作って揃えました♪

各パーツは、エポキシ・パテ(速硬化タイプ)を使って接着し、ポーズを固定!

更なる盛り付けで、 「怪獣」独特のプロポーション へと変更したのが、前回までの状態。 ↓

グドン:芯7

そして 体表モールド を施すため、エポキシ・パテ(高密度タイプ)に変更し、更なる盛り付けを行ったのが、こちらの写真。 ↓

グドン:体表モールド 1

グドン:体表モールド 2

グドン:体表モールド 3

第1段階 の盛りとして、目安となる程度のモールドを再現し、サフを塗った状態なんだけど・・・

なんかミシュラン・タイヤのイメージ・キャラクター「ビバンダム」みたい(爆笑)。 ←たしかに

市販パーツ「リベット」の埋め込みで  を再現し(ポイントは目蓋?)、口の中には 舌(ベロ) も付いたので、「顔」だけは「グドン」に見える所まで、早くも仕上がってます♪

「グドン」の場合は、「鼻先に向け三角に尖ってる」骨格であるため、角度によって見え方が大きく変わってしまうので、こーゆー造形に慣れてないモデラーが似せて作るのは、けっこー大変かも知れない。

実際、ボクちんも、盛り付け・途中に「違う」と思って、一度・盛ったパテを全て剥がし、更なる削りで「骨格」を修正してから、再度・行ってたりします。

この後、  が付けば、よりイメージに近付いてくる(?)と、思うんだけど・・・(汗)。

「体表モールド」の再現に、 より硬化が遅くて「芯」とは色の異なるエポキシ・パテを使った のは、作業に 時間的・余裕を持たせる のと、 盛り付け具合(状態)の確認を容易にする のが、主な理由!

だけど、エポキシ・パテ特有の ベタつき によって、作業が困難な状況は、全ーく変わりませんでした(泣)。

盛り付け・モールディング は、市販の「スパチュラ(ヘラ)」で行った場合、道具・自体の重さが掛かる事にもなって、モデルの破損を招く(?)可能性が有ると判断したため、今回、工具を自作してます♪

プラ丸棒(5mm)に、ミシン針を刺す とゆー簡単な方法で、極細の「ケガキ針」みたいなモノを、用意。

これなら細く狭い部分に届くのは勿論、固さも有るので先端を使っての「彫り込み」や、その長さを使って「余分なパテを掻き取る」事だって、出来ちゃうのだ(笑)。

針には、ニッケル・メッキが施されてるので、ベタ付き・こびり付いた汚れも、溶剤でキレイに拭き取れるし、工具は「プラ丸棒・1本分くらいの重さしかない」ので、作業を行う際も、取り回しがラクなのである。


この後は、 第2段階の「盛り」 へと作業が進んで、各部の シワ・弛み なんかを、再現してやる予定!

同時に、 削りや彫り込みを行って、メリハリも付ける ので、シルエットが大きく変わってくると、思います♪

トゲ は、少し長めにアレンジしたほーが、凶悪さが増して、カッコ良くなるかしら?


とゆー訳で、次回は、塗装前の状態まで見せられると思うんだけど・・・

なんか、こーゆー造形は楽しーので、他の怪獣や星人も、作りたくなってきたなぁ~(笑)。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング


スクラッチビルド、グドンを作る!(芯)

このブログを御覧の皆様、こんにちは。


※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、「スタート!」から、読んでみよー。


ウルトラ・シリーズに登場する、怪獣 グドン を、作るよん♪

まずは、「グドン」を知らない、とゆー人(カス)のために、詳しく解説しちゃいましょー(笑)。 ↓

ウルトラ・シリーズ初登場・作品は 帰ってきたウルトラマン(第5・6話) 。

そして、35周年記念・作品 ウルトラマン・メビウス に、再登場。

再登場した「グドン」は、とーぜん着ぐるみが新しく作り直されていて、とてもカッコ良くなりました♪

以降の作品「大怪獣バトル」、「ウルトラマン・ゼロ」、「ウルトラマン・ギンガ」等にも、度々登場。

現在、人気急上昇中の(?)、最もイケてる怪獣なのよん(爆笑)。


一応、「グドン」の設定とデザインについても、説明しておきましょー! ↓


☆ 中生代・ジュラ紀に生息していたとされる、恐竜!?

地中をスイスイ移動できる能力を持ってる事から、別名「地底怪獣」とも呼ばれてるけど、「グドン」は怪獣ではなく恐竜だった、とゆー衝撃の事実!

折角なので、以下、恐竜に当て嵌めて、考えてみました(笑)。 ↓

「ジュラ紀」とは 今から約2億130万年前~約1億4500万年前 の、恐竜が大繁栄した時代のこと。 

「グドン」の全長は、約 50 メートル! これは「ブラキオサウルス」等の「竜脚類(約35メートル)」よりも、もっと大きー事になりますね。

歯は、獲物を噛み千切るのに向いてる、エッジのあるモノ。 獲物から歯が抜けて、逃がしてしまう事が無いよー、条線(結晶に見られる表面の平行な筋)が、入ってると思われる。

胴体には 皮骨(骨の成分が含まれた厚くて固い皮膚) と呼ばれるトゲ(スパイク)が、甲冑のよーに無数に並んでいて、その事から「装盾類(そうじゅんるい)」に属する 鎧竜類 の恐竜だと、思われます。

頭の角は、爪と同じ「ケラチン質」から出来てると思われ、ここだけを見ると「トリケラトプス」と同じ「角竜類」に属する感じなんだけど、「角竜類」はジュラ紀じゃーなく、その後の「白亜紀」に出てくる恐竜だから・・・

もー何がなんだか、全ーくわかんねー(号泣)。 ←お疲れ様


☆ 好物は、ツインテール♪ 

「帰マン」に登場する怪獣は、出てくる理由に拘って作られており、第5・6話は、シリーズ中、最高の完成度を誇るエピソード!

奥多摩の第二採石場で発見された卵から「ツインテール」が、誕生! それに呼応するかのよーに出現した「グドン」は、食物である「ツインテール」を追って、新宿へ進撃します(笑)。

グドンの目的は、あくまで ツインテールの捕獲 であって、人を襲ったり、街を破壊したりする事じゃーなかったのである。 ←なのに、無駄に強そーなデザインは一体、何?

だから「帰マン」を始めとして、以降の作品でも、必ず「ツインテール」と2体で、登場してるのよん。

まるで、自分の食いっぷりを得意気に披露してる「フードファイター」みたいじゃん(爆笑)。

ちなみに「ツインテール」は 海老と同じくらい美味 なんだとか。 ←食ってみたい


☆ 両腕が、ムチになってて、強そー♪

敵を叩いたり、締め付けたり、武器として使うだけじゃーなく、高速で振動させれば、岩を砕く事も出来ちゃいます(笑)。

ムチの先端には「猛毒の針」が内蔵されており、これでツインテールを刺して、麻痺させてたのね。


☆ 全身は、トゲの生えた黄土色の甲殻で覆われてる♪

甲殻は、MATの MN爆弾(よーするに水爆) も、全ーく通用しない程の固さ(防御力)を、持ってるみたい。


怪獣デザインを手掛けたのは、当時、特撮班の美術デザイナーだった 池谷仙克 氏♪

氏のデザインの特徴は、服飾デザインのセンスを怪獣に生かしてる点で、「帰マン」では 初期13体 の怪獣をデザインされてます。

「グドン」の前傾した角と両腕の鞭は、まさに 戦闘の記号 であり、元々、強敵怪獣の発想でデザインされていた事が、理解できますね。 

特に、目の処理は「池谷的」といえ、角と共に後の アイアンキング の怪獣などに、継承されてるラインなのよん!


○ グドンを作る


☆ 資料

用意したのは、こちら。↓ 

グドン:資料1

講談社「円谷ヒーロー ウルトラ怪獣全史」♪

この本には、「帰マン」劇中に登場した「グドン」の写真が、ほぼ1ページ、全身で掲載されてます。

グドン:資料2

ここまで大きく載ってるモノは、他には無いと、思われます(笑)。

甲羅の色など、とても参考になるんだけど・・・ほんと地面そのまんま(?)の色だねぇ。


そして、写真じゃー判らない部分を知るために、今回 立体資料 も用意。 ↓

グドン:資料3

バンダイ「ウルトラ怪獣」シリーズ♪ 

多くの種類が発売されてるソフビ・フィギュアで、カタチ(デザイン)を把握するのに、とても便利!

かたっち☆・・・は、とーぜん、これよりもリアルでハイクォリティーなモノを、目指してるよん(笑)。


そして 動いてる「グドン」の資料 として、「帰マン」のDVDも、この度、購入~♪

グドン:資料4

本当は「メビウス」のDVDを希望してたんだけど、何故か「グドン」が登場する回が収録されたDVDだけプレ値が付いてるんで、仕方なく購入は諦めて、そっちはレンタルでチェックする事にします(泣)。


そして、塗装には アクリル絵具 を、使っちゃう予定!


○ 採寸、プロポーション考察

作るサイズは、従来の「スクラボ」モデルと同じ、約 6 cm!

兵隊さんフィギュア(タミヤ、1/35)を 中に入ってる人間 と捉えて、それが 着ぐるみを被ってる とゆーのを想像して、寸法を割り出す事にしちゃいます♪

「中に入る人間(骨)」の寸法は、「マジンガー」を作った時、既に割り出せてるので、あとは、それが「着ぐるみ」を被った、「グドン」でのプロポーション(バランス) を、考えて行けば、良ー訳!

それじゃー、用意した「資料」を見ながら、考察していくよん♪


☆ 胴体 は、「中に入る人間」より、前後・左右・上下に、 一回り大きーサイズ となり、それによって 股間(キャッ)の位置も下方へ移動! その分「脚」も、短くなっちゃう (笑)。

☆ 「中に入る人間」の「頭」は、グドンの首に位置する けど、「着ぐるみ」で包まれる事によって、「中に入る人間」の「肩」は、外から判らない状態と、なります。

グドンを始め、あらゆる「怪獣」の「両腕」が、「胴体」から生えた感じ(?)になるのは、 肩が無いから だったのである!!

☆「怪獣」の「頭」は、「中に入る人間」の「頭」よりも上に位置するため、いずれも「首」が長くなり、 「前方」へ伸びた「首」の「重さ」から、「中に入る人間」は、自然と「前傾・姿勢(猫背)」を取る よーに、なります。

つまり、その姿勢が、何気に「獣」らしーシルエットを生み出してる、とゆー訳!

☆ 「腹部」にボリュームがあるのは、 「ウルトラマン」と戦った際、パンチやキックをされても「中に入る人間」が痛い思いをしないよー、「クッション」が入ってる んだと、思われます(笑)。

☆ 尻尾の長さは、「腕」の長さに対しての比率から、大体「×3」 と判明~♪ 曲げてるから、長く思えない。

☆「腕」や「脚」は、「着ぐるみ」で、太くなっていても「中に入る人間」の動きを遮らないよー、 全体が付け根から、「肉薄」に作られてる モノと、思われます。

見た目以上に曲げる事が可能みたいで、けっこーシワが寄ってる(笑)。

だけど、グドンの場合は、「ムチ」が重そーなんで、実際、吊ってる?

その両腕「ムチ」は、 「中に入る人間」の「拳」先に、「付け根」が位置してる モノと、思われます。

☆「足」は、 怪獣なのに「獣」のよーな足じゃーなく、ほぼ「ブーツ」状態!!

重い「尻尾」を引きずって歩くため、「歩幅」は自然と、狭くなっちゃうみたい(笑)。


上記の考察から、「着ぐるみ(グドン)」の大きさが、大体、判ったんで、次は、「製作方法」を、考えてくよん!


○ 材料

「怪獣・恐竜モデル」は、一般に 粘土を使って作る のが当たり前~と、されてる所が、あるよーです。

それは、生物らしー「柔らかさ」とか、荒々しー「肌の質感」を表現するのに、適してるから?

このセオリーに従い、当初「粘土(ファンド)」を、使う予定だったんだけど・・・

性質的に 細かい造形には向かない モノらしく、小さく繊細に作られる「スクラボ」モデルには、全ーく使えない(適さない)材料である事が、判明!

結局、使い慣れた エポキシ・パテ での製作に、変更となりました(汗)。

だけど、今回は「芯(肉付け)」用と、「表面ディテール」用で、 2種を使い分けちゃう 予定!

 には、強度が必要となるため、 硬化の速いタイプ を、使用~♪ 

ポーズを固定する、「接着剤」的な役割も含まれてる、とゆー訳ね。

表面 には、時間を掛けて、モールドを再現したいんで、 硬化の遅いタイプ を、使用~♪

各部を、繊細に作り上げるためには、「芯」への接着性と、密度の高さが、必要なのである。

また、色の違う2種を使い分けると、「盛り付け具合を把握しやすくなる」メリットも、あるのよん!

「エッジが立たず、その状態を長く維持できない」とゆーデメリットもあるけど、怪獣(着ぐるみ)であれば、その シャープにならない塩梅 が、丁度良かったり・・・(笑)。


○ 芯の製作

「芯」にもエポパテを使い、素材を統一しちゃいたい所だけど、それだと 強度 を、持たせられない! 

また「芯」の時点で、パーツの左右対称や大きさが、ある程度、揃ってないと、かたっち☆・・・の場合は、作り進めるのが困難(それをゲージにするため)なので、 「市販パーツ」を組み合わせて作る 事に、決定~♪

上記の採寸から、これまでのモデルのパーツを流用できる事も解ったんで、まずは、使えるパーツを「シリコーン型」から、ラクラク~と、複製しちゃう。

胴体 には、「マジンガー」のパーツを使用! この状態にパテを盛り、「着ぐるみ」として、太らせていくのよん(笑)。

両足 は、「ウイングマン」製作で、「素体」として作ったパーツを、使用!

「マジンガー」のモノは横に広いんで、より人型に近い、こちらを選択した、とゆー訳。

このよーに、これまでに作ってきたモデルのパーツを、これから作るモデルのプロポーションに合わせて、構成を変更する事で、ほぼ揃える事が、出来ちゃうのだ♪

 や  は、判明してるサイズ(太さ・長さ)に合わせて、「プラ丸棒」を切れば、OK!

「下腕」は、上記の解釈から「拳」までを含めた、長さに。

「ヒジ」は、曲げて固定する場合も考えて、「市販パーツ(球)」を使い、ボール状に作っておきます。

尻尾 も、サイズの異なる「市販パーツ(パイプ)」と「市販パーツ(球)」を組み合わせ、先細りになるよー製作♪ 

上記の方法で揃えた「腕」・「脚」・「尻尾」パーツを、「胴体」に繋げて行きます♪

ポーズの固定が出来たら、全体が「グドン(着ぐるみ)」のバランスになるよー、パテを盛って、 プロポーションを変更!

この盛り付けでは、「外形(表面モールド除く)」に近いところまで、一気にカタチにしちゃって、OK。


☆ 

まず、デザインを確認しておきましょー!

全体のカタチは「獣」らしく(?) 前方へ向けた三角形 となっており、鼻先はエッジが立って、尖ってます。

「角」が付く部分(膨らみ)によって、把握が難しくなってるけど、頭頂部~後頭部にかけては、一応、丸みを持ったカタチとなってるよーです(汗)。

眼窩(眼球が収まる部分) 上方が、ヒサシのよーに張り出してるのは、恐竜などの古代生物に、多く見られる特徴!

グドンの  は 赤色 をしていて、一般的な生物との違いを認識できるモノなんだけど、近年のシリーズでは、強そーに見せるための演出(?)なのか、発光しちゃってますね(笑)。

作り方は、市販パーツとプラ材を組み合わせた後、パテでラインを繋げちゃう、お馴染みの方法(笑)。


☆ 

初登場(帰マン)時が最も短く、近年では凶悪さを増して、長くなってる印象です♪

正面から見ると、あまり横には開いておらず、側面でも、けっこー上を向いた付き角度と、なってます。

カタチから判るとーり、 棒材を先細りになるよーテーパー状に削って、先端を曲げればOK!

その素材として、今回、使ったのは、タミヤ 透明ソフト・プラ棒!!

これは、同じプラ棒でも、 素材が柔らかくなってるため、自在に折り曲げ出来ちゃう、スグレモノ♪

いつものよーに、「電動ドリル」に取り付けて、回転させながらヤスリを当て、削って行く・・・

しかーし、今回の場合は 軟質 なので、ヤスリを押し当てる力で撓んじゃって、なかなか削れてくれませーん(泣)。

だから、押し当てる反対方向からも、プラ棒を指で押さえながら進めるのが、作業のコツ!

そーすると、削る時の力が、逃げないのよん(笑)。

軟質だから、簡単に削れる訳だけど、 カスが取れ難い とか、 深いキズが入ったりする のは、仕方無いところ(汗)。

折り曲げは、テキトーなプラ丸棒を使って、指で上から押すだけ~なので、すごーく簡単!!

工具を使わないから、素材を挟んでる部分に  も出来ず、キレイに仕上がるよん。

立体資料の「怪獣ソフビ」から、 開き角度 と 付き角度 を採寸して、「頭」に接着すれば、作業終了~♪

軟質・素材なんで、接着部分から取れる事はあっても、折れる事は無い(?)と、判断したのよん。

これは「角」以外にも、「牙」や「鉤爪」なんかを作るのに、超~便利な素材かも知れない(笑)。 ←オーラバトラー作る人にも、オススメ!






☆ 

劇中じゃー 全開 にしてるイメージ(笑)。 近年、より凶暴さを、増してる感じ♪

上アゴと下アゴを別々にカタチにしたら、開き角度を決めて、接着・固定!

口の中 は、彫り込み&盛り付けで、再現しちゃう予定♪

順番が逆で、作業し難くなったけど、頭全体のカタチを捉えるためには、仕方無かったのよん(汗)。

眼球 には、市販パーツ「リベット」を、使っちゃう予定!


☆ 

劇中、絶え間なく両腕の ムチ を振り回して、暴れてるイメージなんで、 動かしてる状態 を再現する事に、決定!

その場合、両腕が同じ位置って事は無いと思うんで、一方は振り下ろした状態、もう一方は振り上げた状態に、瞬間を捉えて、造形したよん(笑)。

ここで解釈を間違えちゃーならないのは、グドンは両腕を「ムチのよーに叩きつけてる」んじゃーなく、絶え間なく振り回してるだけ! とゆー事実。

両腕のムチには、尻尾みたいに「神経」や「骨」が通っていて、単独でも動くモノ(?)だと、考えられるのよん♪

動きとしては、ネコの尻尾をイメージすると、理解し易い?

人間がムチを使う場合は、それ自体が「道具」であるため、「上体を傾けて」なんて姿勢を取らなきゃー力が入らない訳だけど、グドンの場合は、体の一部なんだから、そーゆーオーバーアクション(?)にはならないハズ!

よーするに、普通の立ち姿勢で、 腕だけを上下させてる ほーが、らしく見える表現、とゆー訳。

実際、ポーズを取らせてみると「?」って思うんだけど、これはトカゲを2本足で立たせてる時点で、発生してる違和感なんだから、気にする必要無し! 怪獣って、そーゆーモノなの(爆笑)。

 は、プラ棒から作るけど、あくまで「芯」なので、少し細めにしておこー!

関節には、「曲げ」固定が出来るよー、市販パーツ「半球」を、使ってるよん♪


☆ ムチ

イメージを掴み易くするため、この時点で、カタチを出しちゃいます(笑)。

ムチにも、最も適した素材(?)として、 透明ソフト・プラ棒 を、使いました~♪

こーゆー生物の「尻尾」や「触手」っぽい部分を作る場合、「折り曲げた『針金』を芯に、ファンドやパテを盛って」とゆー方法が、主に使われてるらしーけど、これなら「芯」を入れる必要も、盛りで太くする(揃える)必要も無くなり、「芯」が表面に出てくる厄介さも、無くなるのである!

とゆー訳で、先端を細くなるよー「テーパー状」に削り、作るイメージに沿って折り曲げるだけで、超~簡単にカタチになっちゃいます♪

長さ は、好みで決めちゃって、OK! 「角」と同様、初登場(帰マン)時が最も短く、最近は、どんどん伸びてる印象だよん(笑)。


問題は、ヒートロッドみたく、 蛇腹状に入ってる「表面モールド」 なんだけど、今回は、以下の方法で行いました。 ↓

1 :まず、プラバン(1mm厚)に、ピンバイスで、プラ棒と同じ径の穴を、開けちゃいます。

2 :それを、平らなところに両面テープで貼り付けて、開けた穴の中に、曲げて無い状態のプラ棒を嵌めて、固定!

3 :その状態で、プラバン上面に寝かせる感じにエッチングソーを載せ、プラバンをガイドとして、プラ棒に水平なスジ彫りを、全周に入れて行きます。

4 :ある程度、深く彫れたら、同様に穴を開けたプラバン(1mm厚)を、立たせてあるプラ棒に潜らせて、上記と同じ要領で、また水平にスジ彫りを、入れて行きます。

5 :そーする事によって、プラ棒には、プラバンの厚みと同じ「1mm」の間隔で、スジ彫りが入るよーになり、プラバンをプラ棒の長さ分、複数用意して、積層しながら作業を繰り返して行けば、等間隔にスジ彫りが入った「ヒートロッド」みたいな状態に仕上がる、とゆー訳!

名付けて、 輪投げスジ彫り法(爆笑)。

これによって、望み通りのモノが出来る訳だけど・・・素材が軟質であるため、スジ彫り周辺が、すごーく ケバ立っちゃてる のである(号泣)。

処理の方法、誰か教えてー!

「角」と同様、折れる心配が無い(?)んで、この時点で、両腕に接着・固定しちゃいます♪

全体が仕上がるまで、ジャマになりそーだけど、イメージ掴めないから(笑)。


以上で「芯」の製作が、終了~♪

写真が、こちら。 ↓ じゃじゃ~ん!

グドン:芯7

おおっ! 怪獣なのに、 カッコイイ~!!

怪獣らしさのポイントは 首の下がり具合 じゃーないかと思うけど、「芯」なので、まだ全体にカタイ印象(汗)。


次回からは「表面モールド」の解説に、突入~♪ ここからが「怪獣造形」の、本番(?)ナリね。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR