研究レポート#77:スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(エンジン)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

○○○君、ボクの代わりにモデルを作り、記事を書き上げてくれたまえ!

ボクは、一緒に死んでくれる 美女探し に、忙しーのだよ。

極上のボインに、顔を埋めて死ぬのが、ボクの理想~♪ 最高だとは思わないかい?

それよりも先に、 暴徒マニア(ポートマフィア)に殺されて(潰されて)しまっては、ボクは死んでも死にきれないのだ~(泣)。

だからボクは、美女との出会いを求め、これから「本屋さん」へ行くのだ♪

後は、よろしく頼んだよ! ○○○君。

それとも・・・

「ふみか」のよーな美女を、紹介してくれるのかな?(爆笑) ←太宰治?


※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から読んでみよー!

今回も、マグナビートルの続き~、 エンジン 及び リア・サスペンション を、解説するよーん♪

※「マグナビートル」とは、「未来警察ウラシマン」に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である! デザインは、大河原邦男氏。

まず、デザイン画が、こちら。 ↓

マグナビートル:エンジン 資料1

前記事を「車体構成」としたのは、各パーツの解説を容易にし「より理解を深めてもらうため」だったのである(笑)。


マグナビートルを作る:エンジン


本体

まず「台形」のブロックを作るんだけど、カタチを出した後、「車軸」が通る穴を開けるのは、超~大変!

「小さいパーツへの大きな穴開け」は、ピンバイスを回転させる時の力でパーツまで一緒に回っちゃって、なかなか上手く行かないモノ(泣)。

「バイス(万力)を使えば問題無いじゃん」って、考えもあるかも知れないけど、カタチによっては、掴んでる部分にキズが付いたり、最悪「モールド」が潰れたり、しちゃうでしょ?

なので、「プラパイプ(穴と同じ内径のモノ)」を芯にしてブロックを作り上げる、とゆー逆の手順を、選択!

「難しー」と思える事は、なるべく避けて、別の方法で(行わずに)クリアーするのが、かたっち☆・・・流(笑)。

サイズは、前記事で説明してる通り、「車軸」の穴から上下・前後に振り分けて、決めました♪

デザイン画を見ると、本体の上面と左右・側面には、 半三角錐のバルジ が存在していて、上面のモノは「後部・円柱パーツ」に、左右・側面のモノは「エキパイ」に、それぞれ繋がってますね。

このバルジの作り方は「ゲッター2・頭」と、全ーく同じ(笑)。

棒材(プラ棒)を簡易旋盤(電動ドリル)に固定して、回転させながら「簡易ヤスリ・曲面用アルミ」を当てて、「ロケット型」に削り出す、とゆー方法だよん!

それだと、パテから作るよりも精度の高い「ロケット型・三角錐」パーツが、超~簡単に作れちゃう♪

この時、出来上がったパーツを「半分」に加工するのは大変なんで、棒材には 半円・プラ棒 2本 を貼り合わせたモノを使うのがコツ。 ※瞬着による「仮接着」状態で行い、加工後に分割する、とゆー訳ね。

この方法なら「左右のバルジ」も、全ーく同じ精度で、一度に両方、揃っちゃう(笑)。

「エンジン(本体)」は、前端に「シャーシ」との「接続部」が付くため、「リア・パネル」と離して、配置されます。

そして、そのスペースには「トレーリングアーム」が、通るのよん!


後部「円柱」パーツ

プラ棒から簡単に作れそーだけど、12本ある スリット まで再現しなきゃーらしく見えないんで、「妥協」せずに挑みます(笑)。

どー作ろーかと「市販パーツ」を見て、考えてたところ、丁度、作るパーツと同径で、カタチが ギヤみたいになってる円形モールド を発見! ※「ザク・マシンガン」のドラム・マガジンみたいな、カタチのモノ

それは、ラッキーにも「12本のスジ彫り」が等間隔に入ってるモノでした♪ ←「模型の神様」が宿ってる? 

そのパーツを、スジ彫りの位置を合わせて3個分、積層し、まず「円柱」を作っちゃう。

12本の「スリット」は、「エッチング・ノコ」を使って、メリハリが付くよーにスジ彫りを深く彫り込んで、溝の前後(両端)を「プラ丸棒・スライス」で塞げば、出来上がり~♪

今回は「市販パーツ」があったから、作れたよーなモノ(笑)。

そーじゃなきゃー、こんな小さな(僅か3mm径)パーツに、12本のスリットを等間隔に測り、ガイドを当てて彫り込むなんて、絶対、無理だってば!!


エキゾースト・パイプ

テキトーな プラ丸棒 を簡易旋盤(電動ドリル)に固定して、テーパーが付くよー削って仕上げれば、OK!

口の部分は、穴の位置がズレやすいんで、凹みモールドが再現された「市販パーツ(ノズル)」を貼って、正確に位置を合わせてから、さらにピンバイスで、凹みを深くしてやりました♪

プラパイプから作る方法だと、細くなる部分で肉厚が変わって、割れちゃうのよん(泣)。

上2本の「直角に折れ曲がった部分」には、 市販パーツ(フックⅡ) を、使用!

太さはピッタリで、パーツから「最も長く使える部分」を見付けて、分割してます(笑)。

ゲートやパーティングラインが存在するため、「パイプ」としての、高い精度を求める事は出来ないけど、「金属線」を折り曲げるのは、なかなか上手く行かないし、別素材だと、接着強度も得られないから、仕方無いナリね。

そのパーツを、先程テーパーを付けて削り出したパーツ(上2本)と接着するけど、接続部に位置してる 菱形パーツ には、今回、カーモデルの部品を、流用~♪

ジャンクになってた、1/24スケールの「ル・マン出場車」等に使用する、 「ゼッケン灯」のエッチングパーツ だよん!

いやー、カタチもサイズも丁度良いモノ、見つけちゃいましたねぇ(笑)。 ←「模型の神様」再度、降臨?

パーツには「ボルト」まで、凸モールドで再現されており、肉厚も、ここまで薄いモノは「プラ」じゃー成型不可能な精密さ。

デザイン画を見て「それが何であるか?」を理解してなきゃー、「使える」なんて思えない訳で、そーゆー意味では、前回の「分析」は、大いに役目を果たしてる事になるのよん!

左右のエキパイを、本体に繋げる部分には、 市販パーツ(シリンダー) を、使いました♪

本体に「面」で接着すると、取り付け角度が変わっちゃう恐れがあったんで、繋がる部分を「パイプ」とし、「刺して固定する方式」に、決定!

使ったのは、最も小さいサイズの「パイプ」なんだけど、肉厚が「0.2mm」しかないため、ランナーから切り離す時に、どーやっても割れちゃう(号泣)。

以前、スケールモデルを作ってた時の経験から、 ランナー切り とゆー方法を使ったけど、ぜーんぜんダメ!

「切り離す時の力に負ける」とゆー事なんだけど、ゲートの付き方(太さ)にも、問題あるナリ。 

仕方が無いんで、「同サイズで半分にカットされてるモノ」を合わせて、パイプを作りました。 ←要らない手間

それ以外の細かいモールドは、プラバン貼っただけ~♪


トレーリングアーム

「プラバン」を使って、同じパーツを左右2つ分、作っちゃう♪

2つの穴 が開いたデザインだけど、これは「パーツを軽量化するための肉抜き穴」か、或いは「剛性を高めるための(反ってしまわないよーにするための)穴」だと、思われます(笑)。

パーツは、先に「車軸」が通る穴、左右を繋いでる「軸」が付く穴、2つ並んでる肉抜き穴を、全て開けてから、カタチを切り出してるよん!

「方眼付きマスキングテープ」を使って行えば、穴の位置やパーツ・サイズを、正確に合わせられるハズである。

左右を繋いでる「軸」には、強度を考え 金属線(真ちゅう線) を、使ってるよん。


ハブ

円形のパーツだけど、プラバンを円く切るんじゃー精度が出ないし、大変なんで(笑)、プラ丸棒をスライスして自作!

「車軸」は、面で接着したんじゃー強度が無いし、傾いちゃう場合があるんで、パーツに軸と同径の「穴」を開け、刺して固定する事に決定!

だけど、円形パーツの中心に穴開けするのは、簡単じゃーないんで、今回も「それを行うための治具作り」から、先に始めちゃいました~(笑)。

その 治具 は、プラバン3枚を組み合わせて、自作! ↓

1枚目 は、穴開けを行うためのモノ。 軸と同径の穴を開けておきます。
プラバンは、ピンバイスの刃を垂直に刺す意味も含め、けっこー厚めのモノを使うのがコツ。

2枚目 は、パーツを固定するためのモノ。 パーツと同径の穴を開けておきます。
1枚目と3枚目に挟まれる事になるため、使う「プラバン」は、パーツと厚みを合わせます。

その2枚を、中心・位置が狂わないよー、貼り合わせて接着!
これによって、凹みのある治具となり、パーツはココに嵌められて穴開けされる、とゆー訳です♪

穴開けの際、「ピンバイスの力」が下方に働くんで、パーツが外れないよー、下から押さえてやる必要も、あります!
その「押さえの役目」をしてるのが、 3枚目 のプラバン♪
「両面テープ」で貼り付けるだけのモノだけど、ピンバイスがパーツを貫通する時に、邪魔にならない程度の穴を開けてあります。

この治具を使えば、周りを囲まれてる事から、パーツは絶対、横には動かないし、3枚目によって、上下にも押さえられてるんで、中心位置からズレ無く、正確に穴を開ける事が可能となるのです(笑)。


車軸

プラ製じゃー「タイヤ」の重さに対して強度が心配なんで、代わりに 金属線(真ちゅう線) を、使用♪

それに「トレーリングアーム」を通して、「ハブ」と繋げます。

エンジン(本体)と繋がる チューブ(蛇腹) 部分は、径の異なる「円形プレート」を、積層して再現!

径によって、市販パーツとプラ丸棒を、肉厚を揃えて組み合わせてる とゆー訳です。

かたっち☆・・・の技量じゃー、等間隔にスジボリを入れて、蛇腹を再現なんて、絶対、無理ですからねぇ(笑)。

パーツの中央に穴を開け、「車軸」を貫通させてやれば(車軸懸架方式なんで、1本の車軸を左右・車輪に繋げる解釈で、大丈夫なハズである)、出来上がり~♪


以上で、「エンジン」、「リア・サスペンション」を構成する、全パーツの解説が、終了。

写真が、こちら。 じゃじゃ~ん♪ ↓


マグナビートル:エンジン1

マグナビートル:エンジン2

マグナビートル:エンジン3

マグナビートル:エンジン4

マグナビートル:エンジン5

マグナビートル:エンジン6

マグナビートル:エンジン7


おおっ!! 精密(?)な「エンジン」が、見事に再現されてるじゃん(笑)。

今回、個々のパーツはすぐに出来上がったものの、「エンジン」として組み上げる段階で、細かい調整に、とても時間が掛かっちゃいました(汗)。

ここまで組んじゃったけど、この後、どーやって塗ればいーんでしょ? ←考えてねーのかよ!

なんか、前方でしか固定されてない「エキパイ」の曲がり等、今後、起きる事を考えると、すごーく心配。

「シャーシ」と「エンジン」の接続部 は、「車高」や「ホイールベース」の調整にも関わってくる部分なんで、「ホイール」を作り、「ボディ」と合わせる段階になってから、作っちゃう予定。

だから、一度も仮合わせしないで、ここまで作っちゃいました♪ ←テキトーすぎ!

「リア・パネル」中央の「不明部品」も、「エンジン」の真上に位置する事から、下面が「上面バルジ」と干渉する場合は、面を「抉れたカタチ」に修正する必要が、ありそーです(汗)。


次回は、その「接続部」、「ホイール」、「内装」の製作になるけど、記事としては「飽きてきた(?)」ところだし、他のモデルも作りたいから、変更しちゃう予定(笑)。

気付けば「ゲッター2」の完成から 1年(!) が経過してる状況なんで(汗)、「完成間近なモデル」へ製作を移行(集中)し、(同時進行で製作を進めてる、アイツらである)早々に「新作」を公開しよーと、考えてます♪


特撮ヒロイン写真館♪

「特撮作品に登場するヒロインたちのグラビアを、不定期で紹介していく」とゆー、このコーナー(笑)。

今回は、雑誌「Popteen」の専属モデルを卒業し、現在は雑誌「non-no」の専属モデルとして活躍する傍ら、 仮面ライダーアマゾンズ に 水澤美月 役で、出演中の女優 武田玲奈 !!

先週発売の「週刊少年サンデー」には、巻頭グラビアが、掲載されてました。 ←更新、遅せーから、過ぎちゃった

武田玲奈♪ 1

まずは、 プロフィール を、ご紹介~♪ ↓

出身地:福島県、 年齢:18歳、 血液型:B型(仲間~♪)、 趣味:アニメ鑑賞(けいおん!、ラブライブ!等)、

好きなタイプ:面白い人(かたっち☆・・・) ←何で?

ちなみに、本作「アマゾンズ」に登場する、2人目の仮面ライダー アマゾンアルファ のデザインは、それまでの「まだら模様」が、 傷(亀裂) とゆー解釈に変更されており、なかなかカッコイイんだけど、色が 蛍光グリーン だから、なんか モンスターエナジー みたいなんだよね(爆笑)。 ←コラボしてるんでしょーか?

それじゃー皆さんも、「れなれな」に、恋しちゃって下さい♪ ↓


武田玲奈♪ 2

武田玲奈♪ 3

武田玲奈♪ 4

武田玲奈♪ 5

武田玲奈♪ 6

武田玲奈♪ 7


次回も、お楽しみに~(笑)。


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

這いよれ!ニャル子さん・OP:「太陽曰く燃えよカオス」 歌:後ろから這いより隊G







夏到来! 照り付ける太陽を見ていると、ニャル子のよーに カオス (とゆーか、日陰)を求めたくなる気持ちも湧いてくる(?)とゆー事で、この曲を選んでみました(笑)。

「這いよれ!ニャル子さん」は、逢空万太によるライトノベルを原作とする、アニメ♪

物語の内容は クトゥルー神話 を元ネタにしてるけど、ニャル子自身「地球のアニメ、ゲーム、マンガを好む」とゆー設定なんで(ケロロ、イカ娘といい、宇宙人がオタクなのは、何故?)、随所に「様々な小ネタ(パロディ)」が、散りばめられてます(笑)。

ある日、夜道で怪物に襲われた、主人公の男子高校生 八坂真尋 は、謎の少女に救われる!

彼女は、自らを「クトゥルー神話」に登場する ニャルラトホテプ(無貌の神) そのものであると語り、真尋が他の宇宙人(人身売買組織)に狙われていて、自分が護衛として「宇宙連合/惑星保護機構」から派遣された事を、告げるのであった。

とゆーか、一番、狙ってるのは、真尋に 一目惚れ したニャル子自身なんだが(笑)。

銀髪の美少女 ニャル子(声:阿澄佳奈) は、残忍で破壊的な性格を持つ、本作のヒロイン♪

ちなみに、頭部の アホ毛 は、感情によってカタチを変えるけど、じつは、敵を感知する「邪神レーダー」。

ニャル子は、組織の取引ルート解明(事件解決)後、300年分の有給休暇消化を理由に、真尋宅に居候~。

這いよるたび、真尋に フォーク(邪神に対し、最もダメージを与えられる威力を持つ武器) で突き刺される、とゆー毎日を、送る事になります(笑)。

この曲は、かたっち☆・・・も、超~お気に入り♪

歌ってる 後ろから這いより隊G は、ニャル子と、幼馴染みのクトゥグア星人 クー子(声:松来未祐)、そして、真尋の女子クラスメイト 暮井珠緒(声:大坪由佳)、3人によるユニット。

曲は、ドイツのグループ ジンギスカン の楽曲をイメージして作られており、激しーメロディー展開でありながら、声は 脱力系(笑) なんで、邪神感を味わえるカオスな感じの曲に仕上がっていて、中毒性があります!

作詞を担当したのは、 畑亜貴 氏。

「クトゥルー神話」的・内容の歌詞になっており、 うー! にゃー! のフレーズは、大流行しましたね♪

この曲を知らない、とゆー人も、モー娘「恋のダンスサイト」に似てる曲なんで、それが好きなら、絶対、気に入るハズだよん!







とゆー訳で、本日は、ここまで。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

スポンサーサイト

研究レポート#76:スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(車体構成)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

みんな~、 スクラッチビルド って、解るかなぁ?

これはね、 材料だけを使って、自分のアイディアと技術から、モデルを作り上げる 遊び方の事なんだよ~♪

この世にたった1つしか無い、自分だけのモデル  を、残せちゃうんだ(笑)。

えっ? 「難しくないのか」って? ううん、何も心配することは、無いよ。

「スクラボ・模型部」には、重度の特撮マニア「かたっち☆・・・先輩」が居るし(笑)、何より「模型の神様」が、作れるよーに、導いてくれるから♪

みんなも、せっかく訪問してきたなら、「スクラボ・模型部」に入って、 模型ライフ を、始めてみよーよ!

毎日、アニソン聴いて、盛り上がって、 コネコネ 、 シャカシャカ は、楽しいよ~♪ ←ばくおん?

※「コネコネ」は、パテ盛り、「シャカシャカ」は、ヤスリ掛けを、表してます。
部員を集めるため、印象に残るよー「製作時の効果音で伝えてる」とゆー訳です。


どーしよー、「ふみか」を見て、シャカシャカ止まんなーい(爆笑)。 ←コラ!


※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、まずカテゴリー「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から読んでみよー!


今回も、マグナビートルの、続きだよ~ん♪


マグナビートルを作る:車体構成

前記事で「シャーシ」が出来上がり、この後、「エンジン」、「サスペンション」と、作っていく訳だけど・・・

特に「エンジン」は、パーツが多く、構成も複雑! 一応、デザイン画を見せるけど、こんな感じ。 ↓

マグナビートル:エンジン 資料1

マグナビートル:エンジン 資料2

作るにあたって、パーツの「役割」等、先に「理解を深めておく必要がある(?)」と判断したんで、デザインを実車の「車体構成(部品構成)」に当て嵌めて、以下に、分析してみたよん。 ↓


ドライブ方式

誰が見ても判る、 RR(リアエンジン・リアドライブ) 方式♪

「車軸」の上にエンジンが乗っかり、また「車軸」よりも後方に、「エンジン」が突出するカタチと、なります。

この方式は、「後輪」に「エンジン」の荷重が大きく掛かり、 トラクション(駆動力を路面に伝える能力) に優れるのが、大きな特長! だから、発進時や登坂などに、高い馬力を発揮しちゃう。

だけど、後ろが重いため「高速走行時」の安定性が悪く、 オーバーステア傾向(スピンしやすくなる) も強いため、ドライビングが難しー車体になっちゃうのが、デメリット!

そーいった問題から、現在の自動車開発では、あまり採用されない、車体構造なのである。

その「構造的な扱い難さ」は、劇中「リュウの粗い運転」として、きちーんと描写されてたりします(笑)。 ←さすがタツノコ・プロ!!


サスペンション方式

小型の自動車に多く見られる、 車軸懸架 方式♪

左右「車輪」が「車軸=アクスルシャフト(ドライブシャフト)」で繋がった、単純な構造だけど、それ故、堅牢(頑丈)であり、起伏の多い地形では、片側の「車輪」が押し上げられると、反対側は強制的に押し下げられるんで、悪路での接地性能が良いのが、最大の特徴!

そーじゃなくても、デカイ「タイヤ」履いてれば、接地は、良くて当たり前のよーな・・・


エンジン・本体

「後面図」から、 台形(?) である事を確認できるけど、深い意味は無い模様(笑)。

80年代、F1マシン等に見られる、 エンジン+トランスミッション の構成を、よりコンパクトに纏めた(一体化した)よーなデザインで、「車軸」は「エンジン」側面の中央に、チューブらしきモノに覆われたカタチで、取り付いてます!

そして、後端・上部には、 円柱状のパーツ が、存在! モーター(?)っぽいけど、こちらも詳細不明。

ちなみに、「エンジン」と「シャーシ」の接続は「ボルト」連結だと、思われます(笑)。


エキゾースト・パイプ(排気管)

このパーツが取り付いてる事から、 何らかの燃料を使用してるエンジン なのは、明らか♪ (じゃなきゃー排気は必要無いじゃん!)

過去の機械に拘りのある「リュウ」なんで、「燃料を使って動く」とゆー魅力ある要素を捨ててまで、マシンを改良するとは、考え難い・・・

「エンジン」の上部と下部に、左右1本ずつ、後方に伸びるカタチで、 計4本 確認出来るけど、カムやシリンダーは無さそーなんで、本数から「気筒数」を数えても、意味無し(笑)。

それ以上に、内部構造を考えると・・・配管(付き方)が、理解不能!!

上2本が「ラッパ型」に広がり、下2本が逆に窄まったカタチとなってるけど、「役割的な違いがあるのか?」も、不明(笑)。 どちらも同じよーに、排出してます。

劇中、ガス欠や給油のシーンも無いんだけど、そもそも舞台となってる未来で「ガソリン」って、まだ使われてるの? 

ちなみに 冷却 は、「エンジン」がムキ出しである事から、直接、外気で行ってる模様。 ←デッドウェイトとなる冷却装置「ラジエーター」が、存在しないって事になる! 昔のF1みたい


トレーリングアーム

「エンジン」上部前方に、それらしきパーツが、確認できます♪

これは「車軸」と平行に付き、走行時、路面状況によって、 上下にスイングする パーツ!

役割的には「ダンパー」と同じになる んで、後輪に「ダンパー」は付いてない、とゆー訳(笑)。


ハブ

「車輪(ホイール)」を固定する部品。 接続のため4本の「ボルト」が伸びてるのが、デザイン画から確認できます♪


ブレーキ

デザイン画からは、確認できませーん。 もしかして、着いてない?(爆笑) ←危ねー

いやいや、運転席に「ペダル」は、きちーんと存在するんで、「ホイール」内側に隠されてるか、「ハブ」と一体化されてるモノと、解釈♪


マグナビートルを作る:エンジン(採寸)

「エンジン・本体」の採寸を行うためには どのくらいのスペースに、配置が可能なのか? を、先に割り出しておく必要が、あります!


横のスペース

車体・横幅から、左右・後輪の幅を引いた数値で、割り出せます。

「車軸」は「トレーリングアーム」と繋がっており、それが「エンジン」を挟んでる構成なんで、その幅から「トレーリングアーム」の部品の厚み、そして「エキパイ(4本)」の径を引いて、残った数値が「エンジン・本体」の横幅と、なります♪


前後のスペース

「サイド・ステップ」後端~後ろ、とゆー事になるんだけど・・・

「側面図」で確認すると、「エンジン・本体」の後端(後面)は「カウル・後端」と、同じ位置!
従って、「エンジン・本体」の前後幅は、そこから前で、判明します♪

後方に長く、突出した印象を与えてるのは「エキパイ(4本)」であり、実際「エンジン・本体」は、それ程、長くありません(笑)。


上下のスペース

地面~「後輪・ホイールアーチ」までの幅に、なります。

「車軸」の位置を、移動する事は出来ない し、「エンジン・本体」側面への付き方も、変更する事は、出来ません!

だから、実際は「車軸」の位置を基準に、そこから「前後」・「上下」に振り分けて、スペースとの関係から、幅を決めていく事に、なります♪

また「エンジン・本体」は、「シャーシ」下面よりも、 下に出っ張ってる 事が、「側面図」から、確認できます。

かたっち☆・・・は、ここを上手く利用し、出っ張り部分に、両者の 接続部 を設けちゃう、予定(笑)。


マグナビートルを作る:リア・パネル・改修!?

「リア・パネル」は、「側面図」で見た時の「ホイールアーチ」のカタチに沿って、後面を作ってあったんだけど・・・

マグナビートル:リア・パネル2

マグナビートル:リア・パネル3

上記の採寸による「スペース確保」を、全ーく意識してなかったため、その後ろに「エンジン」を配置すると 前後の尺が極端に短くなる とーゆー問題が、発生!!

「エンジン」の「尺」を伸ばすためには、「リア・パネル」後面を加工し、 凹み にして置かなきゃーならない!

とゆー訳で、急遽、改修を行う事に、なっちゃいました~(号泣)。

ここは、シャーシと垂直になるくらいに、面を仕上げられれば、ベスト♪

「平面的デザイン」のパーツだから、カタチには影響しないけど、非対称の「左側」だけは「ホイールアーチ」のカタチを残す必要があったんで、先に分断しておき、加工を済ませてから、再接着してやりました(笑)。

そして、「フェンダー」を作ってから「カウル」と隙間が出来てしまっていた(合わなくなっていた) 後端・部分 も、エポパテで尺を延長して、修正!

中央の 不明な部品 も、「エンジン」のサイズを割り出すためには、先に作っておく必要があると判断し、「リア・パネル」と一体化させるカタチで、エポパテから再現しました♪

組み合わせた「エンジン」とのバランスから、この後「尺」が延長される可能性が高いんで、細かなディテールは、省かれた状態です(笑)。

そして、その部分と合わさる、カウルの「フェンダー・後端」にも、 切り欠き を、作って置きました♪


以上の加工を済ませた、パーツの写真が、こちら。 ↓

マグナビートル:リア・パネル(改修)1

マグナビートル:リア・パネル(改修)2

他種・素材の混成になって、もー何だか解らない状態(汗)。

これは「表面処理」や「経年剥離」を考えると、レジンに置換しなきゃー、絶対、ヤバイ!

そして、「カウル」、「シャーシ」、「リア・パネル」と、組み合わせた写真が、こちら。 ↓

マグナビートル:仮組み1

マグナビートル:仮組み2

マグナビートル:仮組み3

マグナビートル:仮組み4

んー「マグナビートル」らしく、仕上がってきましたねぇ(笑)。

これで、よーやく「エンジン」の製作が、可能となります。


そんな訳で、次回は「マグナビートル」記事の、 クライマックス!!

「エンジン」及び「リア・サスペンション」を構成する、全パーツの解説を、予定~♪

細かいパーツの集合になるけど、それは、かたっち☆・・・が、最も得意とする(?)作業なのである(笑)。


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

侍ジャイアンツ・1st・ED:「サムライ番場蛮」  歌:松本茂之





巨人V9時代 に描かれた、原作:梶原一騎、作画:井上コオ による、週刊少年ジャンプ連載のマンガで、アニメは、東京ムービー傘下の「Aプロセンス」が、制作を担当♪

監督は、長浜忠夫(コンV)氏で、キャラクターデザインには、大塚康生(ルパン)氏、絵コンテでは、冨野氏も、参加されてます(笑)。

この作品には、長嶋茂雄や王貞治など、 実在の野球選手 も、多く登場♪

昭和45年度シーズンオフ、主人公 番場蛮(ばんば・ばん) は、巨人監督「川上哲治」から、チームに必要な人物像 サムライ(野性味と豪傑肌を持つ者) として認められ、指名入団する事になっちゃう(笑)。

当初、制球がデタラメな剛速球を投げる事から 殺人ノーコン と言われてた彼は、二軍選手「八幡太郎平」の献身的な協力によって、これを克服! 

攻走守、全てに秀でた 万能選手(9番ピッチャー、背番号4、左投げ左打ち) へと、成長♪

6歳の時に、漁師の父をクジラに殺された体験から、クジラのよーに 強くてデカくて威張った奴 に、異様な闘志を燃やす彼は、数々の魔球を編み出し、ライバル達と「球場をサムライの合戦場に変える」よーな死闘を、繰り広げていきます。

登場する 魔球 は、実際の野球ルールでは「ボーク(反則行為)」となるよーな、荒唐無稽なモノばっかし(笑)。

アニメ最終回では、 ミラクルボール(ハイジャンプ+大回転+分身魔球) とゆー最大の魔球を使って、ロジー・ジャックスを討ち破り、蛮は、MVPを獲得! 車がプレゼントされる、とゆーハッピーエンド♪


だけど、原作の結末は、アニメと異なっており・・・

対中日戦、蛮は、ライバル「大砲万作」を打ち破ったと同時に、 マウンド上で立ったまま「魔球の投げ過ぎ」により、心臓発作で、絶命!!

遂に、野球マンガで、人殺しちゃいました、梶原一騎先生(爆笑)。


作曲は、劇中音楽も含めて、 菊池俊輔 氏が、担当♪

後期OP も、熱いアニソン(名曲!)で大好きなんだけど、かたっち☆・・・は、前期の バンカラ な感じのOP、EDが、超~お気に入り♪

特に、 OP映像 の 長嶋パンチ は、強烈!

番場を殴ったら、吹き飛んだ番場ごと、コンクリの壁を突き破っちゃうんだから(爆笑)。

歌ってる 松本茂之 の正体は、超~有名なアニソン歌手!!

聴いた人(知ってる人)にしか答えられない問題として、 スクラボ検定 に出題する予定だから、しっかりチェックするよーに(笑)。

最近のアニメからは、聴く機会が減ってしまった(?)感じの、面白すぎるアニソンだよん♪ 小便してるし・・・







とゆー訳で、本日はここまで。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ



研究レポート#75:スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(シャーシ)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

おう、 カタ松 だ!

普通のブログに飽きてきたなら、いよいよオレの出番だぜ、 カタ松ガールズ!!

「スクラボ」は、全年代のアニメ・特撮に登場するメカやキャラクターのモデルを、ハンドメイドで作り上げていく、模型ブログさ。

その作り方は、いつも ノープラン (行き当たりバッタリ)だがな!

今日も、クレイジーな内容で、お届けするぜ、カタ松ガールズ!!

カッコイイだろ? サイン欲しくなっただろ? 握手したくなっただろ?

えっ、要らない?

OK!!(爆笑)


※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から、読んでみよー!


今回も、「マグナビートル」の続き~、シャーシを、作ってくよん!

※「マグナビートル」とは、「未来警察ウラシマン」に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である! デザインは、大河原邦男氏♪


マグナビートルを作る:シャーシ

「レジン・ブロック」から分割してあったパーツは、以下の採寸を行っていくうちに、いろいろと都合の悪い部分が出てきてしまい、全ーく使えないパーツである事が、判明しちゃいました~(号泣)。

仕方が無いんで、「シャーシ」は、プラ材から新たに作り起こす事に、決定♪ ←立ち直り早い


車軸の位置

基になった実車が「フォルクスワーゲン」とゆー事から、「車軸」がノーズ下を通ってるのは明らかで、正面図からも、それらしーパーツが確認できます(笑)。

「車軸」の位置は、ズバリ「側面図」に描かれてる、 前輪・後輪のホイール中心 から、割り出し可能!!

「マグナビートル」の場合は、前・後で「径」が違うから、位置は「後輪」の方が「上」になるのよん♪

そして、前輪・車軸~後輪・車軸までの長さを測る事で、車体の ホイールベース も、判明します!

ホイールベースは、自動車の操縦安定性やハンドリングを左右するモノなんだけど、単純に「ホイールベースが長い=コーナーリング性能に劣る?」とはならないのが、説明の面倒なところ(汗)。


ノーズの横幅

作るにあたって、先に「横幅」を割り出しておく必要が、あります!

それによって、作るカタチ(輪郭)も、判明してくるのよん(笑)。

カウルの「フェンダー両端」までの左右幅は、同時に、正面から見た時の「車体・横幅」でも、あります!

そして、前輪(左右)のサイドウォールまでの幅も、「フェンダー両端」までの幅と、一致します!

だから、「フェンダー両端」の幅(車体・横幅)から、前輪(左右)の幅を引いた時の、残りの数値が「ノーズ・横幅」に、なるのよん♪


フック・バンパー取り付け部

正面から見た時、「フック・バンパー」は、ノーズの「横幅」と同じ幅で、取り付けられてます♪

その取り付け部は、ノーズ・両端にある「エッジ(下面と側面による)」を切り欠くカタチで、存在してるのよん。


ヘッドライト・取り付け部

「フック・バンパー」取り付け部のすぐ後ろには、「ヘッドライト」を取り付けるための 支持架(ステー) が、存在!


サスペンション

側面から見た時、「車軸」と同じ位置で、その上には「サスペンション(ダンパー)」が、付きます♪

つまり、ノーズ・下面には「車軸」、ノーズ・上端には「サスペンション」を取り付けるための「切り欠き」を、作らなきゃーならない、とゆー訳!

ちなみに、資料から確認できる、コイルの色は  。


「ノーズ」は、手前から「フック・バンパー」、「ヘッドライト・ステー」、「前輪・車軸」、「サスペンション(ダンパー)」と、尺がギリギリ(苦笑)。


フロア(床面)

フロアを左右に分けてる「シフト・ブロック」は、後部「リア・パネル」の左側ダクト・前方に、存在!

「リア・パネル」が左右非対称のカタチである事から、「シフト・ブロック」の位置も「左寄り」となっており、それによって「フロア」のスペースは、 「右側(運転席側)」が、広くなってる のよん♪

そして 「運転席」側の「床」は、下に「フット・プロテクター」が収納されてる関係から、「助手席」よりも一段、高く なってます!

だから、上に乗る「シート」にも、自然と「高低差」が付く事になり、「運転席」の方が「助手席」よりも、高く設置されてる、とゆー訳!

これは「フットプロテクター」の設定を理解してないと、「シートのデザインが違う事から生じているモノ」と、勘違いしちゃうナリね(笑)。


側壁

フロアの「側壁」にあたる部分は、前輪のホイール・アーチに沿って、ノーズへ向け、細く丸まったカタチとなってるモノなのよん!

その先(奥)には、前輪「車軸」や「サスペンション」との「仕切り」があって、上には「フットペダル」が、存在。

そして「側壁」の上には、「ダッシュボード」が、付く事になります♪

作る「側壁」の高さも、「側面図」から、割り出し可能!

「フロント・ウインドウ」下辺~「サイド・ステップ」下端(車体・底面)までの幅は、「カウル」を外して考えれば、「ダッシュボード」上面~「フロア(床面)」までの幅と、捉える事ができます!

だから、計測した「上下幅」から、「ダッシュボード」の上下幅と「フロア(床面)」の肉厚を引けば、「側壁」の高さが判明するのよん。


パーツ製作♪

それじゃー作り方を、以下に解説するよん。 ↓


1:ノーズ・先端部分には、市販パーツ 丸ノズル(L) の10ミリ径のモノを、使用!

それを半分にカットして「半円」とし、側面の尺が足りない分は、底を繰り抜いて「パイプ」へと加工した同パーツを、上に接着してやりました♪

「ボンネット」のカタチから判断すると、この「ノーズ」って、尖って無いと、思われる(笑)。

パーツの下面には、「丸ノズル(L)」を底板のみに加工したモノを、貼り付け!

この時、左右・両端を数ミリ、カットし、横幅を詰めた状態で貼り付ければ、加工無しで「フック・バンパー取り付け部」を、再現できちゃいます♪

この部分、プラバンを使った場合は、ノーズ・先端を円く整形しなきゃーならないけど、「丸ノズル(L)」をカットして使えば、その整形も必要無くなる、とゆー訳(笑)。

ちなみに、その取り付け部は、「ヘッドライト・ステー」の取り付け部も、兼ねてるのよん。


2:下面に「車軸」が通る「凹み」、側面に「サスペンション(ダンパー)」を取り付けるための「切り欠き」を作るのは、けっこー面倒臭いんで、パーツのカタチを出す前に、プラ材を組む時点で、再現しちゃいます(笑)。

今回、その「切り欠き」部分に使用したのは、 コの字型・プラ棒!!

「プラ材」は、太さや厚みが揃ってる事から、構成パーツの「平行」・「垂直」が、正確になるメリットが、あるのよん♪


3:側壁は、「ノーズ」側面と繋がるカタチで、両端に立ててやります。

プラバンを丸める方法じゃー左右の「逆・R」を均等に揃える事は難しーんで、4分割した プラパイプ を使って、再現♪

パイプの内側(内径)を外に向けて使う事になるから、「側壁」の肉厚も含め、寸法を間違えないよーに、選択する事!


4:「側壁」の底面は、逆・Rに切り欠いた「板状」のパーツが必要になるけど、プラバンに、この大きさの「切り欠き」加工を施すのは、とても大変!

市販パーツ BJ-06プラサポ には、この切り欠きと同じサイズの「穴」が開いたパーツがあるんで、その「穴」を切り欠きとして残す感じに斜めに分割、直角が出ている部分で左右を繋げ、「底面」として、使用しました♪

「側壁」は、フロア(床面)に対し、垂直に立てる必要があるんで、この時点では「ノーズ」下面の角度は無視し、「ノーズ」の横幅に合わせ、「仕切り」のプラバンに固定(接着)しちゃいます(笑)。

よーするに、この時点では、「ノーズ」下面は、「フロア(床面)」とフラット(水平)、とゆー事。


5:「フロア」は、板状のパーツなんで、その寸法に「プラバン」を切り出しちゃえば、OK!

とーぜん、均一な厚みになってるから、精度も高くなるよん。

「運転席」側の段差も、プラバンを貼り付けて、再現♪

この時、フロア・右端には「ドア内張り」、後端には「リア・パネル」が付く事になるから、その分を差し引いて、切り出す事!


6:削って、「ノーズ」のカタチを、仕上げちゃう♪

上辺のカタチは、「カウル」と干渉しないよー、仮合わせしながら、削り出していけば、OK!

下面は、「側面図」から角度を測って、削り込んで、仕上げます。


以上で、「シャーシ」が、完成~♪

写真だよん。 ↓

マグナビートル:シャーシ1

マグナビートル:シャーシ2

マグナビートル:シャーシ3

マグナビートル:シャーシ4

マグナビートル:シャーシ5

マグナビートル:シャーシ6


今回、「シャーシ」は、デザイン画でカタチを確認できなかったため、100パーセント想像から、作り上げてるよん♪

こーゆー 描かれてない 部分を作る事は、普段、架空のモノにしか触れて無い(実在する機械の構造を知らない)「アニメ・モデラー」には、難しーかも知れない・・・。

かたっち☆・・・の場合は、昔、カーモデルを作ってた事もあるし、実車の「車体・構造(部品構成)」に関する知識も備わってるから、何とか成ったけど(笑)。

「シャーシ」が出来た事により、「内装」、「サスペンション」、「エンジン」と、作り進める事が、容易になりました♪

次回以降は、超~盛り上がる内容の記事が、続いちゃう予定(笑)。


特撮ヒロイン・写真館♪

またまた新企画、 特撮作品に登場するヒロインのグラビア を、不定期で紹介していくコーナーだよん(笑)。

記念すべき、第1回目のヒロインは、「仮面ライダードライブ」登場の女性幹部 メディック 役で注目を集め、現在は、 雑誌「non-no」の専属モデル として活躍中の、女優 馬場ふみか!!


まずは、 プロフィール を、ご紹介~♪ ↓

出身地:新潟県、年齢:20歳、身長:167cm、スリーサイズ:83(B)-56(W)-84(H)、血液型:AB

今週、発売の「週刊ヤングジャンプ」には、巻頭グラビアが、掲載されてます!

馬場ふみか♪ 1

かたっち☆・・・は、表紙が気に入り、即決、購入♪

馬場ふみか は、これまでDVDや写真集を出しておらず、週プレによる「デジタル写真集」が、存在するのみ。

だから、こーゆー  によるグラビアは、とても貴重なのよん!!

それじゃー皆さんも、 ふみカップ を、ご堪能下さい♪ ↓

馬場ふみか♪ 2

馬場ふみか♪ 3

馬場ふみか♪ 4

馬場ふみか♪ 5

馬場ふみか♪ 6

馬場ふみか♪ 7

馬場ふみか♪ 8

文字ばかり続いてるのは疲れると思うんで、「ちょっとブレイク」的に、載せてみました(笑)。

「別に、ファンじゃねーし」とゆーカスは、無視!


とゆー訳で、次回も、お楽しみに~♪







○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

銀河旋風ブライガー・OP:「銀河旋風ブライガー」  歌:たいらいさお







「ブライガー」は、 国際映画社 制作による、ロボット・アニメ♪

後に バクシンガー、サスライガー へと続く、J9シリーズ3部作の1つ、なのよん。

舞台は、西暦2111年。 太陽系宇宙に、本格的に進出を始めた人類だけど、開拓の最前線である アステロイド地帯 では、警察権力も腐敗し、犯罪組織 コネクション が、公然と暗躍していた!

コズモレンジャーJ9 は、多額の報酬と引き替えに、警察には解決できないよーな事件や悪事などを、密かに解決するために結成された、「闇の始末屋」。 言わば、アニメ版 必殺仕事人(笑)。

メンバーは、かみそり・アイザック、ブラスター・キッド(射撃の名手)、飛ばし屋ボゥイー(運転の名手)、エンジェル・お町(情報屋) の4人。

J9が、普段移動に使ってるメカは ブライサンダー (スーパーカー・形態)から、 ブライスター (宇宙戦闘機・形態)、そして ブライガー (大型ロボット・形態)へと、3段変形♪

変形の際、 シンクロン原理 (他の宇宙空間と質量を融通し合う事で物質を巨大化させる)によって、 全長5メートル~30メートルにまで、巨大化 しちゃう(爆笑)。

「ブライガー」のデザインは、当時、とても斬新で、主役ロボットなのに、両手は、なんと 鉤爪!!

いや、その「武器、掴んでます」感が、カッコイイんだってば♪


物語後半には、犯罪組織「コネクション」の1つで、「大アトゥーム神」を信仰する、選民思想を持ったカルト宗教団体 ヌビア・コネクション が、登場。

木星を破壊して、地球型の惑星を数十個単位で創世する 大アトゥーム計画 を企てる、首領 カーメンカーメン!!

それは「地球を放射線で死滅させかねない危険な計画」である事から、J9は、それを阻止しよーと、動き出すのよん。


夜空に輝く星の影で、悪の笑いがコダマする・・・

ハードなイントロに載せ、声優 柴田秀勝 による、上記のナレーションから始まる本曲は、アニソン史上、屈指のカッコ良さ!!

作曲は、 山本正之 氏が、担当♪ 

OP映像の作画は、 金田伊功 氏によるモノで、ノリにノってます(笑)。







とゆー訳で、本日はここまで。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ


研究レポート#74:スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(フェンダー)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪


「この、ヘタッピ野郎!」

あぁ? 今、何言った?

オレは、そー言われるのが、一番、頭に来るんだよ!

テメェみたいな奴は、オレのスタンド クレイジー・ハンドメイド が、ぶっ倒す!

どんなキャラクター(メカ)でも、繊細なモデルに作り上げてしまう、究極のスタンド(展示用じゃーないよ)だ!

オラオラオラーッ!! ←作ってる

「こ、このモデルは・・・」

グレート(マジンガー)だぜ!! コイツは(爆笑)。 ←ジョジョ? ※製作は、まだ未定です。


※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から、読んでみよー!


今回は、皆さん、超・お待ちかね~「マグナビートル」の続きだよ~ん!

※「マグナビートル」とは、 未来警察ウラシマン に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である。 ちなみにデザインは、 大河原邦男 氏。


かなり前になるけど・・・じつは「ウラシマン」の DVD も、購入してたのよん♪ ↓


ウラシマン DVD♪


写真は Vol.1 。 注目は、この巻に収録されてる 第3話:失われた時を求めて!!

リュウが、タイムスリップの際、搭乗していた「フォルクスワーゲン」は、ネクライム追跡中に、大破。

それを独自に修理(改造)し、「マグナビートル」として仕上げていくのが、「第3話」なのよん♪

実質「初登場(!)」となるため、機能やディテールに関する描写も多く、モデル製作の資料に最適(笑)。


内容を、以下に解説すると・・・↓


☆ 「マグナビートル」組み立てシーン

リュウは、自分の過去を知るための手掛かりを求めて、博物館(過去の時代のあらゆるモノが保管されている)を訪れる事になるんだけど、その「データチップ」は、全てネクライムに奪われちゃう(泣)。

だけど、廃屋となった博物館から、過去の時代の名銃 S&W(スミス&ウェッソン)M36(チーフ・スペシャル) を発見!

それを自身が使う拳銃 マグナブラスター へ改造するのをきっかけとして、同時に愛車を「マグナビートル」へと、改造していく事になるのよん♪

ここでは、マグナビートルの タイヤ がパーツ状態で出てくるけど、これも廃屋から発見したモノだと思われます。

「オレは、輪っかの付いたクルマじゃないと、ダメなんだ」とゆーリュウ。 いい台詞だなぁー(笑)。

そして、バトル・プロテクターへと変形する運転席の シート も、署長からプレゼントされちゃいます!

このパーツ状態から、シート全体のカラーリングを、確認できるよん(笑)。


☆ 「マグナビートル」、出動シーン

これが、メチャクチャ、カッコイイー♪

まず、発進ゲートが開いた時、「マグナビートル」は、車体が固定(ロック)された状態となってます。

そこに、高速回転する ホイーラー(?) が、車体後方から「タイヤ」に接触!

その時の衝撃に打ち出されるよーなカタチで、ロックの解除と同時に、猛烈なダッシュで、駆け抜けていくのよん♪


☆ 「マグナビートル」、走行シーン

走行中は、 片輪走行、ウイリー、ジャンプ 等、とにかく派手に暴れ回ります!

ルパンが乗る「フィアット」以上の描写がされてるんじゃーないかと(笑)。

ここでは、デザイン画に描かれてない、 車体下面(シャーシ) を、確認できちゃいます♪

だけど・・・暗くて、よく判んねー(泣)。


☆ 「マグナビートル」、変身シーン

一応、覆面パトカーであるため、発進時の外観は「ワーゲン・オフローダー」みたいな感じ、なのよん。

だから、ネクライムを追跡する時には、 パトカー・モード へとチェンジ!!

ルーフからは、折り畳み式の パトライト が浮上し、左右ドアには ポリスマーク が、浮き上がります♪

同時に、加速もアップ! エンジンの構成パーツが 7色 に光る描写があるんで、役割を理解できるよん(笑)。


☆ 「バトル・プロテクター」装着シーン

リュウが、そのボタンを押すシーンでは、 コンソール のアップがあり、各ボタン(スイッチ)のカラーリング等を確認できます♪

「BP」と書かれた赤いボタンが、それである(爆笑)。←判りやすい

コンソール中央にあるモニターは、仲間と通信を行うためのモノで、テレビ電話みたいな使い方が出来ちゃうスグレモノ!

ちなみに、このシーンでは、MoJoによる 挿入歌 が、流れます♪

燃える曲なんだけど、ここだけ特撮ヒーローっぽい感じで、少しの違和感(笑)。


そんな訳で「vol.1」は、「マグナビートル」を作る人(居るのか?)に、超~オススメ!!


マグナビートルを作る:フェンダー

前記事までの流れでは、この後、シャーシ、ダッシュボードを作り、内装を仕上げる予定だったんだけど・・・

これまでのパーツを見て、どーも「モデルが仕上がってきてる」感じを受けない(泣)。

「製作が進んでる」とゆー実感を得てないと モチベーションの低下 を招く恐れが在るんで、それを防ぐため、モデル全体の8割を占める「カウル」から攻めていくのがベストと、判断!

これが、今回、フェンダーの製作へと変更した、主な理由(笑)。


方法(手順)は、以下の通り。 ↓


1:プラバン(0.5mm厚)を2枚用意し、側面図に描かれてるフェンダーのカタチに切り出しちゃう。

この時、2枚を重ねて同時に切り出すと、サイズを簡単に揃えられるよん!


2:正面図に描かれてる、フェンダー両端までの幅(車体・横幅)と、側面図に描かれてる、フェンダー下端(サイド・ステップ)の前後長を計測し、そのサイズにプラバン(0.5mm厚)を切り出しちゃう。


3:「2」で切り出したプラバンの上に両面テープを貼り、その上に「1」で切り出したプラバンを左右(両端)に立て、固定しちゃう。


4:立たせたプラバンが左右に開いてしまわぬよー、車体・横幅に合わせた長さのプラバンを、フェンダー後端に(橋渡し的に)接着しちゃう。


5:前記事で、バキュームフォームにより製作した「カウル」パーツを、立てた2枚のプラバンの間に固定しちゃう。

よーするに、 左右フェンダーのプラバンにカウルが挟まれた状態 となる、訳!

※「カウル」パーツは、両サイドに膨らみを持たせて「面」を作ったため、左右プラバンと干渉し、正面図に描かれてる横幅に、微妙に収まりませんでした(泣)。
なので、「カウル」下側をフェンダー(サイド・ステップ)の厚み分、削って、横幅がピッタリ合うよー、調整したよん。


6:左右フェンダー・プラバンを、「カウル」の両サイドで、接着しちゃう。

左右フェンダーのサイド・ステップに当たる部分には、 接着代 として、プラバン(1mm厚)を裏面に貼ってあり、「カウル」は、その上に乗っかるカタチで、接着・固定されてます。


7:前後・アーチ部分と後端は、カウルが独特の曲面形状であるため、平面であるフェンダー・プラバンとは、どーしても隙間が出来ちゃいます(泣)。 その隙間は、細切れプラバンを詰めた後、パテで塞いじゃおー!

※いきなりパテを盛って、隙間を塞ぐ方法じゃー、強度を得られません!
ギリギリまでプラバンで塞ぐ事で、隙間を小さくするのと同時に、カウルとフェンダーの接着面積を稼いでる、とゆー訳!


8:細切れプラバンの余白やパテを削って、フェンダーを仕上げちゃう。

フェンダーのカタチに切り出してある、一番外側のプラバンをガイドにして削りを行えば、左右共、狂い無く仕上げられるよん♪


一応、形状について、ポイントを述べると・・・

曲面で構成されてるのは「前輪側・左右」のみ で、「後輪側・左右」は、エッジが立ってるけど直角じゃーなく、テールランプのカタチを見て判るよーに、斜面となってます! まだ、やってねーけど。

サイドステップに横並びに3つある 円(凹)モールド は、貼り付けるプラバンに「方眼マスキングテープ」で正確にアタリを取って、普通に穴開けすれば、簡単に再現できちゃいます♪ 
プラバンを切り出すのは、とーぜん、その後(笑)。

ちなみに、フェンダー加工中は、パーツを保持する力でボディを欠損してしまわぬよー、 バキュームフォームの原型をパーツに嵌めた状態 で、行ってるよん!


9:フェンダーの、完成~♪

ボディ下(底面)のプラバンは、正確な横幅でフェンダーを固定するために、貼り付けてあったモノ。
フェンダーが出来れば、必要なくなるから、剥がしてOKだよん!


写真が、こちら。 ↓ じゃじゃ~ん!!


マグナビートル:フェンダー1

マグナビートル:フェンダー2

マグナビートル:フェンダー3

マグナビートル:フェンダー4


おおっ!! だいぶマグナビートル(とゆーか、まだまだワーゲン・オフローダーだけど、笑)らしーカタチに、仕上がってきたじゃん♪

このところ、製作途中の写真を載せてないのは、写真を撮れる余裕も無いくらい(?)作業に没頭してるのが、原因!

だって、パーツが出来上がってみなきゃー、その方法が 上手く行ってるか、どーか なんて、解らねーし(笑)。

パテの使用で「素材の混成」となったため、「カウル」は、この後、 レジン へ置換しちゃう予定♪

1つの素材になって、一体成型される事で、パーツの強度も上がるハズだよん!


バキュームフォームで作った意味が失われてる? よーに、感じるかも知れないけど・・・

パテからの削り出しで、「カウル」を、この「肉厚」まで作って行くと、パーツを保持する力に耐えられず、加工中、絶対、変形が起きちゃいます(泣)。 ←よーするに、事故車みたいな状態に・・・。

今回、バキュームフォームとゆー方法を用いたのは、 素材を固い「プラ」に置き換えて作る 事と、 手間なく均等な肉厚にパーツを仕上げる 事が、目的だったのよん!


マグナビートルを作る:ディテール

ボンネットの段差モールド

上の写真で、先に出来上がった状態を、見せちゃってるけど(笑)。

まず、カウルのボンネット部分に「パテ」を盛って作る、とゆー方法は、 NG!

曲面だから、左右の対称や位置を割り出し難いし、その上で整形すると、パーツが傷だらけに、なっちゃいます(泣)。

なので、 モールドだけを別パーツで製作する 事に、決定しました♪

この方法なら、カウルを傷付けず、ボンネットの面を整えた後、貼り付ける事も、可能なのよん(笑)。


以下は、その手順。↓


1:カウルのバキューム原型を使用して、カウル同様に、バキュームフォームしちゃう。

ここでは、カウルの時と変えて、薄いプラバン 「0.5mm厚」 を、使ってます!

成型時には、ギリギリ強度を保てる(?)肉厚「0.3mm」と、なるのよん(笑)。


2:バキュームしたパーツのボンネット部分だけを残して、余分をカットしちゃう。

よーするに、 カウルのカタチに沿って成型された薄い肉厚のプラバン から、まず作ってる、とゆー訳!

原型の左右側面や下面に沿って余分をカットすれば、自然とパーツの外形が出てくるから、採寸の必要無し!

原型の各面にヤスリを当てて整形するのは「パーツの辺にヤスリを当ててるのと同じになる」から、とてもシャープに仕上げられるよん♪

ちなみに、薄いプラバン(板)を、モールドのカタチに切り出してカウルに貼り付ける、とゆー方法も、 NG!

丸まった時に尺が足らなかったり、パーツのカタチ(水平・垂直)が歪んだりする、失敗が起きちゃいます(泣)。


3:整形したプラバンから、中心線の位置を、割り出しちゃう。

モールドは、中央を通る1本から、左右対称に繰り抜かれたカタチになってるんで、中心線の位置を割り出す必要が、あります!

これは「パーツを方眼紙の上に置いて計測する」とゆー、お馴染みの方法でクリアー(笑)。


4:プラバンを繰り抜いて、モールドを仕上げちゃう。

中央を通る1本を残すカタチで、左右を繰り抜いて行こー!

肉厚「0.3mm」に成型してあるから、とりあえず加工中の「破損」は、心配無いでしょー(笑)。

モールドのコーナーは、円く仕上げるのが、正解! 丸棒ヤスリを使って、攻めていこー!


5:モールド・パーツ、完成~♪

マグナビートル:ボンネット

なんか、こーゆー特殊な方法でパーツを作ってると、「スクラッチしてる」実感、湧きますねぇ(笑)。

均等に肉厚が揃ってるし、パテなんかで作るより、ぜーんぜんラクな方法なのです。


6:モールド・パーツを、カウルに貼り付けちゃう。

カウルと同じ原型を使用してるから、隙間なくピッタリ、被さるよん!

それでも、フロント・ウインドウに近い側は、凹みとしてバキューム成型されたため、若干、捲れた感じになっており、少し隙間が開いて、浮いてました(泣)。

その隙間はパテで埋め、表面を削って、捲れを修正しました♪ これは、裏打ち整形と同じナリね(笑)。


7:モールドの盛り上がりを、調整しちゃう。

ボンネットに貼り付けされた、モールド・パーツの盛り上がり(肉厚)は、現時点で「0.2~0.3mm」!

この状態では、モールドとして強調され過ぎ!

それに、このモールドは、設定画をよーく見ると、じつは「段差」が、付いてません!

モールドの「面」は、 緩いR となっており、極端に言ーと、断面が「半円」になるよー仕上げるのが、正解!
※基となった実車「フォルクスワーゲン」の同部分も、そーなってる。

なので、モールドのエッジを落とす要領で「面」を円く整形し、同時に盛り上がりが低くなるよー、調整したよん(笑)。


8:モールドの完成~♪

バキューム「原型」が、他パーツの製作等で、ここまで利用されてくるとは、本当に想定外。

かたっち☆・・・には、 機転を利かせられる頭がある 事の、証明ナリね(爆笑)。


次回は、細部の作り込みやライン(面)の修正を行って、よりマグナビートルらしく(?)カウルを仕上げてくよん!


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ・1st・OP:「Voice」  歌:CLOUD







劇場版 「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」 が、絶賛公開中!! とゆー事で、選んでみたよん。

「遊☆戯☆王」は、原作:高橋和希による、週刊少年ジャンプ連載の、人気マンガ♪

ストーリーは、主にカードゲーム 「マジック&ウィザーズ」 で、キャラクター達が デュエル(勝負) を繰り広げる、とゆーモノ。

デュエル(勝負)は、 モンスターカード (モンスターを召喚する)、 魔法カード (攻撃力や守備力に影響を与える等、様々な効果を発揮する)、 トラップ(罠)カード (相手の攻撃を妨害し、一発逆転も狙える)で、 デッキ を構築して行い、プレイヤーが互いに持つ ライフポイント の、どちらかが「0」になると、決着。

当時、コナミから発売されていた商品は、累計251億枚(!) を売り上げる大ヒットとなり、ギネスにも載っちゃいましたねぇ(笑)。

主人公 武藤遊戯 の声を演じていたのは、若手俳優 風間俊介 (金八先生で、お馴染み)♪

当時、高校生だった彼は、遊戯を演じた事により「アニメ声優」としての知名度も高く、ある世代には、最も愛されてる(?)ジャニーズなんだとか(笑)。

ちなみに、今回の映画は、完全オリジナル・ストーリー!

闇遊戯(アテム)、海馬瀬人、城之内克也ら、お馴染みの 初代デュエリスト 達が、活躍するよん♪







とゆー訳で、本日はここまで。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

研究レポート#60:スクラッチビルド、マグナビートルを作る!(シート)

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

えっ!? 「スクラッチビルド(ハンドメイド)」の方法が、解らないって?

だったら、オレが教えてやる!

何故なら、オレは「救世主」だから!!(笑)

※初めて訪問しちゃいました~♪ とゆー人は、「REBOOT!!」+「スクラボ検定」から、読んでみよー!


今回も「マグナビートル」内装の、続きだよ~ん♪

※「マグナビートル」とは、「未来警察ウラシマン」に登場する、主人公「ウラシマ・リュウ」が駆るポリス・マシンの事である。 
デザインは、大河原邦男氏!!


シートを作る♪

次は「シート」を作っちゃいましょー!

先に「シート」のサイズが判明しないと、その間に存在する「シフト」のサイズも判らず、「シャーシ」の製作に入れないのよん(泣)。


アナライズ♪

「シート」の構成パーツは、全て「バトル・プロテクターのパーツに変形する」とゆー設定!

マグナビートル:資料(シート)

「ヘッドレスト」→後ろに倒れて、背中のパーツになる。

「背もたれ」→膨らみが無くなって「ボディ・プロテクター」の後ろ半分になる。

「ボディ・プロテクター」前半分は、天井に隠されていて、装着時に降りてくる(!)とゆー斬新な設定(笑)。

「アームレスト」→「シート」左右にあるブロック。 「アーム・プロテクター」になる。

さらに、ブロック外側にはアーマー状のパーツがあって、ここは「シートベルト」と合わせ「ウエスト・プロテクター」になるのよん♪


分割は、「バトル・プロテクター」のパーツ状態=作りやすいカタチ(?)と、捉えちゃってOK!

「ヘッドレスト」・「ボディ・プロテクター(背もたれ)」・「座板」・「アームレスト」・「ウエスト・プロテクター」と、なります(笑)。


採寸♪

「横幅」は判ってるけど、パーツを作るには「縦の長さ」も、必要となります。

だけど、「設定画(デザイン画)」にはパースが付いてるため、採寸には使えませーん(泣)。

割り出す方法を考えてる時、「側面図」の隣りに「人物対比(立ち姿)」が描かれてる事を、発見!

マグナビートル:資料(人物比)

だったらコレを、採寸に利用しちゃいましょー!

1:「人物対比」の「関節」位置を、マーキングしちゃう♪

人間の「関節」位置は、立ち姿でも「シート」に着座した姿勢でも、変わるモノじゃーありません!

だから、マーキングした「肩」~「腰」と「腰」~「ヒザ」の幅を計れば、大よその「シート」の長さ(縦幅)が判明しちゃう、とゆー訳!

2:「人物対比」に「バトル・プロテクター」を装着した時のパーツ位置も、想像でマーキングしちゃう♪

この「線」は「バトル・プロテクター」のパーツとして、「シート」が分割される位置を表したモノだよん!

「頭の天辺」~「首」の幅で「ヘッドレスト」、「アームレスト」の幅は「腕」の太さから判っちゃう、とゆー訳(笑)。

3:あとは、2つの「計測データ」を照合して、僅かな狂いを調整すれば、全構成パーツの採寸が完了~♪


作り方♪

手順は、以下の通り。↓

1:「プラバン」を切り出し、折り曲げちゃう。

採寸した「横幅」に合わせて、「プラバン」を帯状に切り出したら、「背もたれ」の位置で、折り曲げよー!

「側面図」の窓(無いけど)からは、「シート」が少し覗いてるんで、そこから計測すれば「倒れ角度」が、判ります。

そして「ヘッドレスト」・「ボディ・プロテクター(背もたれ)」・「座板」と分割せず、一体で作り上げます♪

理由は、切り出したモノを接着する方法じゃー強度を得られず、位置(角度や向き)の合わせも、困難になるため。

だから「折り曲げ」とゆー方法を用いて、全て繋がった状態で作ってる、訳!

折り曲げ部分に出来た隙間は、角度を固定する意味も含めて、「SSP(瞬間接着パテ)」で、埋めておこー!

※「SSP」には強度が無いんで、パーツの扱い(欠損)には、注意。

2:プラバンに「プラ半丸棒(ウェーブ製)」を接着しちゃう。

これは、「シート」をサイドから見た時の、各パーツの「膨らみ(盛り上がり)」を再現するためのモノ!

削りによってカタチを作り出す方法じゃー「高い精度は望めない」事から「パテ」の盛り付けで作る訳だけど、その際、「プラ半丸棒」を「ゲージ」に利用すれば盛り上げの目安になって、よりイメージを掴み易くなるのよん!

「膨らみ」の大・小に合わせ、「プラ半丸棒」を径(太さ)の違いで、使い分けてます(笑)。

3:「ゲージ」に「エポキシ・パテ」を盛り付け、「膨らみ」を作り上げちゃう。

「プラ半丸棒」の径(太さ)を、「膨らみ」の頂点として、盛り付ければOK!

ラインは、お馴染み「簡易ヤスリ(曲面用)」を使って整形し、最終的な仕上げを行ってます(笑)。

4「助手席」も作っちゃう。

同様に1~3の手順で、テキトーに作ればOK(笑)。

「運転席」・「助手席」共、細かいモールド(スジ彫り・等)の再現は、「表面処理」を済ませてから♪

また、素材の混成であるため「レジン」に置換し、同時に強度も上げる予定!

5「アームレスト」を作っちゃう。

平面的なパーツなんで、「プラバン」を使います。

もちろん、左右のサイズを同じに揃えるため、「プラバン」を2枚重ねして、カタチを削り出してるのよん♪

腕が入る「凹み」部分は、サイズと厚みから、「塗装」で再現するのがベストと判断(笑)。

6「ウエスト・プロテクター」を作っちゃう。

今回は、作るパーツの幅が同じだった事と、カタチが似てる事から、タミヤ「コの字型・プラ棒」を、使用♪

素材の肉厚(1mm)を利用して、その範囲内で削りを行う事で、カタチを作り出してるよん(笑)。

「丸いモールド」が付く部分は、パーツのカタチに切り欠くけど、接着面積が無く、強度が心配なんで、パーツ裏側で「アームレスト」と接着する予定! 

よーするに、スペーサーを挟んで、浮かした状態で、取り付ける訳。

また「設定画」を確認すると、パーツの1/3が「シート」下端から出た、取り付け位置になるんで、注意!

「丸いモールド」は、「市販パーツ」で、テキトーに(笑)。

7「シートベルト」を作っちゃう。

「プラペーパー」を切り出して、作ればOK! 「バックル」は、プラバンから。 まだ作ってねーけど(笑)。


以上で、全パーツが揃いました~♪ 写真が、こちら。↓

マグナビートル:シート

「運転席」のパーツは、この後、作る「シャーシ(シフト)」との兼ね合いから、特に「横幅」の修正が加わると思うんで、現段階では、バラバラの状態にしてあります。

これらは「塗装終了」まで、組み上がる事は、無いでしょー(笑)。

組み上げた「シート」全体の大きさは、「側面図」にある「シャーシ」~「ヘッドレスト」頂点までの高さを計れば、確認できるよん!


そんな訳で、「内装」の解説は、次回に続く~♪


仮面ライダーゴースト!!

10月スタートの「仮面ライダーゴースト」が、気になってます(笑)。

平成仮面ライダーシリーズ第17作目。 今回のモチーフは「お化け」!?

主人公「天空時タケル」は、亡き父が残した「ゴースト・アイコン(眼魂)」とゆー謎の目玉を、持つ青年。←おぞい

「眼魂」は、「世界の英雄」や「偉人」と心をシンクロさせると、その力を手に入れる事が可能となるアイテム。

だけど、それを狙う異世界の怪人「眼魔(がんま)」に、よって、タケルは殺されちゃう!

不思議な世界に迷い込んだタケルは、謎の仙人(演:竹中直人)と出会い、幼馴染みの「アカリ」を救うため、「眼魔(がんま)」と戦う事を決意!

仮初の命(99日とゆー時間)で蘇ったタケルは、仙人から渡された「ゴースト・ドライバー(変身ベルト)」に「眼魂(アイコン)」を装着して、「仮面ライダーゴースト」に変身!

「15個、全て集めれば、生き返る事が出来る」とゆー事から、タケルは「眼魂」を探し求めていく事になる・・・。


かたっち☆・・・は、「お化け」・「目玉」と聞ーて、同じ「石ノ森」作品である「ぐるぐるメダマン」を、すぐ連想できちゃう世代だったりします(苦笑)。

「ゴースト」のデザインは、「パーカー」を纏ったよーな姿をしていて、なんか「仮面ライダーウイザード」に登場した「白い魔法使い」みたい。 その意匠が受け継がれてるのは、間違い無いだろーけど・・・。

ちなみに、現在まで発表されてる(?)「フォームチェンジ」は、以下の通り。↓

オレ魂・・・基本形態。 よーするに、変身した後の姿。

ムサシ魂・・・宮本武蔵。 能力:二刀流、剣の達人。

ニュートン魂・・・アイザック・ニュートン。 能力:引力を操る。

エジソン魂・・・トーマス・エジソン。 能力:電気を使う。





でも、ライダーと言えば、やはり「バイク」に乗るヒーローなんで、「ライディング・テクニック」も必要になる、と思うのよん!

そこで、かたっち☆・・・が、是非、使って欲しーと考える人物の能力は・・・

ケニー・ロバーツ!!←偉人?

「仮面ライダーゴースト・ロバーツ魂」(爆笑)←なんか、ダサイ

とにかく「どんな偉人が出てくるか?」とゆー部分でも、今から楽しみ♪


※「ケニー・ロバーツ」って、誰? とゆー人に(笑)。

現在レーシングライダーの間で主流になってる「ハングオフ・スタイル」を、大成・流行させた事で知られる、アメリカ人レーシング・ライダー♪
1978年、「ヤマハ」のワークス・ライダーとして「ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス」にフル参戦し、3年連続でチャンピオンとゆー偉業を成し遂げた事で知られる!
1983年、ライバル「フレディ・スペンサー」と、歴史に残る激戦を繰り広げたが、僅差で王座を逃がして、引退(泣)。


○本日のアニソン♪

かたっち☆・・・は、アニソン好きなのよん! 本日、ご紹介する曲は・・・

鋼の錬金術師・1st・OP:「メリッサ」  歌:ポルノグラフィティ






「鋼の錬金術師」は、「月刊少年ガンガン」連載の、原作「荒川弘」によるマンガで、アニメは「ボンズ」が、制作♪

「錬金術」が、科学として発達した世界にある軍事国家「アメストリス」。

主人公の錬金術師「エドワード・エルリック」と、弟「アルフォンス・エルリック」は、病気で亡くした母を「人体錬成」によって蘇らせよーと試みるが、失敗!
その代償として、エドは「左脚」を、アルは「全身」を、失っちゃう(泣)。
エドは咄嗟の判断で、自分の「右腕」を代償に、アルの「魂」を、その場にあった「全身鎧」に定着させ、何とかアルを、死の淵から救い出す!

その後、「人体錬成」を行った事により「手のひらを合わせただけで錬成を行える」とゆー能力を得ていたエドは、アルと共に「国家錬金術師」の試験を受け、史上最年少で資格を取得!

「機械鎧(オートメイル)」による、鋼の「右腕」と「左脚」を持つ事から、「国家錬金術師」としての2つ名「鋼」を与えられたエドは、故郷を捨て、アルと共に「身体を取り戻す方法」を探すための、長い旅へ旅立つ。

本作のOP・EDは、全て「ソニーミュージック・エンターテイメント」の所属アーティストによる、タイアップ曲!

その中でも、この曲は、かたっち☆・・・の、お気に入り(笑)。

OP映像は、監督「水島精二(ガンダムOO、エウレカセブン等で、お馴染み!)」により、ハイクオリティな映像に、仕上げられてるよん♪






とゆー訳で、本日はここまで。


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR