FC2ブログ

近況報告! 夏

このブログを御覧の皆様、こんにちは♪

最近、何かと忙しく、モデルの製作や文章の作成、写真・撮影が思うよーに進まず、なかなか記事を更新・出来ませーん(泣)。

そこで今回は「近況報告」とゆー事にして、今後、予定してる記事について、以下に紹介しちゃいま~す♪


☆ ワシピンク(キュウレンジャー)

ワシピンク:資料♪ 1

可動フィギュア として製作を進めており、現在 胸部 を、改修中!

全ての 関節 には、海洋堂「リボルミニ」に使われてる リボルバー・ジョイント を移植しよーと考えてるため、 ペンタゴン (翼を流用した事でジャンクになった)の解体を、行ってます(笑)。

また、先日、期間限定で上映された キュウレンジャーVSスペーススクワッド の内容・解説と感想についても、DVD&ブルーレイの発売タイミングに合わせて、お届けしちゃう予定♪


☆ シンカリオン

チェンジ!シンカリオン 1

先日、 設定資料(CGデザイン画) が掲載されてる雑誌を、ゲットする事が出来ました~(笑)。

その書籍には、現在までに登場してる「シンカリオン」全機が、「頭部」のアップや「背面」まで判る状態で、全身で描かれており、フルカラーとなってるので「配色」も、参考になります♪

詳細が判ってヤル気を感じると同時に、商品(食玩)では、省略されてる部分が多くて、大変。

アニメ本編では、前回の登場が好評だった事を受け、 「エヴァ新幹線」が「シンカリオン」に変形した状態で、再登場(8/11放送)!

ちなみに、搭乗者は 碇シンジ で、「ヒカリ」姉妹も、一緒に出て来ちゃうらしー(汗)。

ハヤト達を助けるカタチで、巨大怪物体と戦うんだろーけど、どんな内容になるのかしら?


☆ ウイングマン

ウイングマン:資料

記事として書ける内容も少なくなってるので、次は、一気に 完成 させた状態で、お届けしちゃう予定♪

内容としては、主に 塗装 の解説を中心に考えてるんだけど、じつは作業に一番、時間(手間)が掛かるので、順番としては、最も待たされる(?)更新に、なっちゃうかも・・・(汗)。


☆ フレンダー(キャシャーン)

フレンダー:資料6

中断していたモデルも、徐々に製作を再開させてるよん♪

本当は、 タツノコ・ヒーロー(ガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーン)の4者が集う 、アニメ作品 インフィニティ・フォース が、話題になってる時に、記事を書きたかったんだけど・・・

まだ間に合うかしら?

モデルは、現在 「胴体」と「脚」の一部 まで製作が進んでおり、意外と少ない記事・数で、完成まで持って行けるかも知れません(笑)。


☆ グドン(帰ってきたウルトラマン)

グドン:資料2

先日、放送がスタートした ウルトラマンR/B(ルーブ) にも、登場が予定されてます♪

バンダイの アルティメット・ルミナス(ソフビ) や SHフィギュアーツ(完成フィギュア) 等の発売により、近年、参考(資料)になるモノが増えて来ており、作るのには不自由しない(?)環境になってます。

その造形(再現性)に刺激を受けた事から、永らく放置されてるコイツを、少しずつでも進めてやりたいと、考えてます(汗)。

ちなみに「R/B(ルーブ)」本編には、 「ウルトラマンオーブ」も、闇堕ちした「強敵」として、登場する予定!!

プレミアム・バンダイに注文した商品(オーブニカ、フュージョン・カード) も届くので、再度「オーブ・スペシャル」を、記事にする予定だよん(笑)。


☆ マッハバロン

マッハバロン:資料1

コレも、放置したまんま、ナリねぇ・・・。

先日、主役を演じていた俳優 下塚誠 氏が亡くなられた、とゆーニュースを見て、製作を宣言してた事を、思い出しました(汗)。

このモデルは、パーツを複製すれば、 アオシマの合体ロボ「ドライガー(マッハバロンのパチモン)」 も、再現・出来るんじゃーないか(?)と、考えてます(笑)。


とゆー訳で、更新は、どれが先になるのか? 本人にも全ーく分からないんだけど、楽しんで頂ける内容は、沢山・用意してるので、ボクちんの事を忘れないでねぇ~♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング


フィギュアランキング


アニメソングランキング

スポンサーサイト

近況報告!

このブログを御覧の皆様、こんにちは。


次記事では ウイングマン を、予定してま~す♪ だけど、まだ完成じゃーありません・・・(汗)。

これが、前記事までの状態。 ↓

ウイングマン:複製 1

ここから、とても作業が困難だった「表面処理」を終えて、よーやく「塗装」となったんだけど、「マスキング」も同様に困難であった事から 大失敗 してしまい、「全ての塗装を落として、やり直すか?」とも考えたんだけど、それだと、再び面倒な「表面処理」から行う事になってしまうので、失敗した部分の 修正(リカバリー) を、試みる。 しかし、その作業が同様に困難なモノで、時間ばかりが経過してしまい、一向に進まない、とゆー状況(号泣)。

だけど・・・

この失敗があったおかげで、現在「もっと、こーすれば、作業がラクになるじゃん?」とか、「やっぱり、ここは、こー仕上げたいなぁ♪」とゆー アイデア(工夫) が次々と浮かんできており、次記事では、その辺りを中心とした内容に、なる予定です!

ここまで作って来た訳だけど、ある意味 ここからがスタート でも、有るのよん(笑)。

一体、どんな工夫なのか? 久々に「模型ブログ」らしー記事を書いちゃうから、期待してねぇ~♪


えっ、ルパンレンジャーは、どーしたって? 

んー、ボクちん チーフ の方が好きだから、そっちは記事にする予定ナリよ! 今更だけど・・・(汗)。

※キュウレンジャーの記事も、その後、細かく追記を行ってるので、興味の有る人は、チェック♪

アニソン♪ #78~

※この記事は、編集中です。

「スクラボ」の人気コーナー 本日のアニソン♪ を、1つに纏めてみたよん。

イッキ読みしたかった! とゆー人も覆いと思うから、楽しんでちょ~だい(笑)。


○#78: ウルトラマン80・OP:「ウルトラマン80」  歌:TALIZMAN





「80」は、前作「ザ☆ウルトラマン(アニメ)」から、円谷としては5年ぶりとなる、実写作品!

基地のミニチュアや怪獣の色調など、 リアルさの追求 が徹底して行われており、シリーズでも「最高峰」と言える映像に、仕上がってます♪

特に 夜間 での戦闘シーンが多いんだけど、これは80が放つ 光線(サクシウム光線など) を、より美しく見せるための「演出」だと、思われます(笑)。

人間の心のマイナス面を吸収し、全身に マイナスエネルギー を漲らせて、強力になった怪獣たちが、活動を開始!

「80」は、それを倒すため、「M78星雲」から遣わされた、ウルトラ戦士♪

地球での姿 矢的猛(演:長谷川初範) は、地球防衛軍 UGM の隊員であると同時に、 中学教師 として、人の心にも立ち向かう(笑)。

ちなみに、本作には、一度も「ウルトラ兄弟」が、登場しません!

「80」は、強敵にも敗れてない事から、ある意味「最強のウルトラマン」なのである!!

学校での勤務描写が無くなったまま、最終回を迎えてしまい、ある意味、中途半端な状態に終わってた本作だけど・・・

「ウルトラマンメビウス」第41話(思い出の先生) で、ゲスト出演した時に、その後日談が描かれ、劇中、本人から「怪獣との戦いが激化して、やむなく教師の身分を捨てた」と、その理由が語られました(笑)。

マイナスエネルギー調査のため、地球を訪れた「80」は、それによって出現した怪獣 ホー を、メビウスと倒した後、 桜ケ岡中学校・1年E組の生徒達と「同窓会」とゆーカタチで、再会!

超~感動・名作エピソードとして、ここに完結したのである(号泣)。

この曲を歌う TALIZMAN は、タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)のバックバンドを担当しており、リーダー兼メインボーカルの 木村昇(ハリー木村) は、「テクノボイジャー」や「ウラシマン」等の、作曲及び歌唱で知られる、アニソン歌手!

当時、まだ珍しかった シンセサイザー の音色が、未来を感じさせて、超~カッコイイ♪

ちなみに ED 映像は、UGMの攻撃用小型戦闘機 シルバーガル が、雲海を飛んで行く とゆーモノで、古今東西の特撮でも、トップクラスの美しさ。










○#79: 特装機兵ドルバック・OP:「地球にI LOVE YOU」  歌:WELCOME







ソルマックじゃーなくて(笑)、「ドルバック」は、 葦プロ 制作による、ロボットアニメ。

メカデザインは、 板橋克己 (ヤマト等、松本作品でお馴染み)が、担当♪


西暦1999年、母星を失い、第2の故郷を求めて、巨大宇宙船で放浪していた イデリア星人 は、生存に適した星として「地球」を発見し、侵略を開始!

対する「地球防衛軍」では、主力の パワードアーマー(人間が着る、強化倍力装甲服) が、イデリア人の戦闘メカ カングライド(反重力で飛行し、中性子砲で攻撃してくる) に対抗しきれないことを知り、苦悩していた。

そのよーな状況に、立ち上がったのが、 ヴァリアブルマシーン 操縦のため、秘密裏に結成されていた、特装機兵部隊 ドルバック!!

主人公ら3人が駆る、3機の「ヴァリアブルマシン」は、「カングライド」を見事、撃退!

その活躍から、戦いに有効な兵器として認められ、異例の早さで 量産化 が決定し、以降、パワードアーマー主体の戦術から、この3タイプとの、同時運用の戦術へと、切り替わっていくのである。


「ヴァリアブルマシーン」は、異星人の戦力を良く知る、地球防衛軍の「高城・大佐(声:小林清志)」の指示の元、 既存兵器から人型ロボットに、変形 するよー改造されたモノ。

特色は、それぞれ異なってます。 ↓


ムゲン・キャリバー

大型ジープ から変形する、最も汎用性が高く、優れた戦闘能力を持つ機体。 武器には、ライフルを使用。
劇中、大破した事により、後半は コンバットキャリバー(厚さ5cmのハイ・ラミネードアーマーで、各部を補強して防御力を高め、序に、攻撃力と機動力も向上させた、強化型) へと、換装されちゃいます(笑)。 操縦者は、 無限真人(声:古谷徹) 。


オベロン・ガゼット

ヘリコプター から変形する、機動性と索敵能力に優れた機体。 華奢な見た目だけど、割と、格闘戦タイプ(笑)。
操縦者は、ドルバック隊の紅一点、 ルイ=オベロン(声:鶴ひろみ) 。


ボナパルト・タルカス

重戦車 から変形する、砲撃能力に優れた機体。 右腕は、収納式・ビームキャノン。
操縦者は、 ピエール=ボナパルト 。 劇中、戦死してしまい、後半は操縦者が代わるも、マシンの名前は変わらず(笑)。


当時、 グンゼ産業(現・クレオス) から、プラキットが発売されてたけど、「パワードアーマー」は、特にモデラーの人気が高く、かたっち☆・・・も、けっこー作ってた記憶が、あります♪

この頃は、丁度 宇宙の戦士(ロバート・A・ハインライン) や SF3D(現・マシーネンクリーガー) が盛り上がってた、時代だったし。

※「宇宙の戦士」は、小説も読んだし、アニメも観たナリよ。


歌詞の内容から、この曲を「ラブソング」に捉える人も、多いかもしれないけど、タイトルを、よーく確認して欲しい。

歌に登場する人物の、恋愛対象になってるのは・・・ 地球 なのである!!

それを踏まえた上で、改めて歌詞を見て行くと・・・その人物の「奇怪極まる行動」に、ドン引きしちゃうハズである。

だって、 地球宛てにラブレター書いて、「受け取ってよ♪」って感じで、海に流す んだぜー(爆笑)。

今すぐ、病院(精神科)へ行かなきゃー、ヤバイってば!!

だけど、曲としての評価は高いよーで(?)、アニメ えびてん(公立海老栖川高校天悶部)のED に、カヴァーバージョンが使用されたりする、名曲なのよん♪








とゆー訳で、本日はここまで。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


模型・プラモデル ブログランキングへ


フィギュア ブログランキングへ


アニメソング ブログランキングへ

アニソン♪ #66~#72

※この記事は、編集中です。


○#66: ブレンパワード OP:「IN MY DREAM」    歌:真行寺恵里







「ブレンパワード」は 永野氏が「Ζガンダム」以来に、富野監督と手を組んだ、アニメ作品! 劇中に登場する オーガニックマシン のデザインは、とーぜん永野氏によるモノで、「スリットウエハー」と呼ばれる板バネ関節など、他のロボットとは被らないアイデアに、才能を感じます。

ちなみに、キャラクターデザインは いのまたむつみ (プラレス3四郎で、お馴染み)氏♪


遥か太古に宇宙から飛来し、太平洋深海に沈んでいた、意思を持つ遺跡 オルファン が、覚醒!

国連は、オルファンがもたらす被害を抑止するため、戦闘艦 ノヴィス・ノア を就航させ、それに対抗!

オルファンの意思に従う人々の集団「リクレイマー」。 それを統率しているのが、オルファンに取り込まれた「伊佐未ファミリー」であった。

主人公の少年「伊佐未勇」は、両親と姉に離反し、「ブレンパワード」と共に、オルファンを脱出。 少女「宇都宮比瑪」との出会いをきっかけとして、「ノヴィス・ノア」の一員となり、オルファン打倒のために戦う!

「オーガニックマシン」は、世界各地に出現した プレート と呼ばれる円盤からリバイバル(物質再生)される巨人型生命体!

ブレンパワードとグランチャーの2種に大別でき、オルファンが用いる グランチャー には、人を取り込む性質があって、操縦のためには、身を捧げて アンチボディ となる必要が、あるのよん。

よーするに、ノヴィス・ノアの連中は、その行為を止めさせたい訳ね(笑)。

この曲を初めて聴く、とゆー人は、彼女のハイトーンかつパワフルな歌声に、圧倒されちゃうはずだよん!







○#68: Xボンバー OP:「ソルジャー・イン・ザ・スペース」    歌:BOWWOW(バウワウ)







本作は 永井豪 原作による特撮作品。 革新的な SFスーパー・マリオラマ (キノコを採ってるオッサンではない、笑) として、制作されました♪

西暦2300年、太陽系に向かって、全宇宙の侵略を企む ゲルマ帝国 の艦隊が、攻め込んできた!

冥王星・前線基地を壊滅させられた地球軍は、「Xボンバー」を旅立たせ、ゲルマを迎え撃つ!

「Xボンバー」は、銀河三郎・博士の発案によりムーンベースで建造された、巨大宇宙戦闘艦♪

ブレスト速射砲とXインパルス砲を装備し、3機の トリプルアタッカー(高性能戦闘機) を搭載!

かたっち☆・・・は、トリプルアタッカー(ブレインダー、ジャンボデー、レッグスター)が、合体して誕生する巨大ロボ ビッグ・ダイエックス が、お気に入り♪

操縦してるのは、宇宙戦士訓練学校から集められた 銀河シロー (主人公、銀河三郎・博士の遺児)、ボンゴ・ヘラクレス、ビッグマン・リーら、3人のクルー。

丈夫なボディーと超怪力を持っており、捨て身の突進攻撃(主にパンチ)で、敵を粉砕! ←鉄人ぽい

ゲルマ帝国は、巨大な怪人 ゲルマ魔王 率いる大帝國で、西暦2300年に姿を現す、とゆー絶対的な力を狙ってる!

シローらに救われた事から、クルーの1人となった美少女 ラミア は、エスパー星王族の末裔で、その力の秘密の「鍵」となる、人物なのよん。

人形劇+特撮 とゆー、作品的には「サンダーバード」を、SF寄りにした感じ(?)ですかねぇ・・・。

劇中に使用された音楽にも、斬新さが求められ、シンセサイザー・チーム「Eプロジェクト」 が、登用されました!

主題歌を歌う「BOWWOW」は 山本恭司 率いるロック・バンドで、本曲の作詞は 藤川桂介 が、担当♪

ハードロック調で、アタックの強い、迫力あるサウンドに仕上がってるよん(笑)。






○#69: 銀牙-流れ星 銀- OP:「流れ星 銀」    歌:宮内タカユキ






「銀牙-流れ星 銀-」は、高橋よしひろ・原作による、週刊少年ジャンプ連載のマンガ♪

犬同士の会話を人間の言葉に置き換ることで、友情・結束・葛藤・成長が、描かれてるのよん。

主人公「銀」は、その名のとーり、良質な 熊犬(熊狩りを目的とした狩猟犬) の毛色とされてる虎毛(銀色)が特徴の、秋田犬!

それ故、生後間もなく、飼い主「五兵衛」の下で、「熊犬」として調教されちゃう(笑)。

父「リキ」から、「熊犬」としての熱い血を受け継いだ「銀」は 赤カブト 打倒のため、ベン(奥羽軍・第1班小隊長、笑)、クロス(その妻)らと共に、仲間となってくれる犬の「男」を探す、旅に出る!

「赤カブト(別名:鬼首)」は、二子峠に「牙城」を築き一大勢力を誇る、凶暴な 殺人熊!!

種別は、ツキノワグマとヒグマの特徴を合わせ持つ事から、混血種のハイブリッドだと思われます(爆笑)。

「赤カブト」は、五兵衛に右頭部を撃たれて右目を失い、脳にも損傷を受けた事で驚くべき変化が起こり・・・

冬眠もしなくなり、成長も止まらなくなって 異常に巨大化(爆笑) 。 ←もはや、怪物


アニメ版は、惜しくも「赤カブト編」のみで終了したけど、作品の内容以上に 宮内タカユキ が歌う、OP・ED曲の印象が強い!! 

本当に、男を感じる、名曲です。







○#70: 鉄のラインバレル OP:「鬼帝の剣」   歌:ALI PROJECT







鉄のラインバレルは、清水栄一・下口智裕による、チャンピオンRED連載のマンガを原作とする、ロボットアニメ♪

単行本化の際は、安彦良和や永野護から賞賛された事でも、超~有名!

14歳の主人公 早瀬浩一 は、ヒーロー願望を持つ、とゆー以外は、普通の中学3年生。

彼は、ある日 高蓋然性世界(別世界) から出現してきた マキナ (現人類以上のオーバーテクノロジーによって作られた侵略兵器)ラインバレルと、ファクター(パイロット)のヒロイン 城崎絵美 に、遭遇する!

ラインバレル は、固有のナノマシン Dソイル  を持つ事が、最大の特徴!

これは 破損箇所の自己修復 を行える他、ファクターにDソイルを移植する事で、その人物を実質的な 不老不死 とする事が可能とゆーモノ!

遭遇の際 事故死 しちゃった浩一は、絵美の希望(Dソイル移植)によって、見事に 蘇生!

2人目のファクター となって、ラインバレルの力を手にしちゃう(笑)。

敵である 加藤機関 は、マキナと、多数の アルマ (マキナを模して、地球の技術で作られた兵器)を使って 世界征服 を狙う、謎の秘密結社!! ←どこか、70年代の悪役っぽい

それと戦う組織 JUDA の社員となった、浩一を待つ運命とは・・・?

ALI PROJECTは 宝野アリカ (ボーカル・作詞)と 片倉三起也 (作曲・編曲)による、2人組みユニット♪

ALIとは アリ(蟻) の事らしい・・・。

Angelaと同じく、アニメ主題歌を歌うために結成されたかのよーなユニットで、これまでに手掛けた作品は、数多い!

オタを喜ばせるために、アリのよーに働く、2人なのである(笑)。






○#71: オヨネコぶーにゃん・2nd・OP:「オヨヨ・ナイト・フィーバー」  歌:神谷明







「オヨネコぶーにゃん」は 市川みさこ 原作による、週刊少女コミック連載のマンガで、アニメはシンエイ動画が制作! 総監督は 笹川ひろし 氏。

オヨヨ は、「ゆでた家」に突然押しかけて来た 黄色い毛皮の太った猫 。 顔の幅は 30cm(!) 、足のサイズは 5cm で、その風貌は、とても猫には見えない(笑)。 人と話すことが出来るくらい賢いけど、性格は図々しく怠惰で、意地汚い! そして、猫の割に雑食で サツマイモ が異常な程、好物♪

なのでストーリーも「サツマイモを巡り大騒動を引き起こす」とゆーモノが、多かった気がします(笑)。

この曲は、かたっち☆・・・の、超~お気に入り♪

作詞 を 市川みさこ 、作曲 を 渡辺岳夫(キューティーハニーでお馴染み) が、担当♪

オヨヨは、「神谷明」が、声を担当した中では、最もLOVEなキャラクターかもしれない(笑)。







○#72: 仮面ライダーゴースト OP:「我ら思う、故に我ら在り」     歌:気志團







正直、最初は「ろくでなしのヤンキー共が、ライダー(子供番組)の主題歌を歌ってる」とゆー事に抵抗を感じ、あまり良い印象を持って無かったんだけど・・・

彼らが出演した音楽番組が超~盛り上がってた事と 2番の歌詞の意外性(「死ぬ」とゆー言葉を繰り返す) を知って、とても完成度の高い曲(歌)だと解り、気に入って買っちゃいました~♪

まず、曲のタイトルに、ピンと来た!

これは、哲学者「デカルト」の 我思う、故に我あり とゆー言葉を、変換したモノだと思われる。

作詞・作曲は、気志團のボーカル「綾小路翔」とゆー事だけど、あの俄かヤンキー「デカルト」なんて、知ってたの?


※ デカルト って、誰? とゆー人に(笑)

ルネ・デカルトさんは、フランスの哲学者。

彼は 世の中にあるモノで、その存在を確実に証明できるモノは、何だろう? と、常に考えていました。

「自分の周りにある全てのモノは、何らかの力(働き)によって、そのよーに見えている偽り(まやかし)なんじゃーないのか?」

そーやって、世の中にあるモノを次々と切り捨てていき・・・

「その存在を確実に証明できるモノは1つも無い!」とゆー考えに、辿り着こーとした時、彼は、ある事に気付きます!

そのよーに考えてる自分の『思い』は確実に存在し、また、そー考えている『自分』が居る(存在してる)事も、間違いなく事実じゃーないか と。

つまり、世の中で絶対に存在する事がハッキリしてるのは 自分自身 である! とゆー結論(真理)に至り、それが「我思う、故に我あり」とゆー事なのである!!


上記、デカルトの思想を、このタイトルに当て嵌めていくと、こーなる。 ↓

好きな人や仲間を大事にし、守りたいと思う気持ちは、確かなモノとして存在しており、それを思う自分も、確実に存在する!(たとえ、幽霊になって、肉体を失ってしまっても・・・)

そして、自分と同様の事を思う者(マコト兄さん=スペクター)も、自分の仲間として、確実に存在している!

それがつまり、「我ら思う、故に我ら在り」とゆー事になり、何気にゴーストの作品内容と、ピッタリ合ってる?


間奏に入る 「俺が守っからよ!」の台詞 は、主人公タケルのキャラクターからは、絶対出てこない台詞なんで、そこが気志團寄りになっていて、少し違和感を感じる、とゆー人が多いみたい・・・。

だけど、この曲は「我ら」とあるよーに、タケル1人の事じゃーなく、マコト兄さんの事も歌ってると考えられるんで、台詞は「妹に対してマコト兄さんが言った言葉」と、捉える事も可能な訳! そー考えると、良く出来てるナリ。

CDは、通常版、眼魂付き、DVD付きの 3バージョン で、発売♪

眼魂付き は、本編に登場したモノじゃーなく「気志團オリジナル・バージョン」とゆー事で、これは、彼らのファンじゃなきゃー、ぜーんぜん嬉しくない!

DVD付き も、気志團のPVとして作られたモノなんで、ゴーストは全ーく登場せず、只メンバーが殴り合う、とゆーヒドイもの! これも、彼らのファンじゃなきゃー、別に観たくない(笑)。

どちらも要らないんで、かたっち☆・・・は、今回、通常版を、購入しました~♪

正直 このジャケットも捨てたい(爆笑) 。


そして、3種ともカップリングには 新垣隆 氏のピアノ・バージョンが、収録されてます!

この方は ゴースト・ライター騒動で話題になった作曲家 で、今回、ゴースト繋がりで共演した、とゆー訳(笑)。

非常に明快な言葉使いと、歌いやすいメロディーが、とても印象的♪

悔しーけど、最近、耳から離れないのよん(笑)。






これまで、観て来たアニメ作品♪

※この記事は、編集中です。


これまで、かたっち☆・・・が、観てきたアニメ・特撮は、こんな感じだよん♪ ↓

2014年放送

○悪魔のリドル
○アルドノア・ゼロ
○俺、ツインテールになります。
○仮面ライダー鎧武
○仮面ライダードライブ
○牙狼(GARO)-魔戒ノ花-
○ガンダムさん
○ガンダムGのレコンギスタ
○ガンダムビルドファイターズトライ
○キャプテンアース
○繰繰れ!コックリさん
○クロスアンジュ天使と竜の輪舞
○健全ロボ ダイミダラー
○シドニアの騎士
○ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース
○白銀の意思 アルジェヴォルン
○ソードアート・オンラインⅡ
○中二病でも恋がしたい戀
○のうりん
○ノブナガ・ザ・フール
○バディ・コンプレックス
○プリズマ☆イリヤ ツヴァイ
○ブラックブレット
○ブレイクブレイド
○RAIL WARS!
○烈車戦隊トッキュウジャー

2015年放送

○青春×機関銃
○アクエリオンロゴス
○アブソリュート・デュオ
○アルドノア・ゼロ(第2期)
○ウルトラマンX
○終わりのセラフ
○仮面ライダーゴースト
○仮面ライダードライブ
○艦隊これくしょん-艦これ-
○機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
○コメットルシファー
○コンクリート・レボルティオ~超人幻想~
○冴えない彼女の育てかた
○櫻子さんの足下には死体が埋まっている
○シドニアの騎士 第九惑星戦役
○Charlotte
○手裏剣戦隊ニンニンジャー
○ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
○蒼穹のファフナーEXODUS
○電波教師
○干物妹!うまるちゃん
○ヘヴィーオブジェクト
○魔法少女リリカルなのはViVid
○ルパン三世 Part.Ⅳ

上で紹介してるモノは、全て「全話観た(予定の)」作品で、いずれも かたっち☆・・・のオススメ♪

まだ観てない人は、レンタル等でチェックしよー!

プロフィール

かたっち☆・・・

Author:かたっち☆・・・
全年代のアニメ・特撮に登場する、メカやキャラクター達を、アニメ(アニソン)の紹介で盛り上げつつ、「スクラッチビルド(ハンドメイド)」で、楽しく作り上げちゃうよん♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR